autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 自動車購入ノウハウ 外車・輸入車おすすめランキング【2018年版】|SUVからコンパクト、ミニバンまでタイプ別・予算別に一挙紹介!

自動車購入ノウハウ 2018/8/24 18:36

外車・輸入車おすすめランキング【2018年版】|SUVからコンパクト、ミニバンまでタイプ別・予算別に一挙紹介!(1/7)

輸入車おすすめ用サムネ
BMW 新型X2 xDrive20i M Sport XBMW 新型X2 xDrive20i M Sport Xボルボ XC40 T5 AWD R-DESIGN 1ST EDITIONボルボ XC40 T5 AWD R-DESIGN 1ST EDITION画像ギャラリーはこちら

今回は輸入車に焦点を絞り、おすすめのモデル・話題のモデルをジャンルごとにご紹介します。

輸入車といえば超高級、高嶺の花だったのは昔の話。もちろん今でも上を見ればキリがありませんが、反対に国産コンパクトカー+αの価格帯で十分に手が届く車種も増えています。また、輸入車にありがちと言われていた運転のしづらさ、装備の使いにくさもどんどん改良され、日本国内における商品力も大幅に向上しています。

国やブランドごとに、その性格が大きく異なる輸入車。どんな車種があるか是非チェックしてみてください。

2018年版外車・輸入車のトレンド

BMW 新型X2 xDrive20i M Sport X

輸入コンパクトSUVが各メーカーから立て続けにデビュー

近年は輸入車の中で、これまで以上にコンパクトSUVがトレンドになっています。

2018年上旬に新たに販売された車はBMW X2、アウディ Q2、ボルボ XC40、新型ミニ クロスオーバーなどで、どのブランドでも売れ筋となりつつあり、装備や走りのブラッシュアップにもかなり力が入れられています。SUVらしく一定の悪路性能を担保したものから、思い切って街乗りでの快適さを追求したものまで、そのキャラクターは様々です。

引き続き人気のクリーンディーゼル

フォルクスワーゲン 新型パサートヴァリアント ”TDI ハイライン”[クリーンディーゼルエンジン”TDI”搭載車]ボルボ XC60 D4 インスクリプションのエンジンルームミニ5ドアクーパーSD

ここ数年で国産・輸入問わず大きく増えているのがクリーンディーゼルです。かつてディーゼル車といえば、ススや黒煙を排出するネガティブなイメージが強い時代もありました。しかし昨今主流になっているクリーンディーゼルは排ガスの上可能呂樹を大幅に進化させ、さらに振動や騒音もかなり高いレベルで抑えられています。

むしろ走行時のCO2排出量の少なさ、パワフルな加速感、燃料代(軽油)の安さで、積極的に選びたいラインナップとなりました。

排ガスの不正問題があったフォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン 新型パサート ”TDI ハイライン”[ボディカラー:アトランティックブルーメタリック]<※車体サイド部の”TDI”デカールは試乗車専用の特別装飾>

2015年9月にフォルクスワーゲンが、違法な燃費ソフトを使用して燃費を改ざんしていたとして、一気に同社製ディーゼルエンジンの信頼が揺らぎました。これが通称“ディーゼルゲート事件”と呼ばれ、当時日本への輸入が検討されていたフォルクスワーゲン パサート等は、その輸入を見合わせるという事態になりました。

その後2年以上の期間を経て、メーカーの信頼回復の努力も実を結び、ようやくフォルクスワーゲン パサート、パサートヴァリアントのディーゼル車も日本に導入され始めました。もともとディーゼルエンジン技術の歴史自体は長い同社の製品だけに、その出来栄えが期待されています。

【関連記事】

■フォルクスワーゲン 新型パサート TDI 国内初試乗|ようやく日本へやって来たVWのクリーンディーゼル、その実力を徹底評価

先進の運転支援装備・コネクティビティも競争激化

先進の運転支援装備やコネクティビティも、各メーカー間での競争が激化しています。

ボルボではCITY SAFETY、BMWのドライビング・アシストなどと各社で名称は異なりますが、常に車輌周囲の状況をセンサーで監視し、いざというときに乗員に危険を周知したり、自動ブレーキで被害軽減を促したりする装備が多くあります。各メーカーにより機能詳細が違うので、是非ホームページを確認してみましょう。

コネクティビティに関しては、最近では車載ナビにAppleのCarPlayやGoogleのAndroid AutoといったOSを搭載する例が増加しています。これによりナビとスマートフォンを、専用のユーザーインターフェースでスムーズに接続でき、オーディオの操作やナビの設定も使いやすくなっています。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

BMW X2 の関連編集記事

BMW X2の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X2 の関連編集記事をもっと見る

BMW X2 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR