初めてのカーリース!パーフェクトガイド

カーリースのメリット・デメリット徹底解説!

カーリースのメリット・デメリット徹底解説!

クルマを利用したいと思ったとき様々な利用方法を考えると思いますが、「カーリース」もそのうちの一つ。現代の新しい「クルマの乗り方」として話題に上がることも多くなってきました。クルマのどんな購入方法・利用方法を選んでも、それぞれに良いところ悪いところというのは必ずあるものです。では最近話題の「カーリース」ではどうでしょうか。 ここでは「カーリース」の意外と知られていないメリット・デメリットについてご紹介していきましょう。

カーリースとは何か?

カーリースとはクルマを「借りる」サービスのこと。 契約者ご自身がお選びになった新車をカーリース会社が購入。契約者は月々定額料金をカーリース会社に支払うことでその車に乗ることが出来ます。 したがってクルマの所有者はカーリース会社、クルマの利用者が契約者ということになります。

最近では、音楽や書籍は店頭で購入するのではなく、アプリやサイトを使って聞き放題サービス・読み放題サービスを利用される方が増えてきました。 あれはサブスクリプション(サブスク)と言い、一つのものを購入するわけではなく、定額料金を支払うことで使い放題に出来るビジネスモデルです。

カーリースはクルマのサブスクリプションサービスであり、月々の定額料金を支払えばクルマを購入した時と同じように、いつでも好きな時に自分のクルマとして利用することが出来るのです。 カーシェアやレンタカーのように複数人の利用者がいるサービスとは違い、自分のクルマとして独占することが出来ます。

カーリースのメリット

カーリースのメリット

カーリースとは何かについてお話してきました。カーリースについて調べ始めた時、一番興味があるのは、カーリースを利用することにどんなメリットがあるのかではないでしょうか。ここでカーリースのメリットについてご紹介しましょう。

貯金ゼロでも新車を持てる

カーリースはクルマを購入するときにかかる、頭金が必要ありません。 クルマが欲しいと思っても頭金などの初期費用をなかなかためられず、先送りにしている方も少なくないのではないでしょうか? カーリースなら、頭金やボーナス払いの設定もなく、契約をした最初の月から定額料金で新車に乗ることが出来ます

また、カーリスの月々の定額料金の中には自動車税や自賠責保険の料金なども含まれています。したがって、クルマの維持にどうしてもかかってくる出費についても不安が無く、準備の必要もありません。契約時に提示された金額から上がることもありません

さらに、メンテナンスが含まれているプランに加入すれば、車検の費用やタイヤやエンジンオイル等の消耗品でさえも月々の定額料金の中に含むことが出来ます。 つまり、メンテナンスが含まれるプランに加入してしまえば、クルマを維持するための費用を全て定額料金でまとめることが出来るため、クルマの為の貯金はしなくても良いことになります。

貯金ゼロでも新車を持てる

貯金ゼロでも新車を持てる

ほとんどのカーリース会社が国産メーカー(トヨタ、ホンダ、マツダ、スズキ、ダイハツ、スバル、三菱、日産、レクサス)の全車種からお好きなクルマを選ぶことが出来ます最近発売された新型の車種でさえ、その発売月からリースが可能になります。 新型車に乗りたいと思って、値段で足踏みした方には特におススメできると言えます。 また、新車の用意なので中古車にありがちなクルマのトラブルや故障も心配する必要はありません。

ただし、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHV)や輸入車等の車種は選べないこともあるので、契約時にご自身の乗りたいクルマが本当にあるのかはしっかり確認しましょう。 また、ほとんどのリース会社が新車の取り扱いではありますが、少しでも資金を安く抑えたいという方には中古車という選択肢もあります。 中古車を取り扱っているカーリース会社も少なくありませんので、そちらも合わせて確認することをおススメします。

グレード、色、オプションも自由に選べる

グレード、色、オプションも自由に選べる

カーリース会社によっても異なりますが、グレード、色、メーカーオプションも自由に選ぶことが出来ます。レンタカーやカーシェアではその会社で取り扱っている車種やグレード、装飾品のついたクルマを利用することしかできません。また、例え気に入ったクルマがあってもその時確実に空いていて使えるとも限りません。 カーリースならば車種に制限されることもなく、ご自身の好きなクルマに好きな時に乗ることが出来ます。 ほとんどの方のニーズを満たす豊富な車種が取り揃えられているので、新車を購入するときと同じように、クルマを選ぶ楽しみも感じられます。

もちろん、一部のディーラー系のカーリースでは特定のメーカーや車種しか選べなかったり、輸入車を専門に取り扱っているカーリースでは、国産車は選べなかったり…といったこともあります。 利用を検討しているカーリース会社がどんな傾向にあり、どういった取り揃えなのかは事前に調べておき、ご自身にあったリース会社を選びましょう。

希望ナンバーや特別仕様ナンバーも可能

カーシェアやレンタカーで借りるクルマには「わ」「れ」のナンバーが付いています。 これは一目でそのクルマがレンタルかどうかを判断するためにあります。 カーリースは「借りる」サービスでありながら、リース車両につけるナンバーは現金やローン購入と同じく通常ナンバーです。さらに希望ナンバーを選ぶことも可能です。 希望ナンバーとはナンバープレートに表示されている4桁の数字を自由に選ぶことが出来るというもの。7を三つ揃える方やご自身の誕生日の数字にされる方もいらっしゃいます。 ただし、ぞろ目等の人気のある数字は抽選が必要なこともあるそうです。

また、軽自動車には黄色ナンバー。普通車には白ナンバーというようにナンバーは車種によって色分けがされています。 2019年に行われたラグビーワールドカップでは、期間限定で特別仕様ナンバーが交付されていました。 最近であればオリンピックの特別仕様ナンバーが出ています。 こういった期間中に登場する特別仕様ナンバーもリース車に適用することが出来ます

納車まで全てネットで完結

納車まで全てネットで完結

新車を購入しようと思うと必ずディーラーに足を運ぶ必要があります。しかし、中には忙しくディーラーに行く時間を作るのが難しい方もいらっしゃるかと思います。ディーラーとのやり取りがお好きな方なら良いかもしれませんが、面倒に感じ購入を先延ばしにしてしまう方も少なくないでしょう。

しかし、ほとんどの個人向けカーリースでは、クルマ選びから審査の申し込み、そして納車に至るまで全てオンライン上で完結させることが出来ます。忙しく中々時間が作れない方でも、ご自宅でゆっくり自分の好みのクルマを検討することが出来ます。

ディーラーでクルマを見ると金額(見積)にたどりつくまでに時間がかかってしまうことがありますよね。カーリースなら金額のシュミレーションもオンライン上で出来るので、予算との相談もしやすいです。

納車の際もディーラーから自宅に直接届けてくれます。通常の現金やローンでの購入でしたら、ご自身でディーラーまで取りに行かなければならないので、これもカーリースならではのメリットだと言えるでしょう。

車を手放す際の諸手続きが不要

クルマが不要になったとき、手放すには、売却先を探したり売却の為に書類を手配したり廃車手続きをしたりと、様々な手続きが必要になります。 しかし、カーリースであれば、リース期間満了後はクルマを「返却」することが基本になっています。カーリース会社がクルマを引き取るだけですので、その為に契約者が何かしらの手続きを行うこともなく、リース会社に車両を引き渡せば返却が完了になります。 もちろん、現金やローンで購入した時のように廃車手続きをする必要もありません。

つまりリース期間満了後、クルマが不要になれば面倒な手続きはなく手放すことが出来るのです

また、別のクルマが必要になれば、そのまま新しいクルマでリースを始めることも出来ますし、残価を清算すれば以前まで乗っていたクルマに引き続き乗ることも出来ます。

カーリースであれば、面倒な手続きをなくしてくれるので、事務手続きが苦手な方でも、楽にお好きなクルマに乗ることが出来ます。

最終的に、車を自分のものにすることもできる場合も

最終的に、車を自分のものにすることもできる場合も

中には、リース期間中にクルマに愛着がわき、手放したくなくなる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな時にはクルマを「買い取る」ことが出来ます。リース契約時に設定していた残価(リース期間満了後に残っているとされている価値の金額)を支払うことで、リース車両を買い取ることが出来ます。 ただし、前述にもある通り、カーリースはリース会社に「返却」をすることが前提のサービスですので、中には買い取りを選択出来ないカーリース会社もあります。 契約の際にはそちらも加味してリース会社を選びましょう。

そして、最近ではリース期間満了後にはクルマをもらうことが出来るプランを用意しているカーリースが登場しています。 リース期間満了後は車両本体がもらえるので、そのまま乗り続けても良し、しばらく乗ってから売ってしまっても良しと、ご契約者様の自由です。 このもらえるプランも用意しているリース会社の数は多いわけではないので、契約満了後どんな選択肢が用意されているのかよく注意しましょう。

リース期間満了後にもらえるプランがあるカーリースこちら

節税対策が可能(法人、個人事業主)

法人、個人事業主の方が自動車など高額な買い物をした場合、利用期間に応じて費用として計上する減価償却が原則とされています。 新車を現金一括で購入した場合この減価償却を、法定耐用年数の6年かけて行うことになります。現金一括購入をすると、その年に全額経費計上することは出来ないのです。

カーリースならば、月々のリース料金を全額経費として計上できる上に、あくまでもクルマはリース会社の所有物なので固定資産の計上をする必要もありません。

事業を行っている方であれば現金は手元に残しておきたいと考え、ローンを組む方も少なくないと思いますが、ローンで購入した場合、借入金の元金は経費に計上出来ないため支払利息のみを経費として計上することになります。ですので、毎月のローン返済額は経費には計上できず負担になってしまうのです。

法人・個人事業主の方がクルマを所持したいと考えたときは、カーリースで契約を結ぶことが実は最も節税効果が高く、同時に経理の処理も簡単になります。

月々定額なので家計管理が楽

月々定額なので家計管理が楽

通常クルマを購入する際には頭金などの初期費用が必要になります。一般的に頭金は車両本体価格の20~30%が相場とされており、例えば300万の新車を購入しようと考えたときには60~90万円の頭金が必要ということです。 初期費用だけでも安くない金額ですが、クルマを安全に乗り続けようと思うと車検や日々のメンテナンスは必須となり、更に費用がかかっていきます。そういった費用のやりくりを考えるのは大変なことですよね。忙しい方であれば億劫に感じるかもしれません。

カーリースであれば、支払う料金は契約時に決められた月々の定額料金のみ。 頭金もかからず、車検や日々のメンテナンスも月々の定額料金の中に含むことが出来るので、面倒な費用のやりくりを考える必要はありません。 月々に必要な金額がすでに分かっているので、家計の管理が楽になります。

毎日を忙しく過ごされている方、また家計のやりくりを考えるのが苦手な方にとっては大きなメリットと言えるのでないでしょうか?

残価があるので毎月のランニングコストが安い

カーリースが月々の費用を抑えられる理由の一つに「残価設定」というものがあります。 「残価」というのは「残存価格」の略称で、リース期間満了時に残っているとされる車両本体の価格のことであり、「残価設定」とはリース契約時にこの残存価格をあらかじめ設定しておくということになります。 カーリースは基本的には「返却」するサービスなので、返却時に残っているとされる金額は払わなくて良いというシステムです。

月々のリース料はこの残価設定を車両本体価格から引くことで算出されるので、月々の定額料金をお手頃な価格で収め、負担を減らすことが出来るのです。 ローン購入の方法の一つにある「残価設定ローン」に近いものだと考えていただけると分かりやすいかもしれません。 「残価設定ローン」には税金、メンテナンスや車検の費用などが含まれていないので、一見安く感じますが、クルマを維持するためにかかる費用のことを考えると、カーリースの方がお得だと言えるかもしれません。

面倒なメンテナンスも楽々・安心

無事カーライフをスタートさせたとき、今度は日々のメンテナンスを不安に感じるかもしれません。安心、安全なカーライフを過ごしていただくには必ず行わなければいけないメンテナンス。

カーリースならば、年ごとに来る車検の費用を定額料金に含むことが出来、さらに車検の時期が近づいてきたお知らせもします。車検をうっかり忘れることなく行え、費用を負担に感じることもありません。 他にも、タイヤやエンジンオイル、ブレーキパッド等、クルマを利用している内に消耗してしまう品々も月々の定額料金の内に含むことが出来るので、リース会社にご連絡頂ければプラスの負担なく交換することが出来ます。

ご自身でのメンテナンスの必要がないので、知識がない方であっても安心してクルマに乗ることが出来ます。 通常クルマを購入した際にはクルマの維持費がその都度発生していきますが、カーリースであれば、リース期間中に支払うコストが一定なので簡単に把握することが出来ます。 メンテナンスの手間を省けることも考えると非常に魅力的なサービスだと言えるでしょう。

カーリースのデメリット

カーリースのデメリット

ここまで、カーリースにある様々なメリットについてご紹介してまいりました。沢山のメリットのあるカーリースにも、やはりデメリットが存在します。 ここではカーリースのデメリットについてご紹介していきましょう。

車のカスタマイズがしにくい

カーリースで利用しているクルマへのカスタマイズは原則できません。 これは、カーリースで利用しているクルマは「所有者」がリース会社だからです。 他人のものを勝手にカスタマイズは出来ないですよね。また、契約満了後の返却時、のリース車は原状回復を求められます。したがってカスタマイズは出来ないと考える方が無難でしょう。

ただし、ディーラーが「純正オプション」として保安基準に適合しているパーツであれば、基本的には取り付けることが可能です。保安基準に適合するホイールであれば社外ホイールに変更が可能な場合もあります。 契約するカーリース会社によって定める規定が変わってくるので、契約時には良く確認しましょう。

カーリース会社によって規定はそれぞれですが、一般的には返却時の「原状回復」が基本とされているので「車高を下げたい」「タイヤのインチを変えたい」などクルマは自己流でカスタマイズしたい。と考える方にはデメリットと言えるでしょう。

月間の走行距離に制限あり

月間の走行距離に制限あり

カーリースはリース契約満了後の予定残価を設定することで、月々の定額料金が手頃になります。この残価がリース契約満了の際に、あらかじめ設定していた金額よりも下回ってしまわないように、1か月で乗っていい走行距離が制限されています。

多くのリース会社の走行距離制限の平均は月1000~2000㎞程です。買い物や通勤など日常的な使用が目的であれば、十分な距離だと言えるでしょう。

指定された走行距離を超過してしまうと、超過した分だけの追加費用を請求されてしまいます。 走行距離制限は平均の走行距離の為、年に数回長距離運転をするくらいならば問題ありませんが、毎日の通勤が長距離の方や、頻繁に旅行に行かれる方には走行距離に制限があるのはデメリットになります。

リース会社の中には、プランによって走行距離制限を長距離で設定しているところや無制限にしているところもあるので、ご自身がクルマに乗る頻度や距離を確認してみることをおススメします。

走行距離を気にしたくない方はMOTAのカーリースの「もらえるプラン」がおススメです。

途中解約・契約内容変更はできない

カーリースは契約時に決定した内容をリース期間中に変更することはできません。また、途中で解約することも基本的には出来ません。 リース期間中にどうしても別のクルマに乗りたくなることもあるかと思います。しかし、リース期間の途中で解約を行う場合は、既定の損害金を支払うことになります。 また、事故で車両本体が全損してしまった場合、走行不可と判断されれば強制的にリース契約が解除となり、そちらも損害金が発生します。

そのため、事故に気を付けるのはもちろんのこと、ご自身のクルマの用途をきちんと考えたうえで、リース契約期間を選ぶことが大切です。

子供の送り迎えや普段の買い物、通勤などで利用するために長く使っていきたいとお考えの方には、長いリース年数が適していますが、ご自身の趣味でクルマを楽しみたい方には短いリース年数を選ぶことをおススメします。

他にも結婚や出産など家族が増えるタイミングには必要になる車種は変わってくるでしょう。ご自身のライフステージの変化に合わせたリース期間を選びましょう。

追加精算が発生する場合がある

追加精算が発生する場合がある

カーリースはあくまでも「借りる」契約。返却時には原状回復を行う必要があります。 そのため、クルマにカバーをつけていたり、ステッカーを貼っている場合には全てはずし、クルマを借りた時の状態まで戻さなくてはいけません。 その際の、車両の状態によっては追加の費用が発生してしまうことがあります。 これは原状回復費用と呼ばれており、契約者の自己負担となる費用です。 クルマに傷や凹みがあったり、子供が落書きをしていたりあまりにもシートが汚れていたりすると、その修理・修繕に対する費用が請求されます。 これは走行に際して問題がない場合でも、修理費用が利用者の負担になることがあります。

それぞれのカーリース会社によって、リース期間中についてしまった傷などについての対応は異なります。 リース車両返却時の基本としては、返却時には借りた時の状態まで戻す。車両の状態によっては追加で原状回復費用を支払わなければいけない、というルールになっています。

残価精算のリスクがある

カーリースは月々の利用料金を抑える仕組みとして残価設定を行っています。 「残価」とはリース契約満了時に残っているとされる車両本体の価格です。購入時の車両価格から残価を引いた金額でリース料金を算出することで月々の金額を抑えることが出来ます。

しかしこの残存価格、設定するときに注意をしないと設定した残価とリース期間満了後の実際の残価に大きく差が生じてしまい、その差額を支払わなければならなくなります

残価を高く設定すれば、月々のリース料金をよりお手頃な金額に設定することが出来ますが、あまりにも高く見積もりすぎるとリース期間満了後に高額請求をされてしまいます。

契約満了時に更に追加請求をされるとなんだか損をした気分になってしまいますよね。 追加請求で不安に感じた方は、MOTAのカーリースがおススメです。リース期間満了後に車両本体がもらえるプランなので、残存価格の設定もなく原状回復の必要もないので追加請求はありません。

総支払い額が高くなることがある

総支払い額が高くなることがある

カーリースは契約期間中に発生する税金やメンテナンスにも金利がかかっており、その金利は一般的な銀行ローンよりも高いことがほとんどです。 ですので、日々の手続きやメンテナンスを面倒に感じず、総支払額が少しでも安いほうが良いと考える方にはカーリースはおススメではないでしょう。 当然のことですが、総支払額が一番安いのは現金一括購入です

カーリースは月々の料金を定額で抑えたい方や、初期費用を抑えたい方、メンテナンスや各種手続きを面倒だと感じる方向けの仕組みです。 支払総額を優先されたい場合は、現金一括での購入がおススメです。

また、車両の状態によっては、リース期間満了後の「査定額」が契約時に設定していた「残価」を下回り、リース満了後の返却時に追加請求が発生することがあります。 リース期間中にクルマを大切に扱うことができなければ「カーリースの総支払額が高くなる」という可能性もあります。

それぞれのクルマの利用方法にはメリットがあればデメリットもあるもの。ご自身にあったクルマの利用方法を見つけましょう。

ローンと同じように審査がある

カーリースは「カーリース会社は契約者が選んだクルマを購入し、契約期間を設定して貸し出す。契約者は契約期間に準じたリース料金を支払い、クルマを借りる。」というサービスです。 契約が成立したときリース会社は「クルマを貸し出したにもかかわらず、契約者がリース料金を支払わない」という状況は避けなくてはいけません。 ですので、カーリースにはローンと同じように事前の審査があり、その審査の際にリース料金を支払ってもらえなくなるリスクの有無を判断しています。

その為、審査に関してはどのカーリース会社にも必ずあります。 ほとんどのリース会社がオンライン上で審査を実施しており、所要時間5分ほどで翌営業日には結果がでることが多くなっています。

審査の基準はそれぞれのリース会社によって異なりますが、おもに年収や資産、収入の安定性、債務履歴などを見られます。審査基準の厳しさは会社によってバラつきがあるので、万が一リースの審査に落ちてしまっても別のカーリース会社に変えれば利用できる可能性も0ではありません。

ローンと同じように連帯保証人が必要になることがある

カーリースの契約前には審査が行われますが、審査の結果「支払い能力に不安が残る」という判断をされた場合は連帯保証人が必要になります。 具体的には未成年であったり、パートやアルバイト等の非正規雇用の方は保証人が必要となります。 保証人はリース契約者が支払いを行えなくなってしまった場合に代わりに返済する義務を負います。その為、連帯保証人も一定の条件をクリアしている必要があります。 一般的に連帯保証人には親、兄弟、親戚を立てますが、連帯保証人は万が一の場合にはリース契約者に代わって返済を続ける義務があるので、成人であり、安定した収入や仕事のある方でなければ、例え血縁関係にあっても連帯保証人として認められないことがあります。

また、連帯保証人さえつければ必ず審査に通るというわけでもありません。 契約者本人の支払い能力が著しく低いと判断された場合は、審査に落ちてしまうこともあるでしょう。 連帯保証人をつけても審査に落ちてしまうことがある、ということは事前に理解しておきましょう。

よくある質問

契約が終了したのに追加請求が発生するのはなぜ?

カーリースは返却時、借りた時のクルマの状態に戻すのが原則とされているので、リース期間満了後、車両本体を返却する際にクルマに傷や凹みなどの損傷が見つかったり、車内が汚れていたりすると原状回復費として追加請求が発生します。 また、契約時にリース満了後の残価よりも高い金額で残価設定をしていると差額を請求されることがあります。

カーリースは返却時、借りた時のクルマの状態に戻すのが原則とされているので、リース期間満了後、車両本体を返却する際にクルマに傷や凹みなどの損傷が見つかったり、車内が汚れていたりすると原状回復費として追加請求が発生します。 追加請求を不安に感じた方は、契約時の月額料金から一切値段が上がらず、追加請求もないMOTAのカーリースをおススメします。

中途解約ができないって本当?

カーリースは原則中途解約はできません。 事故に遭い車両が全損し走行が不可能と判断された場合には、中途解約になる場合もありますが損害金の請求をされます。 短期間でのクルマの乗り換えを希望される方にはカーリースはおススメの方法とは言えません。 中途解約をしなくて良いように、契約時にはご自身のライフスタイルに合わせたリース期間を選びましょう。

契約満了時に車を返さなければならないの?

カーリースは契約満了時に車両を返却するのが基本のサービスです。 しかし、リース期間満了後もリース車両に乗り続けたい場合は「買取」や「再リース」など選択肢を選べるカーリース会社も多くなってきました。 契約前にリース期間満了後の選択肢がどんなものがあるのか調べておくことをおススメします。

MOTAのカーリースはリース契約満了後クルマがもらえるプラン!クルマの返却を希望されない方におススメです。

この記事をシェアする

この記事の編集者

この記事の執筆者

MOTAカーリース 事業開発室 松本 智美

MOTAカーリース事業部でのお問い合わせ窓口ユーザーサポート業務をメインにしながら記事の作成・編集も行う。過去の自動車販売店勤務でのお客様の声を直接多く聞いてきた経験からのユーザー視点もあり、一般ユーザーが求める運転技術や装備だけでなく、購入時・購入後のサービスや困りごとなど細かい要望も知っている。特に女性ならではの意見が強み。

記事監修

この記事の監修

MOTAカーリース 事業開発室 樺田 篤

MOTAカーリース事業部では、商品企画開発からユーザーサポートまで幅広く担当。昨今の自動車販売業界への知識が豊富なことと、売れ筋の車についての詳しい知識を持ち、車を買う人・車を売る人の両方の意見を持つ強力なブレイン。これまでの記事寄稿の経験を元にMOTAカーリースの編集長的立場でもある。

リース車をランキングから探す

軽自動車のカーリース人気ランキング

ダイハツ タントのカーリース
1位
ダイハツ タント
頭金0円
月々16,610円~
ホンダ N-BOXのカーリース
2位
ホンダ N-BOX
頭金0円
月々17,490円~
スズキ ジムニーのカーリース
3位
スズキ ジムニー
頭金0円
月々18,590円~
スズキ スペーシアのカーリース
4位
スズキ スペーシア
頭金0円
月々16,170円~
ダイハツ ムーヴキャンバスのカーリース
5位
ダイハツ ムーヴキャンバス
頭金0円
月々16,940円~

コンパクトカーのカーリース人気ランキング

トヨタ ライズのカーリース
1位
トヨタ ライズ
頭金0円
月々22,880円~
日産 ノートのカーリース
2位
日産 ノート
頭金0円
月々21,450円~
スズキ ソリオのカーリース
3位
スズキ ソリオ
頭金0円
月々22,660円~
トヨタ ヤリスのカーリース
4位
トヨタ ヤリス
頭金0円
月々19,690円~
トヨタ ルーミーのカーリース
5位
トヨタ ルーミー
頭金0円
月々23,100円~
即納!最短3週間で新車が納車!!
即納!最短3週間で新車が納車!!