スバルの新車カーリース一覧

MOTAカーリースは個人の専用リースです。
リース期間は5年、7年、11年の中からお選びください。

  • 絞り込み絞り込み
  • 並べ替え並べ替え
並べ替え
ボディタイプ
メーカー

車種名を検索する

月額料金

駆動方式

14台中114台を表示(1ページ目)
  • 並べ替え
  • 月額料金が安い順
  • 燃費が良い順
  • 評価が高い順
スバル プレオプラス
プレオプラス
スバル プレオプラス
  • クチコミ件数:23件
  • 軽自動車ランキング:15位
ボーナス併用払い(11年)
月額 6,600 円~
ボーナス月加算額39,600 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 13,090 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
658cc FF 4名 5 35.20km/L
  • クチコミ件数:23件
  • 軽自動車ランキング:15位
スバル ステラ
ステラ
スバル ステラ
  • クチコミ件数:37件
  • 軽自動車ランキング:42位
ボーナス併用払い(11年)
月額 8,140 円~
ボーナス月加算額49,500 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 16,280 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
658cc FF 4名 5 31.00km/L
  • クチコミ件数:37件
  • 軽自動車ランキング:42位
スバル シフォン
シフォン
スバル シフォン
  • クチコミ件数:13件
  • 軽自動車ランキング:44位
ボーナス併用払い(11年)
月額 8,800 円~
ボーナス月加算額52,800 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 17,490 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
658cc FF 4名 5 27.20km/L
  • クチコミ件数:13件
  • 軽自動車ランキング:44位
スバル ステラカスタム
ステラカスタム
スバル ステラカスタム
  • クチコミ件数:37件
  • 軽自動車ランキング:49位
ボーナス併用払い(11年)
月額 9,900 円~
ボーナス月加算額59,400 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 19,690 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
658cc FF 4名 5 31.00km/L
  • クチコミ件数:37件
  • 軽自動車ランキング:49位
スバル シフォンカスタム
シフォンカスタム
スバル シフォンカスタム
  • クチコミ件数:13件
  • 軽自動車ランキング:38位
ボーナス併用払い(11年)
月額 10,890 円~
ボーナス月加算額66,000 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 21,780 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
658cc FF 4名 5 27.20km/L
  • クチコミ件数:13件
  • 軽自動車ランキング:38位
スバル ジャスティ
ジャスティ
スバル ジャスティ
  • クチコミ件数:11件
  • コンパクトカーランキング:21位
ボーナス併用払い(11年)
月額 13,640 円~
ボーナス月加算額82,500 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 27,280 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
996cc FF 5名 5 24.60km/L
  • クチコミ件数:11件
  • コンパクトカーランキング:21位
スバル インプレッサG4
インプレッサG4
スバル インプレッサG4
  • クチコミ件数:50件
  • セダンランキング:13位
ボーナス併用払い(11年)
月額 14,300 円~
ボーナス月加算額85,800 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 28,600 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,599cc FF 5名 4 17.20km/L
  • クチコミ件数:50件
  • セダンランキング:13位
スバル インプレッサスポーツ
インプレッサスポーツ
スバル インプレッサスポーツ
  • クチコミ件数:90件
  • ハッチバックランキング:3位
ボーナス併用払い(11年)
月額 14,300 円~
ボーナス月加算額85,800 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 28,600 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,599cc FF 5名 5 19.20km/L
  • クチコミ件数:90件
  • ハッチバックランキング:3位
スバル XV
XV
スバル XV
  • クチコミ件数:38件
  • SUV/クロカンランキング:10位
ボーナス併用払い(11年)
月額 15,510 円~
ボーナス月加算額93,500 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 31,020 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,599cc 4WD 5名 5 19.20km/L
  • クチコミ件数:38件
  • SUV/クロカンランキング:10位
スバル フォレスター
フォレスター
スバル フォレスター
  • クチコミ件数:76件
  • SUV/クロカンランキング:15位
ボーナス併用払い(11年)
月額 19,360 円~
ボーナス月加算額116,600 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 38,720 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,995cc 4WD 5名 5 18.60km/L
  • クチコミ件数:76件
  • SUV/クロカンランキング:15位
スバル レヴォーグ
レヴォーグ
スバル レヴォーグ
  • クチコミ件数:102件
  • ワゴンランキング:2位
ボーナス併用払い(11年)
月額 20,680 円~
ボーナス月加算額124,300 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 41,250 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,795cc 4WD 5名 5 16.60km/L
  • クチコミ件数:102件
  • ワゴンランキング:2位
スバル BRZ
BRZ
スバル BRZ
  • クチコミ件数:74件
  • クーペランキング:6位
ボーナス併用払い(11年)
月額 20,900 円~
ボーナス月加算額125,400 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 41,690 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
2,387cc FR 4名 2 -
  • クチコミ件数:74件
  • クーペランキング:6位
スバル レガシィアウトバック
レガシィアウトバック
スバル レガシィアウトバック
  • クチコミ件数:57件
  • SUV/クロカンランキング:28位
ボーナス併用払い(11年)
月額 25,850 円~
ボーナス月加算額155,100 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 51,590 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,795cc 4WD 5名 5 15.80km/L
  • クチコミ件数:57件
  • SUV/クロカンランキング:28位
スバル WRX S4
WRX S4
スバル WRX S4
  • クチコミ件数:76件
  • セダンランキング:11位
ボーナス併用払い(11年)
月額 26,180 円~
ボーナス月加算額157,300 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 52,250 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,998cc 4WD 5名 4 12.70km/L
  • クチコミ件数:76件
  • セダンランキング:11位
1

スバルのカーリース

スバル(富士重工業株式会社)は、戦前の航空機メーカーである中島飛行機をルーツとしています。当初は元航空技術者たちが自動車開発に携わった経緯から、航空機づくりの発想により既成概念に囚われないユニークな自動車をいくつも送り出してきました。それを象徴することとして、スバル360という個性的な軽自動車のヒットが挙げられます。現在では、スバル以外にはポルシェしか作っていない”水平対向エンジン”をフロントに縦置き搭載して四輪を駆動する「シンメトリカルAWDレイアウト」を主体としたラインアップとなっています。かつてWRCで3連覇の偉業を成し遂げたほか、現在も様々なモータースポーツに参戦している自動車メーカーです。
スバルの代表車種としては、「レガシィアウトバック」「プレオプラス」「ステラ」「シフォン」「ステラカスタム」「ジャスティ」などがあります。中でもレガシィアウトバックは、スバルの誇る安全技術を詰め込んだステーションワゴンで、長年磨き上げてきた「シンメトリカルAWD」により、悪路走破性とスポーティな走りを両立しています。パワフルな走りも魅力な一方、警告音と自動ブレーキで衝突を予防する「アイサイト」に、後方・側方からの車両接近を知らせる「スバルリアビークルディテクション」など安全装備も充実しています。MOTAカーリースでは、レガシィアウトバックが11年リースの場合、月額44,990円(税込)~プランが選択できるなど、月々の支払いを低価格に抑えながら車を所有することが可能です。
MOTAカーリースはスバルの全車種でリースが可能なので、スバルのマイカーリースをご検討の方は、ぜひMOTAをご利用ください。

スバルの燃費ランキング

  • 1位
    プレオプラス

    スバル
    プレオプラス

    燃費: 35.2km/L 定員: 4名
    ボーナス併用
    月々6,600円~
    ボーナス月加算額 39,600円 × 22回
    月々均等
    月々13,090円~
    詳細を見る
  • 2位
    ステラ

    スバル
    ステラ

    燃費: 31.0km/L 定員: 4名
    ボーナス併用
    月々8,140円~
    ボーナス月加算額 49,500円 × 22回
    月々均等
    月々16,280円~
    詳細を見る
  • 3位
    ステラカスタム

    スバル
    ステラカスタム

    燃費: 31.0km/L 定員: 4名
    ボーナス併用
    月々9,900円~
    ボーナス月加算額 59,400円 × 22回
    月々均等
    月々19,690円~
    詳細を見る
  • 4位
    シフォンカスタム

    スバル
    シフォンカスタム

    燃費: 27.2km/L 定員: 4名
    ボーナス併用
    月々10,890円~
    ボーナス月加算額 66,000円 × 22回
    月々均等
    月々21,780円~
    詳細を見る
  • 5位
    シフォン

    スバル
    シフォン

    燃費: 27.2km/L 定員: 4名
    ボーナス併用
    月々8,800円~
    ボーナス月加算額 52,800円 × 22回
    月々均等
    月々17,490円~
    詳細を見る

レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

総合的にマル マサ 投稿日2022年5月28日
スバル フォレスター グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.2
総評
フォレスターはジャストサイズです。全長4640ミリ。ミドルサイズです。フォレスターは、ご存知スバルのクロスオーバー車です。スバルの得意とするトルクスプリットAWDをフォレスター全車に標準装備とし、ライバル車との違いを際立たせています。フォレスターには、1.8リッターターボと自然吸気の2.0リッターがあります。2.0リッターはマイルドハイブリッドで13.6psのモーターがアシストします。お買い得なのは、2.0リッターですが走りに拘るなら1.8リッターです。両車とも水平対向エンジンです。水平対向エンジンの弱点は燃費です。4気筒であっても直列と違い、左右に2気筒ずつピストンを振り分けるので初動時の熱が逃げやすく、エンジンが暖まりに時間を要します。その為、排ガス規制の対応や結果として燃費に悪影響がでます。でもそんな事は最初から誰よりも分かっているスバルさんです。デメリットよりもメリットが大きいと判断しての採用とエンジンへの投資です。
良かった点
最低地上高220ミリを確保して、悪路走破に余裕を感じます。フロントストラット、リアダブルウィシュボーンでミドルサイズSUVとして標準的なスペックです。減衰力が効いたストローク感は乗っていて気持ちが良いです。第二の脚とも呼ばれるシートの出来が良いです。硬めの着座感ですが骨盤を包み込む設計でしっかりとサポートし、身体全体をホールドしてくれます。表皮マテリアルの手触りも悪くありません。エクステリアデザインはマイナーチェンジでフロント部分に大きく手が入りました。最新のスバルデザインであるレヴォーグのテイストを縦長のフォレスターに上手く取り入れています。
気になった点
フォレスターの気になる点は燃費です。マイルドハイブリッドでもカタログ値14キロとライバルに対して見劣ります。実燃費は確実に一桁です。以前と比べて随分良くなりましたが、他社の燃費向上幅が大き過ぎて、相対的に悪くなってしまいました。インテリアのデザインも少し古臭く感じます。基本定番でトラッドなデザイン構成なのですが、少し色気をだす為に余計なデザイン的ラインや凹凸があり、煩雑な印象になっています。それでも、スターティングプライスが300万円未満は、全車四駆搭載で企業努力の賜物だと思います。週末ドライブや買い物であれば、燃費を気にする事なく、所有することが出来ます。総合評価として良く出来ました的なフォレスターです。
もっと人気があっても マサ 投稿日2022年5月24日
スバル XV グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.3
総評
ご存知、インプレッサのクロスオーバーモデルです。本家インプレッサよりも人気で、街中での存在感も半端無いです。インプレッサは、ハッチバック5ドアモデルでスバルの基幹モデルの一つです。3代目インプレッサからクロスオーバーモデルが投入され、代を重ねる毎に人気が高まった感があります。初代は1.5リッターからのスタートでしたが、現行モデルは、eボクサーのハイブリッド車種まで手を広げる様になりました。XVは、インプレッサの派生モデルではありますが販売的にも無くてはならない存在になっています。スバルのエクステリアデザインは、個人的に当たり外れの多いイメージがあります。でもここ最近は外れが少なく堅実な方向性でまとまっていると思います。スバルのデザインテーマは、ダイナミック&ソリッドです。そのテーマに沿って、有機的な面構成ではなく、塊感がありまるで無垢材料から削り出した様な質感を求めています。特にそのテーマ性を強く感じるのが、ヘッドライト下部のフロントバンパーのレリーフです。スバルとして新たなデザインへの足掛かりと言えるXVです。
良かった点
XVの最大の魅力は、アウトドアシーンに映えるエクステリアデザインです。車高を持ち上げ、フェンダーへの樹脂プロテクター装着と前後専用バンパーへの交換で、アグレッシブで骨太な意匠が完成します。車高を上げる事で、実用的な走破性がアップするのと、見た目が元のインプレッサよりも、かなり大きく見える
マジックが存在します。大きく見える事は重要です。車の大きさは安心感につながります。あまりに大きいと取回しの不安が気になるのでNGですが、XVなら大丈夫です。インテリアも良い雰囲気です。ブラック基調で各部にオレンジの差し色が目を引きます。シートや皮巻きステアリング等、XVオーナーとしてお気に入りポイント間違い無しです。エンジンは1.6リッターと2.0リッターのボクサーエンジンです。
気になった点
水平対抗エンジンなので燃費を気にする方も多いかと思います。カタログ数値に惑わされる事なく、2.0リッターを選択しましょう。2.0リッターエンジンの方が実用トルクが太く、その分アクセル開度が低減され実用燃費が1.6リッターよりも良いとの報告が多いです。また、1.6リッターエンジンは2.0リッターのショートストローク版で、エンジン単体重量は殆ど同じとの事で、同じ重量のエンジンで有れば当然ハイパワーの方が効率が良く、実用燃費も良いのは当然の話です。スバルの車なのに、アイサイトの話題に触れない訳には行きません。2カメラ方式の元祖であるアイサイトは、信頼度の高い自動ブレーキです。一時コスト優先で他社で採用の多かった、1カメラ+赤外線センサー方式には無い、3次元としての物体の捉え方に優れています。
もっと高みへ マサ 投稿日2022年5月23日
スバル BRZ グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.3
総評
BRZはトヨタ86との共同開発車です。カテゴリーとしては、小型2ドアセミファストバッククーペです。若者の車離れや、特に気軽なスポーツクーペであるトヨタカローラレビン等に該当するモデルが存在しない事に危惧を感じた、トヨタ
自動車の開発者により、トヨタ86の構想が生まれました。コンセプトを堅める中で、スバルとの共同開発で量産販売台数を稼ぐことで、開発投資の早期回収の狙いもあります。また、スバルとの共同開発をする事で、スバルの独自技術である水平対抗エンジンの採用も念頭に置いていました。重心の低いエンジンは、それだけで魅力的なアイテムだからです。初代のBRZは、FRレイアウトの自然吸気エンジンのマニュアル6速トランスミッションを基本に開発されました。水平対抗エンジン初の、直噴型はトヨタD4の技術を取り入れています。ターボは敢えて採用せず、出来る限り低価格での販売を考えていた為です。
良かった点
2代目となったBRZに、大きなコンセプト変更はありません。搭載されるエンジンが2.4リッターに排気量アップされた事以外は、キープコンセプトです。排気量アップで24psの出力向上となり、2.0リッターの課題であったトルク不足を補う事に成功しています。シャーシは初代と共用ながら、色々な部分に手が入っています。前フェンダーに新たなエアインテークが設けられ、空気の流れを整流して空気抵抗の軽減に一役買っています。排気量アップに伴いボディの補強も実施されており、約20キロの重量増加がありますが、パワーとのトレードオフで全く気になりません。気軽にスポーツクーペを楽しみたい方に、6AT車もラインナップされ又プリクラッシュセーフティには欠かせない、アイサイトも搭載されており、心強い味方となります。
気になった点
BRZの課題は、エクステリアデザインです。先代と比べてデザイン的に大きく進化はしていますが、まだ十分とは言えません。多くの外装パーツを先代から流用しており難しい事は、理解しております。しかし、次回のフルモデルチェンジ参考の為にも意見致したく。デザイン的に気になるのは、サイドパネル全体の造形です。フェンダー周りを起点として絞り込みが非常に少なく、ノッペリとした面構成でメリハリがありません。スポーツカーやクーペ自動車デザイン上の最大の見せ場を自ら放棄しています。この部分に抑揚をつけて、タイヤの踏ん張り感や車の色気を作り出すのがセオリーです。寸法制約があり無理との言い訳は不要です。もっと小さなロードスターRFは、光り輝いていますから。
オールラウンダーです。 幸宏さん 投稿日2022年5月19日
スバル フォレスター グレード:1.8 スポーツ 4WD
総合評価 1 2 3 3 4 3.3
総評
MCしたフォレスターのトピックはアイサイトVer.3にアップデートしたことです。スバルを選ぶユーザーは予防安全に注目している人が多いはずなので、嬉しいニュースなはずです。ある調査によれば事故を10分の1まで減らす効果があるそうです。またMCでフロントマスクを中心にエクステリアが刷新されました。街中でも新しい顔に出会う確率が増えました。またサスペンション設計の見直され、乗り心地と操縦性の双方を改善。試乗したsportは1.8リッター直噴ガソリンターボエンジンを搭載していて、現在の売れ筋モデルです。sport 専用開発のダンパーとスプリングを備えた足まわりはスポーティーです。
良かった点
エクステリアデザインはスバルらしいです。ボディ色が入る形状のヘッドライトが印象深く、立体感ある6角形のフロントグリルによて、SUV色が強まりました。また最小回転半径が5.4mに抑えられている事や、見切りの良いボディデザインにより、実際にはサイズよりタウンユースも扱いやすいです。1.8リットルターボの水平対向エンジンは、ターボラグを感じさせない設定で、低速域から普段よく使う中速域までとてもトルクフルです。排気量が大きなエンジンのような味付けはフォレスターに合っています。またインテリアの作りも良く、車格に相応しい質感を備えています。
気になった点
乗り心地は想像以上にさわがしいです。さわがしいの意味はバネ下重量を意識する場面が有ると言う意味です。ドタバタ感というのでしょうか。225/55R18サイズのタイヤとホイールは重いので、ある程度の上下動は伝えてくるのは仕方ないですが、もう少し、しなやかさが欲しいです。タイヤがマッド&スノー仕様なのも影響しているのかもしれません。フォレスターは、夏タイヤは乗り心地の良い物をメーカーが装着して、冬はスタッドレスをユーザーが用意する事で、乗り心地も改善されそうなので惜しいです。
スバリストとして マサ 投稿日2022年5月19日
スバル レガシィアウトバック グレード:-
総合評価 1 2 3 4 4 3.8
総評
レガシィアウトバックは高級ツーリングワゴン的なSUVです。元となるレガシィは、初代よりアメリカマーケットで絶大な人気を得ました。その流れの中で、アウトバックが誕生したからです。初代からレガシィは、スポーツワゴンのはしりで、ハイスペックなターボエンジン搭載で並みのスポーティー車には、太刀打ち出来ない性能を有していました。その走りの良さを持ちつつ、内外装も次第に高級志向へとシフトしています。今回で6代目となる本モデルは、先代の質感を大きく凌ぐ内外装です。サイズアップこそ控えめですが、エクステリアも精悍さを増しています。全体のシルエットもバランスが良く、ウィンドスクリーンと車体全体との調和も見事です。今回のアウトバックの最大の見所がインテリアです。ブラウン系のレザーシートとブラックインパネのツートーン仕上げです。ナビディスプレイも縦型で、レヴォーグの良い点を受け継いでいます。
良かった点
搭載されるパワーユニットは、1.8リッター直噴ターボエンジンです。スバルのお家芸である4気筒ボクサーユニットです。スバルの強みの一つは、ボクサーエンジンです。現在ではポルシェとスバルのみが量産自動車に搭載されるのみです。高級車に有りがちなハイオク仕様でないのもプラスポイントです。海外では2.4リッターを販売していますが、日本国内でも追加があるとうれしいです。もう一つの強みは、AWDです。長年培った技術で四駆界をリードしています。最後の強みは、プリクラッシュセーフティです。アイサイトと言えばスバルのを思い浮かべます。今回からシステムがリニューアルされてアイサイトXとなり、性能アップが著しいです。
気になった点
レガシィの大型化により、レガシィは海外向け販売に重点を置いた位置付けとなりました。その補完として、日本国内にレヴォーグが投入されました。人気車がよくたどるストーリーですので仕方がありません。レヴォーグよりも上位車種なので、設定価格も絶対金額として高めになります。これも仕方が無いことです。そんなネガな部分もありますが、そんな事を忘れ去れる、内外装の質感の高さは、レガシィアウトバックの最大の魅力だと思います。レヴォーグの様に街中で見掛ける機会も少ないので、レヴォーグを卒業したスバリストとして、手元に置くのも悪く無いです。