【速報】2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー 今年の10台(10ベストカー)が決定!

画像ギャラリーはこちら
2019年11月7日(木)、「2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー」のエントリー車35台の中から、最終選考に進む上位10台(10ベストカー)が決定した。

今回選出された10台の中から、自動車評論家、ジャーナリスト、有識者60名からなる選考委員が投票を行い、日本を代表する“クルマの賞典”「2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー」のイヤーカー(大賞)などが12月6日に決定する。

果たして、栄えある“今年のクルマ”はどのモデルになるのか!? 2019年も3年連続で輸入車から選出されるのか、それとも国産モデルが返り咲くのか?? 2019年も興味は尽きないところだ。

目次[開く][閉じる]
  1. 栄えある“今年のクルマ”はどのクルマ!? 10ベストの中から12月6日にはイヤーカー発表
  2. ダイハツ タント/タントカスタム
  3. トヨタ カローラ/カローラツーリング
  4. トヨタ RAV4
  5. 日産 デイズ/三菱 eKクロス/eKワゴン
  6. ホンダ N-WGN/N-WGN Custom
  7. マツダ MAZDA3
  8. BMW 3シリーズ セダン
  9. ジャガー I-PACE
  10. ジープ ラングラー
  11. メルセデス・ベンツ Aクラス/Aクラス セダン

栄えある“今年のクルマ”はどのクルマ!? 10ベストの中から12月6日にはイヤーカー発表

第40回 2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーの選考対象となるクルマは、前年2018年11月1日より2019年10月31日までに日本国内において発表された乗用車だ。60名を上限とした選考委員の投票によって11月7日、最終選考へ進む10ベストカーが決定された。昨年2018年は人気のSUVの台頭が目立ったが、今年は軽自動車から輸入車まで、幅広いラインナップが10ベストカーに選出されている点が興味深い。

ちなみに2018年の第39回では、ボルボ XC40が日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得。2年連続で輸入車のボルボが受賞したことでも話題になったが、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が日本メーカー車となった場合、海外メーカー車でもっとも多く得票したクルマには「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」が与えられるルールとなっている。

今後10ベストカーの中から選考委員による投票が改めて行われ、12月6日に2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカー(大賞)などが決定する。併せて3つの部門賞、「イノベーション部門賞」、「エモーショナル部門賞」、「スモールモビリティ部門賞」と「実行委員会特別賞」も同時発表される。

11月7日に発表された2019-2020 日本カー・オブ・ザ・イヤー 10ベストカーは以下の通り。(掲載はノミネート順)

この記事の画像ギャラリーはこちら
「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ダイハツ タントの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タントのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タントの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タントの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる