タフト・ライズ 値引きキャンペーン!
初めてのカーリース!パーフェクトガイド

車の費用を経費で処理?個人事業主なら節税効果が高いカーリースがお得!

車の費用を経費で処理?個人事業主なら節税効果が高いカーリースがお得!

貴方は毎日、車の費用が高いと感じていませんか?毎月支払う費用が高くて、費用を捻出するのが大変だと感じている人もいるでしょう。そこで朗報なのが、車の費用を経費で処理できるというものです。
普段から車を利用するという人ほど、経費で処理できる項目が多いほど非常にありがたいと言えるでしょう。今回の記事では、車にかかる費用の中で経費にできる項目は何か、個人事業主ならなぜカーリースがお得なのかを解説します。
車の費用を経費で処理できないか考えている人は、是非とも参考にしてみてくださいね。

前提として「事業で使ったものが経費に算入できる」

まず、経費として処理するにあたって重要となるのは、前提条件として「事業で使ったものが経費に算入できる」という点です。つまり、事業に関係がない諸費用は経費として計上できないということになります。
たとえば、どこかに遊びに行ったり誰かに車を貸したりと様々な目的で車を使用した場合、事業とはまるで関係がない消費になるので経費として計上できません。しかし、事務所や事業所等がある場所に行くためだったり、事業に必要なものを購入する場合に車を使用している場合、その走行に必要な費用を経費として計上できます。
中には本当に経費として計上してもいいものなのか判断がつかないところがありますが、事業に関係する必要なものであれば基本的に計上できると考えて問題ないでしょう。ただ、結局は何を経費として計上するのか自分で決めなければならないので、どの項目が経費として認められるのか分からない場合は税理士に相談するのがおすすめです。

経費にできる車の維持費とは?

経費にできる車の維持費とは?

事業に使ったものが経費として計上できることが分かったところで、次に気になるのは経費にできる車の維持費についてです。車の維持費と言えば自動車税やガソリン代、車検代、交通費など様々ですが、経費として計上できるのであればこれほど役立つことはありません。
ただ、事業で使っている車なら経費で計上できるとはいえ、どこまでの範囲であれば経費で計上できるのか分からない人もいるでしょう。
車の維持費は少ないようでいて高いことがほとんどなので、経費にできるのであればどんな維持費が経費にできるのか知っておく必要性があります。それでは、経費にできる車の維持費についてご説明しましょう。

租税公課(自動車税、重量税などの税金)

まず最初に挙げられるのは租税公課、つまり自動車税や重量税といった各種税金です。基本的に意識したいのは自動車税と重量税で、軽自動車なら軽自動車税を、普通自動車なら自動車税を納税する義務があります。
また、納税する料金は排気量で異なっており、軽自動車なら1万円程度、普通自動車の場合は3万円~10万円程度です。重量税は車の重量に対して課税される税金で、0.5トンごとに課税されます。
こちらは車検を行う際に対象期間分をまとめて納税することになります。

保険料(自賠責保険や任意保険)

保険料といえば自賠責保険と任意保険が挙げられます。自賠責保険は全ての自動車に対して加入が必須となっている保険であり、購入または車検を行う際に対象期間分をまとめて納めます。
自賠責保険は万が一事故を起こした場合に被害者に対する慰謝料や治療費を補償するものです。しかし、それだけでは自分自身や自分のクルマへの補償がないので、任意保険でカバーする必要性があります。
任意保険は自分で加入しなければならず、保険の内容によって保険料が変わります。

車両費(車検整備代金や洗車代など)

車両費とは車検整備代金や洗車代などが当てはまります。車検は新車を購入してから3年後、それから2年ごとに受ける国で定められた検査のことで、多くの維持費の中でかなりの費用がかかります。費用は車種や状態、車検を行う場所によって変わり、道路運送車両法によって必ず行わなければなりません。
車検は2年ごとに発生する大きな出費なので、経費にできればかなりお得です。車の洗車を行う場合も車両費に含まれるので、洗車を行うための道具などが経費として計上することができます。

地代家賃(月極駐車場の代金)

地代家賃とは、いわゆる月極駐車場を利用する際に発生する費用のことです。車を所有する際は駐車するスペースを必ず確保しなければならないため、年間数万円から数十万円と大きな費用が発生するので車検よりも頭を悩ませる出費です。
月極駐車場の代金は住宅環境や地域によって異なるため、どれほどの費用が発生するのか必ず確認しておきましょう。これも車を事業に使っている場合に経費として処理できるので、一番恩恵が大きいかもしれません。

旅費交通費(高速道路の料金や時間貸駐車場の料金)

旅費交通費とは高速道路の料金や時間貸駐車場にて発生する料金です。こちらは高速道路や時間貸駐車場を利用しない限り料金が発生しないので、人によって出費が大きく違います。それぞれ設定されている料金も大幅に違うため、思いもよらない出費に繋がることもあるでしょう。
特に時間貸駐車場は長く駐車しているほど料金がかさむため、料金を抑えるなら早めに利用をやめる必要性があります。どちらにしても経費として処理できるので、そこまで大した問題ではないかもしれません。

修繕費(修理などに掛かった代金)

長く車に乗っていると、傷や汚れ、凹み、消耗品の劣化や損傷・損壊など様々な問題が出てきます。その際、元通りにするには修繕費がかかります。クルマの状態や内容によって料金は大きく違うため、整備工場やディーラーなどで事前にどのくらいの修繕費がかかるのか比較チェックするとよりコスト削減につながるでしょう。
もちろん修理の回数が増えるほど出費が多くなるので大事に乗りたいところですが、事業に使っている車なら経費で処理できるので万が一大きな修理が必要になっても安心です。

消耗費(ガソリン代)

車を運転している中で最も消費しやすいと言えるのが、ガソリン代です。こちらは走行距離が長い人ほど消費量が多く、日常的に発生する維持費として車検や駐車場と同じように出費がかさみやすくなります。
走行距離以外にも車種や運転する頻度、ガソリンの相場によって変動するため、車の扱い方などによって料金が変動します。こちらも車の運転にかかせないため、事業用に使っているなら経費として処理するのに問題はありません。

新車の一括購入は減価償却が必要

新車の一括購入は減価償却が必要

新車を一括で購入する場合、減価償却による計上が必要となります。ただ、減価償却と言われても意味が分からない人もいるので、ここからはよく耳にする減価償却とは何か、新車を一括で購入する際に減価償却を行う場合、どんな注意点があるのかなどをご説明しましょう。
減価償却について知っておくと役立つ知識ですし、経費として計上するつもりであれば注意点も知っておくべきです。これから新車の一括購入を検討している場合は、是非とも以下の情報を参考にしてみてくださいね。

そもそも減価償却とは?

そもそも減価償却というのは、金額が高いものを購入した際、購入代金を分割して経費として計上するシステムです。たとえば1000万円の車を購入した場合、1年で100万円ずつ分割すれば10年かけて購入代金を計上することができます。
減価償却を行うのは事業を継続させるうえで非常に重要なポイントです。経費計上は全て一括で行えばいいというものではなく、分割して少しずつ経費計上を行うことで正確な利益を算出することができます。
しかし、減価償却を行わずに一括計上した場合、それまで黒字だったのに赤字に転落してしまう恐れがあります。これは車やパソコンは資産として見られ、年々劣化したり性能が落ちたりして資産価値が下がってしまうからです。
減価償却は事業継続に必要な手続きであり、存続に関わる大きなシステムです。また、減価償却を始めるタイミングは、『購入したものを事業に使ったその日から』です。たとえば3月に車を購入しても、稼働させたのが6月だった場合は6月から減価償却が月割りで開始されることになります。

新車の費用はその年に全額経費計上することはできない

事業目的で車を使用する場合は減価償却の対象になります。もちろん新車を購入した場合も購入費用を経費として計上できますが、気を付けておきたいのはその年に購入費用を全額経費として計上することはできないという点です。
これは一度に経費として計上できるのは10万円未満の資産だけだと決められているからです。個人事業主や中小企業においては30万円未満の資産なら経費として一括計上できますが、購入費用の合計が12ヶ月で300万円未満でないと対象になりません。
つまり、300万円以上かかる新車を購入する場合はその年に全額を一括で経費計上することは不可能なのです。したがって、減価償却を行って分割により経費計上を行うことになるでしょう。
車の法定耐用年数は6年となっているため、減価償却によって6年かけて購入費用を分割し、経費計上を行うのが一般的な流れです。そもそも全額一括経費計上を行う場合だと新車の購入費用を全額用意しなければならず、支出が増えることで黒字経営だったのに赤字になってしまう可能性があるので減価償却を行うのが現実的と言えるでしょう。

新車と比べると中古車は減価償却の期間が大幅に短くなる

車には法定耐用年数が6年と決められていますが、新車ではなく中古車を購入する場合は減価償却で有利になるというメリットがあります。新車の法定耐用年数が6年なのに対し、中古車の法定耐用年数は『6年-経過年数+経過年数×0.2』となります。
つまり、中古車になってからの経過年数が長いほど法定耐用年数が短くなるのです。節税面で考えるなら経過年数が4年以上の中古車がおすすめです。上記の計算方法を使うと2.8年という数値が算出されますが、1年未満の単数を切り捨てれば耐用年数が2年になるため、従来よりも大幅に減価償却の期間が短縮されます。
耐用年数が2年になると減価償却率が100%になるため、車を購入したその年に全額一括で経費として計上することができます。
ただし、全額一括経費計上ができるといっても、月割で計算されるので購入した時期によってはその年に経費として計上できない可能性が高いです。もちろん事業に使用する目的でなければ経費扱いにできませんし、納車まで済ませていないと経費として計上できないので注意しましょう。

ローンを組んだときに経費にできるのは支払利息のみ

ローンを組んだときに経費にできるのは支払利息のみ

個人事業主や中小企業など、資金繰りに苦労していたり手元にお金を残しておきたいと思ったりするケースも多いでしょう。そんな時に車を購入するなら、一括よりもローンを組んで購入した方が月々の支払いで済むのでお得です。
そこでローンを組んだ時に元金を経費として計上できないかと思う人もいるかもしれませんが、結論から言えば元金を経費として計上することはできません。この場合、経費として計上できるのはローンの支払い利息のみとなっているので注意が必要です。
一括購入でも全額経費にできず、ローンを組んだ場合でも支払利息分しか経費として計上できません。ただ、元金が経費計上できないのは不動産などでも同じなので、元金が自己負担になるのは仕方がないでしょう。
ローンを分割払いした際にどれだけの金額が経費として計上できるのか、事前に計算しておくのがおすすめです。少しでも負担額が減れば、それだけ資金繰りも楽になるのではないでしょうか。

カーリースなら全額経費にできる

カーリースなら全額経費にできる

新車を購入した際、その年に購入費用を全額一括経費計上ができないことをご説明しましたが、実はカーリースなら全額一括で経費計上することが可能です。これは車を取り扱う上での大きな節税対策になるため、事業継続を促進させるために役立つ画期的な方法と言えます。
それでは何故一括経費計上できるかというと、カーリースの場合、所有が自分ではなくカーリース会社になるからです。
しかし、カーリースを利用する場合はあらかじめ契約期間を決めなければならないため、契約期間が終了すれば車を返却する必要があります。
とはいえ、車は所有しているだけでも維持費がかかります。事業主としては節税対策や事業継続に注力したいのは当然かと思います。だから現在ではカーリースを利用する個人事業主さんが増えてきています。それでは、ここからカーリースを利用するメリットについて更に詳しくご説明しましょう。

そもそも、ローンとリースの違いとは?

そもそもローンとリースではどのような違いがあるのか分かりにくい人もいるのではないでしょうか?ローンやリースの共通しているのは、まとまった資金を必要としないことです。一括で購入できない場合でも、ローンやリースを組み分割払いにすることによって欲しいクルマを手に入れられるのが共通点でもあります。

ローンとリースで比較する上での項目として、所有権、税金、支払い期限、頭金、廃棄や売却、メンテナンスといった違いがあります。

まず、リースについてですが、リースは所有権がありません。リース契約を行う場合でも所有権は永久にカーリース会社のものなので、契約満了後に車をもらわない限り所有権が移ることはありません。ただ、税金に関しては基本的にカーリース会社が各種税金を負担してくれます。

リース契約における支払い期限ですが、契約している限りはずっと月額料金を支払わなければなりません。しかし、契約の際に頭金を用意する必要性がないので初期費用が安く抑えられます。

契約している限りはずっと利用し続けられますが、契約期間が終了次第返却しなければなりません。再リースを申し込めば、また同じ車に乗り続けることも可能です。メンテナンス費用はリースプランによって細かく分かれていますがリース料に含まれるケース、そうでないケースがあります。別途オプションでリース料に含まれる場合も。

続いてローンですが、ローン契約した場合は自分に所有権が移ります。場合によってはローン会社が所有するものの、完済次第自分のものになることは確実です。ただ、ローン契約だと自動車税など各種税金は自分で納税しなければなりません。

また、ローン契約の支払い期限は有限です。ローンが全て完済次第支払い義務が消滅するため、そこから先は自分の資産として活用できます。返却する義務もありませんし、売却する選択肢もあります。ですが、初期費用の頭金が必要になることがありますし、メンテナンスは自分で手配する必要があります。

このようにローンとリースでは様々な違いがあるので、カーリースかローンのどちらがいいのか比較してメリットが多いほうを選ぶのが良いのではないでしょうか。

カーリースは固定資産への計上は必要ない

カーリースを利用する場合、経費として計上する際に固定資産税を計上する必要性はありません。なぜ必要性がないのかというと所有者の問題があるからです。

カーリース会社で契約した末に乗車できる車は、あくまで車の所有権がカーリース会社にあるため、自分の固定資産にはならず、固定資産税の対象にならないからです。これは個人事業主や中小企業にとって大きな節税対策になるので、カーリースの利用は大変お得です。

車を所有した場合は自分の固定資産となるので固定資産税を納税しなければなりません。資金繰りや税金の支払いで苦労しやすい個人事業主や中小企業にとって、カーリースは資金面でとても頼りになると言えるでしょう。

毎月定額なので経費の計算がラク

カーリースの利用によって楽になるのは税金面だけではありません。カーリースは基本的に全く知識がない人でも安心して利用できるように、あらゆるサポートで手を尽くしてくれるのが最大のポイントです。

ディーラーとの価格交渉や自動車税を初めとする各種税金の納付、定期的なメンテナンス、期日管理や各種手配なども全てカーリース会社が行ってくれる上に月額料金がずっと変わらない定額になっています。

毎月定額しかかからないので、毎月煩わしかった経費の計算が格段に楽になります。車を購入して自分で所有する場合、全く知識がなくても自分で税金の納税やメンテナンス、各種手配などを行わなければならず、それに伴う経費の計算を行う手間がかかります。

特に経費の計算はとても時間がかかるケースがほとんどなので、時間の節約ができるのは大きなメリットです。

カーリースで費用を経費処理する際に注意するべきところ

カーリースで費用を経費処理する際に注意するべきところ

カーリースで費用を経費処理する際に注意したいことは多くあります。カーリースは個人事業主や中小企業にとって大変ありがたいメリットが多くありますが、きちんと注意点もチェックしておかないと後悔することになりかねません。
場合によっては追加料金が発生したり、最終残価による再計算によって再び追加料金を請求されるなど様々な問題が発生する可能性があります。それでは、カーリースで費用を経費処理する際に注意したいことについてご説明しましょう。

中途解約ができない

カーリースを利用する場合は、基本的に中途解約ができないので注意しましょう。そもそも中古車ならともかく新車を安価な月額料金で乗れることに疑問を持った人もいるのではないでしょうか?

カーリースというのは、お客様の代わりに希望された車両を購入し、リース年数に応じた月額料金によって元を取っています。それ以外にも車検費用やメンテナンス費用など各種費用が発生するため、カーリース会社が負担する費用ははかり知れません。

契約満了によってようやく元が取れるのが基本ですが、そんな時に途中で解約されてしまうと元が取れていない分だけ損害を負ってしまうため、途中解約するなら高額な解約金や違約金を請求されることがあります。

あくまで中途解約する場合の話なので、中途解約を申し出ない限り多額の費用を請求することはありません。よほどの理由がない限り多額の解約金や違約金によって一気に赤字になってしまう可能性があるため、カーリースを利用する場合は期間満了まで乗り続けるのが得策です。

営業で使う時には走行距離に注意

カーリースで車を営業に使う場合は、月々の走行距離に注意しましょう。カーリースで契約を行う場合に気を付けたいのが、契約内容に記載されている走行距離の制限です。

カーリースには購入した車の残価が設定されていて、契約満了時に車の状態や走行距離など様々な要素を組み込んで再計算を行い、最終残価を算出します、この時、走行距離以外(クルマの状態)が問題なくても、契約内容に記載されていた走行距離を超えてしまうとその分の追加料金が発生するのです。

個人事業主や中小企業などは何かと営業で車移動する機会が多いので、毎日車で営業を行う場合は月々の走行距離の設定値を超えないように気を付ける必要性があるでしょう。

家事按分をしっかりすること

家事按分とは、事業兼プライベートで車を使用する場合、事業用とプライベート用のどちらにも関係する費用を一定割合だけ経費に計上することです。ハッキリと事業用の車とプライベート用の車で分けているケースもあれば、兼用になっているケースもあります。

この場合、事業用とプライベート用で使った費用を分けなければなりません。高速道路の料金など事業用として使ったことがハッキリ分かればいいのですが、事業とプライベートのどちらにも関係してくる場合に経費として計上できるのかどうか分からない人もいるでしょう。

そんな時に家事按分をハッキリさせる必要性がありますが、問題なのは自分たちで一定割合を決められる点です。ここをハッキリさせないと無駄に時間をかけてしまうので、事業用として使っている時にガソリン代を使ったのか、プライベートとして買い物のために使ったのか、走行距離の50%は事業用に使ったのかなどをハッキリさせましょう。

頭金は資産計上が必要になる

カーリース会社で契約を行う場合、基本的に頭金が不要になっていることがありますが、場合によっては頭金を支払ってでも月額料金を減らしたいという人もいるでしょう。この場合、リース契約において頭金を支払った場合、頭金の部分は資産計上を行う必要性があります。

頭金はあくまで資産として形状するので、たとえば500万円の車を5年間リースする場合、頭金として200万円を支払い、残りの300万円をリース期間内で支払う形にします。この時の頭金は前払費用となり、経費として計上した時に前払費用償却、または雑費として勘定項目に入れて計算するのが一般的です。

ただ、この時に頭金全額を経費として計上して会計処理を行っていた場合、過少申告をしたとして過少申告加算税として追尾課税されるので注意しましょう。

よくある質問

よくある質問

車の経費ってどこまでが認められるの?

事業所・事業者においてクルマの経費として認められる対象は次の通りです。
・租税公課(自動車税・重量税)
・保険料 (自賠責保険・任意保険)
・車両費 (整備代・洗車代)
・地代家賃(月極駐車場代)
・旅費交通費(有料道路利用料金・時間貸駐車場代)
・修繕費 (板金代)
・消耗費 (ガソリン代)
・支払利息(ローン購入した場合の金利)

基本的に事業の為に必要な出費は経費は認められ、私用による利用の場合は経費として認められません。

個人事業主だとローンとリースではどちらがお得?

ローンで購入した場合、経費として計上できるのは金利のみとなります。それに比べカーリースは毎月のリース料を全額経費として計上することがで節税のメリットはリースの方があります。またリースであれば頭金などの初期費用も不要です。以上の点から個人事業主にとってリースの方がローンよりメリットがあると言えます。

なんで個人事業主にはカーリースがおすすめなの?

カーリースの場合、毎月のリース料を全額経費計上できるため節税効果があります。また税金やメンテナンス費なども全てコミコミの費用となるんため処理もローンと比べると楽にできます。以上の点から個人事業主にとってカーリースはメリットがあると言えます。個人事業主の方はぜひカーリースを一度検討してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

この記事の編集者

この記事の執筆者

MOTAカーリース 事業開発室 松本 智美

MOTAカーリース事業部でのお問い合わせ窓口ユーザーサポート業務をメインにしながら記事の作成・編集も行う。過去の自動車販売店勤務でのお客様の声を直接多く聞いてきた経験からのユーザー視点もあり、一般ユーザーが求める運転技術や装備だけでなく、購入時・購入後のサービスや困りごとなど細かい要望も知っている。特に女性ならではの意見が強み。

記事監修

この記事の監修

MOTAカーリース 事業開発室 樺田 篤

MOTAカーリース事業部では、商品企画開発からユーザーサポートまで幅広く担当。昨今の自動車販売業界への知識が豊富なことと、売れ筋の車についての詳しい知識を持ち、車を買う人・車を売る人の両方の意見を持つ強力なブレイン。これまでの記事寄稿の経験を元にMOTAカーリースの編集長的立場でもある。

リースする車(自動車)をランキングから探す

軽自動車の新車カーリース人気ランキング

ホンダ N-BOXのカーリース
1位
ホンダ N-BOX
頭金0円
月々17,600円~
ダイハツ タントのカーリース
2位
ダイハツ タント
頭金0円
月々15,730円~
スズキ スペーシアのカーリース
3位
スズキ スペーシア
頭金0円
月々16,170円~
スズキ ジムニーのカーリース
4位
スズキ ジムニー
頭金0円
月々18,480円~
ダイハツ ムーヴキャンバスのカーリース
5位
ダイハツ ムーヴキャンバス
頭金0円
月々17,600円~

コンパクトカーの新車カーリース人気ランキング

トヨタ ライズのカーリース
1位
トヨタ ライズ
頭金0円
月々21,670円~
トヨタ ヤリスのカーリース
2位
トヨタ ヤリス
頭金0円
月々20,570円~
ホンダ フィットのカーリース
3位
ホンダ フィット
頭金0円
月々21,010円~
トヨタ ルーミーのカーリース
4位
トヨタ ルーミー
頭金0円
月々23,100円~
スズキ ソリオのカーリース
5位
スズキ ソリオ
頭金0円
月々22,550円~