タフト・ライズ 値引きキャンペーン!
初めてのカーリース!パーフェクトガイド

個人向けカーリースはなぜ人気?2020年度おすすめリース車10選!

個人向けカーリースはなぜ人気?2020年度おすすめリース車10選!

月々一定の金額を支払うことでクルマの利用ができることから、低コストでクルマを持ちたい方からの人気を集める「個人向けカーリース」。これまでカーリースは、主に法人に向けたクルマの所有方法の一つでした。しかし、最近では個人の利用者も増え続けています。なぜ個人向けカーリースはここまで人気になったのでしょう?カーリースの人気の秘密、そして今カーリースを検討しているあなたへおススメのリース会社を紹介していきましょう。

今人気!伸びている個人向けカーリース

今人気!伸びている個人向けカーリース

現代の新しいクルマの所有方法として個人向けカーリースには多くの注目が集まっています。具体的にはどんなところが人気を呼んでいるのかでしょうか。そもそもカーリースがどんなものなのか、名前は聞いたことがあっても内容は良く知らない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?カーリースとは、クルマのサブスク(サブスクリプション)のこと。近頃音楽の聞き放題が出来るサービスや漫画の読み放題が出来るサービスなどが登場しており、サブスクという言葉は聞きなれたものになりました。カーリースはクルマのサブスクであり、月々定額料金を支払うことでお好みのクルマに乗ることが出来ます。では、現金での購入とはどのように違うのでしょうか?併せて説明していきましょう。

カーリースと購入の違いって何?

カーリースと購入の違いとして、まず車検証のに乗る名前が変わってきます。例えば現金での購入であれば、所有者名義に購入された方のお名前が記載されます。

しかし、カーリースは使用者にご自身のお名前が、所有者にはリース会社の社名が記載されます。これは、ローンで買った場合も同じであり、ローンの場合所有者はクルマの販売元もしくはローン会社となります。そもそもカーリースとは「クルマを借りる契約」ですので、リース期間中はリース会社からクルマを借りていることになり、所有者はリース会社になるということなのです。(リース期間満了後、車両がもらえるプランであったり、買取等を選択すれば名義変更することで所有者は契約した方になります。)

また、カーリースでは、車両本体価格に加えて、自賠責保険や自動車税、車検費用などを含んだリース料を月々定額で支払うことになりますが、現金での購入では車両本体価格は支払った後、車検などが来るたびにその都度支払う必要があるため毎月の支払額に波があります。ここもリースと購入の大きな違いだと言えるでしょう。

ユーザー数は年々増えている個人向けカーリース

しばしば、クルマ離れといった問題がクローズアップされる現代。「新車の販売台数」が伸び悩んでいるだけではなく、昔のように「中古車でもいいからクルマがほしい!」という人は減りつつあります。しかし、個人向けカーリースが登場してからというもの、その知名度が上がるにつれ比例するように利用者も急増してきました。このことから、クルマの需要は減ったわけでなく、「クルマにお金をつぎ込みたくない」という心理が隠れているのだと言えるでしょう。しかし、現金での購入はもちろんのことローンで購入であっても頭金など、まとまったお金が必要となります。一時的にだとしても、まとまった費用がかかってしまうと「多額の費用を支払っている」という気持ちになりますよね。

ところが、カーリースならば、毎月の出費が安定し、初期費用も不要。メンテナンスパックに加入すれば、面倒な手続きさえリース会社が請け負ってくれる。費用面でのメリット、そして手続きや管理が用意になることといったメリットが、多くの方に周知され、個人向けカーリースはそのユーザーを年々増やしているのです。

個人向けカーリースはなぜ人気?

個人向けカーリースはなぜ人気?

個人向けカーリースの特徴として、「月々の支払いが安定する」という点があります。毎月のリース料金の中には、車両本体価格に加え自動車税、自賠責保険、自動車重量税や車検基本料などクルマを運用していくうえで必ず必要となる費用を全てまとめることが出来ます。毎月均等に支払うことが出来るので、一時的に起こる多額の出費がなくなり、家計も安定するので将来を見据えた予算が立てやすくなるところが人気を呼んでいます。

また、「面倒な手続きを全て任せられる」という所も人気のポイントです。クルマ購入時の新車登録や、毎年5月の自動車税の支払いなどクルマを所有すると何かと面倒な手続きが増えますが、カーリースではこれらの煩わしい手続きを全てリース会社に任せる事が出来ます。さらに豊富なラインナップから車種を選択出来たり、オプションサービスが充実している点も人気の理由であり、個人向けカーリースのユーザーが年々増えてきている理由の一つです。

年々ユーザーが増え続けている個人向けカーリース。その人気の理由についてさらに詳しくご紹介しましょう。

頭金が必要ないのでまとまったお金がなくても車に乗れる

クルマを購入する際、購入価格の10~20%が頭金の相場とされています。つまり、300万円の新車をローンで購入するためには、30~60万円の頭金が必要ということになります。頭金が用意できない場合はフルローンにするという手もありますが、フルローンでは月々に支払う金額が高額になってしまうため、家計は圧迫してしまいます。とはいえ、頭金としてまとまった金額が一度に出て行ってしまっても、不安に感じられる面もあると思います。

中には予算的に新車はあきらめて、中古車で手を打つ方もいらっしゃるかと思います。カーリースならば頭金がかかりません。月々の支払いはリース料金のみで追加で請求されることもありません。カーリースならば、例えまとまった金額を用意できなくても、無理なくお好きなクルマに乗ることが出来るのです。

残価分が差し引かれるから安く車に乗ることができる

カーリースは「残価」を設定することにより、月々の金額を安く提供することが出来ます。「残価」とはリース期間満了時に走行距離や買取相場を想定して、クルマに残っているとされる価値を価格にしたものです。カーリースは「返却」を前提としたサービスであるため、返却するクルマの分の金額(つまり残価)は支払わなくてよいというシステムになっています。この、あらかじめ設定された残価を車両本体価格から引いた金額。これをご契約されたリース年数内の支払い回数で割ることで月々のリース金額を決定します。車両本体の価格からリース期間満了時の価値(残価)を引いた金額を支払っているので、カーリースにかかる全体的な金額を下げ、安く乗ることができます。

月々定額で突発的な支出がないから家計管理が楽

クルマは購入時に大きな出費が出ますが、購入後も車検や、自動車税などの定期的な支払いが訪れるたび、出費に悩まされるかと思います。ボーナスでまとめて全部払う!なんて方も少なくないでしょう。家計を管理される方にとってはその負担は大きいものなのではないでしょうか?カーリースはこのような不安や負担を取り除くことが出来ます。

カーリースは、自動車税・自動車重量税・環境性能割などの各種税金を月々のリース料の中に含んでいるので、まとまった出費を無くすことができます。これにより定期的に訪れる不安が解消されるわけで、カーリース利用者が増える大きな理由の一つとなっているのです。

税金など全てコミコミだから面倒がない

新車購入時のディーラーのやり取りから、各種登録手続き、税金の支払い、車検実施日の把握などなど、クルマの管理に面倒なことは付き物です。クルマがほしいと思っても、こういった面倒なことを考えると億劫になってしまう方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、カーリースは、そういった面倒なやり取りはすべてカーリース会社が代行します。お仕事や家のことで忙しい方は手間を省くという主目的でカーリースを選ばれる方も多くいらっしゃいます。契約が終了した後も、返却するだけなので、複数の買取企業から見積もりを取って、交渉を行って…という面倒もありません。事務手続きやこういったやり取りが苦手な方にカーリースは人気のあるサービスです。

WEBで納車まで完結できるからおうちでもすぐ車探しができる

WEBで納車まで完結できるからおうちでもすぐ車探しができる

通常クルマを購入する際には、平均して3~5回程はディーラーへ出向き、商談を重ねる必要があります。ショッピングモールで買い物をするように金額を確認してすぐに購入、というわけにはいかず、値段を交渉し契約に至るまで時間がかかってしまいます。忙しい方にとっては、ディーラーへ出向く時間をつくるのも大変なことではないでしょうか?

カーリースならば、オンラインで簡単にお申し込みから契約まで行えるので、忙しい時でもしっかりとお好みの車種を探していただけます。ディーラーに足を運ぶと、そもそも金額が提示されるまでに時間がかかることもありますが、カーリースはオンライン上で金額のシミレーションを行うことができるので、予算との比較も楽に出来ます。ご契約後はご自宅に直接納車されるのもカーリースならではのサービスです。

WEBで簡単申込MOTAカーリース

WEBで簡単申込MOTAカーリース

個人向けカーリースのおすすめ会社は?

カーリース会社は、トヨタやホンダなどの大手自動車メーカーがディーラーで提供しているところもあれば、中古車販売会社が提供しているところなどもあります。近年様々なサービスを兼ね備えたカーリース会社が登場しています。法人向けのイメージが強いカーリースですが、現在は個人向けカーリースにも力をいれているのです。選べる個人向けカーリース会社の数が増え、種類が豊富になることは良いことですが、沢山のカーリース会社を知ってしまうと、どこを選べばよいのか分からなくなってしまいますよね。それぞれのカーリース会社によって、提供しているサービスは様々。ここでは、沢山の個人向けカーリースの中から最近人気のあるおススメのリース会社を紹介します。

MOTAカーリース

月間500万人が利用する自動車メディアであるMOTAのカーリースは、審査や申し込みから始まり納車までの一切の手続きをオンライン上で完結することが出来ます。

国産メーカーの全車種を取り扱っており、グレードやオプション、メンテナンスパック、契約年数とご自身に必要なサービスを選択することが出来ます。また、一般的なカーリースに多い5年、7年のリース年数から更に最長11年まで選択が可能。長期リースでお考えの方に嬉しい11年リースは、業界最長年数です。

MOTAのカーリース最大の特徴と言えるのが、リース期間満了後車両本体が「もらえる」プランであること。

ほとんどのカーリースではリース期間満了後は「乗り換え」「再リース」「買取」「返却」などの選択肢から選びます。どの選択肢にも残価が設定されていおり、場合によっては追加で金額を支払わなければいけませんが、MOTAのもらえるプランであれば、追加請求は一切かかりません。事前に分かっている支払い料金のみなので、安心して利用することが出来ます。

MOTAカーリースサイトはこちら

MOTAカーリース

カーコンカーリース(カーコンビニ倶楽部)

自動車板金修理フランチャイズチェーンであるカーコンビニ倶楽部が運営するカーリース。修理・整備・車検事業を営んでいることから、車検や洗車、修理にいたるカーメンテナンスについて何でも頼ることが出来ます。

月々のリース料金が8,000円台から利用することができるという良心的なコストであり、他社のカーリースと比較してもかなりの安さです。リース契約満了の2年前~乗り換えや返却が可能なことも嬉しいポイント。リース契約満了まで利用するとそのまま自分のクルマにすることも出来ます。

特徴のひとつにオプションプランが充実していることがあり、カーナビやETC等のアクセサリーをまとめた「カーアクセサリーセット」や消耗品の交換を含めた「メンテナンスパック」(※メンテナンスパックは軽自動車のみのサービスとなります。)も月々のリース料金の中に含むことが出来ます。

価格面で魅力的なカーコンカーリースですが、月々を安くする代わりにボーナス払いが必要になるため、会社次第で金額が上下するボーナス払いで苦しい思いをするかもしれませんので、計画的な利用をおススメします。

コスモMyカーリース(コスモ石油)

コスモMyカーリースはCM等でもおなじみの全国でガソリンスタンドを展開しているコスモ石油が運営しているカーリースです。ガソリンスタンドとの連携により、ガソリンの割引サービスを受けることが出来るのが最大の特徴。近くに整備工場を兼ね備えているスタンドがあれば、車検を受けたり、メンテナンスについて相談することも可能です。車両管理の面で特に強みを感じられるでしょう。

カーリースのプランは3つあり、使用頻度やコストに合わせて選択することが出来ます。最もメンテナンスが充実しているゴールドプランが人気です。他にも選べるプランの中には運転免許教習とカーリースが一つになったものもあり、免許と一緒にクルマを手に入れることも出来ます。初めてのクルマの方に嬉しいプランですね。取り扱い車種は国内メーカーのほとんどの車種から選ぶことができ、中古車のお取扱いもあるので、予算をより抑えることも出来ます。契約満了時には「乗り換え」「再リース」「買取」「返却」と4つの選択肢があります。

KINTO

大手自動車メーカートヨタが提供するKINTO。その最大の特徴はサブスクリプションサービスであることです。

毎月定額料金を支払いクルマを利用することができるところは通常のカーリースとなんら変わりはありませんが、大きな違いとして月々の利用料金に任意保険が含まれているところ、そして契約満了時の清算方法の違いなどが挙げられます。

カーリースは月々に支払うリース料金を残価設定することで安くなりますが、想定していた残価よりも契約期間満了後の価格が低くなってしまうと、高額な費用を請求されてしまいます。KINTOはこのように差額の請求を行わないため、追加の費用の支払いは発生しません。月々のリース料には任意保険も含めた金額で算出されます。

任意保険もリース料に含める魅力的なKINTOですが、トヨタ自動車が提供しているため、選べるメーカーはトヨタ車、もしくはレクサスのみです。メーカーは限定されますがトヨタの車種を希望の方には願ってもないサービスでしょう。

個人向けにおすすめ!2020年度リース車ランキングTOP10

個人向けにおすすめ!2020年度リース車ランキングTOP10

クルマは大きな買い物。日用品のようにすぐに買い替えられるわけではないので、自分に合ったものを上手に選ぶことが重要になります。乗車人数、車体の大きさ、性能や装備など検討すべき部分は様々です。2020年からスタートした新しいMOTAのカーリースが、多くのお客様から支持された車種をランキング形式でご紹介しましょう。

第10位 ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス概要
レトロなカラーリングが可愛らしい軽トールワゴンです。注目の装備は、2列目シート下にある「置きラクボックス」。普段は折りたたみ傘や靴をしまっておくことが出来るほか、引き出した状態では、植木のように高さのある荷物を立てたまま運べる優れものです。ハンドル操作に合わせてカーブの先を照らす「AFS」や、衝突回避支援システム「スマートアシストII」、狭いスペースでの駐車に便利な「パノラマモニター」など安全装備も充実しています。

価格帯は車両本体で127~171万円程。MOTAで11年リースを行うと月額17,270円と1万円台からリースが可能です。車体は「タント」より背が低く、「ムーヴ」よりも少し高め、子供が室内で立つのは難しいですが、広々とした空間となっています。「見た目が可愛い」「パステルカラーが可愛い」と外見を重視される女性から多くの支持を得ています。

ダイハツ ムーヴキャンバスのカーリースはこちら

第9位 スズキ アルト

スズキ アルト

スズキ アルト概要
メガネを掛けたように縁取られたヘッドライトや、ボディアンダーに纏められたテールランプが特徴的な軽自動車。障害物を検知し、警告音と自動ブレーキで衝突を防ぐ「レーダーブレーキサポート」や誤発進抑制機能を装備し、万が一の事故に備える。ターボエンジン搭載の「ターボRS」、さらに5速マニュアルシフトを装備した「ワークス」と、走り重視の層向けのグレードも設定されています。2016年次RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞しているクルマです。

格帯は73~168万円程で、MOTAで11年リースを行うと月額12,980円とお手頃価格です。軽量化、低燃費、使い勝手をベースにユーザーの日常を楽しくする。という前提のもと作られたアルト。なんといっても軽量化が魅力です。8代目アルトは先代比で60㎏軽量化を実現している程。2020年末にはフルモデルチェンジが濃厚だと言われているアルト。9代目はどのような姿になるのか大いに期待されています。

スズキ アルトのカーリース情報はこちら

第8位 ダイハツ タント

ダイハツ タント

ダイハツ タント概要
子育てファミリーからシニアにまで幅広い世代に人気の軽トールワゴン。助手席ドアと左側スライドドアの間の柱を無くし、つながって大きく開く「ミラクルオープンドア」が特長です。間に支柱がないので前後席ともに乗り降りしやすく、後席足元に大きな荷物を積んだり、後席にチャイルドシートを設置したりするのも簡単。4代目から運転席ロングスライドシートを組み合わせた「ミラクルウォークスルーパッケージ」を採用し、運転席に座ったまま後席の子どもの世話をするなどさらに使いやすくなりました。車内はベビーカーを折りたたまずに積めるほどの広々とした空間です。自動ブレーキや車線逸脱警報の予防安全機能に加え、駐車支援等のアシスト機能も追加された「次世代スマートアシスト」を搭載しています。

価格は124~197万円程。MOTAで11年リースを行うと月額17,050円で利用が出来ます。ベビーカーがそのまま乗せれらることから小さなお子様を持つママから人気のあるクルマです。

ダイハツ タントのカーリース情報はこちら

第7位 トヨタ アクア

トヨタ アクア

トヨタ アクア概要
扱いやすいコンパクトなボディと、リーズナブルな価格で人気のハイブリッドカー。モーターとエンジンの動力を組み合わせてスムーズに加速し、燃費性能も優秀なアクアは、空力性能の優れた流線型のボディは重心が低く、意外と機敏なハンドリングを披露します。警告音と自動ブレーキで衝突を防ぐ機能を持ち、万が一の事故への備えも万全。安心して運転にできます。高めの車高でアクティブな雰囲気をプラスした「クロスオーバー」も人気の一つであり、豊富なボディカラーも魅力的です。

価格帯は181~261万円であり、MOTAで11年リースを行うとは月額26,290円から始められます。若者をはじめ幅広い層から高い支持を受ける人気車種です。

トヨタ アクアのカーリース情報はこちら

第6位 トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス

トヨタ ヤリス概要
コンパクトカーの域を超える、新世代コンパクト。ヤリスはコンパクトカーならではの「軽快なハンドリング」という強みを生かしつつ、「上質な乗り心地」、「最新の安全、安心技術」を備えた車を目指して開発されたモデルとなっています。コンパクトカー向けのTNGAプラットフォームを初採用し、軽量かつ高剛性、低重心なボディを開発。新開発された1.5Lダイナミックフォースエンジンを採用した新世代ハイブリッドシステムは、力強くシームレスな走りとともに、クラストップレベルとなる、WLTCモード36.0km/Lを達成しています。ガソリン車は前述の1.5Lダイナミックフォースエンジンにダイレクトな加速を実現する、ダイレクトシフトCVT(4WDも選択可能)と6速MTを用意しており、また、改良が施された1Lエンジン+CVTの仕様もラインナップされるようです。

ヤリスは139~229万円前後の価格帯でMOTAの11年リースでは月額21,120円でリース出来ます。

トヨタ ヤリスのカーリース情報はこちら

第5位 ホンダ N BOX

ホンダ N BOX

ホンダ N-BOX概要
安全性、居住性、使い勝手の良さから超人気の軽トールワゴンのN-BOX。天井が高く広い車内は、左右独立にスライドできるリアシートと合わせて抜群の使い勝手を誇ります。室内高は1,400mmもあり、子どもが車内で立って着替えることもできるので、子育て世代には特にオススメの1台です。全車に標準装備されている先進の安全運転支援システム「ホンダセンシング」も高性能であり安心・安全性能の高さも人気の理由の一つとなっています。価格帯は141~177万円前後であり、MOTAの11年リースだと月額18,700円と1万円台でリースすることができます。

軽自動車でありながら小型のミニバンに匹敵する広さを持ち合わせるN-BOXは間違いなく軽自動車ナンバーワンの広さであり「運転がしやすい」などの声も多く上がっています。

ホンダ N-BOXのカーリース情報はこちら

第4位 スズキ ジムニー

スズキ ジムニー

スズキ ジムニー概要
国内のみならず、世界中で信頼されるコンパクトなオフロード車であるジムニー。余裕ある地上高により、急勾配や段差も難なく乗り越え、雪道や泥道でも簡単にはスタックしないところが魅力です。2018年に20年ぶりとなるフルモデルチェンジを敢行し、アイコニックなデザインや悪路走破性はそのままに、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報を搭載するなど安全性がアップデートされました。全グレードで5速MTが選べるのも嬉しい点です。価格帯は148~187万円であり、MOTAで11年リースを行えば月額19,800円でリースできます。

「悪路でも問題なく走れる」「遊びにぴったり」と週末のアウトドア用に選ばれる方が多くいらっしゃいます。

スズキ ジムニーのカーリース情報はこちら

第3位 スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー概要
キャッチコピーは「遊べる軽」であるハスラー。遊び心溢れるデザインと、高い積載性が特長の一台です。オレンジやピンクなどのフレッシュなカラーリングも魅力の一つ。内装には外装色と同じ色のパネルやシートパイピングを取り入れ、カラフルに演出しています。後部座席は左右独立でスライド・折りたたみができるなど実用性も高いクルマです。アウトドアの使用を想定した4WDグレードや、豊富なアクセサリーも見逃せないポイントとなっています。

価格帯は128~174万円であり、MOTAで11年リースを行えば月額17,270円でリースできます。「遊べる軽」というキャッチコピーにあるように、デザイン性の高さそしてカラーリングの豊富さが人気のポイントですが、外見から予想できない燃費の良さやハンドリングの含めた小回りが非常に利くことが人気の理由です。

スズキ ハスラーのカーリース情報はこちら

第2位 トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ概要
『SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい』といったユーザーの声に応える、全長4m以下の5ナンバーサイズのコンパクトSUVであるライズ。コンパクトなボディに対してゆとりのある容量と可動式デッキボードで使い方の幅が広がった荷室がポイントです。ワイドで個性的なフロントビューや大径タイヤによる力強いエクステリアにより、週末のレジャーでも目立ち度はバッチリ。インテリアにはアクセントカラーの配置されたシートや、「先進」「ワクワク」「シンプル」「アナログ」などテイストが選べるLEDのデジタルスピードメーターなど遊び心が演出されています。機能面では「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」なども搭載されており、運転支援システムも充実しているため安心して運転が出来ます。

価格帯は167~228万円であり、MOTAで11年リースを行うと月額24,310円でリースできます。わがままに答えてくれる良コスパで快適だと、高い人気を得ています。

トヨタ ライズのカーリース情報はこちら

第1位 ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース

ダイハツ ミライース概要
「誰にでも手が届くエコカー」として誕生し、クラストップレベルの低燃費を達成したミライース。手頃な車体価格はそのままに、エンジンの燃焼効率アップやアイドリングストップ、走行時の空気抵抗・路面抵抗の軽減といった細かい改善で燃費を向上させています。ベース車であるミラ譲りの使いやすさ、運転のしやすさも損なわれてません。低速域で先行車への追突を予防する「スマートアシストIII」のほか、安全装備も充実しています。価格帯は85~137万円であり、MOTAで11年リースを行うと月額12,870円でリースできます。

かなりお手頃な価格でリースを始められるミライースは、一番やすく乗れるクルマが欲しい、とにかく燃費の良いクルマが良かった!などのコストパフォーマンスを重視される方に多く選ばれています。

ダイハツミライースのカーリース情報はこちら

MOTAカーリースなら国内最大級のラインナップで車が選び放題!

月間500万人が利用する自動車メディアMOTAが提供するMOTAカーリースは、オリックス自動車株式会社と提携している個人向けカーリースです。国産全メーカー全車種を選ぶことができ、今月出たばかりの新車もリース契約が行えます。

契約期間は5年・7年・11年と選ぶことができ、11年リースは業界最長年数で月々を安く抑えられるのが大きなメリットです。契約期間終了後は返却不要なため、リース契約が満了した後には車両本体が契約者の物となります。返却不要の為、残価設定などもなく、原状回復費や走行距離オーバーでの追加請求もありません。最後まで安心してクルマに乗ることが出来ます。また、通常新車の購入時につく新車保証は5年・10万キロまでとされていますが、MOTAカーリースならば保証は登録から7年間、走行距離は無制限としっかりとしたサポートを受けることが出来ます。メンテナンスパックに加入すれば整備費用も月々のリース料に定額化することができ、納車後も安心して長くクルマに乗り続けることができるためおススメです。

MOTAのカーリースを詳しく知りたい方はこちら

よくある質問

個人向けカーリースと購入はどちらがよい?

カーリースは、オートローンと比べれば頭金が必要なく手元にまとまったお金がない方でも月々を安く抑えて利用が出来ます。大きな出費をしたくない方にはおススメです。また、月々のリース料には各種税金や自賠責保険なども含まれているので、クルマの維持費を貯めておくのが苦手な方にもおススメできます。しかし、支払い総額で考えるならば、現金一括で購入するのが一番安く済むでしょう。ご自身が何を最も重要視するのかによってどちらが良いのか決まります。

個人向けのカーリースでおすすめの車種は?

カーリースでお申し込みの7割~8割は軽自動車かコンパクトカーです。ダイハツ ミライース、トヨタ ライズ、スズキ ハスラー、など月々手頃な価格で乗ることができ、おススメです。 しかし街乗りのクルマとしての利用なのか、通勤用のクルマとしての利用なのか、週末のアウトドア用のクルマなのか…。必要な車種は利用シーンによって大きく変わるものであり、何がおススメなのかも人それぞれ変わるものです。ご自身がどんな車種を必要としているのかよく検討したうえで契約する車種を決めましょう。

個人向けのカーリースでも節税対策はできるの?

個人事業主の場合、通常の購入ですと減価償却が必要です。しかし、カーリースは維持費から車両本体価格、各種税金まで全て月々のリース料金に含まれているので、リース料のすべてを経費として計上することが出来ます。したがって、カーリースは減価償却のような煩わしい処理をする必要がありません。毎年一定の金額を減価償却により計上する必要がないので、経費処理が楽になるうえに節税効果が期待できます。個人事業主の方にとってカーリースは節税対策ができるといえるでしょう。

この記事をシェアする

この記事の編集者

この記事の執筆者

MOTAカーリース 事業開発室 松本 智美

MOTAカーリース事業部でのお問い合わせ窓口ユーザーサポート業務をメインにしながら記事の作成・編集も行う。過去の自動車販売店勤務でのお客様の声を直接多く聞いてきた経験からのユーザー視点もあり、一般ユーザーが求める運転技術や装備だけでなく、購入時・購入後のサービスや困りごとなど細かい要望も知っている。特に女性ならではの意見が強み。

記事監修

この記事の監修

MOTAカーリース 事業開発室 樺田 篤

MOTAカーリース事業部では、商品企画開発からユーザーサポートまで幅広く担当。昨今の自動車販売業界への知識が豊富なことと、売れ筋の車についての詳しい知識を持ち、車を買う人・車を売る人の両方の意見を持つ強力なブレイン。これまでの記事寄稿の経験を元にMOTAカーリースの編集長的立場でもある。

リースする車(自動車)をランキングから探す

軽自動車の新車カーリース人気ランキング

ホンダ N-BOXのカーリース
1位
ホンダ N-BOX
頭金0円
月々17,600円~
ダイハツ タントのカーリース
2位
ダイハツ タント
頭金0円
月々15,730円~
スズキ スペーシアのカーリース
3位
スズキ スペーシア
頭金0円
月々16,170円~
スズキ ジムニーのカーリース
4位
スズキ ジムニー
頭金0円
月々18,480円~
ダイハツ ムーヴキャンバスのカーリース
5位
ダイハツ ムーヴキャンバス
頭金0円
月々17,600円~

コンパクトカーの新車カーリース人気ランキング

トヨタ ライズのカーリース
1位
トヨタ ライズ
頭金0円
月々21,670円~
トヨタ ヤリスのカーリース
2位
トヨタ ヤリス
頭金0円
月々20,570円~
ホンダ フィットのカーリース
3位
ホンダ フィット
頭金0円
月々21,010円~
スズキ ソリオのカーリース
4位
スズキ ソリオ
頭金0円
月々22,550円~
トヨタ ルーミーのカーリース
5位
トヨタ ルーミー
頭金0円
月々23,100円~