MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車解説 日産 デイズ 魅力は性能だけじゃない! 丁寧につくられた内外装デザインにも注目【新旧比較】

新型車解説 2019/6/26 13:30

日産 デイズ 魅力は性能だけじゃない! 丁寧につくられた内外装デザインにも注目【新旧比較】

日産デイズ 新旧比較
日産 新型デイズ日産 新型デイズ日産 新型デイズ日産 新型デイズ画像ギャラリーはこちら

進化したのは機能だけじゃない、内外装デザインもさらに魅力的になった

日産の先進技術と三菱の軽自動車づくりのノウハウを融合させた新世代の軽ハイトワゴン、日産 デイズがフルモデルチェンジされ、2019年3月の発売から約3か月が経過した。順調に売れているデイズだが、その理由は軽自動車のイメージを覆すようなクオリティが評価されたからではないだろうか。新開発のパワートレインやプロパイロットを搭載するなど、従来の軽自動車にはない魅力を実現している。

機能だけではなく、外装や内装のデザインも様々な部分で進化している。当記事では新型デイズがどのように変わったか、新型と旧型の画像で比較をしていく。

>>新型デイズは機能だけじゃない!デザインだって進化した日産デイズを画像で新旧比較する

新型デイズ スッキリとした外装デザイン成立のカギは先進機能?

軽快感が増したフロントビュー

日産デイズ新旧比較日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

▲左:新型デイズ ハイウェイスター/▲右:旧型デイズ ハイウェイスター

日産デイズ新旧比較日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

▲左:新型デイズ/▲右:旧型デイズ

新旧同様にデイズ ハイウェイスターはスタイリッシュ、デイズは可愛らしいデザインとしている。デイズ ハイウェイスターではグリルが大きくヘッドライトが小さいデザイン、デイズは対照的にコンパクトなグリルと大きめなヘッドライトレンズにより柔らかいデザインが特徴的だ。

日産 新型デイズ ベースグレード日産 新型デイズ ベースグレード

▲左:新型デイズ ヘッドランプ/▲右:新型デイズ V字型グリル

新型デイズのフロントマスクは今の日産車に共通するV字型グリルを備え、上質に造り込んだ。旧型デイズに比べ、グリルもコンパクトになり、グリルの位置を高めることで、より可愛いらしくフレンドリーなデザインになったのではないだろうか。

日産 新型デイズ日産 新型デイズ ハイウェイスター

▲左:新型デイス ハイウェイスター ヘッドランプ/▲右:新型デイズ ハイウェイスターフロントグリル

新型デイズ ハイウェイスターでは、マルチレフタイプLEDを2段配列したヘッドランプや、立体的な造形により高級感のあるクリスタルカットグリルなど、先進感のあるデザインとなり、メッキ部分も少なくなったことから旧型よりもソリッドなデザインとなった。

上部は引き締まり、下部はボリューム感が増したリアビュー

日産 新型デイズ日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

▲左:新型デイズ ハイウェイスター/▲右:旧型デイズ ハイウェイスター

日産デイズ新旧比較日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

▲左:新型デイズ/▲右:旧型デイズ

ナンバープレートの位置が上がり、下半身のボリュームを出したことで筋肉質な雰囲気となり、シルエットが正方形に近い形状になったことで安定感のあるリアビューとなった。これにより、リアガラスが若干小さくなったようにも見える。

躍動感のあるサイドビュー

後方に向かって持ち上がるような意匠が旧型に比べ強調されている。キャラクターライン(ボディに立体感を与えるボディサイドに走るライン)の位置が旧型よりも高くなり、旧型よりも窓幅が狭くなったことで走りを意識させるデザインとなった。

日産 新型デイズ日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

▲左:新型デイズ ハイウェイスター/▲右:旧型デイズ ハイウェイスター

日産 新型デイズ ベースグレード日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

▲左:新型デイズ/▲右:旧型デイズ

サイドビューをご覧いただくとわかるように、サイドウィンドウが狭くなり、運転席からの斜め後方の視界は悪くなった。そのため、バックでの駐車をする際など、後方の死角が増えてしまうというデメリットがある。そこをアラウンドビューモニタと、新しい専用ナビが解決している。

インテリジェントアラウンドビューモニターと9インチの専用ナビでますます便利に

バックビューモニターは幅広いグレードに備わっているが、左右方向から急速に接近する自転車などを見落としやすい。不安な場合は、クルマを真上から見下ろしているかのような映像を見ることが出来るインテリジェントアラウンドビューモニターの追加をオススメする。(Sグレードは装着不可)

日産 新型デイズ

旧型と同様に、ルームミラーにもインテリジェントアラウンドビューは映し出されるが、映像が小さいため見易いとは言い難い。しかしディーラーオプションの9インチ大画面ナビと組み合わせることで、ドライバーからもさらに見えやすくなる。また移動物検知機能がついており、色の変化によって歩行者などの移動物がいることを知らせてくれることで危険を感知しやすくなっている。

日産 新型デイズ ベースグレード日産 新型デイズ

▲左:9インチのモニターに表示される/右:新型のミラーに表示されたアラウンドビューモニター

ディーラーオプション設定になっている純正ナビとインテリジェントアラウンドビューの組み合わせは、新型モデルの大きな魅力の一つではないだろうか。実際にこの2つは人気のオプションとなっており、購入時に注文するユーザーが多いとのこと。このように機能が進化したからこそ、攻めたデザインが可能となったのかもしれない。

運転中の快適性への配慮が行き届いたデザインの内装

日産 新型デイズ日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

▲左:新型デイズ/▲右:旧型デイズ

旧型はインテリアにこだわり、タッチパネル式のオートエアコンを採用するなど、軽自動車には今までなかった機能や質感を加えたことによって、ユーザーから好評を得ていた。そのため、新型も同様に高い機能と質感の内装となっている。

日産 新型デイズ日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

メーター周り ▲左:新型デイズ/▲右:旧型デイズ

メーター内のディスプレーも解像度が高くなり、様々な情報がコンパクトに表示されるようになった。それにより、必要な情報がひと目で分かるようになった。タイヤの向きが表示されるなど、運転に不慣れな人を支援する機能も追加されている。

日産 新型デイズ日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

シフトレバー・エアコンパネル ▲左:新型デイズ/▲右:旧型デイズ

高級感をさらにに高めながら、表示が大きくなり使いやすくなっている。

収納スペースやドリンクホルダーなどを使いやすく設計

新型デイズは収納スペースも進化している。それぞれのスペースごとに収めるもの決め、詳細に設計されている。容量だけ確保されている収納よりも、モノがスッキリと入れられ、取り出しやすいという点でも進化と言えるだろう。

日産 新型デイズ日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

分割式になった大容量の収納スペース ▲左:新型デイズ/▲右:旧型デイズ

大容量でありながら、収納自体は分割式になっていたりと収納物が取り出しやすくなり使いやすくなった収納スペース。

日産 新型デイズ日産 新型デイズ

▲ティッシュなど入れるものが決まっていて、綺麗に収納が出来る

日産 新型デイズ日産 新型デイズ

▲収納ボックスを圧迫していた証書や説明書にも専用ポケットがあり、スッキリと収まる。

日産 新型デイズ ベースグレード日産 新型デイズ ベースグレード

▲左:前シートの背中にはスマホを差し込めるポケットが/▲右:後部座席にもドリンクホルダー付き

さらに広くなった後部座席

日産 新型デイズ ベースグレード日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

▲左:新型デイズ/▲右:旧型デイズ

後部座席の足元も旧型より広くなり、フロア部分には段差もなくなった。座面の位置は低めの設定だが、座面が伸びているのでバランスは取れており、ゆったりと座れるようなリアシートとなった。

また天井へのゆとりが増えた分、チャイルドシートを設置した際にもスペースが確保される。お子様のいる家庭にはありがたい仕様となっている。

日産 新型デイズ ハイウェイスター日産 デイズ DAYZ 旧型 2013

容量が大きくなった荷室 ▲左:新型デイズ/▲右:旧型デイズ

どちらもシートを一番うしろに下げた状態ではあるが、荷室も広くなっていることがわかる。大きな荷物を積みながらも、後部座席にはゆったりと人が座れるというのは大きな進化だろう。

日産 新型デイズ ハイウェイスター

▲ラゲッジアンダーボックス

ラゲッジアンダーボックスを使うことでさらに容量も増えており、高さのあるものも積み込むことができるようになっている。

日産 新型デイズ

旧型デイズに比べても、エンジン等のパワートレインだけではなく、デザインという部分でも進化していることがお分かりいただけるはずだ。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 デイズ の関連編集記事

日産 デイズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 デイズ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR