アウディ Q8試乗│特別な休息がとても似合う流麗でエレガントなフラッグシップSUV(1/2)

  • 筆者: 今井 優杏
  • カメラマン:小林 岳夫・Audi Japan/取材協力:Snow Peak FIELD SUITE HAKUBA KITAONE KOGEN

極めて流麗でエレガントなアウディの新しいフラッグシップSUVに、いざ試乗!

アウディから新しいフラッグシップSUVの登場だ。その名もQ8と、数字からもブランドの頂点であることをむ〜ん!と漂わせているのだが、実物もまたちょっと凄い。率直に「大きい!」と見た目からして感じさせるし、どこかこれまでの同社SUVシリーズにはなかった迫力すらまとっている。

そう、これはクーペライクなルーフラインを備えた新デザインの賜物ではないかな、と考える。

アウディのSUVシリーズにはすべて頭に“Q”が付き、Q2、Q3、Q5と、コンパクトからミドルを網羅。さらにフルサイズではQ7と、顧客のニーズに答えるきめ細やかなラインナップを誇る。

その上に君臨するモデルQ8は、四輪駆動から来る勇ましさやどっしりとした存在感はそのままに、Q7よりも30mm車高を下げた。さらに全長は75mm短く、全幅は25mm広く取られている。つまり、ワイド&ローが数字上からしても実現されているということだ。そのディメンションの中で、ショルダーラインより上をリアエンドに向けてシュッと傾斜させることによって、4ドアクーペのようなドラマチックさを手に入れている。

>>アウディの新しいフラッグシップSUV「Q8」をもっと見る[フォトギャラリー]

また、アウディおなじみのシングルフレームグリルは八角形をモチーフとしていて、これが今後のQモデルの、文字通り「顔」になるのだという。

既視感を与えつつも先進を感じさせるのは、この表情に依るところも大きい。

試乗車には新色であるその名も「ドラゴンオレンジ」という大仰な名の付いたボディーカラーをまとうモノが用意されたのだが、夏の日差しの下でのギラッと感たるや! なんかもう、近づきがたいほど、なのだ。

というわけでルックスは極めて流麗でエレガント。ではその走りは?

盛夏を逃れるようにして向かった長野・白馬村にて、公道試乗が実現したのでレポートしたい。

どの領域でもナチュラルに制御されているコースティング

エンジンは3.0リッターのV6ガソリンターボエンジン「TFSI」が最初に導入される(と、しれっとプレス向け資料に書いてあるから、今後たとえばディーゼルなんかのパワートレーン追加も見込めそうだと個人的には推測している。TDIは日本でもすでに「40」ではあるけれどQ5にも導入されたし、本国には高出力版TDI「50」がQ8にラインナップしているからだ。…間違ってたらごめんなさい。しかしもし導入されるなら、コッチもかなり楽しみな一台になることは必至ですよ!)。

このガソリンV6ターボエンジン、欧州モノにはメジャーになってきた48Vのマイルドハイブリッドシステムがもれなく採用されていて、2tを軽く超える巨体を引っ張る燃費に貢献させている。

具体的には時速55~160km/h、つまりごく常用域において、ドライバーがアクセルペダルを戻すと、エンジンを停止してコースティング(惰性走行)を最大40秒に渡って行う。ドライバーが再加速、つまりもう一度アクセルペダルを踏めば、このハイブリッドシステムがエンジンの再スタートを瞬時にサポートする。

実際にこれに試乗していると、正直コースティングもリスタートも、いつ行われているのかを把握するのはかなり困難だ。今回の試乗では白馬村の一般道はもちろんのこと、長野県から東京までのロングドライブも試したのだが、どの領域でも一体いつコースティングが行われていたのか、今振り返っても「?」となってしまう。つまり、かなりナチュラルに制御がなされているということだ。

制御もやや意図的に燃費に振ったようなマイルドな印象

しかし、コースティングへの切り替えはともかく、全体的に見てみれば、ボディに対して加速はややモノ足りないかもしれない。

これこそ、2tの巨体が影響しているのがありありと感じられるのだが、長い勾配の上り坂なんかで加速を足そうと思ったら、V6らしからぬモタつきをやや感じさせるフィールとなっていた。

今回、トランスミッションも新開発の8速ティプトロニック(そう、デュアルクラッチではなくてトルコン式AT!)が採用されているのだが、この制御もやや意図的に燃費に振ったようなマイルドな印象を受けた。

このティプトロニックはマイルドハイブリッドシステムの採用によって、エンジンがアイドル状態および停止状態でのコースティングする場合には、トランスミッションのクラッチが切り離されてパワーの伝達を遮断するという。エンジン停止でのコースティング中には新搭載の電動オイルポンプがコースティング終了時に速やかにギアが入るように動く、とのことだが、もしかしたらこれが何かしらのラグを生んでいる結果につながっているのかもしれない。

いずれにせよ、クルーズ中は320PS/500Nmというスペックよりもやや絞られたような、そんな印象を受けた。

アウディ/Q8
アウディ Q8カタログを見る
新車価格:
1,010万円1,122万円
中古価格:
897万円1,108万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

アウディ Q8の最新自動車ニュース/記事

アウディのカタログ情報 アウディ Q8のカタログ情報 アウディの中古車検索 アウディ Q8の中古車検索 アウディの記事一覧 アウディ Q8の記事一覧 アウディのニュース一覧 アウディ Q8のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる