マツダ 新型CX-80の予想価格は500万円〜! サイズや内装も合わせて解説

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:木村 博道/小林 岳夫/堤 晋一/茂呂 幸正/マツダ
画像ギャラリーはこちら

2024年4月に欧州で初公開されたマツダ 新型CX-80は、後輪駆動プラットフォームを採用したフラッグシップSUVです。

この記事では、今回発表された新型CX-80の日本仕様の価格、サイズ、内装などを、カーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎さんが欧州仕様から予想していきます。

目次[開く][閉じる]
  1. マツダ 新型CX-80とは?
  2. マツダ 新型CX-80のレビュー、良い点、気になる点
  3. 新型CX-80のボディサイズ
  4. 新型CX-80の外観(エクステリア)
  5. 新型CX-80の内装(インテリア)
  6. 新型CX-80のパワートレイン
  7. 新型CX-80の日本仕様のグレード構成と価格予想
  8. 新型CX-80は高級SUV路線へ舵を切り、価格は強気に

マツダ 新型CX-80とは?

SUVは人気のカテゴリーで、新型車が多数発売されています。

国産メーカーの中でも、特にマツダはSUVに力を入れています。OEM車を除くと、現在国内で販売されているマツダ車の半数以上がSUVです。

そして2024年4月に、新型CX-80が欧州で初公開されました。

新型CX-80は、新型CX-60と同じ後輪駆動のプラットフォームを使って開発されたマツダの最上級SUVです。

以前の前輪駆動のプラットフォームを使ったCX-8と同様、3列のシートが装着されます。

したがって、ボディサイズは日本で販売されるマツダ車では最も大きいです。新型CX-80は2024年中には日本市場に導入される見込みです。

販売店は「2024年の7月から8月には、何らかの案内があるでしょう」と述べています。

マツダ 新型CX-80のレビュー、良い点、気になる点

外観

5.0

★★★★★

内装・居住性

4.0

★★★★☆

走行性能

4.0

★★★★☆

運転のしやすさ

2.0

★★☆☆☆

乗り心地

4.0

★★★★☆

燃費

3.0

★★★☆☆

価格の割安度

2.0

★★☆☆☆

良い点、気になる点まとめ

新型CX-80の良い点

・国産SUVの中では3列目のシートは最も広くて快適

・ホイールベースの拡大により、直進安定性と乗り心地が良好

・内外装が上質で、プレミアム感覚が味わえる

×新型CX-80の気になる点

・全長が約5mと大きいため、街中や駐車場で気を使う

・新型CX-80はボンネットが長く、空間効率ではCX-8よりも不利

・価格帯が500~800万円と高額

新型CX-80のボディサイズ

車種全長全幅全高ホイールベース
CX-80

4,995mm

1,890mm

1,710mm

3,120mm

CX-60

4,740mm

1,890mm

1,685mm

2,870mm

※CX-80は欧州仕様

新型CX-80のボディサイズは、欧州仕様で見ると、全長が4,995mm、全幅は1,890mmで、全高は1,710mm(ルーフレールを含む)です。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は3,120mmとなります。

この大きさを同じプラットフォームを使う2列シートの新型CX-60と比較すると、新型CX-80は255mm長く、全幅は同じ数値で、全高は25mm高いです。ホイールベースは250mm長くなります。

新型CX-80のホイールベースは、北米で販売されているCX-90と等しく、車両もこれをベースに幅を狭めて開発されました。

しかし国内市場で見ると、新型CX-80は、CX-60の全長とホイールベースをそれぞれ約250mmずつ拡大したロング版になります。

そして新型CX-60と新型CX-80の関係は、CX-5と生産を終えたCX-8と同様です。

CX-8も、CX-5に比べてホイールベースを230mm拡大していました。また全長も300mm以上長かったです。

新型CX-80のボディは、全長が約5mに達します。

さらにエンジンを縦置きに搭載する後輪駆動車なので、ボンネットも前輪駆動のCX-5やCX-8に比べて伸ばされています。

新型CX-80の外観(エクステリア)

新型CX-80の外観は堂々としていて、伸びやかで優雅な雰囲気も感じます。

新型CX-80の内装(インテリア)

インパネ

新型CX-80の内装を見ると、インパネの基本デザインは新型CX-60と同じです。

水平基調によってワイド感が強調され、インパネの中央から助手席の前側にかけて、横長の装飾パネルも備わります。

ATレバーの収まるセンターコンソールも幅が広く、後輪駆動らしく位置が高いです。

上級グレードのインパネには、CX-60と同様、ステッチに掛け縫いの手法も使われます。

シート

運転席に座ると、適度に引き締まった印象で、車両との一体感も味わえます。

このあたりはマツダ車らしい特徴でしょう。新型CX-80の1列目シートに座った印象は、新型CX-60に近いと思われます。

2列目シートは、以前のCX-8と同様、3人掛けのベンチシートと2人掛けのセパレートシートになります。

セパレートシートでは、中央にセンターアームレストとコンソールボックスが装着された上級タイプもあります。

2列目の足元に空調スイッチも備わり、2列目にオーナーが座る送迎用途にも対応できます。

また中級グレードで、2列目がセパレートのタイプを選ぶと、コンパクトなアームレストが装着されます。

セパレートシートのベーシックな仕様では、2列目にセンターコンソールボックスが備わらないため、車内の移動もしやすいです。

新型CX-80は多人数乗車を前提に開発されたので、国産SUVの中では最も快適な3列目シートが備わっています。この考え方もCX-8を踏襲しています。

ただし、3列目のシートは、1/2列目に比べて床が高いです。

床と座面との間隔も不足して、膝が持ち上がります。これは以前のCX-8と同様で、床を平らに仕上げたミニバンではないため、仕方のないところです。

したがって、多人数で乗車する場合は、3列目シートを入念に確認しましょう。

新型CX-80のパワートレイン

新型CX-80のパワーユニットは、基本的に新型CX-60と共通ですが、新型CX-60と比べると選択肢は減るでしょう。

日本仕様では欧州仕様が踏襲され、以下の3つが設定されると予想します。

  • 直列4気筒2.5Lガソリンエンジンを使ったPHEV(プラグインハイブリッド)
  • 直列6気筒3.3Lのクリーンディーゼルターボ
  • ディーゼルのマイルドハイブリッド仕様
  • 販売店では日本仕様のパワーユニットについて、以下のように説明しました。

    「日本仕様も、欧州と同じ3種類のパワーユニットを採用する見通しです。新型CX-60や以前のCX-8には、2.5Lのノーマルガソリンエンジンもありましたが、それは省かれます。したがって新型CX-80の価格帯は、新型CX-60やCX-8に比べて、かなり高くなるでしょう。500〜800万円になると言われています」。

    日本仕様のパワーユニットの性能は、新型CX-60を踏襲すると考えられます。

    新型CX-60のスペックは下記の通りです。

    PHEVとディーゼルハイブリッドはエンジンとモーターを組み合わせたパワートレインです。上段がエンジン、下段はモーターの出力とトルクを記載しています。

    新型CX-60のスペック

    タイプ最高出力最大トルク

    PHEV

    188馬力/5,500rpm
    175馬力/5,500rpm

    250N・m/4,000rpm
    270N・m/400rpm

    ディーゼルハイブリッド

    254馬力/3,750rpm
    16.3馬力/900rpm

    550N・m/1,500〜2,400rpm
    153N・m/200rpm

    ディーゼルターボ

    231馬力/4,000〜4,200rpm

    500N・m/1,500〜3,000rpm

    新型CX-80の日本仕様のグレード構成と価格予想

    新型CX-80の日本仕様のグレード構成と価格は、具体的にどのようになるのでしょうか。

    上記の販売店のコメント通り、新型CX-80のバリエーションは新型CX-60の中級から上級のグレードを発展させたものと仮定して考えてみましょう。

    パワーユニットでは2.5Lのノーマルガソリンエンジンが省かれ、グレードもベーシックなSパッケージ以下は用意されないと予想されます。

    安価なグレードは約500万円程度

    新型CX-80の予想価格

    グレード予想価格

    安価なグレード

    500万円程度

    最上級グレード

    800万円程度

    そうなると新型CX-80で最も安価なグレードは、直列6気筒3.3Lクリーンディーゼルターボを搭載するXD・Lパッケージに類するものでしょう。

    新型CX-60のXD・Lパッケージは2WDの価格が422万4000円で、新型CX-80の同グレードは、販売店のコメントのように約500万円になると考えられます。

    つまり新型CX-80と新型CX-60の価格をXD・Lパッケージ同士で比べると、新型CX-80は新型CX-60に比べて約78万円高いです。

    これが全長とホイールベースをそれぞれ250mm程度拡大して、3列目シートを加えた対価です。

    ちなみに従来型となるCX-8の価格も、CX-5の同グレードに比べて60〜80万円高く、新型CX-80と新型CX-60の価格差とほぼ合致します。

    ほかのグレードについても、新型CX-80の価格は、新型CX-60の同じ位置付けのグレードに、70〜80万円を加えた金額と考えれば良いでしょう。

    そうなると新型CX-80で最も高価なグレードは、PHEVに4WDを組み合わせたプレミアムモダンとプレミアムスポーツに類するものです。プレミアムモダンの内装には、掛け縫いのステッチも使われると予想されます。

    そして新型CX-60のPHEVプレミアムモダンの価格は646万2500円です。

    そこに80万円を加えると約726万円ですが、新型CX-80では2列目に機能の充実したセパレートシートも用意されます。

    これらの新型CX-60では選べない新型CX-80専用の付加的な装備も含めると、販売店が新型CX-80の上限価格帯とした800万円に近付きます。

    参考までに、新型CX-60のグレード別価格は下記の通りです。

    新型CX-60の価格表

    パワートレイングレード駆動方式価格(税込)

    XD

    XD

    2WD(FR)

    353万6500円

    4WD

    379万5000円

    Sパッケージ

    2WD(FR)

    381万1500円

    4WD

    403万7000円

    Lパッケージ

    2WD(FR)

    422万4000円

    4WD

    444万9500円

    エクスクルーシブモード

    2WD(FR)

    463万1000円

    4WD

    485万6500円

    XD-HYBRID

    エクスクルーシブスポーツ

    4WD

    530万7500円

    エクスクルーシブモダン

    530万7500円

    プレミアムスポーツ

    567万500円

    プレミアムモダン

    567万500円

    PHEV

    エクスクルーシブスポーツ

    4WD

    609万9500円

    エクスクルーシブモダン

    609万9500円

    プレミアムスポーツ

    646万2500円

    プレミアムモダン

    646万2500円

    新型CX-80は高級SUV路線へ舵を切り、価格は強気に

    新型CX-80は、マツダの新しい後輪駆動のプラットフォームを使ったSUVの本命です。

    新型CX-60が先に発売されましたが、商品構成は新型CX-80が後輪駆動の主力になり、新型CX-60はマツダらしい運転感覚のスポーティなショート版に位置付けられます。

    その意味で新型CX-80は、ロングホイールベースによる優れた直進安定性や快適な乗り心地なども含めて、上質なSUVに仕上げるでしょう。

    ただし、価格が500〜800万円ではマツダの他モデルや他社SUVと比べれば相当に高いです。

    2024年4月に発売されたトヨタ 新型ランドクルーザー250も、価格帯が520〜785万円(特別仕様車を含む)です。

    新型車のこのような価格設定を踏まえると、300〜400万円を売れ筋とするCX-5などの商品力を向上させることも大切でしょう。

    【筆者:渡辺 陽一郎 カメラマン:木村 博道/小林 岳夫/堤 晋一/茂呂 幸正/マツダ】

    この記事の画像ギャラリーはこちら

      すべての画像を見る >

    【PR】MOTAおすすめコンテンツ

    検索ワード

    渡辺 陽一郎
    筆者渡辺 陽一郎

    1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

    樺田 卓也 (MOTA編集長)
    監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

    自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

    MOTA編集方針

    「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
    カー用品・カスタムパーツ

    愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

    • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

      これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

    • 一括査定は本当に高く売れるの?

      これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

    人気記事ランキング
    最新 週間 月間

    新着記事

    新着 ニュース 新型車 比較 How To
    話題の業界トピックス・注目コンテンツ

    おすすめの関連記事

    マツダの最新自動車ニュース/記事

    マツダのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダのニュース一覧

    この記事にコメントする

    コメントを受け付けました

    コメントしたことをツイートする

    しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
    もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
    該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
    通報よりその旨をお伝えください。

    閉じる