MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アルファロメオ ステルヴィオ ディーゼルモデル試乗|生まれ故郷のイタリア・ステルヴィオ峠を駆ける!

試乗レポート 2019/8/15 19:07

アルファロメオ ステルヴィオ ディーゼルモデル試乗|生まれ故郷のイタリア・ステルヴィオ峠を駆ける!(1/4)

アルファロメオ ステルヴィオ イタリア試乗
アルファロメオ ステルヴィオ イタリア試乗アルファロメオ ステルヴィオ イタリア試乗アルファロメオ ステルヴィオ イタリア試乗アルファロメオ ステルヴィオ イタリア試乗画像ギャラリーはこちら

車名のもととなったイタリア北部の峠道、”ステルヴィオ”

断崖から見下ろす絶景。山肌に稲妻が走ったような“つづら折り”は、正にカタログで見たあの峠道だった。

アルファロメオ ステルヴィオで“ステルヴィオ峠”(Passo dello STELVIO)を走るーーーーー。そんな冗談みたいな、しかし一生に一度あるかないかの、素敵な体験をした。

ステルヴィオは、ご存じアルファロメオが、その100年以上に及ぶ歴史で、初めて世に送り出したSUVだ。

名前の由来は今まさに私が見下ろす峠道、パッソ・デッロ・ステルヴィオに由来している。イメージとしては、この険しい山道を苦もなく走るSUVというところだろうか。

>>つづら折りのステルヴィオ峠を駆け抜けるアルファロメオ ステルヴィオ ディーゼル[フォトギャラリー]

実際ステルヴィオの魅力は、SUVらしからぬ走りにある。

アルファ156/147のヒット以来長らく停滞していたブランドバリューを掘り起こすべく、巨額の投資を経て開発した「ジョルジオ・プラットフォーム」。これを基軸として丹念に作り込まれたシャシーは、先んじて登場した「ジュリア」で見事に開花した。

四半世紀ぶり、アルファ75以来の復活となるフロントエンジン・リアドライブの駆動方式はアルフィスタにとって“涙モノ”。こうして得たシャシーワークをベースにステルヴィオは駆動方式を4WD化し(ジュリア・ヴェローチェも同じシステムだ)、その65mmかさ上げされた車高を安全かつ自在にコントロールしてくれるのであった。

>>素晴らしいハンドリングはイタリアの道が作った[次ページへ続く]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

アルファ ロメオ ステルヴィオ の関連編集記事

アルファ ロメオ ステルヴィオの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アルファ ロメオ ステルヴィオ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR