【2024年】メルセデス・ベンツ 新型Aクラスの価格やボディサイズ、燃費など最新情報をお届け|貴重なセダンとハッチバックを設定

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:メルセデス・ベンツ日本/MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

メルセデス・ベンツのAクラスは2018年に発売され、2023年2月にマイナーチェンジを受けました。

ボディタイプはセダンとハッチバックが設定されており、国産セダンが減っている現在では貴重なコンパクトセダンとなります。

今回は新型Aクラスの価格やボディサイズ、燃費などをカーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎さんが解説します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型Aクラスのおすすめポイント
  2. 新型Aクラスのレビュー・評価
  3. 新型Aクラスの基本スペック・価格表
  4. 新型Aクラスのボディサイズ
  5. 新型Aクラスの燃費
  6. 新型Aクラスの発売日と納期の目安
  7. Aクラスのカラーバリエーション
  8. 新型Aクラスのライバル比較

新型Aクラスのおすすめポイント

・ステアリング操作に対する反応が正確で、走行安定性が高い

・コンパクトなサイズのセダンは貴重

・ディーゼルは動力性能に余裕があり、燃料代も安い

新型Aクラスのレビュー・評価

総合評価 4.0 ★★★★☆

外観

4.0

★★★★☆

内装

5.0

★★★★★

走行性能

4.0

★★★★☆

運転のしやすさ

3.0

★★★☆☆

乗り心地

3.0

★★★☆☆

燃費

4.0

★★★★☆

価格の割安度

3.0

★★★☆☆

5段階採点の解説

外観

外観ではフロントマスクやバンパーのデザインを際立たせました。

内装

インパネの見え方も新鮮です。メーターとインパネ中央の液晶画面が繋がり、ワイド感を強調しました。ステアリングホイールは、下側が水平になったD字型です。

運転席は上下調節が可能ですが、手足を少し伸ばし気味に低い位置に座ります。

座り心地は少し硬いですが、腰の抑え方は良く、長時間の運転でも疲れにくいです。上半身も左右に揺すられにくく、峠道の走りにも適しています。

後席は、全長が4400mmを超える5ドアハッチバックとしては、足元空間が少し狭いです。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は、握りコブシ1つ半です。

コンパクトカーのホンダ フィットは、同じ測り方で握りコブシ2つ半ですから、Aクラスはもう少し広げて欲しいところです。

着座位置も低めなので、腰が落ち込んで膝は持ち上がります。それでも後席に座る乗員の足が前席の下に収まりやすく、4名乗車は可能ですが、購入するなら居住性を確認しましょう。

新型Aクラスには、5ドアハッチバックに加えて、ボディの後部に独立したトランクスペースを備えるセダンも用意されます。

先進装備

先進装備としては最新型のMBUXを採用しています。ボイスコントロール機能が備わり「ハイ、メルセデス」と呼びかけると起動します。音声認識機能は、カーナビの目的地入力、エアコンの作動、照明など多岐にわたります。

走行性能

新型Aクラスのエンジンは、直列4気筒1.4Lガソリンターボと、2Lクリーンディーゼルターボです。

ガソリンターボは最高出力が136馬力(5500回転)、最大トルクは20.4kg-m(1460〜4000回転)ですので、動力性能は2Lのノーマルガソリンエンジンと同等です。

パワフルではありませんが、実用回転域の駆動力に余裕があり、運転しやすいです。吹き上がりも自然な印象です。ガソリンターボには7速ATを組み合わせて、エンジンパワーを有効活用できます。

クリーンディーゼルターボは、最高出力が150馬力(3400〜4400回転)、最大トルクは32.6kg-m(1400〜3200回転)で、実用回転域を中心に駆動力が高いです。吹き上がりはガソリンに比べて鈍いですが、シフトアップは4000回転以上で行われ、ディーゼル特有の重い回転感覚はありません。ディーゼルの粗いノイズは、2000回転を下まわると少し聞こえますが、煩わしい印象はないです。

運転のしやすさ

走行安定性は、メルセデス・ベンツらしさを最も強く感じさせるところです。カーブへの進入で、ステアリングホイールを回し始めた時から、車両が正確に進行方向を変えます。機敏でも穏やかでもなく、ちょうど良い反応です。

峠道を走る時でも、旋回軌跡を拡大させにくく、車両をしっかりと内側へ向けます。その一方で後輪が前輪以上に踏ん張るため、挙動が不安定になりにくく、常に安心して運転できます。

またステアリングホイールを握る手のひらを通じて、路面の状況が伝わってきます。このように車両がドライバーの操作に正確に反応して、走行状態も分かりやすいと、街中から峠道、高速道路まで安全な運転が行えます。なおかつ車両との一体感も得られるため、運転が楽しく感じられます。

メルセデス・ベンツ、BMW、レクサスなどのプレミアムブランドは内装も上質ですが、突き詰めると、操舵感と走行安定性の高さが魅力です。

乗り心地

乗り心地もプレミアムブランドの価値ですが、この点は注意が必要です。新型A180は乗り心地が少し硬く感じられるからです。特に時速40km以下で、舗装の荒れた場所を通過すると、細かな路上のデコボコを伝えます。この傾向は、同じ新型Aクラスでも、5ドアハッチバックよりセダンの方が顕著に感じました。

速度が上昇すると乗り心地が快適になるため、高い速度域に重点を置いて足まわりを設定していますが、都市部に住んでいると低い速度で走る機会も多いです。購入する時は、販売店の試乗車で街中をゆっくりと走り、乗り心地を確認しましょう。

良かった点

・ステアリング操作に対する反応が正確で、走行安定性も高い

・ディーゼルは動力性能に余裕があり、燃料代も安く収まる

気になった点

・街中では乗り心地が硬めで、後席は足元空間が狭い

・日本車に比べると、価格は100万円以上の上乗せになる

新型Aクラスの基本スペック・価格表

グレード

ステアリング

エンジン

価格(税込)

A180

1.4L直列4気筒直噴ターボ

498万円

A180セダン

505万円

A200d

2.0L直列4気筒直噴ディーゼルターボ

558万円

A200dセダン

570万円

メルセデス・ベンツ、BMW、レクサスなどのプレミアムブランドは、上質なクルマ造りが特徴です。予算に余裕があれば購入したいですが、全般的にボディの大きなクルマが中心です。

そこで注目されるのがメルセデス・ベンツ Aクラスです。現行メルセデス・ベンツAクラスは2018年に発売され、2023年2月にマイナーチェンジを受けました。今回は最新の改良型である新型Aクラスを試乗しました。

新型Aクラスの価格はハッチバックでガソリンのA180が498万円、ディーゼルのA200dは558万円です。セダンのA180は505万円、A200dは570万円です。

ディーゼルはガソリンに比べて60〜65万円高いですが、運転席と助手席の電動調節機能やナビゲーションなども加わり、エンジン単体の実質的な価格アップは30万円前後です。

新型Aクラスのボディサイズ

全長

全幅

全高

ホイールベース

ハッチバック

4440mm

1800mm

1420mm

2730mm

セダン

4565mm

1430mm

5ドアハッチバックのボディは、全長が4430mm、全幅は1800mmに収まり、全高も1440mmなので立体駐車場を使いやすいです。最小回転半径も5mとあって、小回りの利きも良好です。

街中は混雑していて、ショッピングセンターなどの駐車場にはスペースの狭いところもあるため、運転のしやすさを考えると全幅は1800mmが限界でしょう。

全長は4600mm以下に抑えたいです。内外装などのクルマ造りが上質なプレミアムブランドで、このサイズに収まる車種はないでしょうか。

新型Aクラスの燃費

グレード

WLTCモード

市街地モード

郊外モード

高速道路モード

A180

15.3km/L

11.2km/L

15.6km/L

17.9km/L

A180セダン

15.4km/L

15.7km/L

18.2km/L

A200d

19.1km/L

14.3km/L

18.5km/L

23.0km/L

A200dセダン

14.2km/L

ディーゼルは動力性能が優れ、WLTCモード燃費も、ガソリンの16.4km/Lに対して20.4km/Lに向上します。

しかも軽油の価格は、プレミアムガソリンに比べて1L当たり30円ほど安いため、車両価格が高くてもディーゼルを推奨します。

新型Aクラスの発売日と納期の目安

販売店によると「新型Aクラスの納期は約6か月」とのことでした。日本車を含めて短い部類に入ります。

Aクラスのカラーバリエーション

ボディカラー

備考

ポーラーホワイト

サンイエロー

オプション価格3万6000円

デジタルホワイト

オプション価格9万5000円

コスモスブラック

オプション価格9万5000円

イリジウムシルバー

オプション価格9万5000円

マウンテングレー

オプション価格9万5000円

ローズゴールド

オプション価格9万5000円

パタゴニアレッド

オプション価格13万円

新型Aクラスのライバル比較

ボディタイプは、セダンが10万円前後高いですが、5ドアハッチバックとの価格差としては少ないです。

外観の好みや荷物を積む用途に応じて選べば良いですが、このサイズのセダンは前述の通り日本では貴重です。

なおレクサス CT200hが生産を終えた今、新型Aクラスは日本車のライバルを選びにくくなっています。

最も性格が近い車種は、ホンダ シビックe:HEV(ハイブリッド)でしょう。カーナビやBOSEプレミアムサウンドシステムなどもフルに標準装着して、価格は394万200円です。

メルセデス・ベンツ 新型Aクラスは、最も安価な仕様でもシビックに比べてさらに約100万円高いです。

新型Aクラスを買う時は、国産の5ドアハッチバック、輸入車ではフォルクスワーゲン ゴルフなども試乗して、その価値を判断しましょう。

【筆者:渡辺 陽一郎 カメラマン:メルセデス・ベンツ日本】

メルセデス・ベンツ/Aクラス
メルセデス・ベンツ Aクラスカタログを見る
新車価格:
499万円607.2万円
中古価格:
26.3万円598万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツ Aクラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ Aクラスのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ Aクラスの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ Aクラスの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ Aクラスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる