autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート これぞBMWの魂! 8年ぶりにフルモデルチェンジした新型3シリーズに速攻試乗

試乗レポート 2019/2/28 08:00

これぞBMWの魂! 8年ぶりにフルモデルチェンジした新型3シリーズに速攻試乗(1/3)

関連: BMW 3シリーズ Text: 山田 弘樹 Photo: 小林 岳夫
BMW 新型3シリーズ(G20) 330i M sport
BMW 新型3シリーズ(G20) 330i M sportBMW 新型3シリーズ(G20) 330i M sportBMW 新型3シリーズ(G20) 330i M sportBMW 新型3シリーズ(G20) 330i M sport画像ギャラリーはこちら

車種ラインアップが増えてもBMWの核はやっぱり3シリーズ

3シリーズはBMWの魂だ。

BMW 新型3シリーズ(G20) 330i M sport

短い試乗ではあったけれど、8年ぶりにフルモデルチェンジを果たしたこの4ドアセダンに乗って、改めてその思いを強くした。

かつては3シリーズの中にクーペが存在し、生粋の“走り派”たちはこれを選んだ。そしてファミリーを大切にする人々も、BMWのセダンを選ぶことでスポーティなカーライフを送ることができた。

クーペモデルが4シリーズとして細分化されてからは、3シリーズがまるっとDセグメントのクーペ&セダンを総称する呼び名ではなくなったため、若干その存在感が薄れた。けれど、やっぱり3シリーズはBMWの核となる存在だ。

いまや世界の自動車メーカーはフルラインナップ化を目指すようになった。小さなハッチバックからフルサイズセダン、果てはSUVまで全てを取りそろえる「クルマの総合デパート」になることが宿命づけられている。まさにBMWがその先鞭を切って己のラインナップを細分化したわけだが(日本導入モデルだけでも36モデル。グレードで見るとさらに数は増える!)、各メーカーにはその“魂”といえるモデルが存在する。

フォルクスワーゲンで言えば「ゴルフ」。ポルシェで言えば「911」。メルセデスで言えば「Sクラス」。アウディで言えば「A4」。国産メーカーは若干この傾向が弱くなってきているが、陸続きである欧州メーカーには己のアイデンティティを込めた主力車種というものが必ず存在する。

そしてこの3シリーズこそが、BMWの魂なのだと思う。

大幅にアップデートされた新型3シリーズのディテールを写真で見る

BMW 新型3シリーズ(G20) 330i M sportBMW 新型3シリーズ(G20) 330i M sport

これを感じさせたのは、トコトン計算し尽くされた乗り味だ。

試乗車は2リッター直列4気筒ターボ(258PS/400Nm)を搭載する330i。シャシーが「M Sport」だったことを踏まえても、そのライド感には高級輸入車と呼ぶに相応しい上質感が与えられていた。

確かにランフラットタイヤのコツコツとした入力はある。しかし荒れた路面でも低級な振動はダンパーが上手に減衰し、速度が上がるほどにフラットな乗り心地へとこれを整えて行く。本国にはランフラットじゃない仕様もあるようだから、気になるならばタイヤを履き替えれば完璧だ。

むしろ「Mスポなのにここまでまろやかにしてしまってもよいのだろうか?」と心配するくらい。肝心の走りに精彩を欠くようでは、エクストラコストを払う意味がないからだ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW 3シリーズ の関連編集記事

BMW 3シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR