日本最安値!新車カーリースなら【MOTA】

“もらえる”新車のカーリースを探す

MOTAカーリースは3つの心配ナシ!!!

その1返却の心配ナシ

返却の心配ナシ

全車種が残価設定なしのカーリース
契約満了時にはそのまま車がもらえます

その2走行距離制限の心配ナシ

走行距離制限の心配ナシ

走行距離は無制限!
マイカー感覚で乗ることができます

その3修理費用請求の心配ナシ

修理費用請求の心配ナシ

MOTAカーリースでは契約期間満了時にクルマの破損や故障に対する修理費用の請求はありません。

納期の早い人気車特集

納期が早くて人気のクルマを集めました。急な転勤やクルマの故障等で、すぐ乗りたい方必見です

乗りたいクルマが決まらず
お悩み中の方にオススメ

MOTAカーリースがあなたに ピッタリの車をお探しします。

クイック審査申込みはコチラ

カーリースのご契約には審査が必要となります。

MOTA カーリース メニュー
お問い合わせ電話窓口
0120-914-388

MOTAカーリース人気車種ランキング

更新日: 2022年06月27日 (集計期間 6/20~6/27)

軽自動車の人気ランキング

コンパクトカーの人気ランキング

注目の新型車

  • スズキ ジムニー
    ボーナス併用 月々9,790
    ボーナス月加算額 59,400円 × 22回
    月々均等 月々19,470
    詳細を見る
  • スズキ ジムニーシエラ
    ボーナス併用 月々13,090
    ボーナス月加算額 79,200円 × 22回
    月々均等 月々26,070
    詳細を見る
  • 日産 リーフ
    ボーナス併用 月々27,830
    ボーナス月加算額 167,200円 × 14回
    月々均等 月々55,550
    詳細を見る
  • スズキ アルトラパン
    ボーナス併用 月々8,030
    ボーナス月加算額 48,400円 × 22回
    月々均等 月々16,060
    詳細を見る

人気の新車カーリースサービス比較

MOTA A社 B社 C社 D社
選べる車種 マル
国内メーカー&レクサス
三角
国内メーカー
三角
トヨタ車、レクサス車
三角
国内メーカー
三角
国内メーカー
リース期間 5年、7年、11年 5年、7年、9年 3年、5年、7年 1年〜11年選択 7年、9年
車がもらえる マル 三角オプションプラン バツ 三角オプションプラン マル
走行距離制限 マル バツ バツ 三角オプションプラン バツ
車のカスタム マル バツ バツ バツ バツ
修理費請求なし マル バツ バツ 三角オプションプラン バツ
ボーナス払い対応 マル マル バツ バツ 三角オプションプラン
頭金対応 マル マル バツ バツ マル
注)△マークはオプションプラン加入などで対応も可能です。最安値料金は調査時から変動がございます。
※各社の新車カーリースサービスの特徴をご紹介いたします(2021年4月 MOTA調べ)

車のリースご納車までの流れ

  • 車選び
    STEP 1車選び

    車を選んで費用のシミュレーション

  • 審査申し込み
    STEP 2審査申し込み

    審査のお申込がWebで簡単に出来ます。審査結果は最短で翌日にお知らせします。

  • 審査通過後確認
    STEP 3審査通過後確認

    スタッフと電話で相談して契約内容を確定

  • ご契約後納車
    STEP 4ご契約後納車

    ご契約が確定したら、後日納車日をお知らせします。

よくある質問

オプションはどんなものを付けられますか

メーカーオプション、ディーラーオプション共にすべて取り付け可能です。メーカーオプション、ディーラーオプションをご希望の方は審査通過後、サポートデスクとのお電話やメールでのやり取りの際にご希望をお伝えください。またMOTAカーリースでは、ナビやETC、ドライブレコーダーなど昨今では必須と言われるオプションをパック化(アクセサリーパック)してお得にご提供しておりますので、こちらもご利用ください。

月額費用に車検費用は含まれていますか

月額費用には車検時に必要となる重量税、自賠責保険料は含まれておりますが車検整備費用は含まれておりません。車検整備費用についてはメンテナンスパックにご加入いただくことで毎月定額でお車を維持することが可能です。プラン内容についてはメンテナンスパックをご覧下さい。

リース契約に含まれる項目を教えてください。

車両本体価格・オプション代・環境性能割・新車登録時手数料・自動車税(期間分)・重量税(期間分)・自賠責保険料(期間分)・消費税

納車場所は、どこになりますか

お客様のご自宅になります。ご契約された車両を、お運びいたします。

自動車保険は、別途加入が必要ですか

リース契約には自賠責保険以外は付保されていません。当社では、万が一の場合に備え、お客様ご自身で車両保険付きの自動車保険に加入されることをお勧めしております。当社でも保険のご紹介が可能ですので、ご契約時にご相談ください。

リース契約期間中に事故を起こした場合はどうなるのでしょうか

修理が必要な場合、修理の手配、並びに修理費用はお客様のご負担で実施いただきます。カーリース車両でも、自動車保険に加入することで、付保内容の範囲において補償が受けられますのでカーリースご契約時に、ぜひお客様で自動車保険に加入されるようお勧めいたします。特に車両保険についてはご加入をお勧めしておりますが保険料が高くなることを気にされる方もいらっしゃいますのでご契約をきっかけに保険のお見積りをお勧めしております。
保険見積もりはこちらから

リース契約は途中でやめる(解約する)ことはできますか

契約期間中の解約はできません。解約される場合は、契約規定にもとづいた損害金が発生いたしますので、ご注意ください。詳細はこちらよりお問い合わせください。

MOTA車の窓口
電話:0120-914-388
営業:10:00〜19:00
平日・土・日・祝日も営業中

初めてのカーリース!パーフェクトガイド

MOTAカーリースの仕組み

MOTAカーリースの仕組みの図

MOTAリースは、業界大手のオリックス自動車株式会社が車両の調達からリースの審査を行っており、安心してリース契約できます。(契約はオリックス自動車株式会社と結ぶことになります)

また、メンテナンスはニッポンメンテナンスシステム株式会社のサポートで全国3,000拠点の整備ネットワークでアフターフォローいたします。

MOTAカーリースのスタッフ一同で審査申込後も誠心誠意ご対応いたします

MOTAカーリースのスタッフ写真 MOTAカーリースのスタッフ写真 MOTAカーリースのスタッフ写真
EVをもっと身近に MOTAは日本のEV普及に全力で取り組みます

レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

ダイハツのe-POWER? ひーさま 投稿日2022年6月12日
ダイハツ ロッキー グレード:1.2 プレミアム G HEV
総合評価 1 2 3 3 4 3.5
総評
ダイハツでは「e:SMART」と呼ぶハイブリッド車。シリーズハイブリッド方式でエンジンは発電のみに徹して、走行は電動モーターのみでの走りとなる日産系のe-POWERと同様の考えのハイブリッドカーとなります。とは言っても大型の走行用バッテリーは搭載できないので1.2リッターの3気筒のエンジンを発電用のエンジンとし日常走行では頻繁にエンジンがかかりはします。電池残量も常に満充電にはせずに半分くらいをキープしつつエンジン始動での充電と、EV走行をきめ細かく制御しているようです。また、3気筒エンジンの為に4気筒とは違いエンジン始動時には振動と力が欲しい時には結構、高回転まで回ってしまうとうるささが通常の4気筒エンジンに乗っているオーナーには気になるのでは?と思ってしまう。
良かった点
街で見かけるロッキーは東京のような都会では非常に溶け込んで好感が持てる。兄弟車のトヨタ・ライズも含めてスモールSUVと言うジャンルで成功しているようだ。どんな感じのクルマなのか?購買意欲はどれくらいそそるものなのか?などを知りたくて試乗に踏み切りました。ゆっくり走行している分には静かでEV走行では非常に満足の行くクルマであった。試乗車にはまだオーディオもナビも装着されていないので余計に音に対して敏感になるので静かな車内はエンジン車オーナーにとっては違和感があるかも。コンパクトな車体とSUV風のアップライトな視界、若干高められた車高の割には走りはきびきびとして、無茶なステアリング操作にも割とクイックにクルマ動いてくれていた。最近のクルマは非常によく調教されておりこのような操作でもそれほど期待を裏切らないのにはビックリとする。価格とこのクルマの使い勝手がマッチする人には良いクルマである。
気になった点
安全運転支援機能もひと通り装備されており、スマアシ(SMART ASSIST)と呼ぶダイハツの機能にはこのロッキーも全車速追従クルコンも装備させるため電動パーキングブレーキも採用している。ハイブリッドカーでEV走行をしているのでモーター出力走行時にはトルクフルな走行が出来る割にはこのクルコン(ACC)走行の制御が全く上手に機能出来ていない。ホンダのHonda-SENCINGのように軽自動車であっても非常にうまく車速の調整をしてくれるものとは別次元であり街乗り時には使えない。また、他のダイハツ車にも言えることだが安全運転支援の警告、警報が早くに入り過ぎで運転者によってはカットして使いたくなるような支援となる。個人的には全てオンで使ってみたが接近警報、自動ブレーキが頻繁に制御して入るのは気になった。また、全車速クルコン走行時に停車後のABSのモジュレータの異音のような音、これはマシンガンの音と形容出来るくらいの振動と音で最初はビックリ佐瀬れらた。再走行時のリスタート走行もラフアクセルでのスタートようで上手い制御にはなっていなかった。
ソツなく出来てます Tys 投稿日2022年5月31日
トヨタ シエンタ グレード:1.5 ファンベース G
総合評価 1 2 3 3 4 3.2
総評
5ナンバーサイズのコンパクトミニバンです。   
現行モデルが登場した当初は奇抜なデザインに抵抗感がありましたが、マイナーチェンジでデザインが洗練されたことと、2列シート仕様のファンベースの追加により興味を持つようになりました。
いかにもコンパクトカーですといった感じの外観、インテリアの造りなのは気になるところではありますが、トヨタ車らしくあらゆる点で使いやすくソツなく出来ていると思います。

  
良かった点
低床設計で、特にリヤシートへの乗り降りは、ライバル関係にあるフリードよりも楽にできます。3列シート車の場合は、フリードに対して3列目へのアクセスや乗り心地の点で微妙になってきますが、2列シート車同士の場合は圧倒的にシエンタのほうが勝っていると感じます。
シート高さも適正で、長時間ドライブでの疲労感も少ないかと思います。
直接実車を比較してみると結構違いがあるので、購入検討されている方は比較されることをお勧めします。
気になった点
設計年次を考えると仕方ないことかもしれませんが、衝突軽減ブレーキの性能やアダプティブクルーズコントロールが装着されない(ガソリンモデルだとクルコン自体の設定もない)など、フリードだけでなく周りのコンパクトカークラスと比較しても見劣りしているのが残念です。 また、ペダル配置が気になりました。 アクセルとブレーキのペダルが近目で高低差があるので、キチンと腿上げ出来ない高齢者などは、とっさの時に引っ掛けてしまいそう…
格好いいピックアップ どろ 投稿日2022年5月31日
三菱 トライトン グレード:-
総合評価 1 2 3 4 4 4.0
総評
全長5メートルを超えるビッグサイズのピックアップですが、見切りがとても良いことあり、乗用車に近い感覚で乗ることのできるピックアップトラックです。
また、後ろの座席も結構広く、普段コンパクトカーに乗っているような方であれば狭さを感じないで済むくらいの大きさがあります。
また、荷台もかなり広く、トルクもあるので荷物をたくさん積んだりする機会が多い方でも十分に納得できるようなスペックの車と言えます。
良かった点
トライトンの良さは、やはりピックアップトラックとして、かなりのレベルの走行能力があります。また、ピックアップトラックの中では中古車価格もかなり落ち着いているところもありますし、デザインとしても押し出しが強すぎないのでどんなシーンでも似合います。
また、車の幅が1800mmであり、比較的ナローなところから駐車も意外としやすいところもかなりおすすめです。加えて、三菱らしい質実剛健な雰囲気の安心感は変えられない点です。
気になった点
現在販売されていないこともあり、どうしても部品の注文に時間がかかってしまうことがあります。そのほかにはピックアップトラックのなかでは比較的リーズナブルなところがあり、性能的にもコストパフォーマンスが良い方です。 あとの気になる点としては、5メートルを超える全長のため、たまに駐車場のサイズに入らないこともあるので、マンションなどの場合は、事前に駐車場のサイズを確認してから購入する方がおすすめです。
お買い得です どろ 投稿日2022年5月31日
ホンダ インスパイア グレード:-
総合評価 1 2 3 4 4 3.8
総評
最近のセダンと比べても、よりトラディショナルな雰囲気があり、セダンらしい形の車が好きな方におすすめの車です。
日本で売られているインスパイアとしては、最終モデルだけあっていまだに古さをあまり感じないです。
また、3.5リッターの280馬力のエンジンは、最新の車と比べても全く引けを取らないスペックですし、大きめのボディサイズでも全く重さを感じさせないレベルです。
トランクの大きさも納得の広さです。
良かった点
ハイパワーでビッグサイズセダンでありながら、あまり新車価格が高すぎないこともあり、中古車価格も比較的落ち着いています。しかし、実際には人気のモデルと比べても引けを取らない能力ですし、外観も古さが感じられないところがおすすめのポイントです。
そのほかにも、インスパイアの良さとして、海外でも販売されていることからシートのサイズも大きく、FFのため後ろの席の足元がとても広く、足を組んでゆったりと過ごせます。
気になった点
あまり大きな欠点がある車ではないですが、あえて言うのであれば、小回りがあまり効かないところです。特に狭い駐車場や通路では苦労しがちです。 また、燃費自体はリッター7程度で、高速でも10少しと、あまり良い方ではありませんが、それでもレギュラー仕様という点はありがたいポイントです。 また、ハイパワーですが、きちんとパワーを楽しむのであれば、純正よりもスポーツタイヤの方がより合っているように思われます。
今が最後のチャンス? どろ 投稿日2022年5月31日
スズキ カプチーノ グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.7
総評
軽のオープンスポーツカーのなかでも、スポーティな乗り心地の車です。
最近、この世代のスポーツカーがかなり中古車市場で高騰していますが、意外とカプチーノはまだ常識的な価格で購入できるモデルです。
しかし、すでに新車価格を超えている個体もあるので、これからもさらに高くなっていくことが予想されます。
そのため、購入するのであれば、事実上いまが最後のチャンスのように思われます。また、運動性能がかなり高いです。
良かった点
やっぱり重量のバランスが非常に優れているところが魅力的です。スポーツ走行をしていても挙動が安定していて、運転していて上手になったように感じさせてくれます。
また、ミッションのほうが人気は高いですが、オートマでも楽しく運転できる車です。
そのほかにも、燃費面で優れており維持費を安くしつつも本格的なスポーツカーを維持したいという方にもかなりおすすめです。
また、コンパクトで狭い道も含めて安心して通行できるところも便利に思います。
気になった点
やはり、部品が欠品してきているところには注意しておいた方が良いです。最近の車とは異なり、30年近く前に販売終了しているため、純正部品が見つからないようなケースもあります。 部品どりや、愛好家との情報交換など、自分なりに情報のソート元を見つけながら購入を検討すべき車種です。 そのほかにも、車内が非常にタイトなため、事実上大きな荷物を乗せるのが難しいです。趣味の車と割り切って乗る使い方の方がおすすめです。