新型ノート買うならXグレード以外見ちゃダメ! そのワケとは!?(1/3)

画像ギャラリーはこちら
2020年はヤリスやフィット、しかも年の瀬に日産から新型ノートが登場とくれば、今年は国産コンパクトの当たり年であった。しかも後発なだけに新型ノートは先進安全装備にしても、電動化にしてもライバルよりかなりリードしているという。一体新型ノートはどれほど進化したのか? さらに買いグレードも教えます!

>>【新旧比較】一体どれくらい変わった!? 新旧ノートを画像で比較

目次[開く][閉じる]
  1. 新型ノートはe-POWERのみで勝負だ
  2. 全長は縮小も、犠牲はなし! ほど良いサイズに
  3. 室内はキックスより上? 見た目だけでも買いの一台
  4. 心臓部の進化で高効率化!ワンペダルも超自然に
  5. コーナー手前の減速も! プロパイロットもナビ連携で超絶進化
  6. EVっぽさマシマシ! 気になるエンジン音はほぼなし
  7. 買いはXグレード一択! それ以外見ちゃダメ!

新型ノートはe-POWERのみで勝負だ

2012年にデビューした日産 新型ノートは、2016年のマイナーチェンジを機にシリーズ式ハイブリッドのe-POWERモデルを追加。すると人気は一気に爆発。2017〜19年において国産コンパクトカー販売台数NO.1の座につくなど、日産のドル箱的存在になっていた。

そんなノートが8年ぶりにフルモデルチェンジ。なんと、純ガソリン車を廃止し、自慢の電動車=e-POWERのみの展開という勝負に出たのである。そんな新型ノートに、日産のグランドライブというショートテストコースで短時間ながら、初試乗することができた。

全長は縮小も、犠牲はなし! ほど良いサイズに

新型ノートでまず注目したいのは、ボディサイズ。先代の全長4100×全幅1695×全高1525mm、ホイールベース2600mmに対して、新型は全長4045×全幅1695×全高1505mm、ホイールベース2580mmと、全長で55mm、ホイールベースで20mm短くなっている。

実は、新型ノートはルノー・ルーテシアとプラットフォームを共用するのだが、ひと回り小型化されたのは、ルノーとの大人の事情……ではない。

開発陣によれば、先代ノートは全長が長すぎて見え、運転がしにくそうな印象をユーザーに与えていた反省があり、今回、思い切ってリヤオーバーハングを中心に、あえてコンパクト化したのだという。

もちろん、それでも居住性、荷室の容量、使い勝手には十分に配慮した、ということである。

結果、メイングレードであるXの16インチタイヤ装着車でクラス最良となる最小回転半径4・9mを実現。いい意味でのダウンサイジングと言えそうだ。

室内はキックスより上? 見た目だけでも買いの一台

2021年にも投入される予定のクロスオーバーピュアEVのアリアにも通じる、新型ノートのエクステリアデザインもヒットの予感、むんむんである。

スタイリッシュさ、質感の高さ、そこはかとなく流行りのクロスオーバー感ある下半身、そして見せかけだけではないフロントバンパー左右の空力スリット、Xグレード用の標準16インチエアロフルホイールカバー(スチールホイールである)のカッコ良さなど、パッと見の商品力の高さは文句なし。

後席は狭くなった! だが必要十分なスペース

インテリアにしても、こう言ってはなんだが、キックスとは別物のデザイン性、質感の高さがあり、収納面でも一切手抜きなし。新しさと使い勝手の良さを見事に両立している印象だ。

>>大人気キックスより高級!? 運転席を画像で比較

ちなみに全長、ホイールベースの短縮の影響をほぼ唯一受けているのは後席部分で、そのニースペースは、身長172cmの筆者のドライビングポジション(シートリフターは最下端)背後に座って、ニースペースは先代が広々すぎる約270mmだったものが、新型は約200mmに減少(頭上方向はほぼ変わらない120mm)。室内長で見れば-35mmのはずなのに、いったいどうして!? だが、その理由は前席のシート位置にある。

先代に対して上下方向のリフター量が増え(30mmから70mmに)、筆者が好む最下端位置がより低くなり、後席に座った筆者の膝頭から水平に伸ばしたニースペースを計測した場合、後傾したシートバックのより高い位置で計ることになってしまうからだと推測できる。

新型ノートの名誉のために言っておくと、ニースペース約200mmは、コンパクトカーとして十分に余裕ある数値と言っていい(アクア160mm、マツダ2 105mm、ヤリスクロス115mm、キックス155mm)。

また、新型の後席は1段階のリクライニング機構を新設定。先代同様、足が引けないのは降車性で不利だが、大人4人が無理なくドライブを楽しめる室内空間であることは間違いない。

全長、ホイールベース短縮の影響をほぼ受けていないラゲッジスペースは奥行約660mm、幅1025mmと、先代の奥行約670mm、幅955mmに対して、幅方向を拡大。コンパクト化されてもラゲッジの使い勝手(容量)はむしろ向上しているのである。

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
203万円228.6万円
中古価格:
12.8万円1,974万円
1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 ノートの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 ノートのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 ノートの中古車検索 日産の記事一覧 日産 ノートの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 ノートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる