【2024年】かわいい車のおすすめランキングTOP12|目的・予算別にピッタリな車を紹介します

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

当記事ではデザインにこだわったかわいい車、レトロな車を大特集。

価格やボディサイズ、それぞれの車種の特徴とともにデザインも紹介しているので、お好きな一台がきっと見つかります! 軽自動車だけでなくコンパクトカー、輸入車も紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. かわいい車紹介|かわいい車のトレンドはレトロ感! 丸目のヘッドライトを持つ軽自動車
  2. かわいい車紹介|国産コンパクトカー編
  3. かわいい車紹介|輸入コンパクトカー編

今回はかわいい車にターゲットを絞って、おすすめの車種を紹介します。

かわいい車というとつい“デザインこそが価値”と思ってしまいがちですが、近年はそんなことはなく、走りや装備、使い勝手においても優れた魅力を発揮するモデルが数多く販売されています。

■【画像】特選!デザインで選びたい“かわいい車”一覧

かわいい車紹介|かわいい車のトレンドはレトロ感! 丸目のヘッドライトを持つ軽自動車

ダイハツ ミラトコット|“エフォートレス”な癒し系デザイン

2018年にダイハツ ミライースの派生モデルとして誕生したダイハツ ミラトコットもスクエアボディに丸目ヘッドライトを持つ軽自動車です。

衝突防止・被害軽減ブレーキや車線逸脱警報機能を持った先進の運転支援装備“スマートアシストIII”が搭載されているのも嬉しい点です。

こちらはクルマを初めて購入する若い女性をメインターゲットとしており、可愛らしさを全面に押し出すのではなく、シンプルさや運転のしやすさなども特徴的です。

素のデザインも魅力的ですが、これに華を添えるのが3種類のパッケージオプション。ボディアンダーやサイドミラーにホワイトをあしらったスイートスタイル、フロントバンパーやボディサイドにシルバーメッキの加飾パーツを装着したエレガントスタイル、フロントバンパー中央やホイールをブラックにし、サイドに専用デカールを装着してスポーティに装ったクールスタイルの3つが異なる個性を主張し、年齢・性別問わず楽しめる一台になっています。

ダイハツ ミラトコット 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:4名

・新車価格:116.3万円~138.6万円

・中古車価格:39.8万円~165.5万円

ダイハツ ミラトコット 関連記事

ダイハツ/ミラトコット
ダイハツ ミラトコットカタログを見る
新車価格:
116.3万円138.6万円
中古価格:
45万円163.9万円

スズキ アルトラパン|コンパクト&かわいいに特化した大人気モデル

女性をターゲットに絞って開発されたスズキ アルトラパンは、初代から現行となる3代目まで、常に世の女性の人気を集め続けてきました。女性からの指名買いも多い人気モデルです。

ラパンとはフランス語で「うさぎ」の意味。エンブレムに始まり、メーター内部や内装の装飾など、車のあちこちにうさぎの形が隠されています。ただの移動手段としてだけでなく、ダッシュボードに飲み物を置いて、景色を見ながらゆっくり休憩という使い方もできそうですね。まるで自分の部屋のようです。

レトロな雰囲気とパステルカラーのやわらかさが合わさったアルトラパンのデザインは2002年の初期型発売から今に至るまで、常に愛され続けています。

現行型では丸目ヘッドライトを採用されており、ユーザー層に女性が多いことから、開発から女性が携わり作り込まれた若い女性向きのクルマと言えるでしょう。

ラパンの箱型デザインは継承しつつも丸みのあるデザインはシンプルながらも大人らしい可愛さが表現されています。

女性をメインターゲットにしているアルトラパンは、走る上でのスピード感や爽快感よりも「乗りやすさ」「運転しやすさ」を大切にしています。車体に対して広い窓は運転する際の視界が広く、小さい車体は、狭い道や駐車場でも気楽に運転ができます。

また先行車両を検知して必要に応じてブレーキをかける自動ブレーキや、ペダルの踏み間違えによる衝突を予防する誤発進抑制機能など、多くの先進安全装備を搭載しています。

スズキ アルトラパン 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:4名

・新車価格:125.2万円~164.7万円

・中古車価格:8万円~380万円

スズキ アルトラパン 関連記事

スズキ/アルトラパン
スズキ アルトラパンカタログを見る
新車価格:
132.9万円172.4万円
中古価格:
6万円215万円

ダイハツ ムーヴキャンバス|娘と母が共用するライフスタイルを提案

ダイハツ ムーヴキャンバスはダイハツ製の軽自動車。発売されたのは2016年からです。目指したのは「若い女性をターゲットにしながらも、家族で共用できる車」。

徹底して小型軽量化されているスズキ アルトラパンに比べ、ムーヴキャンバスは、室内の広さや後部座席の使い勝手にこだわっています。

ムーヴキャンバスの背の高さでスライドドアを採用しているというのはなかなか珍しいことです。スライドドアは狭い駐車場でも隣を気にせずドアを開けられる便利な装備。さらにパワースライドドアモデルを選べば、買い物袋をどっさり持っている時や小さなお子さんを抱えている時なども、リモコン操作だけで簡単にドアを開けることができます。

ムーヴキャンバスは室内も広く、後部座席に座っても狭さを感じません。また、その後部座席の下には引き出し状の収納ボックス“置きラクボックス”があり、倒したくない割れ物や直接フロアに置きたくない食料品などを、気にせず収納することができます。

シートアレンジも豊富で、広い室内を色々な方法で使い倒すことができて便利です。

ダイハツ ムーヴキャンバス 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:4名

・新車価格:146.3万円~192万円

・中古車価格:55.5万円~241.4万円

ダイハツ ムーヴキャンバス 関連記事

ダイハツ/ムーヴキャンバス
ダイハツ ムーヴキャンバスカタログを見る
新車価格:
146.3万円192万円
中古価格:
44.4万円295万円

スズキ スペーシア|軽さ、かわいいを兼ね備えたファミリー車

スズキ スペーシアはアルトやアルトラパンと同じスズキ製の軽自動車。今回紹介する3台の軽自動車の中では最も背の高い車です。その高さは小さなお子さんであれば立ったまま歩いて車内に入れるほど。おかげで大人が4人乗っても狭さを感じさせません。当然荷物もたっぷり積み込める、ファミリー向けのかわいい車です。

スペーシアにはマイルドハイブリッドというシステムが採用されています。これは走っている間に電気を貯めておき、発進や加速などパワーが必要な時にモーターがアシストしてくれるというシステム。パワーの確保と燃費の向上に役立っています。

たくさんの人数で乗る機会の多い車なので、モーターのアシストはありがたいですね。

スズキ スペーシア 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:4名

・新車価格:131.2万円~200.6万円

・中古車価格:14.9万円~264.5万円

スズキ スペーシア 関連記事

スズキ/スペーシア
スズキ スペーシアカタログを見る
新車価格:
153万円219.3万円
中古価格:
13.9万円275.3万円

かわいい車紹介|国産コンパクトカー編

日産 ノート|より洗練された上質なデザインに進化

日産のコンパクトカー、ノートは2020年、8年ぶりにフルモデルチェンジを果たしました。

「和」を取り入れた日産の新デザインコンセプトを採用し、上質なデザインに生まれ変わりましたが、歴代モデルから続いている丸みのあるフロント周りなど、外観の面影はいまだに残っています。

先代までと大きく変わった点としては、第2世代へと進化した「e-POWER」のみの搭載となったことでしょう。

新型ノートに採用されたe-POWERのモーターは、先代ノートに比べトルク10%、出力6%を向上し、よりパワフルな発進加速と、中高速からの追い越しでの力強い加速感を実現。インバーターは第1世代よりも40%小型化され、30%軽量化。燃費も向上させています。

また、ノートは安全性も高まっています。360°セーフティサポートを実現する先進安全技術を搭載し、全方向での安全性を向上させました。

また、「プロパイロット(ナビリンク機能付)」を初搭載。高速道路での同一車線走行時の運転操作をサポートするプロパイロットにナビゲーションシステムとの連携機能を加えることで、制限速度の変化に伴う設定速度の切り替えや、カーブの大きさに応じた減速をシステムが支援し、ドライバーの操作頻度軽減に貢献します。

日産 ノート 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:5名

・新車価格:224.9万円~292.8万円

・中古車価格:14.9万円~313万円

日産 ノート 関連記事

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
229.9万円269.1万円
中古価格:
14.9万円1,000万円

トヨタ アクア|使いやすさと燃費を両立した優等生

トヨタのコンパクトハイブリッドカー、アクアは2021年6月にフルモデルチェンジを実施しました。

外観は丸みを帯びながらも伸びやかなラインとなりました。上級グレード「Z」にはBi-Beam LEDヘッドランプ(マニュアルレベリング機能付き)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ(デイライト機能付き)が搭載され、ライトが可愛らしさを強調しています。

室内空間は前席と後席のあいだを20mm拡大、全高も30mm高めたことで、先代に比べてゆとりのある空間が生まれています。さらに地面からシート座面までを、先代に比べてすこし高くしたことにより、かがみ込むようなエントリーから、スッと乗り込めるように乗降性も向上。使いやすさも格段にアップしました。

もちろん、先代から高い評価を得ている燃費に関しても、カタログ燃費(WLTCモード燃費)で35.8km/Lを達成。

また、最新の運転支援機能「トヨタセーフティセンス」が全車標準装備となり、クルーズコントロールも全車速に対応しています。加えてインテリジェントクリアランスソナーやパノラミックビューモニター、ブラインドスポットモニターやリアクロストラフィックアラートなどもメーカーオプションで用意されます。

トヨタ アクア 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:5名

・新車価格:199.7万円~259.8万円

・中古車価格:29.8万円~312.8万円

トヨタ アクア 関連記事

トヨタ/アクア
トヨタ アクアカタログを見る
新車価格:
199.7万円259.8万円
中古価格:
29.8万円315.5万円

日産 マーチ|軽くてかわいいくて、お値段もリーズナブル

日産 マーチは日産が販売していたコンパクトカー。なんと初代モデルの登場以来、35年もの歴史をもっていたモデルです。長い歴史の中でもマーチの人気は途切れず、改良を重ねられてきました。

マーチの車重は950kg。ボックスタイプの軽自動車と同等の軽さです。もちろんエンジンは1198ccと軽自動車の2倍近い排気量なので、同じ軽さでも運転した時の加速感、高速域での余裕は全然違います。

また、マーチは小回りが利くこともポイントです。最小回転半径はなんと4.5mと、軽自動車と同じレベルの数値。狭い道や駐車場でも、切り返しの回数を最小限に抑えることができます。背の低いタイプのコンパクトカーでありながら窓を大きめにとっているマーチは、運転席からの見通しが良いこともポイントです。運転席からの視界が広いと、運転中のストレスも少なく済みます。

※写真はスポーティグレードのNISMO。ノーマルのマーチに比べ、精悍なエアロパーツが装着されている。

日産 マーチ 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:5名

・中古車価格:12万円~599.8万円

日産 マーチ 関連記事

日産/マーチ
日産 マーチカタログを見る
新車価格:
128.9万円187.7万円
中古価格:
12.7万円299.8万円

ホンダ フィット|まるで愛犬のような癒されるデザインとコンパクトカートップクラスの室内空間!

ホンダ フィットは2020年2月にフルモデルチェンジを実施しました。新型では5種類のグレード(シリーズ)を用意して、それぞれに直列4気筒1.3リッターのノーマルエンジン版と、e:HEVと呼ばれる1.5リッターの新型ハイブリッド版を用意しています。

新しいフィットは、BASIC(ベーシック)、HOME(ホーム)、CROSSTAR(クロスター)、LUXE(リュクス)、RSと、ライフスタイルに合わせた5つのタイプが設定されました。

装備の充実度と価格の割安感を上手にバランスさせたのはHOMEで、販売総数の46%を占めています。スタンダードな顔つきはまさに愛犬のような可愛らしさがあります。

価格が最も安いBASICに比べると、HOMEは1.3リッターガソリン車の場合、フルLEDヘッドライトやエアコンのフルオート機能などが加わり、シート生地はプライムスムース&ナチュラルテキスタイルに上級化するなど、利便性を追求したモデルと言えます。

CROSSTARは、トレンドを押さえたSUV風のグレードです。最低地上高に余裕を持たせたことでデコボコも乗り越えやすいのが特徴。悪路に限らず、駐車場と車道の間に大きめの段差がある時も、下まわりを擦る心配が少ないという点が扱いやすいです。

LUXEは本革シートなどを備えるグレードとなっています。専用装備として、運転席と助手席シートヒーター、ステアリングヒーター(2WDはオプション)も用意されました。本革巻きステアリングホイールはLUXEとHOMEのe:HEV車のみの装着となります。

また、先進安全支援機能“Honda SENSING”(ホンダセンシング)に含まれる衝突被害軽減ブレーキは、各タイプともにフル装着されました。機能も進化し、歩行者のほか自転車の検知も可能となっています。

ホンダ フィット 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:5名

・新車価格:162.5万円~271.8万円

・中古車価格:14.8万円~297.1万円

ホンダ フィット 関連記事

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
165.6万円274.9万円
中古価格:
11.1万円283万円

かわいい車紹介|輸入コンパクトカー編

フィアット フィアット500チンクエチェント|ルパン三世も愛したイタリア車

アニメ『ルパン三世』シリーズで、主人公のルパン三世の愛車として度々登場しているのが、フィアット500(チンクエチェント)。現在販売されているのは2008年に復活した3代目となるモデルで、多くのルパン三世作品に登場する2代目モデル(1957~1977年まで生産)の懐かしいデザインを忠実に再現しつつ、ボディサイズを拡大、走りや装備を現代風にアップデートしています。

輸入車というと、独特の操作方法で運転が難しいイメージがありますが、その心配はありません。搭載しているトランスミッション“デュアロジック”は、アクセル加減のコツさえ掴んでしまえば通常のATとほぼ同じように使えるほか、ハンドル位置も右側(※)なので、運転に特別な操作は必要ありません。ボディサイズがコンパクトなので、日本の狭い道でも安心して乗り回すことができます。

唯一気をつけたいのが、3ドアしかラインナップされていない点です。が、室内は広いので、一度乗ってしまえば後部座席でも快適に過ごすことができます。

ちなみにこの500(チンクエチェント)のほかに、オープンルーフを持った500cもラインナップされ、好みに応じて選ぶことができます。

※ごく稀に限定モデルで左ハンドル仕様車が登場します。

チンクエチェントは、異なる数種類のエンジンが用意されています。中でもユニークなのが、875ccの2気筒ターボエンジン“ツインエア”。小排気量で燃費が良いのはもちろんのこと、トコトコとした小気味良い振動と独特の排気音が、走りを楽しく感じさせること請け合いです。

フィアット 500チンクエチェント 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:4名

・新車価格:254万円~344万円

・中古車価格:13万円~438万円

フィアット 500チンクエチェント 関連記事

フィアット/500(チンクエチェント)
フィアット 500(チンクエチェント)カタログを見る
新車価格:
254万円344万円
中古価格:
24.8万円438万円

ミニ ミニ|アイコニックなデザインと軽快な走り、そして多彩なバリエーション

かつて英国で販売されたローバー ミニ。そのアイコニックなデザインと軽快な走りを忠実に再現しつつ、現在はBMWにより製造・販売されているミニ ミニ。日本でも人気の輸入車なので、見かけたことのある方も多いでしょう。

ミニの一番が、通称“ゴーカートフィーリング”と呼ばれる軽快なハンドリング。これは走りにこだわりのあるBMWのエンジニアが、新生ミニ・ブランドを発足させるにあたって最もこだわったポイント。文字通りゴーカートの走りを想起させるクイックなハンドリングで、いつもの道から郊外のワインディングロードまで気持ちよく走り抜けることができます。

もう一つの特徴が、多彩なバリエーション。ここで紹介するのはミニ・ブランドのミニという車種ですが、この車種には3ドアと5ドアの両方がラインナップされており、乗車人数や好みに応じて選ぶことができます。

さらにボディを伸ばして室内と荷室を広くしたクラブマン、車高を上げてSUV風に仕立てたクロスオーバー、オープンループを持ったコンバーチブルと、多彩なラインナップが展開されています。

車種によりガソリンエンジンとクリーンディーゼルエンジンが用意されているので、こちらも好みに応じて選べます。またアフターパーツが驚くほど充実しているのもミニの魅力で、自分だけのオリジナリティあふれる一台を作ることができます。

ミニ ミニ 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:4名(5ドア車は5名)

・新車価格:315万円~516万円

・中古車価格:14.9万円~819.7万円

ミニ ミニ 関連記事

ミニ/ミニ
ミニ ミニカタログを見る
新車価格:
315万円516万円
中古価格:
20万円818.5万円

フォルクスワーゲン ポロ|コンパクトでありながら力強い走りが魅力の一台

コンパクトなボディサイズが人気のフォルスクワーゲン ポロは2018年に8年ぶりとなるモデルチェンジを果たしました。

ボディサイズは全長が4085mmと先代より10~25mm伸び、全幅1750mmと現行型から3ナンバーサイズとなっています。新たなデザインのフロントバンパーとリアバンパーが採用され、力強くスポーティな印象になりました。

また乗り降りしやすく、余裕のラゲージスペースで、日々のショッピングからロングドライブまで使い勝手の良いゆとりあるプレミアムコンパクトと言えるモデルとなっています。

そんなポロの最大の特徴は1.0リッターの3気筒TSIエンジン×7速DSG(一般的なDCT/デュアルクラッチトランスミッション)の組み合わせとなったことです。これまでの1.2リッター直4のTSIエンジンからさらにダウンサイジングされましたが、走りの質感は決して先代には劣りません。

もちろん、予防安全システムや運転支援システムなども国産車と遜色ないレベルで備わっています。

ザ・ビートルなき今、フォルクスワーゲンを代表するかわいい車ではありますが、尖ったスポーティさを手に入れたいなら、ポロ GTIもおすすめの一台です。

フォルクスワーゲン ポロ 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:5名

・新車価格:273.9万円~435.7万円

・中古車価格:16.8万円~397.9万円

フォルクスワーゲン ポロ 関連記事

フォルクスワーゲン/ポロ
フォルクスワーゲン ポロカタログを見る
新車価格:
273.9万円435.7万円
中古価格:
15.8万円405.3万円

ルノー トゥインゴ|RRで小回りバツグン! 運転しやすいかわいい車

ルノー トゥインゴは2014年に3代目となり、その後も改良を重ねながら愛されているコンパクトカーです。

2019年のマイナーチェンジでは、パリの入り組んだ路地を走るのにぴったりなRR(リアエンジン/リア駆動)レイアウトはそのままに、フランスらしいライフスタイルに調和する新しいデザインとなりました。

ぱっと見は2ドアのように見えますが、リアのドアハンドルがサッシュに隠された5ドアモデルとなっています。ラゲッジスペースも必要充分な広さを確保し、シートのアレンジ次第でスペースを広げられるため、買い物やレジャーなどでの使用を考えても見た目以上の安心感があります。

0.9L直3ターボエンジン(92馬力/135Nm)と6段DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を搭載しています。馬力だけを見ると非力に思えるかもしれませんが、低速トルクがあって車重も軽いため、1.5Lエンジン並みのパフォーマンスを発揮。パワー不足を感じることはありません。

最大の特徴は先にも述べた通り、RRであることでしょう。そのためハンドルが鋭く切れ、軽自動車と同等程度の小回りが効くので、ちょっとしたワインディングも爽快感のある走りが楽しめるほか、女性も安心して運転できるはずです。

2022年8月現在は一時的に注文できない状況となっていますので、気になる方は公式サイトやディーラーなどで確認してみてください。

ルノー トゥインゴ 車種情報

※中古車価格はMOTA(モータ)自動車カタログサービスの2023年10月の集計データに基づいています。

・乗車定員:4名

・新車価格:250万円~274万円

・中古車価格:32.6万円~258.9万円

ルノー トゥインゴ 関連記事

ルノー/トゥインゴ
ルノー トゥインゴカタログを見る
新車価格:
250万円289万円
中古価格:
20万円269万円

好みや用途、予算に合わせてかわいい車を手に入れよう

いかがでしょうか。今回は軽自動車、国産コンパクトカー、輸入コンパクトカーをご紹介しました。いずれも個性あふれる車ばかりです。好み、用途、予算などに合わせてぜひお気に入りの一台を見つけてみてください。

記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部が株式会社MOTAに還元されることがあります。

商品価格に変動がある場合、または登録ミスなどの理由により情報が異なる場合があります。最新の価格や商品詳細などについては、各ECサイトや販売店、メーカーサイトなどでご確認ください。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ダイハツ ミラトコットの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ ミラトコットのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ ミラトコットの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ ミラトコットの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ ミラトコットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる