【2024年】日産 新型アリアNISMOは2つのグレードを用意して今春に発売!

画像ギャラリーはこちら

日産自動車は2024年1月12日(金)、東京オートサロン2024にて、新型アリア NISMO(ニスモ)を先行公開しました。

新型アリア NISMOはモータースポーツの知見を生かしたチューニングにより、高次元の運転体験ができる高性能EV(電気自動車)のフラグシップモデルです。

そんな新型アリア NISMOの発売時期や内装、外観などを解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型アリア NISMOは2024年春に発売予定
  2. 新型アリア NISMOの外観(エクステリア)
  3. 新型アリア NISMOの内装(インテリア)
  4. 新型アリア NISMOの走行性能
  5. 新型アリア NISMOの発売時期・価格

新型アリア NISMOは2024年春に発売予定

日産自動車は、2024年1月12日(金)に千葉県・幕張メッセで開催された「東京オートサロン2024」において、高性能EVの「新型アリア NISMO」を先行公開しました。同モデルの発売は、2024年春に予定されています。

新型アリア NISMOのベースとなる日産 新型アリアは、2020年に発表された日産のフラッグシップEVです。グレードによって異なる2つのバッテリー(66kWhもしくは91kWh)を搭載し、一充電走行距離は430~610km(WLTCモード)と、EVとしてトップクラスの航続性能を誇ります。

このように、新型アリアはバッテリーによる力強い加速や滑らかな走り、EVならではの静粛性と、心地よい室内空間を兼ね備えた、スタイリッシュなクロスオーバーEVとして注目を集めています。

今回新たに追加される新型アリア NISMOは「新型アリア e-4ORCE」をベースに、日産のモータースポーツ活動を担う子会社「NISMO」が手がける専用のチューニングを施すことで、高次元のハンドリング性能と爽快な旋回性を実現した、EV NISMOのフラグシップモデルとなります。

新型アリア NISMOの外観(エクステリア)

新型アリア NISMOは空力性能を向上させるため、レースカーの知見を数多く取り入れました。

EVとして特に重要な空気抵抗の低減とダウンフォースの向上を、高い次元で両立しています。

また、Formula Eマシンの高揚感を彷彿とさせるEVサウンドを採用することで、風格のあるプレゼンスとEV NISMOならではのパフォーマンスを体感することができます。

新型アリア NISMOの内装(インテリア)

新型アリア NISMOの内装はNISMO専用シートをはじめ、高い質感とドライブへの高揚感を誘うデザインが多数採用されています。

新型アリア NISMOの走行性能

新型アリア NISMOはベースモデルの最高出力を約10%向上させ、NISMO専用の加速チューニングを施したことで、気持ちの良い加速感が得られます。

また、専用の「NISMOドライビングモード」では、レスポンスを最大限に引き出し、EVならではの加速力をフルに発揮することができます。

さらに、本モデル専用のタイヤと軽量かつ高剛性な20インチアルミホイールを装着するとともに、シャシーを構成する各部品にもNISMO専用のチューニングを施すことで、車両の安定性と回頭性を高め、軽快でなめらかな走りを実現。

また、電動駆動4輪制御技術にNISMO専用のチューニングを施した「NISMO tuned e-4ORCE」は、限界走行時においてもより高いライントレース性を実現し、ドライバーの思い通りのコーナリングが可能です。

新型アリア NISMOの発売時期・価格

新型アリア NISMOの発売時期は2024年春を予定しており、価格は未定です。

今回販売されるのは、バッテリー容量91kWh、最高出力320kWの「NISMO B9 e-4ORCE」とバッテリー容量66kWh、最高出力270kWの「NISMO B6 e-4ORCE」の2つのグレードとなります。

NISMO B9 e-4ORCENISMO B6 e-4ORCE

全長

4650mm

4650mm

全幅

1850mm

1850mm

全高

1650mm~1660mm

1655mm

ホイールベース

2775mm

2775mm

車両重量

2210kg~2220kg

2080kg

最高出力

320kW

270kW

最大トルク

600Nm

560Nm

バッテリー総電力量

91kWh

66kWh

タイヤ寸法(フロント/リア)

255/45R20

255/45R20

日産/アリア
日産 アリアカタログを見る
新車価格:
539万円660万円
中古価格:
475.3万円865万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 アリアの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 アリアのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 アリアの中古車検索 日産の記事一覧 日産 アリアの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 アリアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる