ついに出たBMWのミニバン/BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート(1/4)

ついに出たBMWのミニバン/BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート
BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート 画像ギャラリーはこちら

BMWのミニバン登場は当然の流れ

BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート

“とうとうBMWもミニバンを造ったのか…”

BMW『2シリーズグランツアラー』が登場して、複雑な心境のBMWファンもおられると思う。

今でもSUVのBMW「X5」には3列シート仕様があるが、ボディサイズの割に車内の広い実用重視の3列シート車は、2シリーズグランツアラーが最初だ。

クルマの成り立ちは、先行して発売された「2シリーズアクティブツアラー」のロング版と考えて良い。

アクティブツアラーは、BMWミニと共通のプラットフォームを使う前輪駆動の5ドアハッチバック。全高は立体駐車場が使えるギリギリの1550mmまで高められ、全長は4350mm(Mスポーツは4355mm)と短い割には、広い室内を備える。

BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート

となればアクティブツアラーをベースに3列シートのグランツアラーに発展させるのは、合理的に当然の商品開発だった。

2シリーズグランツアラーのボディサイズをアクティブツアラーと比べると、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は110mm長い2780mm。全長は215mm長い4565mm(Mスポーツは4570mm)。全幅は1800mm、全高は1550mmで共通だ。

今の国産ミニバンで全高が1550mm以下に納まるのは、1530mmのホンダ「ジェイド」だけ。ジェイドの外観は、天井の低さを強調する5ドアクーペ風だから、グランツアラーはライバルが不在ともいえる。隙間を巧みに突いた。

ミニバンとはいえ、内外装にBMWらしさを持たせる

BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート

ボディを真横から見ると、メルセデス・ベンツ「Bクラス」のフロントウインドウを少し寝かせたようなデザインだ。ズングリしているが、フロントマスクはキドニーグリルと呼ばれるBMWに共通の顔立ちだから、ブランドを見誤る心配はない。

車内に入って前席に座ると、インパネの周辺はアクティブツアラーと同じデザイン。3シリーズなどとも共通性が強く、スイッチに手が届きやすい。カーナビの操作には少し慣れを要するが、ATレバーは前後にスライドさせる方式だから、後輪駆動のBMWよりも馴染みやすい。

BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポートBMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート

1列目シートの座り心地は、ほかのBMWと同様に体をしっかりとサポートする。体が座面にあまり沈まず、少し硬く感じるが、背中から腰の近辺をしっかりと支えて疲れにくい。肩まわりを包み込む形状で、BMWらしい座り心地だ。

2列目も座面の沈み方が少なめだ。座面の角度が水平に近いこともあって腰が下がりにくい。座面の奥行寸法も十分とはいえず、ミニバンのリラックス感覚はいまひとつ。それでも着座姿勢が不安定になる心配はない。

身長170cmの乗員が4名だけで乗ることを想定すれば、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ分。床と座面の間隔を十分に確保したので、これだけの足元空間があればゆったりとしている。

[次ページへ続く]

BMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポートBMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポートBMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポートBMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポートBMW 2シリーズグランツアラー&アクティブツアラー試乗レポート
1 2 3 4 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ホテルふたりこもれ陽

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

BMW 2シリーズグランツアラーの最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW 2シリーズグランツアラーのカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW 2シリーズグランツアラーの中古車検索 BMWの記事一覧 BMW 2シリーズグランツアラーの記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW 2シリーズグランツアラーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる