autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 燃費レポート 日産 エクストレイル実燃費レポート(T32型・2014年ガソリンモデル)

燃費レポート 2014/4/3 17:30

日産 エクストレイル実燃費レポート(T32型・2014年ガソリンモデル)(1/5)

関連: 日産 エクストレイル Text: 永田 恵一 Photo: 和田清志
日産 エクストレイル実燃費レポート(T32型・2014年ガソリンモデル)

印象がガラリと変わった3代目「日産 新型エクストレイル」の実燃費を計測!

「日産 エクストレイル」は2000年の登場以来「ガシガシ使える」というコンセプトや、いかにもSUVらしいスタイルが好評を集めて初代、2代目と堅調な販売成績を納めたミドルSUVだ。

日産 新型エクストレイル フロントエクステリア [燃費レポート]
日産 新型エクストレイル フロントイメージ [燃費レポート]日産 新型エクストレイル リアイメージ [燃費レポート]

昨年12月に発売された3代目・新型エクストレイルは、2代目までの濃厚なSUVテイストとは雰囲気がガラリと変わり、最近のSUVの多くで採用されているコンセプト「シティ派SUV」へと路線を変更した。

しかし、初代、2代目と好評を得ていた「ガシガシ使える」というコンセプトは3代目にも引き継がれ、防水シート、防水フロア、防水ラゲッジボード、豊富なラゲッジスペースのアレンジメント、205mmという最低地上高、オフロード走行にも対応した4WDシステムなどが継承されている。このことから、エクストレイルが持っていた“DNA”はそのまま、といって良いだろう。

また、新型エクストレイルでは新たに「3列シート/7人乗り仕様」が加わったこともトピックである。

>>2017年にマイナーチェンジされた日産 エクストレイルハイブリッドの実燃費レポートはこちら

エンジンは「2リッターガソリン」のみに集約、ハイブリッドモデルの発売は年内を予定

日産 新型エクストレイル エンジンルーム [燃費レポート]

新型エクストレイルのメカニズム面に関して、パワートレーンからご紹介しよう。

エンジンは先代モデルでは2リッターガソリンエンジン、2.5リッターガソリンエンジン、2リッターディーゼルターボエンジンという3機種が用意されていたが、新型では「2リッターガソリンエンジン」のみに集約された。

しかし、「直噴化」やセレナで採用されているオルタネーター(発電機)をエンジンスターターとして利用する「ECOモーター式アイドリングストップ」の採用により、2代目の2リッターエンジンと比べて最高出力は137psから147psへと、JC08モード燃費も最良値となるFF車のCVTで「12.0km/L」から「16.4km/L」と大きく向上している。

トランスミッションは全車「CVT」が組み合わされる。なお、新型エクストレイルには年内にも1モーター2クラッチタイプの「ハイブリッドモデル」が追加されることが、既に明らかにされている。

日産 エクストレイルハイブリッドが出るまではその繋ぎという役割も兼ねているのか、先代である2代目モデルのエクストレイルディーゼルが継続生産という形でラインナップされている、ということも覚えておきたい。

日産 新型エクストレイル「オールモード4×4i」4WDスイッチ [燃費レポート]

駆動方式は、「FF」と「4WD(オールモード4×4i)(※)」の2つ。

(※)「オールモード4×4i」=“2WDモード”、前後駆動力配分を自動的にコントロールする“オートモード”、発進時などの前後駆動力配分をおおよそ50:50に固定する“ロックモード”の3つのモードを持っている。

4WDには、ドライバーのハンドル操作通りに走行ラインをトレースすることを支援する「ヨーモーメントコントロール」も装備される。

新型エクストレイルに組み込まれた、数々の先進技術

シャシー関係では、車体の上下動を予測し駆動力とブレーキを制御することで上下動を低減して乗り心地を向上させる「アクティブライドコントロール(世界初)」、コーナリングやブレーキ時などの状況によってエンジンブレーキを付加し操作負荷を軽減する「アクティブエンジンブレーキ(世界初)」、コーナリング時の状況に応じて4輪それぞれのブレーキを制御し、よりイメージ通りのコーナリングをサポートする「コーナリングスタビリティアシスト」といった先進技術が盛り込まれている。

先進技術といえば、運転支援機能についても前後のカメラとフロントグリル下部に置かれるソナーを基盤とした緊急ブレーキシステム「エマージェンシーブレーキ」(約10km/h~80km/h間で作動)、低速走行中のペダルの踏み間違えなどによる事故を防ぐ「踏み違い防止アシスト」、そのほか「LDW(車線逸脱警報)」「進入禁止標識検知」、「BSW(後側方車両検知警報)」などがグレード、オプションによって設定される。

今冬は大雪のため、スタッドレスタイヤを装着したモデルのみ。皆さま何卒ご容赦を・・・

日産 新型エクストレイル フロントフェイス [燃費レポート]

燃費テストに使用した新型エクストレイルの車両は、上級グレードの「20X エマージェンシーブレーキパッケージ」(4WD/3列シート/JC08モード燃費15.6km/L/259万7,000円)」を起用。

なお、上記の車両は今年は関東でも大雪が幾度も降ったこともあり、スタッドレスタイヤが装着されていたため(銘柄はブリヂストンのブリザックDM-V1)、燃費・ハンドリング・乗り心地といった要素が不利な方向に働いた可能性もあることを、事前にお伝えしておきたい。

テストは3月13日(木)の早朝にスタート、午後3時ごろに東京へ戻ってくるスケジュールで実施した。天候は晴れから小雨模様に悪化したが、気温は最高気温が18℃まで上がり、比較的過ごしやすい気候の一日であった。

交通状況は、年度末の3月ということもあってか、激しい市街地の混雑に見舞われた。。

なお、スイッチで選択できる4WDのモードは「オート」を選択して燃費テストを実施している。

燃費測定の基本ルール

・燃費の測定は、車両に純正搭載されている車載燃費計を使用

・スピードは流れに乗ったごく一般的なペースで走行

・車両の状態もエアコンは快適に過ごせる温度(オートエアコンなら25度)に設定

・走行モードが選択できる場合にはノーマルモードを選んで走行

試乗ルート1「高速道路」

日産 新型スカイラインハイブリッド 実燃費試乗ルート1「高速道路」

首都高速都心環状線芝公園ランプから首都高湾岸線を経由し、東京湾アクアラインから最近開通した圏央道の茂原長南インターに向かうというルート。

道路にアップダウンは少なく、流れは区間全体を通しおおよそ80km/h程度。道のりは約70km。

試乗ルート2「郊外路」

日産 新型スカイラインハイブリッド 実燃費試乗ルート2「郊外路」

茂原長南インターを降り、国道409号線を西に進み、交差する国道297号線を北上し、東京湾に近い千葉県市原市内の国道16号線まで向かうルート。

道路にアップダウンは少なく信号があまりない上に走行中の流れも良く、好燃費が期待できる区間と言える。道のりは約30km。

試乗ルート3「市街地」

日産 新型スカイラインハイブリッド 実燃費試乗ルート3「市街地」

千葉県市原市の国道16号線から国道357号線、途中から片側1車線になる国道14号線、都県境から蔵前橋通りを経由し、オートックワン編集部に戻るルート。スムースに流れることは少なく、渋滞路が多くを占める区間だ。

平均時速は15~18km/h程度で、イメージとしては混んだ東京都内の道に近い。道のりは約55km。

日産 エクストレイル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 エクストレイル の関連記事

日産 エクストレイルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 エクストレイル の関連記事をもっと見る

日産 エクストレイル の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/17~2017/8/17