BMW 新型Z4 M40i試乗|その走りはチャラくない。BMWの基本を備えた優れたスポーツカー(1/4)

果たしてスープラの面影はそこにあるのか?

日本在住のクルマ愛好家であれば、おそらくこのクルマの登場を色んな意味で待ちわびていたと思う。いや、世界中のクルマ好きが反応してるって言っても、決して過言ではないかな。

かくいう私もそうだもの。このクルマの試乗を編集部から持ちかけられたとき、一も二もなく「乗る!」って答えた。今、このクルマに乗っとかなきゃ、そう思ったから。

BMW 新型Z4だ。

そう、もう誰でも知っているからもはやオブラートに包んだりしないけど、このクルマはトヨタの新型スープラと共同開発をされた、兄弟車である。スープラの発売時期はまだ発表されていないが、Z4はひと足早く、2019年3月25日に発売がスタートしている。

そんななか今回試乗が叶ったのは、トップグレードのZ4 M40iだ。

3.0リッター直6ターボエンジンは350ps。500Nmを1,600rpm~4,500rpmで発生させる。同じアーキテクチャのスープラも、ボディーサイズ含めてほぼ同じなのだけど、Z4とスープラには大きな違いがある。

Z4はキャンバストップを備えた、オープンモデルであるということだ。

それによりZ4はスープラに比べてほんのわずか(+10mm)高く、オープンルーフの機構から、クーペのスープラよりも50kg重いのが特徴だ。

しかし、試乗してみるとそんな重量の差は大した問題じゃない。むしろBMWとしての基本性格をきちんと備えた、優れたスポーツカーだということを実感した。

BMW/Z4
BMW Z4カタログを見る
新車価格:
577万円851万円
中古価格:
30万円798.8万円
1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

BMW Z4の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW Z4のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW Z4の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW Z4の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW Z4のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる