クーペの新車カーリース一覧

MOTAカーリースは個人の専用リースです。
リース期間は5年、7年、11年の中からお選びください。

  • 絞り込み絞り込み
  • 並べ替え並べ替え
並べ替え
ボディタイプ
メーカー

車種名を検索する

月額料金

駆動方式

9台中19台を表示(1ページ目)
  • 並べ替え
  • 月額料金が安い順
  • 燃費が良い順
  • 評価が高い順
トヨタ 86
86
トヨタ 86
  • クチコミ件数:100件
  • クーペランキング:4位
現在お申し込み出来ません
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,998cc FR 4名 2 -
  • クチコミ件数:100件
  • クーペランキング:4位
トヨタ GR86
GR86
トヨタ GR86
  • クチコミ件数:-
  • クーペランキング:1位
ボーナス併用払い(11年)
月額 19,250 円~
ボーナス月加算額115,500 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 38,390 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
2,387cc FR 4名 2 -
  • クチコミ件数:-
  • クーペランキング:1位
スバル BRZ
BRZ
スバル BRZ
  • クチコミ件数:74件
  • クーペランキング:5位
ボーナス併用払い(11年)
月額 20,900 円~
ボーナス月加算額125,400 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 41,690 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
2,387cc FR 4名 2 -
  • クチコミ件数:74件
  • クーペランキング:5位
日産 フェアレディZ
フェアレディZ
日産 フェアレディZ
  • クチコミ件数:56件
  • クーペランキング:9位
現在お申し込み出来ません
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
3,696cc FR 2名 3 9.20km/L
  • クチコミ件数:56件
  • クーペランキング:9位
トヨタ GRスープラ
GRスープラ
トヨタ GRスープラ
  • クチコミ件数:-
  • クーペランキング:3位
ボーナス併用払い(11年)
月額 30,800 円~
ボーナス月加算額184,800 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 61,490 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,998cc FR 2名 3 -
  • クチコミ件数:-
  • クーペランキング:3位
レクサス RC
RC
レクサス RC
  • クチコミ件数:65件
  • クーペランキング:7位
ボーナス併用払い(11年)
月額 35,420 円~
ボーナス月加算額213,400 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 70,840 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
1,998cc FR 4名 2 23.20km/L
  • クチコミ件数:65件
  • クーペランキング:7位
日産 GT-R
GT-R
日産 GT-R
  • クチコミ件数:46件
  • クーペランキング:6位
現在お申し込み出来ません
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
3,799cc 4WD 4名 2 -
  • クチコミ件数:46件
  • クーペランキング:6位
レクサス RC F
RC F
レクサス RC F
  • クチコミ件数:36件
  • クーペランキング:8位
ボーナス併用払い(11年)
月額 64,240 円~
ボーナス月加算額386,100 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 128,370 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
4,968cc FR 4名 2 -
  • クチコミ件数:36件
  • クーペランキング:8位
レクサス LC
LC
レクサス LC
  • クチコミ件数:26件
  • クーペランキング:2位
ボーナス併用払い(11年)
月額 79,200 円~
ボーナス月加算額475,200 × 22回
月々均等払い(11年)
月額 158,290 円~
頭金0円
排気量 駆動方式 定員 ドア数 燃費
4,968cc FR 4名 2 15.80km/L
  • クチコミ件数:26件
  • クーペランキング:2位
1

クーペのカーリース

クーペとは、もともと2ドアで2人乗りの固定された屋根を持つ自動車を指しておりましたが、最近ではスポーティなスタイルを持つ自動車全般を意味するようになり、4ドア車にも用いられるようになってきました。ボンネットと車室、リアデッキを持つ3ボックス型の乗用車で、屋根の高さが低く、リアピラー部に特徴があります。大別して、キャビン後方とリアデッキを独立させた「ノッチバッククーペ」と、リアウインドウを寝かせ、屋根から車体後部までをなだらかにつないだ「ファストバッククーペ」があります。クーペという言葉は、フランス語の「2人乗りの箱型馬車」に由来していることは知らない人も多いでしょう。クーペの代表車種としては、「トヨタ 86」「ポルシェ 911」「アウディ TT」「スバル BRZ」「日産 フェアレディZ」などがあります。中でも「トヨタ 86」はスバルとの共同開発で生まれたスポーツクーペで、低い車高と後輪駆動によるコーナリングの楽しさを最優先に設計されています。タイトなコクピットは赤と黒が基調でスポーティな雰囲気が漂っており、後席の広さは限られるが荷室は広く、後席を倒せばタイヤ4本を収納することが可能です。
MOTAカーリースではトヨタ 86が11年リースで月額36,300円(税込)とプランが選択できるなど、月々の支払いを低価格に抑えながら車を所有することが可能です。
MOTAリースはクーペの全車種でリースが可能なので、クーペのマイカーリースをご検討の方は、ぜひMOTAをご利用ください。

レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

蘇ったのはBMWスープラ つみれ 投稿日2022年5月29日
トヨタ スープラ グレード:3.0 RZ
総合評価 1 2 3 3 4 3.7
総評
スープラブランドが途絶えて久しかったですが2019年に復活。BMW Z4との協業で心臓部であるエンジンはBMWの直6を得ました。最近に6MTモデルが追加されるニュースが入りましたが、登場してしばらくは8ATモデルのみでした。実際トヨタ側からの要望でBMWが設計を行い、メカニズムの部分、シャーシやエンジン、トランスミッションはBMWその物です。しかし直6エンジンでFR。ライバルはポルシェ・ケイマン、ホイールベース/トレッド比は1.55以下、など、細かなスペックをトヨタが提示して全ての要望に答えたのは流石BMWです。内外装のデザインはトヨタオリジナルなのは安心しました。
良かった点
スタイリングは見事です。どのスポーツカーにも似ていない独自性、オリジナリティがあります。雰囲気は先代のスープラの面影があり、オマージュしながらのデザインだと思います。有機的な面で構成されたボディはセクシーです。ヘッドランプユニットには、6灯式LEDが採用されて、全体の顔つきも先代の面影があります。リアは、大きくふくらんだフェンダーと、あえて横幅を狭めたダックテールスポイラーとで踏ん張り感が強調されていいます。リアスタイルは特に先代の面影が濃い印象です。また直6の緻密な回転フィールは魅力に溢れています。フロント荷重が増すなど、チューニング面では不利かもしれませんが、予算が許すなら直6を選びたいです。
気になった点
8ATを駆使しても、やはりダイレクト感ではMTに譲ります。追加されたMT仕様が普通に買えるなら、MTをお勧めします。8ATも上手く作られていますが、BMWのエンジンを味わい尽くすならMTが有利な事は間違い無いです。後は直6モデルの価格の高さです。トヨタのモデルですから、もう少しだけでも安く出来ないでしょうか。もう一点は価格の割にはチープな部分があるインテリアです。走りの方にコストをかけ過ぎたのが、インパネ周りやドアのスイッチ周りなど不満です。
もっと高みへ マサ 投稿日2022年5月23日
スバル BRZ グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.3
総評
BRZはトヨタ86との共同開発車です。カテゴリーとしては、小型2ドアセミファストバッククーペです。若者の車離れや、特に気軽なスポーツクーペであるトヨタカローラレビン等に該当するモデルが存在しない事に危惧を感じた、トヨタ
自動車の開発者により、トヨタ86の構想が生まれました。コンセプトを堅める中で、スバルとの共同開発で量産販売台数を稼ぐことで、開発投資の早期回収の狙いもあります。また、スバルとの共同開発をする事で、スバルの独自技術である水平対抗エンジンの採用も念頭に置いていました。重心の低いエンジンは、それだけで魅力的なアイテムだからです。初代のBRZは、FRレイアウトの自然吸気エンジンのマニュアル6速トランスミッションを基本に開発されました。水平対抗エンジン初の、直噴型はトヨタD4の技術を取り入れています。ターボは敢えて採用せず、出来る限り低価格での販売を考えていた為です。
良かった点
2代目となったBRZに、大きなコンセプト変更はありません。搭載されるエンジンが2.4リッターに排気量アップされた事以外は、キープコンセプトです。排気量アップで24psの出力向上となり、2.0リッターの課題であったトルク不足を補う事に成功しています。シャーシは初代と共用ながら、色々な部分に手が入っています。前フェンダーに新たなエアインテークが設けられ、空気の流れを整流して空気抵抗の軽減に一役買っています。排気量アップに伴いボディの補強も実施されており、約20キロの重量増加がありますが、パワーとのトレードオフで全く気になりません。気軽にスポーツクーペを楽しみたい方に、6AT車もラインナップされ又プリクラッシュセーフティには欠かせない、アイサイトも搭載されており、心強い味方となります。
気になった点
BRZの課題は、エクステリアデザインです。先代と比べてデザイン的に大きく進化はしていますが、まだ十分とは言えません。多くの外装パーツを先代から流用しており難しい事は、理解しております。しかし、次回のフルモデルチェンジ参考の為にも意見致したく。デザイン的に気になるのは、サイドパネル全体の造形です。フェンダー周りを起点として絞り込みが非常に少なく、ノッペリとした面構成でメリハリがありません。スポーツカーやクーペ自動車デザイン上の最大の見せ場を自ら放棄しています。この部分に抑揚をつけて、タイヤの踏ん張り感や車の色気を作り出すのがセオリーです。寸法制約があり無理との言い訳は不要です。もっと小さなロードスターRFは、光り輝いていますから。
悪くないけど楽しくはない パサリン 投稿日2022年5月18日
レクサス RC グレード:300h Fスポーツ
総合評価 1 2 3 4 4 4.3
総評
作りの良さ、外観、内装、全て90点以上だと思います。さすがレクサスのクオリティ。しかしあまりにも出来が良すぎて楽しくはない車です。安心して長距離クルーズするには全く問題無い車。高速巡航なら20km/l以上走る経済性。おまけにレギュラーガソリンということで昨今のガソリン高には有り難い限りです。静寂製、ハンドリングについても高いレベルだと思います。2.5l・ハイブリッドながらエコモードとスポーツモードを備えており、スポーツモードにしたときにはそれなりのパワーを感じます。
良かった点
総評にも書きましたが燃費の良さは秀逸です。満タンで1000km走行も可能です。2ドアの車なのでどうしても後席の居住性は悪いのですが、前席の余裕は他車との比較になりません。内装も注文時に選べるので自分の好きなカラーにすることが出来ます。Lexusは車自体も素晴らしいのですがアフターサービスも完璧です。電話一本で洗車の予約が出来、持っていけばラウンジで珈琲を飲んでいる間にピカピカに仕上げてくれます。これも料金に含まれているのですが、優越感に浸れるひとときです。
気になった点
車両本体に追加するモノは殆どありません。600万円を超える車なので当然かも知れませんが。逆にナビなどの選択も出来ないのが若干の不満です。購入時は7インチの画面のコックピットに対して非常に小さく見えるナビが装着されていました。機能的には不満がないのですが、同じエンジンのクラウンではもっと大きなナビが装着されており、すこし残念な思いをしました。また操作も画面タッチではなく、レクサス独自のタッチパネルでの操作で、こちらは非常に使いにくいです。
若者に是非 ユッコ 投稿日2022年5月12日
トヨタ GR86 グレード:-
総合評価 1 2 3 3 4 3.7
総評
トヨタとスバルが本格的に共同開発した最初の車が86とBRZです。水平対抗エンジンでFRレイアウトに拘りました。こぼれ話的になりますが、すんなりと決まった企画では無かったようです。開発技術部門が86を提案していましたが、営業して部門が投資効率が悪いので拒んできたとのこと。それを現在の車長である豊田氏が、若者のクルマ離れの歯止めとして、開発販売のゴーサインを出したとの事です。コンセプトは、往年の86の様な安くて運転しやすいスポーティカーです。その為、水平対抗エンジン搭載で低重心化してFR駆動で、車を思うのままに操るレイアウトにしました。水平対抗エンジンを採用した理由はもう一つあります。水平対抗エンジンはエンジン高さが低いのでクルマのフロントデザインを低くくする事が可能となります。デザイン的自由度を実現するためにも水平対抗エンジンの役割は大きいです。また、過給機や四輪駆動、ハイブリッドは敢えて選択せず、スターティングプライスを抑えたのも拘りの一つです。
良かった点
価格帯を抑えて若者に届け易くする狙いは、発売後5年後にも考えが及びます。中古車となって流通し出した時、更に購入し易く買なり、FRクーペを身近な物として届けたいとの想いもあるとの事。そんな事を聞くと、どれだけ車の事を愛してるの?って感動しました。86は、最高出力200ps、最大トルク20kgfと自然吸気エンジン車として、極めて高性能です。標準でセミバケットシートを備え、メーターもタコメーターを中心とする走りに重きを置いた車です。アフターパーツも豊富に揃っており、足回りやエアロパーツ、車内のカーボンパネル等枚挙に事欠きません。2代目となったGR86は、より初期のコンセプトを忠実に再現した素晴らしい車になっていました。
気になった点
86の気になる点は、エクステリアデザインです。個人的な点数評価は、100点満点で75点です。普通75点上等と思うのですが、日本国内のFRクーペで120点の車が存在して、どうしても其方に目移りするのです。その名前は、ロードスターRFです。4座と2座の違いはあれど、同じFRクーペです。本格スポーティクーペが86で、GT的なクーペがRFと棲み分けは出来ておりますが、エクステリアだけの比較では部が悪いです。逆に日本国内に素晴らしいお手本があるので、次回マイナーチェンジ等、フルモデルチェンジ等でデザイン的手法を参考にすれば良いと思います。
運転しやすいです どろ 投稿日2022年4月27日
トヨタ GR86 グレード:-
総合評価 1 2 3 4 4 3.8
総評
先代モデルの86と比べて排気量が400cc増えたことで、街乗りや加速のときによりパワフルさを感じられるクルマになりました。
フロントフェイスが丸みが強くなり、どちらかというとなめらかなフェイスラインで、スポーツカーらしさは前のモデルの方がよりアグレッシブに出ていたように思います。
また、内装も先代と大きく特徴立てて変わってはいないものの、スポーツカーを普段運転しない人でも相変わらず運転がしやすいクルマです。
良かった点
コストパフォーマンスはとても優れていると思います。乗り出し価格は300万円以上ではありますが、2.4リッターのFRスポーツカーがこの価格と思えば、かなりお買い得感が強いです。
また、昔のスポーツカーと異なり、燃費面でもかなり改善されているので、ランニングコストもそこまでかからないで済みそうです。
あと、エンジンの音がとても魅力的です。スポーツカーらしい、低くて速そうなエンジン音を聞いているだけでドライブしたくなります。
気になった点
前のモデルと比べると車重が重くなったこともあり、爽快感よりも高速安定性を重視したのかなという印象を持ちました。 スポーツカーとしてのベース能力や素性はきちんとしていますが、ある程度改造した方がサーキットでは楽しめそうです。 また、一部の標準装備が削られているところも気になりました。価格を抑えるための努力だと思うものの、先代モデルに標準装備されていたものはオプションとしないような企業努力が必要です。