ランクルプラド150をアウトドア仕様にカスタム! 快適性を高めながらカッコよく仕上げる装備とは?/4×4エンジニアリングサービス【Vol.4】

プラド150がさらにアウトドアで活躍できるようになるカスタムパーツを紹介

ルーフラック:FRONTRUNNER SLIMLINE II/オーニング:DARCHE ECLIPSE 270

乗り心地の良さや余裕のある室内空間、抜群のオフロード走破性を備えたSUVとして、安定的な人気を誇るトヨタ ランドクルーザープラド150系(通称:150プラド)。

当記事では、そんな150プラドがアウトドアでさらに活躍できるようになる4×4エンジニアリングのアイテムをご紹介。キャンプの道具をもっと載せたい、気軽に日よけや雨よけをつくりたい、リフトアップしてアウトドアなルックスに仕上げたい、そんな方はぜひ当記事をチェックしてほしい。

>>4×4エンジニアリングのオフィシャルサイトはこちら

ルックス向上&不整地での安心感アップ! アウトドア派には「カントリーサスペンションキット」でのリフトアップがオススメ

トヨタ ランドクルーザープラド(150プラド)/4×4エンジニアリングサービス

デモカーの150プラドは、4WDにおける高い技術力を持つ4×4エンジニアリングの「カントリーサスペンションキット」を装着したモデル。フロントは60mm、リアは40mmアップしており、リフトアップによって大径タイヤが装着可能となることで、迫力のあるルックスに仕上がっている。

大径タイヤを履ける効果はルックスだけではない。地面に対しての対地障害角が増加するため、キャンプや釣りなどで不整地を訪れた際の安心感が増すというメリットもある。

トヨタ ランドクルーザープラド(150プラド)用カントリーサスペンションキット/4×4エンジニアリングサービス

当取材の撮影場所は、コブが深く急な坂を下り、最後に川岸へ降りる場所はV字となっている。最低地上高の低い一般乗用車では進入不可能なので、オフロードになる前にクルマを駐車し、荷物を持って川岸に降りる人がほとんどだ。プラド150でも、ノーマルではバンパー下などを擦る可能性がある。

そんな地形でも、「カントリーサスペンションキット」でリフトアップをした150プラドは、余裕を持って走ることができた。

トヨタ ランドクルーザープラド(150プラド)用カントリーサスペンションキット/4×4エンジニアリングサービス

それは、リフトアップによる対地障害角の向上だけではなく、高性能なサスペンションによってタイヤグリップを最大限に使うトラクション性能の良さと、ドライバーに伝わる情報の多さが安心感を与えてくれたおかげでもある。

カントリーサスペンションによるリフトアップは、高い悪路走破性と普段使いの快適性を両立できるため、アウトドア仕様としながら運転を楽しみたいユーザーにも検討してほしいカスタムパーツだ。

▼プラド150用カントリーサスペンションキットの詳細はこちら!

この4x4エンジニアリングの足回りについては、Vol.3「カントリーサスペンションキット」紹介記事で筆者が試乗し、「高い悪路走破性」と「普段使いの快適性」を両立したサスペンションと実感している。詳細が気になる方は、下の記事をクリック!

アウトドア仕様には欠かせない! 積載性とアウトドア感を高める「ルーフラック」

ルーフラック:FRONTRUNNER SLIMLINE II/オーニング:DARCHE ECLIPSE 270

キャンプなど道具の多いアウトドアを楽しみたいユーザーの中には、150プラドの積載性をもっと高めたいという方も多いはず。そこでオススメしたいのがルーフラックだ。中でも機能とルックスを両立させたFRONTRUNNER「SLIM LINE II」が150プラドにマッチするのでご紹介したい。

積載性を高めながらシャープな見た目が魅力/FRONTRUNNER「SLIM LINE II」

トヨタ ランドクルーザープラド(150プラド)用カントリーサスペンションキット/4×4エンジニアリングサービス

こちらのルーフラックは、クルマのシルエットを崩さずに積載性を向上させるデッキタイプ。ルーフラックを取り付けるだけでも、アウトドアのイメージをアップさせてくれるので、ルックスを重視したい人にも最適だ。

ルーフラック:FRONTRUNNER SLIMLINE II/オーニング:DARCHE ECLIPSE 270

オプションパーツを組み合わせることで、大型のテントや自転車、カヌーといった様々なパーツを積載できるようになり、自分好みのルーフラックを作り上げられる。

このように積載性を高めて遊びの幅を広げたりと、プラド150をアウトドア仕様とするならば、ルーフラックは欠かせないカスタムパーツだろう。

日よけ・雨よけを手軽に展開できるオートキャンプの定番装備「サイドオーニング」

ルーフラック:FRONTRUNNER SLIMLINE II/オーニング:DARCHE ECLIPSE 270

アウトドアの大敵は日差しと雨。しかしタープを設営をするにもペグが打てなければならないなど場所も選び、手間も時間も掛かって面倒。そんな悩みを解決してくれるのがサイドオーニング。ルーフラックを装着したならば、あわせて装備したいアイテムの1つだ。

クルマの周りを270°覆う広大なサイドオーニング/DARCHE「ECLIPSE 270」

デモカーに装着されたサイドオーニングは、DARCHE「ECLIPSE 270」。このオーニングの特徴は、車両の左後方を起点に270度車両を覆うように展開すること。その面積は11.2平米と広大だ。

1方向に屋根がのびる巻き取り式のオーニングとは異なり、サイドからリアまで覆うため、居住スペースだけでなく荷物を置く場所が確保できたり、リアゲートから出したモノが濡れにくいというメリットがある。

ルーフラック:FRONTRUNNER SLIMLINE II/オーニング:DARCHE ECLIPSE 270ルーフラック:FRONTRUNNER SLIMLINE II/オーニング:DARCHE ECLIPSE 270

設置方法はルーフキャリアの側面へ取り付けた本体を、後方へ向かって回転するように広げてポールを立てるだけと簡単。大人1人でも展開・収納が可能だ。

収納時は非常にコンパクトとなるため、走行時の影響も少ない。また、視線や冷気を遮るサイドウォールなどもオプションとして用意されているので、システムアップが可能だ。

サイドオーニングを装着することで、アウトドアをもっと手軽で快適に楽しめるようになるので、アウトドア仕様を目指すならば検討してみてほしい。

150プラドのカスタムでアウトドアライフをもっと楽しく快適にしてみては?

様々なキャンプアイテムを揃え、快適なアウトドアライフを過ごすならば、デモカーのような150プラドは最高のパートナーとなるだろう。

カントリーサスペンションでリフトアップした150プラドに、ホイールには力強いデザインのブラッドレーV マットブロンズ。

>>「ブラッドレーV」の詳細はこちら

ルーフラック:FRONTRUNNER SLIMLINE II/オーニング:DARCHE ECLIPSE 270

さらに今回ご紹介したアウトドア仕様のルーフラックなどを組み合わせれば積載力もアップし、存在感も高まるためキャンプサイトなどでも一際目を引くはずだ。自分好みのアウトドア装備を追加したり、アクティビティに特化させたりと150プラドのカスタム自体も楽しんでほしい。

当記事でご紹介したルーフラックやサイドオーニング以外にも、4×4エンジニアリングでは様々な商品を取り扱っているため、自分の目指すスタイルを相談しながら、アウトドア仕様を作り上げてみてはいかがだろうか。

>>プラド150用のパーツラインナップはこちら

>>4×4エンジニアリングサービスのオフィシャルサイトはこちら

▼デモカー情報

トヨタ ランドクルーザープラド(150プラド)用カントリーサスペンションキット/4×4エンジニアリングサービストヨタ ランドクルーザープラド(150プラド)用カントリーサスペンションキット/4×4エンジニアリングサービス
車両トヨタ ランドクルーザープラド 2.8Lディーゼル(GDJ150W)
装着ホイールブラッドレーV マットブロンズ
ホイールサイズ8.0J-17インチ+20 6/139
装着タイヤヨコハマ ジオランダー MT G003
タイヤサイズ275/70R17
筆者   那須 一博
この記事の写真ギャラリーはこちら

4x4エンジニアリングサービスの関連記事

Brand Info - 4x4エンジニアリングサービス

40年以上に渡り4WD向けのカスタムパーツを提供し続けている名門4×4エンジニアリングサービス。クロカン・4WDマニア向けのパーツや、ライトなドレスアップパーツなど、多彩なカスタムパーツを展開。質実剛健をモットーに信頼性の高いパーツをリリースしており、競技からストリートまで様々なクロカン・4WDユーザーから支持されているカスタマイズパーツメーカー。

【お問い合わせはこちらから】

Corporate Profile

企業名:株式会社4x4エンジニアリングサービス

郵便番号:461-0048

所在地:愛知県名古屋市東区矢田南3-1

TEL:052-715-4411

企業HP:こちらから