ホンダ ステップワゴンスパーダのカーリース情報・価格

もらえるカーリース
ホンダ ステップワゴンスパーダ
ボーナス併用払い(11年)
月額
19,690
円~
ボーナス月加算額 118,800円 × 22回
月々均等払い(11年)
月額
39,270
円~
  • 頭金ゼロ
  • 税金・諸費用込
  • ボーナス併用可
ホンダ ステップワゴンスパーダ概要

家族思いの設計が際立つミニバン。一番の特長はリアの「わくわくゲート」。これは一般的なハッチバックゲートとして上向きに開くだけでなく、ドア左半分のみが横向きにも開くという画期的なもの。車体後ろのスペースが狭い駐車場や、高い位置まで手の届かない子供でも簡単に荷室にアクセスできる優れものといえる。床が低くフラットなので、乗り降りがしやすいのも嬉しい。2017年10月から、ハイブリッドモデルが追加された。

オススメのプランで今すぐ審査を申込む無料
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

料金シミュレーション

MOTAカーリースは個人の専用リースです。リース期間は5年、7年、11年の中からお選びください。

グレード選択
カラーやオプションは審査後に選択・変更可能です。
リース契約年の選択
月額均等払い39,270円(オプションなし)
ボーナス併用払いの選択
オプションの選択
延長保証やナビなどを選択
月額
39,270
webで完結!審査を申込む無料
※審査申込と同時にご契約が確定することはございません。
※審査後でもグレードやオプションの変更・追加が可能です。
※審査結果は最短翌日にお知らせいたします。
EVをもっと身近に MOTAは日本のEV普及に全力で取り組みます

ホンダ ステップワゴンスパーダの車両詳細情報

グレード 1.5 エアー 排気量 1,496 cc
全長 4800 mm 全幅 1750 mm
全高 1840 mm 重量 1710 kg
駆動方式 FF ミッション CVT
定員 7名 ドア数 5
最小回転半径 5.4 m JC08モード燃費 15.40 km/L
※掲載されている車両詳細情報は、当該車種の任意のグレード情報を引用しているもので、リース車両のスペックを保証するものではありません。

ホンダ ステップワゴンスパーダを契約されたMOTAカーリース 利用者のクチコミ

※MOTAカーリースで契約した個人の感想になります
  • ご契約の車種
    ホンダ ステップワゴンスパーダ
    ホンダ ステップワゴンスパーダ
    評価 (満足)

    契約までスムーズだった

    T.A.様

※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

MOTAカーリースは3つの心配ナシ!!!

その1返却の心配ナシ

返却の心配ナシ

全車種が残価設定なしのカーリース
契約満了時にはそのまま車がもらえます

その2走行距離制限の心配ナシ

走行距離制限の心配ナシ

走行距離は無制限!
マイカー感覚で乗ることができます

その3修理費用請求の心配ナシ

修理費用請求の心配ナシ

MOTAカーリースでは契約期間満了時にクルマの破損や故障に対する修理費用の請求はありません。

人気の新車カーリースサービス比較

MOTA A社 B社 C社 D社
選べる車種 マル
国内メーカー&レクサス
三角
国内メーカー
三角
トヨタ車、レクサス車
三角
国内メーカー
三角
国内メーカー
リース期間 5年、7年、11年 5年、7年、9年 3年、5年、7年 1年〜11年選択 7年、9年
車がもらえる マル 三角オプションプラン バツ 三角オプションプラン マル
走行距離制限 マル バツ バツ 三角オプションプラン バツ
車のカスタム マル バツ バツ バツ バツ
修理費請求なし マル バツ バツ 三角オプションプラン バツ
ボーナス払い対応 マル マル バツ バツ 三角オプションプラン
頭金対応 マル マル バツ バツ マル
注)△マークはオプションプラン加入などで対応も可能です。最安値料金は調査時から変動がございます。
※各社の新車カーリースサービスの特徴をご紹介いたします(2021年4月 MOTA調べ)

よくある質問

ほかのカーリースとの違いはなんですか?

MOTAのカーリースでは、すべての契約で走行距離制限がありません。またクルマをカスタムできます。ここが大きな違いになります。MOTAカーリースは残価設定がありません。なので、契約満了時には返却不要で原状回復請求や残価精算がありません。自分の車になるので売却も可能です。

カーリースとはそもそもどんな仕組みですか?

カーリースとは一言で言うとお好きな車を月々定額で乗れる支払いプランのことです。定額料金なので頭金は0円、またボーナス払いも必要ありません(契約での変更も可能な場合があります)。リース期間中の車検や諸費用や車の税金も全て定額料金の中に含まれているので、突発的な出費は一切かかりません。

カーリースと購入・ローンの違いはなんですか?

新車購入時には初期費用として頭金や車庫証明代行手数料や納車費用など掛かります。また購入・ローンでは年に1度の自動車税の支払、定期的に訪れる車検時には車検費用や自動車重量税、自賠責保険料が必要になります。またクルマを乗る上でのメンテナンスを行いたい場合は都度メンテナンス費用が必要になります。契約内容にもよりますが、都度支払う費用が月額費に含まれて定額で支払うイメージです。

カーリースに向いている人はどんな人ですか?

まず手持ちのお金がない中で新車に乗りたいという方が向いているかもしれません。上記の購入との違いにも記載している初期費用負担や月々の支払いを安定させたい方、またディーラーに出向いての細かいやり取りがしづらい方、短期間で車を乗り換えたい方なども向いているかと思います。逆にまとまった資金があり車検費用や自動車税などの都度出費が問題ない方は、現金での購入が良いと思われます。

契約期間はどれくらいですか?

MOTAカーリースでは、5年・7年・11年のリース期間が選択できます。契約のタイミングでリース期間を決定します。契約後には期間の変更はできません。長期の契約の場合は月額費が抑えながら新車に乗ることができますが、その分将来故障やメンテナンスの心配があるかもしれません。その場合はオプションなどでのメンテナンスパックなど加入がおすすめです。短期の契約の場合は月額費は高くなりますが、短期でのクルマの乗り換えをしたい方に向いていると思われます。MOTAカーリースの場合だと、ホンダ ステップワゴンスパーダが月々均等払いで39,270円から、ボーナス併用の場合だと19,690円から申し込みが可能です(11年リースの場合)。

ステップワゴンスパーダのグレードやカラーは選べますか?

MOTAカーリースでは申込時にグレードを選択します。またグレードによる値段の増減があります。各メーカーページなどで諸元表やWebページ上でグレードの内容を確認できます。車体カラーに関しては契約時に契約ページで決定しますが、事前に車体カラーやグレード内容やメーカーオプションなど相談されたい方は、MOTAお問合せフォーム、もしくはサポートデスクまでお電話ください。MOTAカーリースのサポートデスクは元中古車店の店長など車販売のスペシャリストが対応しますので、申込前に分からないことや不安なことなどありましたら、お気軽にご相談ください。

ホンダ ステップワゴンスパーダのカーリースを見た人はこんな車も見ています

  • トヨタ ノア

    トヨタ
    ノア

    燃費: 23.8km/L 定員: 7名
    ボーナス併用
    月々17,710円~
    ボーナス月加算額 106,700円 × 22回
    月々均等
    月々35,310円~
    詳細を見る
  • 日産 セレナ

    日産
    セレナ

    燃費: 26.2km/L 定員: 7名
    ボーナス併用
    月々17,490円~
    ボーナス月加算額 105,600円 × 22回
    月々均等
    月々34,980円~
    詳細を見る
  • トヨタ ヴォクシー

    トヨタ
    ヴォクシー

    燃費: 0.00km/L 定員: 7名
    ボーナス併用
    月々19,030円~
    ボーナス月加算額 114,400円 × 22回
    月々均等
    月々37,950円~
    詳細を見る
  • 三菱 デリカD:5

    三菱
    デリカD:5

    燃費: 13.6km/L 定員: 8名
    ボーナス併用
    月々23,980円~
    ボーナス月加算額 144,100円 × 22回
    月々均等
    月々47,850円~
    詳細を見る
  • スズキ ランディ

    スズキ
    ランディ

    燃費: 16.6km/L 定員: 8名
    ボーナス併用
    月々17,600円~
    ボーナス月加算額 105,600円 × 22回
    月々均等
    月々35,090円~
    詳細を見る
※JC08モード燃費で表示

ミニバンのランキング

更新日: 2022年08月17日 (集計期間 8/10~8/17)

  • 1位
    ホンダ フリード

    ホンダ
    フリード

    燃費: 28.0km/L 定員: 6名
    ボーナス併用
    月々14,080円~
    ボーナス月加算額 84,700円 × 22回
    月々均等
    月々28,050円~
    詳細を見る
  • 2位
    トヨタ ノア

    トヨタ
    ノア

    燃費: 23.8km/L 定員: 7名
    ボーナス併用
    月々17,710円~
    ボーナス月加算額 106,700円 × 22回
    月々均等
    月々35,310円~
    詳細を見る
  • 3位
    トヨタ シエンタ

    トヨタ
    シエンタ

    燃費: 28.8km/L 定員: 7名
    ボーナス併用
    月々12,870円~
    ボーナス月加算額 77,000円 × 22回
    月々均等
    月々25,630円~
    詳細を見る
  • 4位
    三菱 デリカD:5

    三菱
    デリカD:5

    燃費: 13.6km/L 定員: 8名
    ボーナス併用
    月々23,980円~
    ボーナス月加算額 144,100円 × 22回
    月々均等
    月々47,850円~
    詳細を見る
  • 5位
    トヨタ ヴォクシー

    トヨタ
    ヴォクシー

    燃費: 0.00km/L 定員: 7名
    ボーナス併用
    月々19,030円~
    ボーナス月加算額 114,400円 × 22回
    月々均等
    月々37,950円~
    詳細を見る

ホンダのミニバンのランキング

更新日: 2022年08月17日 (集計期間 8/10~8/17)

  • 1位
    ホンダ フリード

    ホンダ
    フリード

    燃費: 28.0km/L 定員: 6名
    ボーナス併用
    月々14,080円~
    ボーナス月加算額 84,700円 × 22回
    月々均等
    月々28,050円~
    詳細を見る
  • 2位
    ホンダ ステップワゴン

    ホンダ
    ステップワゴン

    燃費: 15.4km/L 定員: 7名
    ボーナス併用
    月々18,370円~
    ボーナス月加算額 110,000円 × 22回
    月々均等
    月々36,630円~
    詳細を見る
  • 3位
    ホンダ オデッセイ

    ホンダ
    オデッセイ

    燃費: 25.2km/L 定員: 7名
    ボーナス併用
    月々22,440円~
    ボーナス月加算額 135,300円 × 22回
    月々均等
    月々44,770円~
    詳細を見る
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。
お電話でのお問い合わせ
0120-914-388
営業時間:10:00〜19:00
(土日・祝日も営業中)
お問合せフォームへ

ホンダ ステップワゴンスパーダのユーザーレビュー

3.7
クチコミ件数:
24件
ミニバンランキング:
12位
新車価格:
299.9万円~384.7万円
中古車価格:
15.0万円~499.7万円
新車購入
人気ランキング
61
全車種中
クチコミ
評価レビュー
24
評価点: 3.7 pt

レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

総合評価
1 2 3 3 4 3.7 (24)
車種のレビューを投稿する
Mクラス最大ミニバン メタメタ 投稿日2022年7月28日
ホンダ ステップワゴン グレード:2.0 e:HEV スパーダ プレミアムライン
総合評価 1 2 3 4 4 4.0
総評
発売から1ヶ月で目標の5倍超えの受注をもらって好調な滑り出しを見せた新型ステップワゴン。Mクラスミニバンの王道を初代から続けてきましたが、少し王道からシフトしてきた様なコンセプトと感じました。先ずはボディサイズの拡大です。全長4830、全幅1750、全高は1840〜1855とかなり大きくなりました。勿論Mクラスミニバンでは最大。はたしてMクラスなのか?との疑問もわきます。プラットフォームは先代からの改良版ですで、エンジン、ハイブリッドシステムも、改良はされていますが、先代のキャリオーバーです。
良かった点
エクステリアデザインはボクシーで丁寧な作りと感じます。過激なフロントマスクを採用しているミニバンが多いなか、ユーザー目線ではドヤ顔ミニバンに辟易としている方も多いはず。その中でシンプルさに個性やライフスタイルに溶け込みやすく考えられたデザインは良いと思います。クルマ生活のなかでユーザーが主役、クルマは良き相棒となるようなデザインフィロソフィーを感じます。また走りでは運転席に座りスタートすると走りに上質感があります。先ずは静粛性が先代に比べて、かなりアップしています。また乗り心地も余裕があると表現できる、脚腰が強い中での、乗り心地の良さを実感できます。ハイブリッドの力強さも先代と変わらず重量アップも走りにはハンデはありません。
気になった点
とは言っても色々と爪の甘さを感じます。エアーと言われるシンプルな見た目のグレードが出来ましたが、スパーダプレミアムラインに並ぶグレードがありません。これは案外致命的でエアーが廉価版グレードになってしまいます。またインテリアもエアーには似合っています。しかしスパーダプレミアムラインには色々付け足されていますが、インパネなどの造形、質感共にライバルに負けています。エアーは明るいファブリックシートに明るい天井カラーは似合っています。しかしスパーダ系は黒に近い色の天井で、これもインテリアが質感高いなら似合うかもしれませんが、ただ、ただ、暗い室内になっているだけです。
冷静なデザインが見事 ジャミラ 投稿日2022年7月28日
ホンダ ステップワゴン グレード:2.0 e:HEV スパーダ プレミアムライン
総合評価 1 2 3 4 4 4.0
総評
6代目ステップワゴンのデザインは原点回帰を意識した非常にシンプルで高品質な印象です。レンジローバーの様なデザインですが、流石にレンジローバーまでの品格はありません。しかしこのクラスのミニバンでは群を抜く出来栄えに見えます。特にリア周りのデザインは非常に見事でフロントマスクもリア並みのセンスが有れば尚良かったとは思います。わくわくゲートをきっぱり諦めて、他にコストを回す事も出来ています。全長はついに4830mmにもなり、全幅1750mmの完全なる3ナンバー設計です。ガソリンモデルは1.5ターボ、2リッターはe:HEVはオデッセイと同じく184PS 315N・mの性能を誇るハイブリッドになるのは先代と同じです。
良かった点
スタートしてドアを閉めた瞬間に、外界とは遮断された感じがします。そのままスタートすると静粛性の高さはかなりのものと分かりました。これはこのクラスのミニバンではNo. 1の静粛性です。ノア&ヴォクシーにも勝ってます。車格を超えているといっても過言ではありません。開発初期から遮音性の高さや気密性の向上を狙った結果ではないかと思います。乗り心地も17インチタイヤですが、しっとりとしています。マイルドと言ってもいいです。エンジンが掛かってもアクセルとリンクした制御を入れているので、エンジン音だけ先走る事はなく、人間の感性にあった物になっています。またフル乗車する際もボディの全長が長いステップワゴンは有利です。オデッセイが廃盤になり、オデッセイオーナーが買い換えても不満の無い仕立てになっています。
気になった点
気になる点はライバルに比べて燃費が負けている点です。後出しジャンケンに負けるのはホンダらしくありません。またノア&ヴォクシーにはある、ドライバーを監視しているカメラが付いていないので、渋滞時のハンズフリー走行が出来ません。またノア&ヴォクシーに付いている事故回避機能の右折時歩行者ブレーキ等も無し。インテリアもインパネ周りは質感で負けています。インテリアの天井が黒系も室内が暗くて滅入ります。大きなサンルーフが有れば問題ないですが、設定はありません。スタイリングも通好みで理解出来る人がどれほど居るのか未知数です。先代はスパーダ系は全車17インチタイヤでしたが、今回からはプレミアムライン以外16インチです。これもスタイリング的には不利です。
箱型ミニバンの伝道師 マサ 投稿日2022年5月22日
ホンダ ステップワゴン グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.3
総評
ステップワゴンは5ナンバー箱型背高ミニバンの歴史の1ページを作りました。それまでは商用車ベースであるが故に、FRベース必須の5ナンバー箱型背高ミニバンでした。マーケットとしても、箱型ミニバン市場が形成されていない時で、初代ステップワゴンの登場で、新たなFF方式5ナンバー箱型背高ミニバンが構築されました。初代ステップワゴンは、月間1万台を超える受注の大ヒットで、他社もFF方式5ナンバー箱型背高ミニバンを次々と投入してきました。トヨタノア、日産セレナ、マツダMPVと追従し人気カテゴリー且つ超激戦区に成長しました。切磋琢磨しながら成長を続けるミニバン市場で、トップセラーは立ち代わり入れ替わりを繰り返します。その中でステップワゴンは大健闘で、若干の浮き沈みはモデルによってあるものの、大健闘です。箱型ミニバン=ステップワゴンの図式は健在です。  
良かった点
ステップワゴンの強みは走行性能です。1.5リッター直噴ターボガソリン車と2.0リッター2モーター方式ハイブリッドの布陣です。ガソリン車の人気も高く、距離を走らない週末ドライバーは、初期投資を抑えてトータルコストの安さで、ガソリン車のニーズも多いです。ハイブリッド車は、システム出力の高さによるハイパワーとランニングコストの低さに魅力を感じるユーザーにピッタリです。外観はマイナーチェンジで、ヘッドライトに交差するフロントグリルが特徴的です。少しロボットチックな表情は、クールで個人的に好きなデザインです。本モデルでワクワクゲートをリアに初採用しています。縦にも横にも開くドアは、便利で重宝します。
気になった点
ステップワゴンの気になる点は、既に新型モデルが発表されている事です。現行モデルは受注をストップして、在庫一掃販売を行なっています。新型のハイブリッドは、ヴェゼルと同一のワンモーター方式となり燃費改善をされています。しかし、2モーター方式の方が凝ったメカニズムで贅沢な仕様の為、本モデルのハイブリッドをお手頃な価格でゲットするチャンスでもあります。また、新型はプレーンなエクステリアデザインに変更されており、オラオラ系のデザインを好み方には不向きです。そんな方も現行ステップワゴンの購入は、現実的な選択です。半導体不足で、車の納期が1年以上となるケースが多くなってきました。素早い判断で注文する事が今後重要となります。
多機能型の2列3列シート hana 投稿日2022年5月18日
ホンダ ステップワゴン グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.2
総評
家族4人が広々とした乗り心地の良い1BOXカーを探していて、日産のセレナか、悩みましたが最終的に初めてホンダ車を購入しました。以前はトヨタのノアに乗っていまいたが、外観や、内装の多機能型の2列、3列シートが使いやすくて家族4人のドライブは最高でした。またエコドライビングシステム60㎞/hでの走行を意識して、省エネ安全運転に心掛けていました。カッコイイアルミホイールに履き替えてまあまあ運転しやすかったです。
良かった点
良かった点は、まず外観が他社同グレードの1BOXカーよりカッコいいところです。後2列、3列シートがいろんな向きに変えることができたり、3列目シートに関しては他社では、ほとんどが3列目シートが窓側に跳ね上げタイプで固定していましたが、ホンダのステップワゴンは3列目シートが床に収納出来る、私が知る限りでは今まで見たことがない新しいシステムだったので、これも非常に使いがってが良かったと思います。最後に運転席側から後ろのスライドドアの開閉が出来るところも良かったです。
気になった点
運転席から助手席のドアミラーのところの付いている車体左側下を見ることが出来るミラーが、時間帯や天候によって、良く見えないことがあります。エアコンの吹き出し口が市販のクリップ式の芳香剤がつかなくて残念でした。後3列目シートを床に収納する時やシートを戻す時、シートが重くて女性では大変と思いました。2列目シートの床のレールの隙間に小石、砂、砂利などが入ってしまってシートの動きが少し悪くなったり、レールの隙間の掃除が大変でした。
内部空間の使い勝手が良い 輪違い 投稿日2022年5月18日
ホンダ ステップワゴン グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.3
総評
ウォークスルーで後部座席との行き来もしやすく、座席を倒せばかなり大型の荷物も積み込め便利だった。全体の形が丸みを帯びていないため内部空間が効率的に使える点も他の車種にはない長所と感じた。
ただその分、少人数で単純に移動手段としてだけ使うような場面には大きすぎ、燃費や運転しやすさなどそれほど良くはないことを考えるとやや不向き。
それを加味した上で選ぶなら、用途や家族構成などによっては実用性の高い、使い勝手の良い車種だと思う。
良かった点
内部の利用に自由度が高く、後部座席との間がウォークスルーになっていたり座席をたたんで大きなスペースを作ったりとその時の状況に合わせて使い方の工夫次第でいろいろな場面に対応できるのが便利だった。車内でできることが多いので長時間の移動時にも比較的過ごしやすいと思う。
何より内部空間が広く大きなものも積めるので何かと便利な面が多く、全体の形状が角ばっていて天井に向かっての丸みもないため荷物なども効率的に入る点も使い勝手が良かった。
気になった点
(もとより車種による利用目的を考えれば当然なのでそれほど大きな問題ではないと思うがあえて言うなら)大きめな車種のため燃費や運転のしやすさなどはあまり良いとは言えず、特に一人しか乗らない場合やちょっとした移動などには「小回りの効かない大きすぎる車」と感じてしまう点。 また全体の外観にはあまり洗練された印象を受けず魅力がうすいこと、内装や座席の快適性などはそれほど良いとは感じられないこと、乗り降りのしやすさやスライドドアの開閉の容易さなどにも、もう少し改善の余地がありそうな気がする。