トヨタ GRヤリスのカーリース情報・価格

もらえるカーリース
トヨタ GRヤリス
ボーナス併用払い(11年)
月額
18,920
円~
ボーナス月加算額 114,400円 × 22回
月々均等払い(11年)
月額
37,840
円~

  • 初期費用ゼロ
  • 税金・自賠責コミ
    (期間分)
  • オイル交換・車検無料・
    クーポン付(期間分)

契約時に頭金や支払い、登録料や納車費用などを支払う必要はありません。なるべく費用を抑えて新車に乗れます。

税金(自動車税・自動車重量税)や自賠責保険料は月額料金に含まれています。

オイル交換や契約期間内の車検が無料になるクーポンなど、おトクな特典がついてきます。

トヨタ GRヤリス概要

世界ラリー選手権(WRC)に挑むヤリスWRCのノウハウを投入し「モータースポーツ用の車両を市販化する」をコンセプトに誕生した。スポーツ4WDシステムGR-FOURや1.6リッターターボエンジンと6速MTを搭載し、空力を意識した専用の3ドアハッチバックボディとするなど、コンパクトカー「ヤリス」の名を冠しながらも、独自のキャラクターを持つ極めてスポーティなモデルである。競技ベースグレードも用意されるほか、CVTと1.5リッターエンジンを搭載するベーシックなFFモデルも設定される。

頭金0円!初期費用なし!

まずはお試しで審査に申込む無料
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

料金シミュレーション

MOTAカーリースは個人の専用リースです。リース期間は7年、9年、11年の中からお選びください。

グレード選択
カラーやオプションは審査後に選択・変更可能です。
リース契約年の選択
月額均等払い37,840円(オプションなし)
ボーナス併用払いの選択
オプションの選択
ナビなどを選択
月額
37,840
\ 頭金0円!初期費用なし!/ まずはお試しで審査に申込む 無料
※審査申込と同時にご契約が確定することはございません。
※審査後でもグレードやオプションの変更・追加が可能です。
※審査結果は最短翌日にお知らせいたします。

トヨタ GRヤリスの車両詳細情報

グレード 1.5 RS 排気量 1,490 cc
全長 3995 mm 全幅 1805 mm
全高 1455 mm 重量 1130 kg
駆動方式 FF ミッション CVT
定員 4名 ドア数 3
最小回転半径 5.2 m JC08モード燃費 - km/L
※掲載されている車両詳細情報は、当該車種の任意のグレード情報を引用しているもので、リース車両のスペックを保証するものではありません。

トヨタ GRヤリスの車種紹介

■GRヤリスの特徴

トヨタが製造・販売する「GRヤリス」は、2020年に発売されたトヨタのモータースポーツブランド「GR」から発売されたコンパクトハッチバックです。

もともとは、市販車ベースのマシンで走行タイムを競う「WRC(世界ラリー選手権)」で勝つ車をコンセプトに作られているため高スペックで、その車を「日常使いでも使ってもらおう」という考えから販売されました。

同じくトヨタが販売している「ヤリス」とは兄弟車にあたりますが、デザインやパワートレインが異なるため、名前は似ていますがスペックや走行性能も大きく変わります。

トヨタのモータースポーツのノウハウを結集した、本格的なスポーツカーであるGRヤリスは、優れた走行性能とスポーティなデザインで、多くのファンを魅了しています。

■GRヤリスのエクステリア・インテリアについて

・エクステリア

モータースポーツ用の車として開発されたこともあり、ルーフの低い低重心と軽量ボディでいかにもスポーツカーらしいデザインとなっています。

また、3ドアを採用している点も特徴です。最近は燃費や使いやすさを求めるユーザーが増えたこともあり、3ドアは希少な存在になっています。

リアのドアがないことを活かしてルーフラインを後方にかけて傾斜するデザインにしたことで、リアウイングに風を当て、高速走行時でもより安定した走りが可能となりました。

・インテリア

スポーツカーとして、走ることに集中できるよう余分な機能や設計は極力省き、走りを重視したインテリアが特徴的です。

全グレードにグリップ性に優れた本革巻きのステアリングを採用し、フィット感を高めることで快適な操舵感を実現を目指しています。

室内はブラックを基調にシンプルな内装となっており、派手な加飾などもありません。

また、「RZ”High performance”」グレードには、耐久性の高いウルトラスエードを使用したプレミアムスポーツフロントシートを搭載するなど、グレードが高くなるにつれ、より本格的なスポーツカー仕様になります。

■GRヤリスの燃費について

GRヤリスは、最高出力120psを発揮する「1.5L直列3気筒ダイナミックフォースエンジン」と、レースに勝つために小型・軽量化を徹底追求した最高出力272psを誇る「1.6L 3気筒ターボダイナミックフォースエンジン」の2種類があります。

GRヤリスのWLTCモードによるカタログ燃費は以下のとおりです。

グレード 駆動方式 カタログ燃費(km/L)
RS 2WD 18.2
RZ 4WD 13.6
RZ “High performance” 4WD

■GRヤリスの安全装備について

GRヤリスは、モータースポーツ用の車を市販化するという考えのもと販売されているため、トヨタの予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」は標準装備されておらず、オプション装備となっています。

オプション装備に含まれる安全機能について紹介します。

・プリクラッシュセーフティ

車両や歩行者、自転車運転者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、衝突する可能性がある場合は、警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で知らせます。

警告後にブレーキを踏めた場合は、ブレーキ制動力を強めて衝突回避を図るプリクラッシュブレーキアシストが作動します。

ブレーキを踏めなかった場合は、プリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避や被害軽減をアシストします。

・レーントレーシングアシスト(LTA)

車線の中央を走行するために必要なステアリング操作を支援し、白線や境界から逸脱した場合には、ブザー音とディスプレイ表示に加えて、ステアリング操作の一部をサポートします。

・レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行をおこないます。

・オートマチックハイビーム

ハイビームとロービームを自動で切り替えます。先行車や対向車がいる、または明るい場所を走行した場合はロービームに、先行車や対向車がいない、または暗い場所を走行する場合はハイビームになります。

これにより手動によるヘッドライトの切り替えやライトの消し忘れを防ぎます。

・先行車発進告知機能

信号待ちや渋滞時での停車時、先行車が発進したにも関わらず自車が停止し続けた場合、ブザー音やディスプレイ表示で先行車の発進を知らせます。

トヨタ GRヤリスのユーザーレビュー

3.8
クチコミ件数:
4件
ハッチバックランキング:
5位
新車価格:
265.0万円~846.7万円
中古車価格:
190.1万円~1,700.0万円
新車購入
人気ランキング
140
全車種中
クチコミ
評価レビュー
4
評価点: 3.8 pt

頭金0円!初期費用なし!

まずはお試しで審査に申込む無料
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。

MOTAカーリースは3つの心配ナシ!!!

その1返却の心配ナシ

返却の心配ナシ

全車種が残価設定なしのカーリース
契約満了時にはそのまま車がもらえます

その2走行距離制限の心配ナシ

走行距離制限の心配ナシ

マイカー感覚で乗ることができます
※返却時は2,000km/月の上限がございます。

その3メンテナンスの心配ナシ

メンテナンスの心配ナシ 車検、オイル交換無料クーポン付き!

MOTAカーリースでは、リース期間に応じたお得な無料クーポンがついてきます。
※一部お客様負担となります。

人気の新車カーリースサービス比較

MOTA A社 B社
選べる車種 マル
主要国内メーカー
マル
主要国内メーカー
マル
主要国内メーカー
リース期間 7年、9年、11年 1年〜11年 3年〜11年
車がもらえる マル 三角オプションプラン 三角オプションプラン
短期納車の掲載 マル バツ マル
車の返却・乗換えが選べる マル バツ バツ
車のカスタム マル バツ マル
頭金・ボーナス払い対応 マル バツ マル
注)△マークはオプションプラン加入などで対応も可能です。最安値料金は調査時から変動がございます。

よくある質問

お試しで申し込んでも本当に大丈夫ですか?
はい、問題ございません。お申し込みは本契約にはなりません。
お申し込み後でもプランや車種変更、申し込みのキャンセルが可能です。お気軽にお申し込みください。
ほかのカーリースとの違いはなんですか?
MOTAのカーリースでは、リース期間を満了する際には走行距離の制限がなく、クルマのカスタムも可能です。また、一定期間を過ぎると契約途中に返却・乗り換えも可能です。ここが大きな違いになります。
※返却時の消耗状況により、ご請求をさせていただく場合があります。
※契約満了前に解約・返却される際の走行距離が[経過月数×2,000㎞]を超えた場合、8円/kmの追加請求が発生します。
カーリースとはそもそもどんな仕組みですか?
カーリースとは一言で言うとお好きな車を月々定額で乗れる支払いプランのことです。定額料金なので頭金は0円、またボーナス払いも必要ありません(契約での変更も可能な場合があります)。リース期間中の車検や諸費用や車の税金も全て定額料金の中に含まれているので、突発的な出費は一切かかりません。
カーリースと購入・ローンの違いはなんですか?
新車購入時には初期費用として頭金や車庫証明代行手数料や納車費用など掛かります。また購入・ローンでは年に1度の自動車税の支払、定期的に訪れる車検時には車検費用や自動車重量税、自賠責保険料が必要になります。またクルマを乗る上でのメンテナンスを行いたい場合は都度メンテナンス費用が必要になります。契約内容にもよりますが、都度支払う費用が月額費に含まれて定額で支払うイメージです。
カーリースに向いている人はどんな人ですか?
まずは、頭金無し・初期費用無しで新車に乗りたいという方が向いているかもしれません。上記の購入との違いにも記載している初期費用負担や月々の支払いを安定させたい方、またディーラーに出向いての細かいやり取りがしづらい方、短期間で車を乗り換えたい方なども向いているかと思います。逆にまとまった資金があり車検費用や自動車税などの都度出費が問題ない方は、現金での購入が良いと思われます。
契約期間はどれくらいですか?
MOTAカーリースでは、7年、9年、11年のリース期間が選択できます。契約のタイミングでリース期間を決定します。契約後には期間の変更はできません。長期の契約の場合は月額費が抑えながら新車に乗ることができますが、その分将来故障やメンテナンスの心配があるかもしれません。その場合はオプションなどでのメンテナンスパックなど加入がおすすめです。短期の契約の場合は月額費は高くなりますが、短期でのクルマの乗り換えをしたい方に向いていると思われます。MOTAカーリースの場合だと、マツダ CX-60が月々均等払いで40,920円から、ボーナス併用の場合だと20,460円から申し込みが可能です(11年リースの場合)。
GRヤリスのグレードやカラーは選べますか?
MOTAカーリースでは申込時にグレードを選択します。またグレードによる値段の増減があります。各メーカーページなどで諸元表やWebページ上でグレードの内容を確認できます。車体カラーに関しては契約時に契約ページで決定しますが、事前に車体カラーやグレード内容やメーカーオプションなど相談されたい方は、MOTAカーリースお問合せフォーム、もしくは下記担当者までお電話ください。お申込前に分からないことや不安なことなどありましたら、お気軽にご相談ください。
GRヤリスの納期はどれくらいですか?
MOTAカーリースでは車の契約のタイミングで納期が確定します。現在GRヤリスの納期は、メーカー発表の納期とほぼ同じ期間になります。 ただし、審査申し込み通過後の納車までの契約対応で期間が遅れる場合もありますので予めご了承ください。
新車を早く手に入れたい方・車種選びより納期が優先という方は、こちらにおおよその納期を記載しておりますのでご確認ください。
https://autoc-one.jp/lease/search/shortdelivery/

トヨタ GRヤリスのカーリースを見た人はこんな車も見ています

  • ホンダ シビックタイプR

    ホンダ
    シビックタイプR

    燃費:0.00km/L 定員:4名
    現在お申し込みできません
    詳細を見る
  • 日産 スカイライン

    日産
    スカイライン

    燃費:0.00km/L 定員:5名
    月々均等
    月々61,710円~
    ボーナス併用
    月々30,910円~
    ボーナス月加算額 185,900円 × 22回
    詳細を見る
  • トヨタ 86

    トヨタ
    86

    燃費:0.00km/L 定員:4名
    現在お申し込みできません
    詳細を見る
  • スバル BRZ

    スバル
    BRZ

    燃費:0.00km/L 定員:4名
    月々均等
    月々47,410円~
    ボーナス併用
    月々23,760円~
    ボーナス月加算額 143,000円 × 22回
    詳細を見る
※JC08モード燃費で表示

ハッチバックのランキング

更新日: 2024年02月24日 (集計期間 2/17~2/24)

  • 1位
    トヨタ プリウス

    トヨタ
    プリウス

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々42,460円~
    ボーナス併用
    月々21,230円~
    ボーナス月加算額 127,600円 × 22回
    詳細を見る
  • 2位
    日産 オーラ

    日産
    オーラ

    燃費: 33.0km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々36,960円~
    ボーナス併用
    月々18,480円~
    ボーナス月加算額 111,100円 × 22回
    詳細を見る
  • 3位
    マツダ MAZDA3ファストバック

    マツダ
    MAZDA3ファストバック

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々33,880円~
    ボーナス併用
    月々16,940円~
    ボーナス月加算額 102,300円 × 22回
    詳細を見る
  • 4位
    トヨタ GRヤリス

    トヨタ
    GRヤリス

    燃費: 0.00km/L 定員: 2名
    月々均等
    月々37,840円~
    ボーナス併用
    月々18,920円~
    ボーナス月加算額 114,400円 × 22回
    詳細を見る

トヨタのハッチバックのランキング

更新日: 2024年02月24日 (集計期間 2/17~2/24)

  • 1位
    トヨタ プリウス

    トヨタ
    プリウス

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々42,460円~
    ボーナス併用
    月々21,230円~
    ボーナス月加算額 127,600円 × 22回
    詳細を見る
  • 2位
    トヨタ GRヤリス

    トヨタ
    GRヤリス

    燃費: 0.00km/L 定員: 2名
    月々均等
    月々37,840円~
    ボーナス併用
    月々18,920円~
    ボーナス月加算額 114,400円 × 22回
    詳細を見る
  • 3位
    トヨタ カローラスポーツ

    トヨタ
    カローラスポーツ

    燃費: 0.00km/L 定員: 5名
    月々均等
    月々32,670円~
    ボーナス併用
    月々16,390円~
    ボーナス月加算額 99,000円 × 22回
    詳細を見る

頭金0円!初期費用なし!

まずはお試しで審査に申込む無料
※審査後でも、グレードやオプション変更が可能です。
お電話でのお問い合わせ
0120-094-012
受付時間:9:00~18:00
(土・日・祝日休み)
お問合せフォームへ

レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車探しのご参考にどうぞ。

総合評価
1 2 3 4 4 3.8 (4)
車種のレビューを投稿する
トヨタ最後のスポーツユニットかも。 つみれ 投稿日2022年5月30日
トヨタ GRヤリス グレード:1.6 RZ ハイ パフォーマンス 4WD
総合評価 1 2 3 4 4 3.8
総評
ノーマルヤリスをパワーアップしただけのマシンではありません。ノーマルヤリスに対して構造接着剤を多用して溶接箇所も増し増しになっています。専用の3ドアボディは剛性感の塊りでブリスターフェンダー化して、前後トレッドを拡大。タイヤは225/40/R18と超イカした足元になっています。カーボンルーフにアルミ製のドア、バックドア、ボンネット、とラリカーのようなスペック。しかめエンジンは272psの1600cc3気筒ガソリンエンジン。クルマに少し興味がある人ならば、3気筒で1.6L、272psの凄さが分かるはずです。それと同時に3気筒1.6ターボを試してみたくなるハズです。マニアックなエンジンです。
良かった点
ノーマルヤリスとの決定的な違い迫力満点なブリスターフェンダーです。コンパクトカーながらも、幅は1800ミリを越えているのでひと目みて普通の車ではないなと分かります。18インチホイールもダーク系の鋳造ホイールが本物嗜好でカッコイイです。そして1.6リッター3気筒ターボの柔軟性にはびっくりしました。3000rpm以下だとまるで普通のコンパクトカーの様な躾の良さがあります。しかし4000rpmからはジキルとハイドの如く、ぎゅーん、と咆哮をあげパワーを出します。3気筒独自のパワーフィールはトヨタの新しい世界観、しかもトヨタの新開発ガソリンスポーツユニットはこれが最後の可能性が高い。
気になった点
内装の豪華さを語る車ではないですが、
走行系に大きく力が入ったマシンとしてもっとスパルタンでも良かったです。スポーツモデルならブースト計や油温計の表示が欲しかったです。 またシートは布製ですが、スポーツシートとしては疲労感がたまるシートです。座面を一番下まで下げてもかなり高いポジションが残念です。違和感がある高さです。クラッチは軽くて操作しやすいですが、ブレーキとアクセルは重めでこれもすこし違和感がありました。
リセールは値上がり確実 B2-UNIT 投稿日2022年5月28日
トヨタ GRヤリス グレード:1.6 RZ 4WD
総合評価 1 2 3 4 4 4.0
総評
GRヤリスは他のGRシリーズとは違う本物のオーラがあります。WRCのホモロゲモデルと言う生い立ちが本物の武闘派としての凄みを出しています。GRシリーズにはお約束の四角い開口部の大きなエアロバンパーが着きますが、GRヤリスではそれ以外にサイドのブレーキダクトなどの装備が付き実戦で必要な姿がより本物感を増します。ボディーは専用設計の3ドアです。カーボンルーフはエントリーグレードも含めて全車に標準装備されています。またボンネットとドア、さらにテールゲートはアルミ製になり、これもグレードに関係無く共通の仕様となっています。搭載しれるパワーユニットは1.6リッター3気筒ターボです。最高出力272PS/最大トルク370N・mのハイチューンエンジンになります。ひと昔まえは280ps規制でワイワイ言っていましたが、1.6リッターしかも3気筒と言うのは凄いです。
良かった点
とにかくスタイリングは痺れます。全幅1805mmに拡大された寸法は225/40ZR18 のミシュラン・パイロットスポーツ4 Sを装着する為にブリスターフェンダーに拡大しているボディにあります。低重心で迫力あるボディラインは本当にカッコいいです。硬いボディは接着剤の採用やスポット溶接増しで固められています。サスペンションはフロントがストラット式でリアがマルチリンク式です。限界域での速さとコントロール性を重視したセッティングですが、市街地を流しても予想以上にフラットな乗り味でしなやかさとも持ち合わせています。3気筒ターボは軽自動車では当たり前ですが、1.6リッターしかも272psと半端ない性能は世界を見渡しても他には無い唯一無二の存在です。回転フィールも音も独特でレブ手前まで快音とパワーの持続性は官能的です。素晴らしいパワーユニットと太鼓判を押せます。
気になった点
この価格でこの性能、スタイリングで文句はありません。が、気になる点は走りに余り関係ない部分でしょうか。インテリアはシートがスポーツ仕様になり、ステアリングもGRバッチ。アルミペダルなども装備していますが、インパネは見慣れたヤリスそのものです。もっとスパルタンな雰囲気が欲しいです。例えばオプションで全面カーボン柄にインパネが出来るなどのオプションが欲しいです。またコレもGRヤリスには必要ないかもしれませんが、荷物室は狭いです。リアシートを倒せば問題無しかもしれませんが。実際にそんなに気になる部分は正直ないです。価格も内容を見れば安いです。
ホモロゲーションモデルの凄味 ノーズフェイス 投稿日2021年12月28日
トヨタ GRヤリス グレード:1.6 RZ ハイ パフォーマンス ファースト エディション4WD
総合評価 1 2 3 3 4 3.7
総評
WRCで勝つために生まれたGRヤリスRZハイパフォーマンスに試乗です。ノーマルヤリスとは別物となるシャーシ、ボディ、足回り、同じものはインテリア内装や灯火類くらいではないでしょうか。低く幅広いスタイルはただのクーペルックと片付けられない迫力があります。大開口部のフロントバンパー、巨大なフェンダーは堅気には見えないと、オーラが有ります。最高出力272PSの1.6リッター直烈3気筒ターボエンジンは3気筒らしい雑味が有りながら、4気筒とは違う個性があります。それでも7000rpm迄は難なく回り切り怒涛のトルクとパワーが体感できます。アクティブトルクスプリット4WDは、前後トルク配分を前より、半半、後ろよりの3段切り替えが可能です。またトルセンLSDがハイパフォーマンスには付いているのでタイヤの空回りを許さない機構になっています。また6速MTにはiMTたるものが付いていて、自動ブリッピングの回転合わせをしてくれます。スポーツカーにはよく有る装備ですが、GRヤリスも採用しています。
良かった点
とにかくスタイリングが最高です。特にリアからみた姿はまんま競技車両のようで本当にカッコイイです。またインテリアではRZハイパフォーマンス専用となるウルトラスエードと合皮コンビのスポーツシートがお値打ちです。座り心地もバケットシートより自由があり、普段使いならこちらの方が良いです。
またiMTは優秀で発進時には自動的にエンジン回転を上げてくれるのには驚きました。これでエンストとはオサラバです。またカーボンルーフおよびアルミ製のリアゲート、ドア、ボンネットはハイパフォーマンスだけでは無く、GRヤリス全モデルで標準装備の大盤振る舞いです。トヨタさんありがとう!
気になった点
気になる部分はインテリアでしょうか。インパネなどの眺めはほぼノーマルヤリスと変わらないのは残念です。ステアリングに小さくGRの文字がありますが、普通過ぎてエクステリアデザインとのギャップが大き過ぎます。せめてインパネの樹脂部分だけでも競技車両風にデザイン出来なかったでしょうか。高額なオプションでも良いのでアルカンターラ仕様とか、何かと特別な演出が欲しかったです。またエンジンは回すと快音になりますが、アイドリング時や市街地を普通に走る場合は少し拍子抜けするくらい普通です。ここも演出が欲しいです。
言い訳無しです。 マサ 投稿日2021年12月4日
トヨタ GRヤリス グレード:1.6 RZ ハイ パフォーマンス ファースト エディション4WD
総合評価 1 2 3 3 4 3.7
総評
GRヤリスは日本で最後のコンパクトハイパフォーマンスガソリン車です。1.6リッター直3ターボエンジンで272psを絞り出します。4メートルに満たないAセグメントクラスで、こんな車見た事無いです。カーボンニュートラルによる自動車会社の平均燃費遵守で、平均燃費の悪化は罰金に直結するご時世です。そんな事で自動車会社各社は、平均燃費を下げる車の発売をビビっています。なのにトヨタさんはGRヤリスをぶっ込んできました。トヨタさんの情熱に心打たれます。トヨタさんがGRヤリスを発売出来るのは、燃費世界一のハイブリッドシステムであるTHSを多くの車種に展開しているに他ならないです。なのでトヨタさんの平均燃費は世界一です。だからGRヤリスを発売出来るのです。ストイックで競技車両の様なスペックですが、街乗り総合燃費もリッター約11キロ前後でリーズナブルです。そうです。燃費悪いから買えないという言い訳は無しです。
良かった点
友達に、車何乗ってるの?と尋ねられて ヤリスと答えて悦に入る事が出来ます。友達は素で質素なコンパクトカーを連想するからです。でも実はGRヤリスなんだよね。っと密かに悦に入るのです。GRヤリスは約400万円です。走りは一流です。エクステリアもスパルタンです。でも女子受けは皆無です。400万円有れば、人気のハリアーも買えますから。でもGRヤリスを選択するのは、車に対する価値観の違いと覚悟の違いです。
気になった点
ハイブリッド車に圧倒的な強みを持つ日本車の締め出しを目的とする、政治的判断を多く含む欧米基準のEV化の嵐が吹き荒れています。ヨーロッパ発祥のスキー競技で、日本人がオリンピックで金メダルを取るとルールを改正をして、日本人を締め出す行為と全く同じです。そんな事でトヨタさんは負けたく無いのです。GRヤリスは、そんなトヨタさんの意地と当て付けを世界に発信している様に感じるのは、私だけでは無いはずです。