アルファロメオ ステルヴィオ ディーゼルモデル試乗|生まれ故郷のイタリア・ステルヴィオ峠を駆ける!(1/4)

車名のもととなったイタリア北部の峠道、”ステルヴィオ”

断崖から見下ろす絶景。山肌に稲妻が走ったような“つづら折り”は、正にカタログで見たあの峠道だった。

アルファロメオ ステルヴィオで“ステルヴィオ峠”(Passo dello STELVIO)を走るーーーーー。そんな冗談みたいな、しかし一生に一度あるかないかの、素敵な体験をした。

ステルヴィオは、ご存じアルファロメオが、その100年以上に及ぶ歴史で、初めて世に送り出したSUVだ。

名前の由来は今まさに私が見下ろす峠道、パッソ・デッロ・ステルヴィオに由来している。イメージとしては、この険しい山道を苦もなく走るSUVというところだろうか。

>>つづら折りのステルヴィオ峠を駆け抜けるアルファロメオ ステルヴィオ ディーゼル[フォトギャラリー]

実際ステルヴィオの魅力は、SUVらしからぬ走りにある。

アルファ156/147のヒット以来長らく停滞していたブランドバリューを掘り起こすべく、巨額の投資を経て開発した「ジョルジオ・プラットフォーム」。これを基軸として丹念に作り込まれたシャシーは、先んじて登場した「ジュリア」で見事に開花した。

四半世紀ぶり、アルファ75以来の復活となるフロントエンジン・リアドライブの駆動方式はアルフィスタにとって“涙モノ”。こうして得たシャシーワークをベースにステルヴィオは駆動方式を4WD化し(ジュリア・ヴェローチェも同じシステムだ)、その65mmかさ上げされた車高を安全かつ自在にコントロールしてくれるのであった。

>>素晴らしいハンドリングはイタリアの道が作った[次ページへ続く]

アルファ ロメオ/ステルヴィオ
アルファ ロメオ ステルヴィオカタログを見る
新車価格:
635万円1,189万円
中古価格:
416.7万円958.3万円
1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アルファ ロメオ ステルヴィオの最新自動車ニュース/記事

アルファ ロメオのカタログ情報 アルファ ロメオ ステルヴィオのカタログ情報 アルファ ロメオの中古車検索 アルファ ロメオ ステルヴィオの中古車検索 アルファ ロメオの記事一覧 アルファ ロメオ ステルヴィオの記事一覧 アルファ ロメオのニュース一覧 アルファ ロメオ ステルヴィオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる