autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 国産人気SUV実燃費ランキング|本当に燃費がいいSUVはどれだ!CX-5、C-HR、ハリアーなど18車種を徹底比較【2017年現行モデル版】

燃費レポート 2017/12/6 18:53

国産人気SUV実燃費ランキング|本当に燃費がいいSUVはどれだ!CX-5、C-HR、ハリアーなど18車種を徹底比較【2017年現行モデル版】

トヨタ CH-Rハイブリッド フロントトヨタ CH-Rハイブリッド リアトヨタ CH-Rハイブリッド 内装画像ギャラリーはこちら

巷で大流行、SUVの燃費をランキング形式で徹底比較!

国内外で大流行中のSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)とは、広い室内空間と、独特なデザインが特徴のボディタイプのクルマのこと。少し前までクロカン(クロスカントリー)と呼ばれていたジャンルも含まれる。

近年、数多くの自動車メーカーがSUVタイプのクルマを販売していることから、街中で少し見回せば、本格的な悪路走破性を備えたものから、デザイン重視のものまでさまざまな種類のSUVを見つけることができる。

クルマを購入する際に気になるのはやはり燃費を筆頭とする維持費。今回は「本当に燃費が良いSUV」をテーマに、ランキング形式で編集部おススメのクルマを紹介しよう。

なお、過去に実燃費を計測していない種類や、現行で販売されていない車はランキングに含まれないのでご注意を。また、マイナーチェンジで燃費性能がほぼ変わらない場合は、マイナーチェンジ前のレポートを抜粋する場合もある。

今後実燃費レポートが増えるたびに更新する予定なので、お楽しみに。[2017/12/06最終更新]

>>最新の燃費レポートはこちら!

>>【解説】新しい燃費基準『WLTC』とは?

SUV実燃費ランキング結果発表!

現在オートックワンで実燃費レポートを作成した国産SUVの、実燃費ランキングは以下の通り。

1位は、国産SUVでは最新モデルとなるトヨタ C-HR(CHR)のハイブリッドモデル。JC08モード燃費の30.2km/Lに対し、総合実燃費は23.7km/Lを記録、78.4%の達成率となった。

2位は、イレギュラーな感も否めないが、スズキ ハスラー。「あそべる軽」をキャッチコピーにした軽自動車で、SUV風の性能とデザインを備えているので、なかなか侮れない。軽量なボディのおかげで、実燃費は23.5km/Lとハイブリッド車並み。

3位は、ホンダ ヴェゼル ハイブリッド。C-HRが出るまではSUVの中で、販売台数1位を誇っていた人気モデル。実燃費は21.0km/Lだが、JC08モード燃費に対する達成率は80.7%と燃費性能自体はかなり優秀。

4位は、意外や意外、マツダ CX-3(CX3)のディーゼルモデル。実燃費はハイブリッド車には及ばないものの、20.6km/Lを記録しており、達成率はなんと88.7%。特に高速道路での実燃費が良く、ディーゼルエンジンの特性が表れた結果となった。

5位は、4位と同じくマツダ CX-3(CX3)だが、こちらはガソリンモデル。JC08モード燃費17.0km/Lに対して、実燃費は19.7km/Lを記録し達成率は驚愕の115.8%。市街地から高速道路まであらゆる状況でJC08モード燃費を超える好結果を叩き出している。

6位は、上位6位では最大のボディサイズを誇るトヨタ ハリアー ハイブリッドがランクイン。市街地・郊外路・高速道路の実燃費に大きな差が無いのが特徴。

7位以降は下記の表に参考データとしてまとめておく。なお、それぞれの燃費レポートへのリンクと、車種の概要を見たい方は、このまま画面を下にスライドされたし。

▼オートックワン調査 SUV実燃費ランキング

オートックワン調査|現行SUV実燃費ランキング 1位~6位
順位:車種名パワートレイン平均実燃費JC08モード燃費
1位:トヨタ C-HR2WD/ハイブリッド23.7km/L30.2km/L
2位:スズキ ハスラー2WD/ガソリン23.6km/L29.2km/L
3位:ホンダ ヴェゼル2WD/ハイブリッド21.0km/L26.0km/L
4位:マツダ CX-32WD/ディーゼル20.6km/L23.2km/L
5位:マツダ CX-32WD/ガソリン19.7km/L17.0km/L
6位:トヨタ ハリアー4WD/ハイブリッド18.6km/L21.4km/L

SUV実燃費ランキング1位:トヨタ C-HR(CHR) ハイブリッド

トヨタ CH-Rハイブリッド フロントトヨタ CH-Rハイブリッド 内装

トヨタ C-HRは、2016年12月14日に発売を開始したSUV。発表前から「プリウスSUV」と称され期待値は高かった。コンパクトなボディサイズと例を見ないデザイン性の高さから、発売開始と同時に順調に販売台数を伸ばした。2017年1月~6月までのSUV販売台数No.1(自販連調べ)を獲得している。

今回、実燃費ランキング1位になったハイブリッドモデルの他に、4WD専用の1.2リッターガソリンターボモデルもある。燃費と走り、両方のニーズにこたえられるラインナップとなっている。

オートックワンの見積もりで人気なグレードは“ハイブリッド1.8G”(FF)。価格は290万5200円(消費税込み、以下同)。カタログ燃費は4WDターボの15.4km/Lに対し、30.2km/L(共にJC08モード)とダントツ。C-HRはプリウス譲りの圧倒的な燃費の良さでユーザーから支持を集めていることがランキングからも見てとれる。

トヨタ C-HR(CHR) 実燃費計測結果まとめ
グレードハイブリッドG
価格2,905,200円
駆動方式2WD
JC08モード燃費30.2km/L
高速道路実燃費24.8km/L
街乗り(市街地)実燃費21.4km/L
郊外路実燃費25.6km/L
総合実燃費23.7km/L

トヨタ C-HR(CHR)の関連コンテンツ

【カタログ】トヨタ C-HR(CHR)の新車・中古車カタログはこちら

【燃費】“激売れ”トヨタ C-HR ハイブリッドの実燃費をテスト!ライバルやプリウスとの比較で驚きの結果に!

【燃費】トヨタ C-HR(CHR)ガソリンターボの実燃費は?C-HRハイブリッドとガチ比較!

【試乗】トヨタ C-HRに先行試乗! ハイブリッドと1.2ターボ、買いなのはどっち!?

SUV実燃費ランキング2位:スズキ ハスラー

スズキ ハスラー フロントスズキ ハスラー 内装

スズキ ハスラーは、区分は軽自動車であるものの、アクティブな見た目とアウトドアシーンで実用性の高い性能を備えたクラスレスなクルマ。値段やボディサイズを考えるとオンリーワンであるため、指名買いが絶えない。

また、上位グレードにはターボモデルが用意されているため、高速道路での動力性能が気になる方も安心だ。

ハスラーは、「遊べる軽」をキャッチコピーに、ももいろクローバーZを起用した元気なCMが印象的。2015年のマイナーチェンジでは、燃費向上のため“S-エネチャージ”を搭載したモデルも登場。2017年にはJNCAP予防安全性能アセスメントで“ASV++”を獲得するなど、安全性能も折り紙付きだ。

オートックワンの見積もりで人気なのは、トータルバランスに優れた中間グレードのノンターボモデル“G”(FF)。価格は127万3000円。約12万円高で4WDモデルも用意される。

スズキ ハスラーの実燃費(2014年モデル)
グレードX
価格1,369,200円
駆動方式2WD
JC08モード燃費29.2km/L
高速道路実燃費22.8km/L
街乗り(市街地)実燃費23.5km/L
郊外路実燃費24.4km/L
総合実燃費23.6km/L

スズキ ハスラーの関連コンテンツ

【カタログ】スズキ ハスラーの新車・中古車カタログはこちら

【レポート】富士急に「ハスラー」が800台超集結!ももクロもハスラーに乗ったゼェーット!

【比較】ウェイク/ハスラー/N-BOXカスタムを徹底比較 ~遊び心あふれる軽ハイトワゴン~

【燃費】スズキ ハスラー実燃費レポート|軽なのにSUV?見た目も楽しいPOPなあいつの実力やいかに

【東京モーターショー2017】スズキ ハスラー ワイド版、新型XBEE(クロスビー)は2017年中にも発売か

SUV実燃費ランキング3位:ホンダ ヴェゼル ハイブリッド

ホンダ ヴェゼルハイブリッド フロントホンダ ヴェゼルハイブリッド 内装

ホンダ ヴェゼルは全長約4.3mのコンパクトSUV。搭載されるのは1.5リッターガソリンと同ハイブリッドで、FFと4WDが用意される。ベースのプラットフォームこそコンパクトカーのフィットを基にするが、クーペをイメージしたスポーティな外観や上質な内装など、その仕上がりはひとクラス上。車幅も1.8m弱とワイドで3ナンバー車扱いとなる。強力なライバルとしてトヨタ C-HRが登場したが、視界の良さや取り回し性、空間の広さ、ラインナップの幅広さなど、トータル性能の高さでは今でもヴェゼルが優位に立つ。

オートックワンの見積もりで人気のグレードは“ハイブリッド Z ホンダセンシング”(FF/価格:267万円)。ハイブリッドのカタログ燃費は27.0~21.6km/L(JC08モード)。ガソリンモデル(20.6~19.0km/L)に比べるとその差は明確だ。

ホンダ ヴェゼルの実燃費(2014年モデル)
グレードハイブリッド X
価格2,350,000円
駆動方式2WD
JC08モード燃費26.0km/L
高速道路実燃費22.1km/L
街乗り(市街地)実燃費19.5km/L
郊外路実燃費21.6km/L
総合実燃費21.0km/L

ホンダ ヴェゼルの関連コンテンツ

【カタログ】ホンダ ヴェゼルの新車・中古車カタログはこちら

【燃費】ホンダ ヴェゼルハイブリッド 燃費レポート

【試乗】ホンダ ヴェゼルハイブリッド 試乗レポート

SUV実燃費ランキング4位:マツダ CX-3(CX3) ディーゼル

マツダ CX-3 ディーゼルモデル外観マツダ CX-3 ディーゼルモデル 内装

マツダ CX-3は、同社SUVラインナップの中で最も小柄な全長約4.3m弱のコンパクトSUVだ。街中でも扱いやすいボディサイズに加え、マツダ共通の”魂動”(こどう)デザインが与えられたスタイリッシュで上質な内外装が特長。2015年のデビュー当初は1.5リッターのクリーンディーゼルエンジンのみだったが、2017年に2リッターガソリンモデルも追加され、バリエーションが拡充した。

オートックワン見積もりサイトでの人気グレードはディーゼルのベーシックグレード“XD”で、価格は240万8400円(FF)~。求めやすい価格設定もCX-3の魅力のひとつだ。CX-3ディーゼルモデルのカタログ燃費は25.0km/L~21.0km/L。低燃費なことに加え、燃料代が安い軽油を使用するため、日々の給油コストが抑えられる点も嬉しい。

マツダ CX-3(ディーゼル)の実燃費
グレードXDツーリング Lパッケージ
価格2,808,000円
駆動方式2WD
JC08モード燃費23.2km/L
高速道路実燃費23.5km/L
街乗り(市街地)実燃費17.6km/L
郊外路実燃費20.1km/L
総合実燃費20.6km/L

マツダ CX-3の関連コンテンツ

【カタログ】マツダ CX-3(CX3)の新車・中古車カタログはこちら

【燃費】マツダ CX-3 燃費レポート ~ハイブリッドカー超えの実燃費を叩き出すディーゼルターボ~

【試乗&解説】マツダがCX-3にガソリンモデルを追加する本当の理由とは?

SUV実燃費ランキング5位:マツダ CX-3(CX3) ガソリン

ランキング5位には、4位に続いてマツダ CX-3のガソリンモデルがランクインした。ディーゼルモデルの実燃費20.6km/Lに対し、ガソリンモデルの実燃費は19.7km/Lとなり、ディーゼルモデルとの実燃費差はわずか0.9km/Lとなった。

オートックワン見積もりサイトでの人気グレードはガソリンの中級グレード“20S プロアクティブ AT”で、価格は228万4000円(FF)からとなる。

ディーゼルモデルよりも求めやすい価格設定のガソリンモデルは、価格の安さに加えて伸びやかな加速感と静粛性の高さが魅力で、アイドリングストップから再始動する際の音質もディーゼルモデルよりも耳障りになりにくい。

CX-3はガソリンモデルとディーゼルモデルで車重が違い、重量の違いに伴ってサスペンションの味付けも変わっている。軽快に走るガソリンモデル、しっかりとした安定感を感じるディーゼルモデルとキャラクターが違うため、購入する際は実際に乗り比べてみることをオススメする。

マツダ CX-3(ガソリン)の主要スペック
グレード20Sプロアクティブ
価格2,284,000円
駆動方式2WD
JC08モード燃費17.0km/L
マツダ CX-3(ガソリン)|実燃費とWLTCモードの比較
実燃費WLTCモード燃費
平均19.7km/L20.0km/L
市街地19.2km/L18.8km/L
郊外路21.1km/L21.7km/L
高速道路19.6km/L19.5km/L

>>【解説】新しい燃費基準『WLTC』とは?

マツダ CX-3の関連コンテンツ

【カタログ】マツダ CX-3(CX3)の新車・中古車カタログはこちら

【燃費】マツダ CX-3燃費レポート|ガソリンモデルはWLTCモード燃費を上回る低燃費を記録!

【試乗&解説】マツダがCX-3にガソリンモデルを追加する本当の理由とは?

SUV実燃費ランキング6位:トヨタ ハリアー ハイブリッド

トヨタ ハリアーハイブリッド フロントトヨタ ハリアーハイブリッド 内装

トヨタハリアーは、現行モデルで3代目となる人気のSUV。初代は高級乗用車とSUVを融合したプレミアムクロスオーバーSUVの元祖として1997年に華々しくデビュー。日本のみならず欧米メーカーからも多数のフォロワーを生むなど、その後のSUV市場に与えた影響力は計り知れない。

現行ハリアーは2013年冬にデビュー。その後2017年夏にはマイナーチェンジを実施し、これまでの2リッターガソリンと2.5リッターハイブリッドに加え、2リッターターボモデルも新たにラインナップしている。

オートックワンの見積もり人気は上級モデル“ハイブリッド E-Four プログレス メタル アンド レザーパッケージ”(4WD/価格:495万3960円)。カタログ燃費は21.4km/L(JC08モード)と、大柄なボディからは想像できない小型車並みの低燃費性能を誇る。ターボ車が12.8~13.0km/L、2リッター車が16.0~14.8km/Lだから、ハイブリッド車の優位性が際立つ。

トヨタ ハリアーの実燃費
グレードハイブリッドELEGANCE
価格3,774,857円
駆動方式2WD
JC08モード燃費21.4km/L
高速道路実燃費18.9km/L
街乗り(市街地)実燃費17.4km/L
郊外路実燃費19.5km/L
総合実燃費18.6km/L

トヨタ ハリアーの関連コンテンツ

【カタログ】トヨタ ハリアーの新車・中古車カタログはこちら

【燃費】トヨタ 新型ハリアーハイブリッド 燃費レポート

【燃費】トヨタ 新型ハリアー燃費レポート|2リッターターボとハイブリッドを徹底比較!

【試乗】トヨタ 新型ハリアー、ターボとハイブリッド、どっちが買い!?(2017年マイナーチェンジモデル)

SUV実燃費ランキング6位~18位を発表!まだまだ増えるぞ!

オートックワンがこれまで調査したSUVの実燃費ランキングは以下の通り。それぞれの車種の高速道路、街乗り・市街地、郊外路での実燃費は、車種ごとの燃費レポートをご覧いただきたい。

オートックワン調査|現行SUV実燃費ランキング 7位~18位
順位車種名パワートレイン平均実燃費JC08モード燃費
7位マツダ CX-52WD/ディーゼル17.1km/L18.0km/L
8位ホンダ ヴェゼル2WD/ガソリン16.9km/L19.2km/L
9位日産 エクストレイル4WD/ハイブリッド15.6km/L20.0km/L
10位三菱 アウトランダーPHEV4WD/PHEV13.8km/L18.6km/L
11位トヨタ C-HR4WD/ガソリン13.7km/L15.4km/L
12位スバル フォレスター4WD/ガソリン12.8km/L13.2km/L
13位日産 エクストレイル4WD/ガソリン12.8km/L15.6km/L
14位ハイラックス4WD/ディーゼル12.7km/L11.8km/L
15位NX4WD/ガソリン11.9km/L12.8km/L
16位ハリアー4WD/ガソリンターボ11.7km/L12.8km/L
17位ランドクルーザープラド4WD/ディーゼル11.6km/L11.2km/L
18位ジムニー4WD/ガソリン10.4km/L13.6km/L

【7位】マツダ CX-5 (CX5)ディーゼルの実燃費は極めて良好!旧型の燃費とも徹底比較!

【8位】ホンダ ヴェゼル(ガソリン)燃費レポート

【9位】日産 エクストレイル ハイブリッド実燃費レポート(2017年マイナーチェンジモデル)

【10位】三菱 アウトランダーPHEV 燃費レポート

【11位】トヨタ C-HR(CHR)ガソリンターボの実燃費は?C-HRハイブリッドとガチ比較!

【12位】スバル フォレスターの実燃費を徹底評価。2.0XTはターボモデルとは思えない結果に!?

【13位】日産 エクストレイル実燃費レポート(T32型・2014年ガソリンモデル)

【14位】トヨタ 新型ハイラックスはミニバン並みの燃料代!?実燃費は見た目以上に好成績!

【15位】レクサス 新型NX実燃費レポート|マイナーチェンジしたNXの燃費はどう変化したか?

【16位】トヨタ ハリアー燃費レポート|2リッターターボとハイブリッドを徹底比較!

【17位】怖いもの見たさ!?トヨタ 新型ランクルプラド、ディーゼルモデルの燃費を徹底検証!

【18位】スズキ ジムニー燃費レポート|唯一無二“本格SUV”の軽自動車の燃費を計ってみた!

>>最新の燃費レポートはこちら!

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ C-HR の関連記事

トヨタ C-HRの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ C-HR の関連記事をもっと見る

トヨタ C-HR の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/18~2017/12/18