99%の部品が新しくなった新型イヴォークを徹底解説!

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:佐藤 正巳

デビューから8年。フルモデルチェンジで何が変わったのか?

2012年にデビューしたレンジローバーの末っ子SUV、イヴォーク。2018年末、イヴォークとしては初のフルモデルチェンジが行われた。現行レンジローバーシリーズのデザインを踏襲し、プラットフォームも新設計。さらに上位グレードではマイルドハイブリッドシステム搭載モデルも加わるなど、まさに一新された内容だ。

一般道と特設コースでの試乗の模様はコチラに掲載したが、プレミアムコンパクトSUVというカテゴリーを切り拓いた初代の成功を受け継ぐべくデビューした2世代目は、いったいどのように変わったのか。ここではデザイン、プラットフォーム、エンジン、デバイスなどに注目してみよう。

一目でイヴォークとわかるスタイルを維持しながらよりモダンに

クーペスタイルのシルエットは初代から継承しつつ、Reductionism(還元主義)というデザイン理念を取り入れた2代目。兄貴分であるヴェラール、レンジローバースポーツ、そしてフラッグシップであるレンジローバーに通じるデザインのディテールが各所に散りばめられ、ブランドでは一番ベーシックなポジションながら、プレミアムなイメージが完成している。

ワイド&ショートなディメンションは初代と変わらず、タイヤを四隅に配し、オーバーハングを切り詰めたことで、強い存在感を発揮している。

ランドローバー イヴォーク ボディサイズ新型イヴォーク旧型イヴォーク
全長(mm)43804355
全幅(mm)19051900
全高(mm)16501660
ホイールベース(mm)26802660

プラットフォームを新設計してまったくの別物に

ジャガーランドローバーグループが急速に進めている電動化。イヴォークも将来的な電動化を見据えて、新たに開発されたプラットフォームであるPTA(Premium Transverse Architecture)を採用している。

99%新設計ということで、唯一先代からキャリーオーバーされたパーツはドアヒンジのみという徹底的な刷新ぶり。ホイールベースの延長は、後席の居住性を引き上げており、大人が乗っても快適な空間となっている。またトランクルームの容量も先代に比べて拡大(通常591リッター/最大1383リッター)している。

マイクロハイブリッドが追加されエンジンラインアップは隙なし

エンジンは4気筒のインジニウム。ディーゼル、ガソリン、マイルドハイブリッドの3種類で、出力が異なる全17機種をラインアップする。

イヴォーク エンジンラインアップエンジン種別最大出力最大トルク
D180ディーゼル180PS/4000rpm430Nm/1750-2500rpm
P200ガソリン200PS/5500rpm320Nm/1200-4500rpm
P250ガソリン249PS/5500rpm365Nm/1500-4500rpm
P300マイルドハイブリッド300PS/5500-6000rpm400Nm/2000-4500rpm

トップグレードのP300に搭載されるマイルドハイブリッドは、ベルト・インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(BISG)とコンバーター、48Vのバッテリーからなるシステムで、時速17km/h以下になるとエンジンを停止し、減速エネルギーを蓄電。発進時の動力として使用するなど、静かで効率的な走行を可能としている。システムの動作は自然で、排気量が上がったようなフィーリングとなる。

D180として用意されるインジウムディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンに比べてCO2排出量を約20%低減している。また、欧州の排出ガス基準であるEU6d-Tempに適合し、窒素酸化物(NOx)もAdBlueを採用した選択触媒還元(SCR)排出ガス浄化システムで低減させているなど、環境性能はかなり高い。

また燃費はガソリンエンジンに比べて約20%優れているので、年間19000km以上走行するというオーナーは、費用対効果の高いディーゼルを選ぶのがいいだろう。

ボンネットが透ける!? 新しい技術が盛りだくさん

フロントグリルと両側のドアミラーに装着したカメラによる画像を合成し、通過中の路面の状況を映し出す世界初の機能となるClearSightグラウンドビューを標準装備している。まるでボンネットがないかのような合成動画で、フロント下180度の視野を確保。時速30km/h以下で作動し、段差のある路面やオフロードなど障害のある路面での走行時に便利。また縦列駐車もサポートしてくれる。

ルームミラーは、通常の鏡のほか、ルーフアンテナに組み込まれたカメラで撮影した画像を映し出すことができる。ClearSightリアビューミラーと呼ばれるこのシステムは、鏡よりも視野角がかなり広く、斜め後方の死角を減らしてくれるほか、ラゲッジに荷物が満載でも後方を確認することができる。

またスマートフォンのBluetoothとリモートキーを利用したドライバー認識システム「スマート・セッティング」をランドローバーで初めて採用。AIのアルゴリズムを使い、シートポジションやステアリングコラム、温度設定、シートマッサージ設定など、乗り手に合わせてそれぞれが自動的にセッティングされる。

その他、最新のソフトウェアにワイヤレスでアップデートが可能になるSOTA(Software Update Over The Air)をランドローバーとしては初採用したり、離れた場所からクルマの情報を確認・操作できる「リモート」やスマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」など、インターネットやモバイルデバイスを使った技術がかなり進化している。

装備充実のFirst Editionがオススメ

レンジローバーのシリーズ中、スタンダードなポジショニングのイヴォークだが、上位モデルに先行して新しい機能を取り入れるなど、著しいアップデートが行われた今回のフルモデルチェンジ。

発売にあたり、D180とP250をベースに装備を充実させたFirst Editionが用意されているので、こちらをまずはオススメしたい。個別でオプションを装着するよりは、かなりお得な設定となっている。

レンジローバー 新型イヴォーク 価格車両本体価格(8%消費税込み)
D180 First Edition821万円
P250 First Edition799万円
SE (D180)667万円
SE (P250)646万円
R-DYNAMIC HSE (P300)801万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる