autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート フォルクスワーゲン 新型パサート TDI 国内初試乗|ようやく日本へやって来たVWのクリーンディーゼル、その実力を徹底評価

試乗レポート 2018/3/13 11:24

フォルクスワーゲン 新型パサート TDI 国内初試乗|ようやく日本へやって来たVWのクリーンディーゼル、その実力を徹底評価

フォルクスワーゲン 新型パサートヴァリアント ”TDI ハイライン”[クリーンディーゼル]
フォルクスワーゲン 新型パサートヴァリアント ”TDI ハイライン”[クリーンディーゼル搭載モデル]に試乗したモータージャーナリストの今井優杏さんフォルクスワーゲン 新型パサートヴァリアント ”TDI ハイライン”[クリーンディーゼル]フォルクスワーゲン 新型パサートヴァリアント TDI(クリーンディーゼル)フォルクスワーゲン 新型パサート/パサートヴァリアント TDI[クリーンディーゼルエンジン”TDI”搭載車]画像ギャラリーはこちら

排ガス不正問題を経て・・・VWが満を持して日本へ投入するクリーンディーゼル

いよいよ“あの”フォルクスワーゲンのディーゼルエンジン搭載モデルが日本市場に導入される。2015年に発覚したディーゼルエンジンの排ガス不正問題以降、長い沈黙を経てようやく息を吹き返したそれは、一体どんな仕上がりになっているのだろうか。私自身も非常に楽しみにしていた。

現在、日本国内においてのディーゼル乗用車市場は拡大傾向にある。特に輸入車においてのそれは右肩上がりで、JAIA(日本自動車輸入組合)調べによれば実に年間販売台数の2割を超えるという。

思えばあの2015年あたりは、輸入勢が日本の厳しい排出ガス規制を、技術という武器を以てくぐり抜け、ディーゼル鎖国状態にあった日本の扉をこじ開け始めた、まさにそんな時期であった。

もしあのときに不正がなされていなかったら(暴かれていなかったら、ではない。不正は決して許されるものではないから)、フォルクスワーゲンは間違いなく最も早期にディーゼルエンジンを日本市場に導入したメーカーのひとつとして新世代クリーンディーゼルのパイオニア的存在になり得ただろうし、現在の勢力図も変わっていた可能性は高い。

何故ならば、フォルクスワーゲンのディーゼルエンジンはずっと前から「とっても良かった」からだ。

走って楽しい、しかも燃費に優れているうえ車両価格もエコノミー。

かつてなんども欧州でドライブしているが、アクセルを踏む、ということをダイレクトに楽しめる、非常に魅力的なコだったのだもの。

まだ日本で買えるディーゼルエンジンにさほど選択肢がなかったあのとき、あのタイミングでディーゼルエンジンを導入出来ていれば“一人勝ち”状態になれたかもしれない。それを思えばあのとき、「なんでこんな時期に・・・もったいない」と思ったことも確かだけど(きっと販売店側も同じ思いだっただろう)、あの痛みを乗り越え、新型エンジンに生まれ変わったからこそ、コンシューマーにとって安心&安全、完璧な商品力を持つディーゼルがいま、生まれたとも言える。

>>フォルクスワーゲン 新型パサートTDI(クリーンディーゼル)の内外装を画像でもっと見る[画像ギャラリー]

パサートTDIには極めてクリーンな新開発ディーゼルユニットが搭載される

フォルクスワーゲン 新型パサート/パサートヴァリアント TDI[クリーンディーゼルエンジン”TDI”搭載車]

そう、今回の新型2リッター直4ターボディーゼルエンジンはフォルクスワーゲン起死回生の一撃。2015年に問題を引き起こしたあのエンジンではなく、まったくの新開発ユニットだ。あらゆる環境対応技術をバカスカ投入し、フェアな数値でユーロ6はもちろん、日本のポスト新長期排ガス規制をクリアしてきた。それどころか、ドイツ自動車連盟ADAC(日本でいうところのJAFみたいな感じ)によるRDE測定(実路走行試験)では、メーカー別NOx平均排出量が競合他社12社中、下から2番目という素晴らしい結果を導き出したのだ。

具体的には

・電子制御式コモンレール式燃料噴射システム→NOx、PM減

・DPF(ディーゼルパティキュレートフィルター)→PM減

・SCR(選択触媒還元システム)→NOx減

・EGR(排気再循環システム)→NOx減

となり、それぞれに血の滲むような創意工夫がなされている。たとえばEGRは高圧と低圧の2系統を持つデュアルサーキットEGRで、低圧ではスタートやアウトバーンなどの高速走行、また日本の登坂道などの高負荷時に作動し、高圧では低負荷時に対応し、CO2排出を最適化する。

また、SCR排ガス処理システムに関しては、SCRコーティングしたDPFを採用。ミクスチャー制御を開発するなど細部にまで余念がない。

とかいう難しい話は置いといて、じゃあ一体そのエンジン実際どうなのよ、というところが肝心カナメだと思う。

一言で言うなら、非常にディーゼルらしいディーゼルだった。・・・走り以外は。おっと、いきなり辛口でゴメンナサイ。理由は以下。

VWの新開発クリーンディーゼル、音・振動は思いのほか“ワイルド系”

フォルクスワーゲン 新型パサートヴァリアント ”TDI ハイライン”[クリーンディーゼル]

まず音だ。

ガラガラといういわゆるディーゼルサウンドは運転席に座ってもしっかりと耳に入るし、その振動はステアリングホイールにもきっちりともたらされる。

つまり、制振性と静粛性に関してはさほど優れていない。特にエンジンが冷えたパーキング状態からアイドリングをはじめたばかりのあたりでは音、振動ともになかなかのレベルだ。

特にパサートはTSI(ガソリンエンジン)の静粛・制振性がかなり高いだけに、パワートレーンで比較をすると「ワイルドだなぁ・・・」という感想は否めない。しかし、車体のどこにもTDI=ディーゼルエンジン搭載モデルであることを示すサインがないだけに、この音こそが「私今ディーゼルに乗ってます!」的なアピールが出来るポイントだと言えなくもない。・・・苦しいか。

いや、ココこそなんとかして欲しかったんだけど、どこかにTDIの文字(エンブレム)を入れても良かったんじゃないかなぁ。人の噂も七十五日というし、今敢えてTSIよりも35万円高いTDIを買う人は、やっぱりディーゼルエンジン搭載車、ってことにこだわりを持っている人が多いんじゃないかと思うわけです。

[※編集部注:試乗車のサイドに貼られた“TDI”デカールは撮影用の特別装飾]

閑話休題。

そんなわけで音はまあ、そこそこ派手なのだけど、それはディーゼルエンジンを選択する楽しみのひとつとも言えなくはなくて、目をつむれると思う。

気になるのは振動のほうだった。ちょっとした小型トラック並みに振動するから(特に先述の通りハンドルの揺れは気になる)、パサートの大人っぽいシックで上質な内装と相反していて、やや違和感を生んでいる。

エンジンが温まり、市街地走行〜高速走行に入った辺りからはさほど気にならなくなって来るから、のべつまくなし揺れているわけではないのだけれど。

ノーマルモードのままでは少しおとなしめにも感じるTDIの動力性能

フォルクスワーゲン 新型パサートヴァリアント ”TDI ハイライン”[クリーンディーゼル]

で、問題の走りである。

これが、よく言えばジェントル、悪く言えばちょっと物足りない感じ。現在、日本でも多くのディーゼルエンジン搭載輸入車を選択出来るようになって来たが、それら競合他社の解りやすいトルクの味付け、つまり薄くアクセルを踏んだだけでドカン!と来るパワフルな走り出しとはちょっと性格を分けているのだ。

BMW、メルセデス・ベンツ、そしてボルボあたりのディーゼルはとにかく元気がいい。ぶわっと膨らむトルクは“まるで背中を蹴られるような”、という表現をしても決して間違いではないくらい。

しかし、パサートのTDIはその辺がややエコっぽい感じなのだ。

これは決してクルマとしての出来が悪い、ということではなくて、他社のディーゼルエンジンに対する味付けとの解釈の差というか、我々が先発組のディーゼルエンジンに“ディーゼルってドカンとトルクが生まれるもの”みたいなイメージを植え付けられていることにも原因はあるように思う。

しかし、事実として「ディーゼルなんだからもっとガッツリトルク出して欲しい!」と思う気持ちに嘘はないので、正直に書いておく。

もちろん、走行モード(ドライビングプロファイル機能)は用意されていて、エコ/ノーマル/スポーツ/カスタムと4種類を選択出来るから、もっとワシワシ走りたい人はハナっからスポーツモードにしておけばいいのだけども。

パサートTDIは日常的に長距離移動するアクティブなユーザーにこそオススメ

フォルクスワーゲン 新型パサートヴァリアント ”TDI ハイライン”[クリーンディーゼル]

しかし、さすがドイツ車だなと思わせるのがワインディングロードでのコーナリングの鋭さと、高速道路での安定感のバランスだ。

登坂ワインディングはもちろん、下り坂でも硬めに締められたサスペンションも手伝って、ロール値の少ない、スポーツ感溢れる走行を楽しむことが出来る。揺り返しがないから、左右に連続したコーナーを攻めるときの身のこなしがひらり、ひらりと機敏にキマる。カッチリした剛性感はフォルクスワーゲンらしいフィーリングだ。

それから、速度域が上がるごとにピタっと挙動が安定していく様も心地よい。超低速時のワイルドさが嘘のように、高級感ただよう室内空間をもたらしてくれるから面白いのだ。

このパサートTDIに関しては、街中をチョロチョロ走るシーンが多い人ではなく、日常的に長距離をよく走る人にこそ選んで欲しいと思った。

[レポート:今井 優杏/Photo:和田 清志]

>>フォルクスワーゲン 新型パサート/パサートヴァリアント TDI(クリーンディーゼル)の内外装をフォトギャラリーでもっと見る[画像60枚超]

フォルクスワーゲン 新型パサート/パサートヴァリアント 関連記事

お待たせ!VW パサートにディーゼルモデル登場。気合いの入った発売記念式にVWの本気を見た!|発表会レポート

VW パサート/パサートヴァリアントにディーゼルモデルが登場[自動車ニュース]

使わないなんて勿体ない! VWのコネクティビティシステム「Car-Net」の使い心地を改めて試す

レヴォーグSTIスポーツ/パサートGTEヴァリアント/Cクラスワゴンを徹底比較

VW 新型アルテオン試乗レポート|様々な魅力を“いい所取り”したVWのファストバック

PassatPassat Variant
グレードTDI ElegancelineTDI HighlineTDI ElegancelineTDI Highline
全長×全幅×全高(mm)4,785×1,830×1,4654,785×1,830×1,4704,775×1,830×1,4854,775×1,830×1,510
ホイールベース2,790mm
車両重量1,560kg1,560kg(*1,580kg)1,610kg1,610kg(*1,630kg)
乗車定員5名
最小回転半径5.4m
燃料消費率20.6km/L(JC08モード)
エンジン種類直列4気筒DOHC直噴ディーゼル インタークーラー付きターボ「TSI」
総排気量1,968cc
圧縮比15.5
最高出力140kW(190PS) 3,500~4,000rpm
最大トルク400Nm(40.8kgm) 1,900~3,300rpm
燃料タンク容量59L
使用燃料軽油
トランスミッション6速DSG (デュアルクラッチ・トランスミッション)
タイヤサイズ215/55R17235/45R18215/55R17235/45R18
価格(消費税込)4,229,000円4,899,000円4,429,000円5,099,000円

*電動パノラマスライディングルーフを装着した場合の車両重量

フォルクスワーゲン 新型パサートヴァリアント ”TDI ハイライン”[クリーンディーゼル]
筆者: 今井 優杏

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント の関連編集記事

フォルクスワーゲン パサートヴァリアントの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン パサートヴァリアント の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!