日産 新型セレナ 徹底解説|おすすめモデルは燃費、動力性能、静粛性なども優れたe-POWERモデル! 該当モデルの価格は319万8800円から

画像ギャラリーはこちら
2022年11月末に、およそ6年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たした日産 セレナ。新型セレナは、初代から受け継がれる室内空間の広さや利便性はそのままに、移動時の快適性を追求し、最先端技術の搭載や様々な機能の充実が行われています。そんな新型セレナについて、カーライフ・ジャーナリストの渡辺陽一郎さんが詳しく解説します。
目次[開く][閉じる]
  1. 新型セレナを含め、2022年は各社ミニバンが新型モデルに
  2. 発電用エンジンと駆動用モーターの性能が向上|日産 新型セレナの動力源(パワーユニット)
  3. 先進性と美しさを追求したエクステリア|日産 新型セレナの外観・デザイン
  4. ボディサイズは先代型とほぼ同じ|日産 新型セレナのボディサイズ
  5. シフト操作はスイッチ式に! スタイリッシュでシンプルになったインパネ|日産 新型セレナの内装
  6. 座り心地や収納設備などが改善されたたシート|日産 新型セレナの1列目、2列目、3列目シートそれぞれの座り心地
  7. 力強さが増して、従来以上に走りが滑らか|日産 新型セレナの動力性能
  8. 運転しやすく、上質な印象も|日産 新型セレナの走行安定性
  9. 回生充電の効率を見直し、燃費性能が向上|日産 新型セレナの燃費
  10. ガソリンモデルよりも燃費、動力性能、静粛性なども優れたe-POWERモデルが買い!|日産 新型セレナの価格、おすすめグレード
  11. 今のところ納期は約3ヶ月と短め|日産 新型セレナの納期状況

新型セレナを含め、2022年は各社ミニバンが新型モデルに

2022年は「ミニバンの年」です。トヨタではノア&ヴォクシーとシエンタ、ホンダではステップワゴンがフルモデルチェンジを行い、最後を飾るのが日産 新型セレナです。

新型セレナのボディサイズは、従来型と同じく、標準ボディは5ナンバーサイズです。エアロパーツを装着したハイウェイスターが3ナンバー車になります。さらに、新型セレナではプロパイロット2.0を標準装備したハイウェイスターの上位モデルとなる最上位グレード「ルキシオン」も新設定しています。新型ノア&ヴォクシーと新型ステップワゴンは、全車が3ナンバー車になりましたが、新型セレナは5ナンバーサイズを残しています。

発電用エンジンと駆動用モーターの性能が向上|日産 新型セレナの動力源(パワーユニット)

新型セレナの動力源(パワーユニット)は、基本的には先代型と同様で、ノーマルタイプとハイブリッドのe-POWERを用意しています。先代型のノーマルエンジンは、マイルドタイプのSハイブリッド(スマートシンプル)がありましたが、新型になってこのタイプは廃止されました。

またe-POWERは、エンジンで発電を行い、駆動は発電された電気を使ってモーターが担当します。この発電用エンジンが、従来の直列3気筒1.2Lから1.4Lに拡大されました。駆動を行うモーターも性能が変更され、従来型は最高出力が136馬力、最大トルクは32.6kg-mでしたが、新型は163馬力・32.1kg-mです。最大トルクは少し下がりましたが、最高出力は27馬力の上乗せです。

先進性と美しさを追求したエクステリア|日産 新型セレナの外観・デザイン

そこでテストコースを使って試乗を行いました。まず外観を見ると、フロントマスクに特徴があります。LEDヘッドランプのロー/ハイビーム/車幅灯が縦方向に並び、日産車の特徴であるV字型グリルをランプで表現しています。すべてのランプはLED化され、先進性と美しさが追求されています。

ボディサイズは先代型とほぼ同じ|日産 新型セレナのボディサイズ

新型セレナのボディサイズは、標準ボディの場合、全長4690mm × 全幅1695mm × 全高1870mmで、前述の通り5ナンバーサイズに収まります。新型セレナ ハイウェイスターは、全長4765mm × 全幅1715mm × 全高1870mm(最上級のルキシオンは1885mm)で、3ナンバー車になります。

先代型に比べると、新型セレナ ハイウェイスターの全幅が1740mmから1715mmに抑えられるなど若干の違いはありますが、ほぼ同じ大きさです。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は10mm伸びて2870mmになりましたが、意図的に伸ばしたわけではありません。プラットフォームは先代型と共通です。

そのために床が高く、新型ノア&ヴォクシーや新型ステップワゴンを70〜80mm上まわります。サイドステップ(小さな階段)を使って乗り降りするため、前述のライバル2車に比べて乗降性は悪いです。

シフト操作はスイッチ式に! スタイリッシュでシンプルになったインパネ|日産 新型セレナの内装

新型セレナの内装は、インパネを見ると先代型に比べてデザインが変わりました。液晶のメーターとカーナビ画面が並び、インパネ中央の下側には、エアコンを操作する液晶タッチパネルが装着されます。

さらにその下側には、押しボタン式のATスイッチを配置しました。先代型はレバー式だったので使い勝手が異なります。先代型から乗り替える時は注意しましょう。

メーターの視認性は良いですが、e-POWERのスイッチは扱いにくいです。eペダルのスイッチがATスイッチの左側に装着され、エコやスポーツモードを切り替えるドライブモードスイッチは、インパネ右側の低い位置に配置されているためです。運転感覚や走行性能を切り替えるスイッチは、まとめて装着した方が扱いやすく、ここは若干の注意が必要でしょう。

座り心地や収納設備などが改善されたたシート|日産 新型セレナの1列目、2列目、3列目シートそれぞれの座り心地

新型セレナの1列目のシートは、サイズを十分に確保しました。体重が加わる背もたれの下側と座面の後方が硬めで、座り心地が良く、長距離を快適に移動できます。

新型セレナの2列目のシートアレンジは、先代型ではe-POWERがシンプルでした。シート形状もセパレートタイプのみでしたが、新型はアレンジの多彩なベンチタイプを採用しています。2列目の中央部分を1列目の間までスライドさせると、収納設備として使えます。この時は2列目の中央に空間ができて、車内の移動もしやすいです。2列目がセパレートタイプの場合、乗車定員は8名です。しかし最上級のルキシオンとオーテックは、セパレートタイプの7人乗りです。

2列目の座り心地は、先代型に比べて向上しました。腰の周辺をしっかりと支えて快適です。大腿部の支え方も変わりましたが、床と座面の間隔が比較的離れていて、小柄な乗員は大腿部を押された感覚になりやすいです。座り心地に注意しましょう。先代型のe-POWERは、1列目の下に配置された駆動用電池の張り出しが大きく、2列目に座る乗員の足が1列目の下に収まりにくかったです。新型ではこの点が改善され、足が収まりやすいために着座姿勢も最適化されました。

新型セレナの3列目の足元空間は、先代型と共通ですが、ライバル車に比べると広いです。身長170cmの大人6名が乗車した時、2列目に座る乗員の膝先空間を握りコブシ2つ分に調節すると、3列目に座る乗員の膝先には握りコブシ2つ半の余裕ができます。同じ計り方をした場合、新型ステップワゴンは握りコブシ2つ分、新型ノア&ヴォクシーは1つ半に留まります。

新型セレナの3列目の座り心地は、2列目には劣りますが、先代型に比べると腰のサポート性が向上しています。シート自体の剛性も高まり、走行中に揺すられて着座感覚が不安定になる欠点が弱まりました。

力強さが増して、従来以上に走りが滑らか|日産 新型セレナの動力性能

発進すると視界の良さに気付きます。先代セレナもサイドウインドウの下端が低く、ミニバンの中では視界が優れていましたが、新型セレナは下端の前側が先代型よりもさらに下がり、斜め前側が一層見やすくなっています。開発者は「左側の視界が向上したから、ドアミラーに装着していた補助ミラーも省くことができました」とコメントしました。最小回転半径は先代型と同じ5.7mなので、小回りの利きはミニバンの平均水準です。

新型セレナの動力性能はどうでしょうか。直列4気筒2Lノーマルエンジンは、実用的には十分な性能を発揮します。登坂路ではパワー不足を感じますが、2Lの排気量を考えると仕方ありません。動力性能をこれ以上高めるには、排気量の拡大やターボの装着が必要です。

ノーマルエンジンの特徴は、エンジンの負荷が大きくパワー不足を感じる割に、耳障りな粗いノイズを抑えたことです。先代型に比べると、時速40〜60kmでアクセルペダルを緩く踏み増した時の反応が向上しました。最高出力は150馬力(6000回転)、最大トルクは20.4kg-m(4400回転)だから先代型と同じですが、実用回転域の駆動力を少し向上させて走りが滑らかになりました。

一方、e-POWERは、発電用エンジンの変更と制御の見直しにより、実用回転域の駆動力が相応に高まっています。e-POWERはモーター駆動だから、もともとアクセル操作に対する反応が機敏で、アクセルペダルを踏み増すと即座に駆動力を高めました。新型セレナではこの力強さが増して、従来以上に走りが滑らかです。動力性能も高められ、ノーマルエンジンに当てはめると3Lクラスに匹敵します。エンジンノイズも抑えましたが、その代わりに、タイヤが路上を転がる時に発する騒音が少し目立っています。

運転しやすく、上質な印象も|日産 新型セレナの走行安定性

新型セレナの走行安定性はライバルに比べて見劣りします。スポーティに走るクルマではありませんが、カーブを曲がる時には、ボディが大きめに傾きます。前述の通り床の位置がライバル車に比べて70〜80mm高く、高重心になったからです。唐突な傾き方ではありませんが、背の高いクルマを運転していることを実感させます。

高重心でも後輪の接地性を高めて挙動の乱れを抑えるため、操舵に対する反応の仕方が鈍めです。峠道などを走ると車両が内側を向きにくく、車線変更時にも曲がりにくさを感じます。その代わりに不安な挙動変化は生じにくいです。

新型セレナではステアリングの支持剛性が高められ、ステアリング操作をした時の曖昧な動きが抑えられました。運転しやすく、上質な印象も受けます。

乗り心地は硬めです。指定空気圧は燃費も考慮して、前後輪ともに先代型と同じ280kPaと高いです。ただしタイヤサイズは従来の195/60R16から205/65R16に変更され、先代型に比べれば、角が丸くなって突き上げ感も抑えました。

回生充電の効率を見直し、燃費性能が向上|日産 新型セレナの燃費

新型セレナのWLTCモード燃費は、ノーマルエンジンのハイウェイスターVが13km/L、e-POWERハイウェイスターVは19.3km/Lです。ノーマルエンジンは先代型に比べて0.2km/L悪化していますが、e-POWERは1.3km/L向上しました。先代型の場合、アクセルペダルを戻した時に積極的な充電を行うeペダルを使わないと、減速エネルギーを使った回生充電の効率が悪化しました。新型セレナではそこを改めて、eペダルを使わずにドライバーがフットブレーキを作動させた時でも、ディスクブレーキの使用を控えてモーターによる回生充電が行われます。運転の仕方にかかわらず、燃費性能を向上できるようになりました。

ガソリンモデルよりも燃費、動力性能、静粛性なども優れたe-POWERモデルが買い!|日産 新型セレナの価格、おすすめグレード

駆動方式エンジングレード乗車人数ミッション価格(消費税込)
2WDHR14DDe-EM57(ハイブリッド) e-POWER X8319万8800円
e-POWER XV349万9100円
e-POWER ハイウェイスター V368万6100円
e-POWER LUXION7479万8200円
MR20DD(ガソリン)X8エクストロニック

CVT

276万8700円
XV308万8800円
ハイウェイスター V326万9200円

新型セレナで推奨されるパワーユニットはe-POWERです。ノーマルエンジンに比べて価格は約41万円高いですが、税額の違いによって差額は30万円以下に縮まります。しかもe-POWERは、燃費、動力性能、静粛性なども優れ、ノーマルエンジンよりも推奨度が高いです。ベストグレードは、e-POWERハイウェイスターV(368万6100円)になります。

最上級のe-POWERルキシオン(479万8200円)は、さらにおよそ111万円ほど高いですが、高速道路でステアリングホイールから手を離しても運転支援が続くプロパイロット2.0、SOSコール、日産コネクトナビ、合成皮革の専用シート生地などが標準装着されます。長距離を移動する機会が多く、予算に余裕がある時は、e-POWERルキシオンも検討しましょう。

逆に予算を抑えたい場合は、価格が最も安いノーマルエンジンを搭載する標準ボディのX(276万8700円)が注目されます。スライドドアの電動機能はオプションですが、ひと通りの安全装備などを標準装着して、価格を280万円以下に抑えました。

今のところ納期は約3ヶ月と短め|日産 新型セレナの納期状況

以上のようにセレナは、グレードが多彩です。3列目のシートが新型ノア&ヴォクシーや新型ステップワゴンよりも広く、5ナンバー車も用意することから、ファミリーユーザーにピッタリです。ミニバンの王道を行くクルマに仕上げました。

販売店に納期を尋ねると「人気の新型車とあって、大量に生産できる準備をしています。2022年11月下旬に予約受注で注文された場合、納車は2023年1月頃です」とのことです。今のところ納期は約3ヶ月と短いですが、これからは急速に遅延する可能性もあります。購入するなら商談を早めに開始しましょう。

[筆者:渡辺 陽一郎 カメラマン:小林 岳夫/MOTA編集部]

日産/セレナ
日産 セレナカタログを見る
新車価格:
276.9万円393.4万円
中古価格:
21万円448万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

日産 セレナの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 セレナのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 セレナの中古車検索 日産の記事一覧 日産 セレナの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 セレナのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる