タフト・ライズ 値引きキャンペーン!
初めてのカーリース!パーフェクトガイド

カーリースの審査基準は?審査時のポイントや対処法をご紹介

カーリースの審査基準は?審査時のポイントや対処法をご紹介

カーリースを利用する際に、気になってくるのが「審査基準」です。「カーリースを使うのは初めてで、審査基準がいまいち分からない」といった悩みを抱えている方、少なくないと思います。事前に審査基準を知っておけば、スムーズにカーリースの利用を始められますね。今回は、そんなカーリースの審査基準について、審査時のポイントや対処法を解説していきます。カーリースの審査基準を知って、審査をスムーズに通過できるよう準備していきましょう。

カーリースにはなぜ審査があるの?

カーリースにはなぜ審査があるの?

カーリースを利用する際には、必ず「審査」があります。審査に通ることが、カーリース利用の第一条件です。そもそも、なぜクルマを借りるのに審査があるのか、疑問に感じる方もいると思います。まずは、この審査の理由について、紐解いていきましょう。

”審査”って何?

審査というのは、「サービスを利用する(借入をする)のに適した支払い能力があるかどうか」をチェックすることです。一般的に、カーリース会社などのリース会社、銀行・信用金庫などの金融機関などは、貸出を行う際に必ず審査を行います。審査が緩い、もしくは行われないリース会社、金融機関は法的にブラックな組織である可能性が高いので、要注意です。審査がしっかり行われることで、利用側も安心してサービスを使うことができます。

カーリース会社はなぜ審査をするのか

カーリース会社は、クルマを貸し出して、そのレンタル料金を回収して利益を得ます。審査をする理由はリース会社が安定した収益を得るためであり、未回収などの損害が発生しないようにするために行われます。また一方で顧客に無理に貸し付けてその人の生活を困窮させてしまうことは企業側は望んでいません。その人の収入に見合った貸し付けかどうか適切に判断し、ユーザーの支払いが滞って生活が苦しくなっていしまうことを未然に防ぐ目的があります。

カーリースの審査に必要なもの

カーリースの審査に必要なもの

カーリースの審査では、下記のものが必要になります。

・免許証(審査時)
有効期限が切れている免許証は利用できないので、期限をあらかじめ確認しておきます。

・住民票の写し(契約後)
リース会社によっては、住民票の取得期限を指定してくることがあるので、取得前に確認をとっておきましょう。

・印鑑証明書(契約後)
印鑑証明書は、すべてのリース会社で提出が求められる訳ではありませんが、住民票以外の住所確認書類として提出することがあります。

・契約書(契約時)
リース内容が記載された契約書になります。契約書は文字数が多く、読むのが大変ですが、後にトラブルにならないよう必ずすべてに目を通すようにしてください。

・車庫証明(契約後)
車庫証明とは、正式名称「自動車保管場所証明書」と呼びます。車庫証明によって、車の保管場所があることを証明することができます。リースされた車を適切に保管できるかどうかも、リース会社にとって非常に重要なことですので、車庫証明は必ず提出しなくてはいけません。

カーリースの審査の流れ

カーリースの審査の流れ

初めてカーリースを利用する際、「審査の流れがいまいち分からない」という方が多いと思います。不安を払拭するために、カーリース審査の流れを事前に確認しておけば、安心して審査の手続きに進めますね。審査は下記の流れに沿って進んでいきます。

・リースする車と申し込みのプランを決める ・審査申し込みをする ・審査結果を受け取る

リースする車と申し込みのプランを決める

まず初めに、リースする車と申し込みのプランを決めます。車種やプランによって、金額が大きく変わってきますので、時間をかけて吟味することが大切です。仕事用なのか、それともプライベート用なのか、目的に応じて車種を選ぶと失敗が少ないですね。車種の知識が少ない場合は、カーリースの担当者におすすめを聞いてみるのもありです。 申し込みのプラン選択では、リースを受ける期間や各種オプションの有無などをチェックして、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

審査申し込みをする

車種と申し込みプランを決めたら、次に審査の申し込みに進みます。申込書と審査で必要な書類を提出して、リースの審査結果を待ちます。年収状況や勤務形態によっては、連帯保証人を求められることがあるので、親族などに連帯保証人になってくれるよう頼んでおくと、書類の記入・作成がスムーズです。

審査の結果が出るまでの日数は、カーリース会社によって異なってきますが、おおむね1日~3日ほどで審査が完了します。中古社のカーリース会社である場合は、1日ほどで審査が完了することもあります。

審査結果を受け取る

審査結果は、電話・メールで通知されます。事前に希望の連絡方法を伝えておくことも可能です。直接リース会社に出向くことは稀ですが、対面で審査結果が伝えられるケースもあります。

審査に落ちた場合は、「なぜ審査に落ちたのか」理由が気になるところですが、審査に落ちた理由は個人情報の観点でリース会社ではわからないのがほとんどです。審査に落ちるということは、収入面や信用面で必ず理由がありますので、再度審査を申し込む前に必ず自身で確認し対策を取る必要があります。

カーリースの審査はここが見られる

カーリースの審査はここが見られる

カーリースの審査では、下記のポイントがよく見られます。

・年齢
・年収、職業(勤め先)、雇用形態、勤続年数
・保有資産(住居・車など)
・信用情報、債務履歴
・債務状況

それぞれのポイントについて、詳細を見ていきましょう。

年齢

カーリース会社によって、申込者の年齢を制限していることがあります。多くは「20歳以上、75歳未満」という条件が多いです。未成年の場合は、親権者などが連帯保証人にならないといけないケースが大半です。たとえ、収入があったとしても、未成年の場合は連帯保証人をつけることが前提となります。75歳以上の場合は、運転頻度や過去の事故履歴なども踏まえて、審査に通すか決定されます。事故を多数起こしている場合は、審査が通らない確率が高いので注意してください。

年収・職業(勤め先)・雇用形態・勤続年数

カーリースの審査で最も重要なポイントが「年収・職業(勤め先)・雇用形態・勤続年数」です。まずは、カーリースを利用できるほどの年収があるのかチェックされます。年収の基準が満たせていたら、その年収を毎年安定してもらえるのか、職業・雇用形態・勤続年数からチェックされます。雇用形態は正規雇用の方が有利で、勤続年数も長いほどプラス評価です。自営業など、個人で事業を行っている場合は、具体的な事業内容の他に毎年安定して利益を出せているかが評価対象となります。

保有資産(住居・車など)

年収以外にも、住宅や車などの資産状況もチェックされます。万が一、失業等でカーリースの利用料金が支払えなくなっても、資産があれば、それをもとにしてお金を調達できると判断されます。つまり保有資産が多いほど、カーリースの審査でプラスになります。ただし、カーリス会社によっては保有資産があったとしても、収入が基準に満たない場合は審査で落とされることがあります。中には保有資産を考慮しないリース会社もあります。

信用情報・債務履歴

今までクレジットカードや公共料金の支払いで金融事故を起こしていないか、信用情報がチェックされます。過去に延滞や未払いがあると、信用情報に傷がついてしまい、審査でマイナスとなってしまいます。さらに、強制解約などが執行されていた場合は「ブラックリスト」に掲載されている可能性が高く、カーリースの審査に通ることはほぼ不可能になります。加えて、過去の債務履歴もチェックされ、毎月延滞せずに返済を行っていたか確認されます。これからカーリースを利用したいと考えている方は、各種料金支払い、返済を滞らせないよう、十分注意してください。

債務状況

カーリースの審査では、過去、現在の債務状況もチェックされます。銀行からの借り入れ、カードローンの利用状況など、債務状況を一通り確認されます。複数のカードローンを利用しているなど、多重債務に陥っている場合は、審査でマイナス評価となります。また、融資を受けている金額によっても、審査でマイナスに響く可能性もあります。これからカーリースの利用を検討している場合は、新規に他のローンや借り入れを行わない方が無難です。

その他(連帯保証人の有無など)

年収が不足していたり、雇用形態が非正規雇用の場合は、「連帯保証人」を立てて、経済的な信頼度を上げる方法があります。連帯保証人に経済力があれば、申込者がリース利用の条件を満たせていなくても、審査に通る可能性があります。連帯保証人を立てる場合は、配偶者や親など、親族である方がリース会社に良い印象を与えられます。どうしても親族の中で連帯保証人を立てられない場合は、保証人代行サービスを利用するのも一つの手ですがその場合別途手数料が掛かってしまします。

審査に通らない理由は?

審査に通らない理由は?

「カーリースの審査に申し込んだけれど、落ちてしまった」という場合、審査に通らなかった理由が必ずあります。審査に通らない理由として、

・債務履歴がある
・借り入れ金額が多い
・勤続年数が短い
・未成年である
・年収と支出状況のバランスが悪い
・短期間で多数の信用情報照会履歴が残っている
・審査申込書に虚偽の記載をしている

債務履歴がある

これまで銀行やカード会社、他のリース会社から借り入れを行った場合、延滞をしていないかチェックされます。もし延滞をした経験がある場合は、カーリースの審査でマイナスポイントとなり、審査に落ちてしまう可能性があります。ローン返済の延滞がかさんで、信用情報に傷が付いていると、審査落ちの可能性が更に高まります。ブラックリスト入りしている場合は、リースの審査に通ることは限りなく困難であると考えましょう。

借り入れ金額が多い

現在、金融機関から借り入れを行っている場合、借り入れ金額によってはカーリースの審査に落ちてしまうことがあります。これは年収と借り入れ金額とのバランスで判断されてきます。カーリースを利用することで生活が圧迫してしまう状況になると、カーリース会社側としては審査を通しづらくなります。過去、延滞せずに返済を行っていたとしても、借り入れ金額が大きい場合は、審査のマイナスポイントとなります。カーリース利用前の新規の借り入れは控えるようにしましょう。ただし住宅ローンなどの借り入れの場合は住宅が資産となるため考慮されます。住宅ローンが残っていたとしても審査が通る可能性はあるのでぜひ審査を受けてみてましょう。

年収が低い

年収が低いと、カーリース契約後に支払いが滞る可能性が高いため、審査でマイナスに響きます。年収の基準は、リースする車種やプランによっても変わってきますが、目安として年収200万円以上あると安心です。カーリース会社は、やはり年収額を重視してチェックしてくるので、年収はあるに越したことはありません。年収が200万円を切ってくると、審査を通過するのが難しくなってきます。年収200万円の状態でカーリースを利用したい場合は、連帯保証人を立てたり、頭金を支払うなど、信用の不足分を補う必要があります。

勤続年数が短い

勤め先での勤続年数が短いと、「今後、安定して年収が得られない」「別の会社に転職する可能性がある」等の評価が下されてしまい、審査にネガティブな影響を与えます。3年以上、同一の勤務先で働いていれば、勤続年数でマイナス評価を受けることは少ないです。1年や数か月単位で職が変わっている場合は、「なぜ職を変えているのか」リース会社にあらかじめ伝えておくと、多少印象は変わってきます。ただ、信用面では3年以上同一の職で働いている人よりはどうしても劣ってしまいます。

未成年である

未成年である場合、基本的に単独でリース契約を結ぶことはできません。未成年の方がカーリースを利用する場合は、親権者などに連帯保証人になってもらう必要があります。未成年の方が仮に職をもっていて、年収の基準を満たしている場合でも、連帯保証人を立てなくてはいけません。逆にいえば、連帯保証人さえ探すことができれば、未成年でもカーリースを利用することが可能です。未成年の方は、カーリース申し込み前に連帯保証人になってくれる人を探しておきましょう。

年収と支出状況のバランスが悪い

年収がカーリースの利用基準を満たしていたとしても、各種ローンの支払いや他の金融機関への支出が多い場合は、カーリースの審査に落ちてしまう可能性があります。支出が多ければ、それだけリース料金が未払いになる可能性が高いので、リース会社側もチェックを入れてきます。ただ、逆にいえば年収が200万円台でも、支出が少ない場合は審査に通りやすいといえます。カーリース会社によっては、家賃や光熱費といった生活費の金額も聞いてくる場合があるので、日ごろからバランスのとれた家計をつくっておくことが大切です。

短期間で多数の信用情報照会履歴が残っている

短期間のうちに、カードローンやクレジットカードの申し込みを複数回行った場合、「この人物は、お金に困っている」という評価が下されます。ローンやクレジットカードの申し込み履歴は、カーリース会社もチェックできるので、仮に申告していない場合でも情報は伝わります。また、多重債務の予備軍という認識ももたれてしまい、カーリースの審査で大きなマイナスポイントになります。少なくとも、カーリースを申し込む月は、カードローンやクレジットカードの申し込みは控えるようにしましょう。

審査申込書に虚偽の記載をしている

カーリース会社に提出する審査申込書に虚偽の記載をすると、ほぼ100%審査に落ちてしまいます。カーリース会社と利用者の間では「信用」が元になって契約が結ばれるので、虚偽の情報は審査で大きなマイナスになってしまうのです。虚偽の情報として多いのが「年収」に関する項目ですが、こちらは給与明細や源泉徴収票などで確認がされる場合があるので、虚偽の申告をしてもいずれバレてしまいます。嘘をついたという時点で、リース会社側からの信頼度はゼロになってしまいますので、必ず正直に情報を記載するようにしてください。

こんな人は注意!審査落ちしてしまう人の特徴

こんな人は注意!審査落ちしてしまう人の特徴

カーリースの審査に落ちてしまう人には、いくつか特徴があります。特徴として挙げられるのは、以下の6点です。

・過去、カーリース以外の審査に何度も落ちている
・クレジットカードの支払をよく延滞する
・返済滞納などでブラックリスト入りしている
・自己破産したことがある
・携帯電話を複数台、ローン購入している
・連帯保証人を立てられない

過去、カーリース以外の審査に何度も落ちている

過去にカーリース以外の審査に何度も落ちている場合、「審査を落ちるだけの理由がある」という判断をされてしまいます。もちろん、実際の年収や勤続年数、債務履歴などもチェックされますが、審査に何度も落ちているということは、何かしらリースを受ける上でマイナスポイントがあるということですので、印象はあまりよくありません。カーリース会社に質問されたことに関しては、包み隠さず答えるようにしましょう。正直に情報を伝えることで、印象が良くなります。

クレジットカードの支払いをよく延滞する

現在利用している、もしくは過去に利用していたクレジットカードで支払いの延滞を繰り返していると、その履歴が信用情報に登録されます。ブラックリスト入りとまではいかなくても、延滞を繰り返すだけで信用情報は傷つきます。延滞を繰り返す人は、リースの利用料金も延滞する可能性が高いとジャッジされてしまい、審査落ちにつながる可能性が高いです。カーリースを利用しなくとも、日ごろからクレジットカードの延滞をしないように心がけましょう。

返済滞納などでブラックリスト入りしている

過去にカードローンなどの返済で滞納してしまい、ブラックリスト入りしてしまっている場合は高い確率でカーリースの審査に落ちてしまいます。ブラックリストに入るということは「その人物は金銭的な信頼がない」ということですので、毎月の支払いが生じるリース契約を結ぶのは困難です。一度ブラックリストに載ると、5~10年はリストから外されないと言われています。日ごろから支払期日をしっかり守り、無理な支払いになる借り入れは極力避けてください。

自己破産したことがある

過去に借金を清算するために自己破産を行った場合、リース契約を結ぶのはほぼ100%困難です。自己破産は、借金をすべて帳消しにする代わりに、「金銭的な信用」を失うことになります。自己破産をした相手とリース契約をすることは、法律的にも認められておりません。しかし、自己破産をしてから5年以上経過している場合は、リース契約に通る可能性もありますので、時期を見極めて申し込みをするようにしましょう。

携帯電話を複数台、ローン購入している

携帯電話を複数台、ローンで購入した場合は、収入と支出のバランスが悪くなる可能性が高いため、カーリース審査に影響を与えます。ローン購入とは、「分割払い」も含みます。1台ぐらいでしたら、分割払いで購入してもリース審査にそこまで影響はありませんが、複数台になると話は別です。たとえ、1台あたりの月額が数千円程度でも、長期の支払いとなると負担は大きくなります。カーリースを申し込む際は、携帯電話のローンをすべて支払った状態にしておくことをおすすめします。

連帯保証人を立てられない

収入が低かったり、未成年である場合は、カーリース契約の際に連帯保証人を立てることが必要です。親権者の同意が得られない等で連帯保証人を立てられない場合は、カーリース契約を結ぶのが難しくなります。特に、未成年者の場合は、年収の基準を満たしていても、連帯保証人がいなければリース契約は困難です。最近は、連帯保証人の代行サービスも見られますが、カーリース会社によっては代行サービスの利用が認められない(親族や知人のみ、連帯保証人になることを認める)こともあるので、事前に確認しておきましょう。

審査通過のためにできることは?

審査通過のためにできることは?

審査に通過するためには、申込前の準備・確認が非常に大切です。ただ、漠然と準備を進めても、審査で引っかかる可能性があります。下記の点を重視して、事前にチェックを行いましょう。

・収支バランスの確認
・過去の債務状況の確認
・信用情報の確認

収支バランスの確認

自分のに収入に対して、家賃や生活費などの支出が適正な金額か、今一度確認しておきましょう。月の収入のほとんどが生活費で消えてしまっている場合は、カーリースの支払いに回す余裕が無くなってしまいます。実際にリース会社としてはリース料と生活費、収入のバランスは取れているのかをチェックしています。また、リース以外のローン支払いや返済がある場合、その金額を考慮してリース審査を行わなければなりません。リース料金を現実的に支払えるクルマを選ぶことで審査に通過する可能性が高まります。

過去の債務状況の確認

過去の債務状況を振り返って、延滞がなかったか確認をしましょう。延滞があった場合は、連帯保証人をつける等の対応を行って、「信用」を補強します。リース会社側に延滞の事実を黙っておくのは印象が良くないので、審査の際にあらかじめ伝えておくと誠意を見せられます。虚偽の申告をしても、信用情報の照会で最終的にはリース会社側に判明してしまいます。過去の債務状況を隠さずに、正直に伝えることが大切です。

信用情報の確認

自分の信用情報を確認して、現在・過去にブラックリストに入っていないか確認ができます。ブラックリストに入っている場合は、残念ではありますがリース審査を通過するのは困難です。ブラックリスト入りしているか否かは、カーリースの審査で必ずチェックされます。5年よりも前にブラックリストに入っていた場合は、現在はリストから外されている可能性があるので、審査通過の可能性はまだあります。ブラックリスト入りした時期から逆算して、カーリースの審査申し込みを行うようにしてください。
以下情報確認先

全国銀行個人信用情報センター(KSC)
http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
http://www.cic.co.jp/

株式会社日本信用情報機構
http://www.jicc.co.jp/

審査に通らないときの対処法は?

審査に通らないときの対処法は?

カーリースの審査を中々通過できない場合、そのまま別のカーリースに申し込んでもまた落ちてしまう可能性もあります。次の審査で通過できるよう、対策を練らないといけません、審査に通らない際の対処法として、下記の6点が挙げられます。
(ここでいう通らないとは完全に通らないケースは除きます。*そもそもお金が借りれない人)

・保証人をつける
・車のグレードを下げる
・頭金を払う
・他の支払い中のローンを精算する
・信用情報を確認する
・親族に助けてもらう

保証人をつける

審査に落ちてしまった際に、連帯保証人をつけていなかった場合は、次の審査申し込みの際につけてみてください。連帯保証人をつけることで、年収や雇用形態等で足りない部分があっても、カーリースの審査に通ることがあります。連帯保証人はいわば「いざというときに、料金を払ってくれる人」ですので、いるかいないかではリース会社側のリスクが異なってきます。可能であれば、なるべく親権者や親族に連帯保証人を頼んだ方が、リース会社側に安心感を与えることができ可決になる可能性は高まります。

車のグレードを下げる

カーリースでは、車種を選べることが大半です。車種の中でもグレードの高低があり、いわゆる「高級車」レベルになってくると、リース料金も高くなってきます。収入が不足していると、高級車のリースが利用できないこともあるので、より確実に審査を通過するためには「車種のグレードを下げる」ことも大切です。グレードが下がるといっても、運転する上では問題はあまり生じないので、まずは「審査を通過すること」を第一にしましょう。どうしても、特定の車種の利用にこだわりたい場合は、保証人を付けたりして、収入の不足分を補うようにしてください。

頭金を払う

リースを利用する際は、ローンのような頭金は原則不要です。ただ、希望すれば頭金を支払って、月々の支払いを減らすことができる場合もあります。頭金を支払えば、年収の不足分を補うことができます。貯金などで資金にゆとりのある方は、頭金の支払いも検討してみましょう。ただ、頭金を支払うといっても、年額の利用料金をすべて一括で支払えることはあまり多くありません。一括で払ってしまうと、途中の契約解除などの際に返金が発生することになり、手続きが複雑になってきます。あくまでも、「月額の支払いを抑えるための頭金支払い」という認識を持っておくようにしましょう。頭金が払えるかどうかはリース会社によって違うので確認が必要です。

他の支払い中のローンを精算する

審査では現在返済中のローン残高や借入額が見られるため、もし他に借り入れがある場合で、精算ができるのであれば一括精算処理をしたうえで審査を申し込まれると良いでしょう。そうすることで支払い能力と収支のバランスが取れるようになり、審査通過の可能性が広がります。一括で精算できなくても、可能な限り精算をしておけば審査でプラスとなりますので、審査申し込みの前に返済を計画的に行うようにしましょう。

信用情報を確認する

年収や勤続年数、勤務形態などの条件はクリアしているのに審査に落ちてしまう場合は、自分の信用情報を今一度確認してみてください。自分が知らぬ間に、クレジットカードの延滞をしたことがあったり、ローン返済が滞った過去があるかもしれません。一度の延滞でも、リース会社によっては厳しくチェックすることがあります。もし信用情報に傷がついていることが発覚したら、連帯保証人を立てる等、審査通過の対策を練っていく必要があります。

親族に助けてもらう

親族から金銭的な支援を受けるのも有効な策です。たとえば、頭金に回すお金がなかった場合などに、一時的に親族からお金を借りれば、そのお金を頭金にして審査申し込みに進めます。また、カーリースの支払い料金の一部を家族に負担してもらえば、収入の不足分を補うこともできます。家族からの援助を受ける場合は、事前にカーリース会社にその旨を伝えておくようにしましょう。場合によっては、家族を連帯保証人にすることが要求されることもありますので、その際はカーリース会社の指示に従って手続きを進めた方が印象がよくなります。

親族以外からお金を借りると、後に金銭トラブルに発展しやすいです。金融機関からの借り入れを除いて、資金援助はなるべく親族に対して求めることをおすすめします。

よくある質問

カーリースの審査では何が見られるの?

カーリースの審査では一般的に、年齢、家族構成、年収、職業(勤務先)勤続年数、雇用形態、保有資産(住宅など)、信用情報、債務履歴(過去の借入額や支払い状況)債務状況(現在のローンなどの支払い状況)が見られます。大事なことはその人の収入と支出のバランスがリース料を支払っていくうえで取れるかどうかという点で審査されます

カーリースの審査に落ちてしまうのはどんな人?

過去にローンなどの支払いが滞った履歴があったり、高いリース料のクルマを選んでしまい収入と支出のバランスが取れないと判断されてしまう人です。

カーリースの審査に落ちたらどうすればいいの?

審査に落ちたとはいえリース、クルマをすぐにあきらめることはありません。車種を変えて月々を安くしたり、保証人を立てたり、一部頭金を入れるなどを行うことで通る可能性は出てきます。一番良いのは担当者に正直に状況を伝えてアドバイスを受けるのが良いと思います。

この記事をシェアする

この記事の編集者

この記事の執筆者

MOTAカーリース 事業開発室 松本 智美

MOTAカーリース事業部でのお問い合わせ窓口ユーザーサポート業務をメインにしながら記事の作成・編集も行う。過去の自動車販売店勤務でのお客様の声を直接多く聞いてきた経験からのユーザー視点もあり、一般ユーザーが求める運転技術や装備だけでなく、購入時・購入後のサービスや困りごとなど細かい要望も知っている。特に女性ならではの意見が強み。

記事監修

この記事の監修

MOTAカーリース 事業開発室 樺田 篤

MOTAカーリース事業部では、商品企画開発からユーザーサポートまで幅広く担当。昨今の自動車販売業界への知識が豊富なことと、売れ筋の車についての詳しい知識を持ち、車を買う人・車を売る人の両方の意見を持つ強力なブレイン。これまでの記事寄稿の経験を元にMOTAカーリースの編集長的立場でもある。

リースする車(自動車)をランキングから探す

軽自動車の新車カーリース人気ランキング

ホンダ N-BOXのカーリース
1位
ホンダ N-BOX
頭金0円
月々17,600円~
ダイハツ タントのカーリース
2位
ダイハツ タント
頭金0円
月々15,730円~
スズキ スペーシアのカーリース
3位
スズキ スペーシア
頭金0円
月々16,170円~
スズキ ジムニーのカーリース
4位
スズキ ジムニー
頭金0円
月々18,480円~
ダイハツ ムーヴキャンバスのカーリース
5位
ダイハツ ムーヴキャンバス
頭金0円
月々17,600円~

コンパクトカーの新車カーリース人気ランキング

トヨタ ライズのカーリース
1位
トヨタ ライズ
頭金0円
月々21,670円~
トヨタ ヤリスのカーリース
2位
トヨタ ヤリス
頭金0円
月々20,570円~
ホンダ フィットのカーリース
3位
ホンダ フィット
頭金0円
月々21,010円~
スズキ ソリオのカーリース
4位
スズキ ソリオ
頭金0円
月々22,550円~
トヨタ ルーミーのカーリース
5位
トヨタ ルーミー
頭金0円
月々23,100円~