190E、M3などドイツの名車が参戦! 「ドイツ・ツーリングカー選手権」で熾烈な戦いを巻き起こしていたマシーン3台をご紹介

画像ギャラリーはこちら

2022年4月15日(金)から2022年4月17日(日)、千葉県・幕張メッセで開催された「オートモビルカウンシル2022」。

2016年から開催され、今年7回目となる。今回は「ドイツ・ツーリングカー選手権」に参戦したモデルを3台紹介しよう。

目次[開く][閉じる]
  1. ドイツ・ツーリングカー選手権は市販車をベースにした欧州ナンバーワンを決める熾烈な戦いだった!
  2. 1990年 メルセデス・ベンツ 190E 2.5-16 Evo.II AMG
  3. 1987年 BMW M3 シュニッツァー
  4. 1993年 アルファロメオ 155 V6 TI アルファ・コルセ

ドイツ・ツーリングカー選手権は市販車をベースにした欧州ナンバーワンを決める熾烈な戦いだった!

ドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)とは、市販車をベースにしたツーリングカーで行われるレースのこと。1984年から1995年までを第一期、その後2000年から現在まで開催され続けている第二期とに分かれる。

ドイツは主要な自動車メーカーが多く集まる国だ。そのためドイツの国内メーカーはもちろんのこと、欧州など他国の自動車メーカーも参加。そんな名門のメーカーが威信をかけて開発したハイテクマシーンが参戦し、F1パイロットを多数含む一流ドライバーが操り、接触をもいとわない激しいレースが楽しめるのがドイツ・ツーリングカー選手権だったと言える。

今回は第一期に登場したワークスマシンを紹介しよう。

1990年 メルセデス・ベンツ 190E 2.5-16 Evo.II AMG

ラグジュアリーかつ権威的なイメージを払拭し、メルセデス・ベンツに若々しくスポーティーなイメージを植え付けるべく開発されたメルセデス・ベンツ 190E 2.5-16 Evo.II AMG。4気筒2.5リッターエンジンを開発したのはイギリスの有名レーシングエンジン・コンストラクターのコスワース。

宿敵BMW M3を打ち破るために大胆なエアロキットを採用したことが特徴的だった。極端に短いエアダム、ティアドロップ形状のオーバーフェンダー、高くそびえたリアウイングなどは500台生産されたロードゴーイングカーにも標準装備されたものだ。

1990年からドイツ・ツーリングカー選手権に参戦開始し、91年こそアウディに敗れてしまったが、92年にドライバーズタイトルの1、2、3位を独占する快挙を果たした。

1987年 BMW M3 シュニッツァー

先ほど紹介したメルセデス・ベンツ 190E 2.5-16 Evo.II AMGのライバルとも言えるBMW M3。ドイツ・ツーリングカー選手権の前身であるドイツ・レーシングカー選手権からBMWはドイツ、そしてヨーロッパで開催されるツーリングカー選手権の代表選手と呼べるほど常連だった。

しかし1987年にドイツ・ツーリングカー選手権に参戦し始めたM3は、バイエルンの象徴とも言える直列6気筒ではなく、4気筒2.3リッターユニットを搭載。クランクシャフト長が短い直列4気筒の方が高回転、高出力を期待できたからだという。

この目論見は見事に的中し、デビューイヤーにして全10戦中5勝という圧倒的な勝率を誇り、シリーズチャンピオンの奪取に成功。1988年、89年とシリーズ3連覇を果たすほど、当時無敵の戦闘力を誇っていた。

1993年 アルファロメオ 155 V6 TI アルファ・コルセ

ドイツ・ツーリングカー選手権にイタリアからの刺客として参戦していたのがアルファロメオ 155 V6 TIだ。車両レギュレーションでより大きな改造が認められた1993年から参戦を開始。

エンジンは高度なチューンが施されたV6 2.5リッターを搭載していた。アバルトがWRC(世界ラリー選手権)仕様のランチア・デルタ・インテグラーレ用に開発したフルタイム4WDと組み合わせたモンスターエンジンだ。

ドライバーはニコラ・ラリーニやアレッサンドロ・ナニーニといった元F1ドライバーをそろえ、監督には元ランチア・ワークスドライバーなど、イタリアンオールスターチームと言える豪華なメンバーだ。デビューイヤーで22戦中13勝を記録。うち11勝を挙げ、チャンピオンマシンとなったモデルが今回展示された。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

メルセデス・ベンツ/190クラス
メルセデス・ベンツ 190クラスカタログを見る
新車価格:
528万円935万円
中古価格:
164万円1,300万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

メルセデス・ベンツ 190クラスの最新自動車ニュース/記事

メルセデス・ベンツのカタログ情報 メルセデス・ベンツ 190クラスのカタログ情報 メルセデス・ベンツの中古車検索 メルセデス・ベンツ 190クラスの中古車検索 メルセデス・ベンツの記事一覧 メルセデス・ベンツ 190クラスの記事一覧 メルセデス・ベンツのニュース一覧 メルセデス・ベンツ 190クラスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる