「カスタムだけどシンプルで落ち着いた質感」ホンダ N-WGNカスタム | デザインの違いをチェック【新旧比較】

  • 筆者: MOTA編集部

ホンダ N-WGNカスタム デザインの違いを画像でチェック

2019年7月18日にフルモデルチェンジを行ったホンダ N-WGN。“Nのある豊かな生活”というNシリーズのコンセプトのもと、より日常での使い勝手の良さや安全性能を刷新した軽ハイトワゴンだ。旧型と同様に新型N-WGNには上級仕様のカスタムが用意された。

>>カスタムだけど、シンプルで大人なデザイン! 新旧N-WGNカスタムを画像で比較

前回はN-WGNの新旧比較を行ったが、引き続き今回はN-WGNカスタムの新旧比較を行う。

【N-WGN新旧比較記事はこちら】

>>「進化した使いやすさ×カワイイ」 ホンダ 新型N-WGN | デザインはどう変わったのか? 【新旧比較】

エクステリア比較

フロントビュー比較

新型N-WGNカスタムのデザインはベース車のスクエアなデザインを活かしつつ、ワイド感を強調したグリル下部のメッキ処理を与えたりして、単体でみれば少し派手になったが、全体として見ると落ち着いた印象を与える上質さがある。

9灯式フルLEDヘッドランプは点灯をしていないときでも存在感がある。ウインカーは外に向かって光が流れるように見えるシーケンシャルタイプを採用し、メッキのモールに見えるポジションランプによって高級感のある仕様だ。LEDフォグライトの周りにはガーニッシュも装着され、全体のバランスが取れている。

リアビュー比較

旧型は軽快な印象だったが、新型は面を意識させ、重心が下がったことで安定感のある印象となった。

旧型と同様にフルLEDリアコンビネーションランプを採用。旧型よりも凝縮されたデザインとなった。

新型N-WGNカスタムには水平基調を強調するようにリアゲートにはクロームメッキガーニッシュをあしらっている。また折り畳みが不要となるシャークフィンアンテナを装着(そのため新型N-WGNカスタムの全高は1700mm超)。

サイドビュー比較

アクティブな印象の旧型に対して、新型はキャラクターラインを無くしシンプルな造形を組み合わせた。

また後ろ上がりではなくなったことで、窓のサイズも大きくなっている。フロントウインドウが起き上がったことで、斜め後ろの視界も確保しやすくなり、居住空間も広く感じるはずだ。

また新型N-WGNカスタムでは、窓ガラスの下端のモールにステンレスを採用している。これによりシャープな印象をさらに高め、水平基調を強調している。またカラードサイドシルガーニッシュは旧型と異なるシンプルな構成によって、直線的なラインを強調している。

インテリア比較

インパネ全体

インパネのレイアウトも大きく見直されている。旧型はセンターコンソールを軸にした左右対称なデザインだったが、新型は軸が分かれている。運転席、助手席、センターコンソールのそれぞれに最適なデザインを組み合わたということだろう。大型となったナビの位置も車体の中心から助手席側に寄り、運転席から見えやすい配置となっている。おさまり重視だった旧型に比べ、ユーザーの使いやすさを追求したデザインとなった。

ハンドル周り

ハンドルが上下するチルトステアリングに加え、前後に動くテレスコピックの機構を搭載した。これまでの軽自動車だと運転が窮屈だった体格の大きい人や、シートポジションを前にしたい小柄な人も、選択しやすいクルマとなった。

旧型と同様に新型N-WGNカスタムでは本革ステアリングホイールを装備する。

メーター

マルチインフォメーションディスプレーによって、ホンダセンシングの機能がさらに活かされている。低速時にはタイヤの向きがわかるなど、駐車や発進時に嬉しい機能も。

センターコンソール部分拡大

旧型では後付け感のあったUSBジャックは、インパネの中に組み込まれたデザインとなった。さらにスマホを充電しながら、脇のスペースに置くことができるなど、使い方が自然に想像ができるユーザビリティの高いデザインだ。

助手席側も使いやすいようにレイアウトが変更された。座ったままでは位置が遠く取りづらかったドリンクも、引き出し式のドリンクホルダーが最適な位置に変更されたことで、腰を浮かさずとも右手で楽に掴むことができる。それにより正面のスペースも広くなった。さらに隅が丸いことで掃除がしやすい部分も使いやすさ向上の一つだろう。

フロントシート

新型N-WGNカスタムにはハリと抑揚を与えた専用形状のシートを採用した。またシートの高さの調整幅も旧型より拡大している。新型N-WGNカスタムでは肌触りの良いファブリックの付いたアームレストとなった。

リアシート

旧型と同様に足元は広々としている。さらに新型N-WGNカスタムでは後部座席にも大型のドアアームレストを用意したことで、ゆったりとした室内空間となった。

後席の下部には、旧型と同じく横長のトレイが備わり、傘や靴を収納できる。この装備は燃料タンクを前席の下に搭載する独自のレイアウトによるもの。旧型で人気の高かった部分は、新型にも受け継がれている。

ラゲッジスペース

荷室の進化も新型の特徴の一つだ。まず目に入るのが上下の仕切りがあること。荷物を積み上げずに、上下にモノを入れることが可能。それにより上段に荷物を積みながら、下段にいれた道具などを取り出すこともでき、使い勝手がよくなった。

旧型ではシートを倒すと段差があったが、新型ではフラットに。大きな荷物でもスムーズに出し入れが可能になった。

旧型も床のボードを取り外すことで、低く背の高いものを積むことはできることが魅力の1つだった。新型ではさらに進化し、フラットな面積が増え、大きな荷物も積むことができるようになった。

カスタムはどの車種でも派手な印象となるが、新型N-WGNカスタムは装飾は増やしながらもシンプルな雰囲気に仕上げている。旧型N-WGNカスタムと比較してみても、装飾によって落ち着いた雰囲気となっていることが分かる。各部の造形や素材など“カスタム”ならではの大人の質感に仕上がっている。

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ N-WGNの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-WGNのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-WGNの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-WGNの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-WGNのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる