トヨタ 新型アクアと日産 新型ノートの内装を比較! コンパクトハイブリッドカーの室内は断トツでノートが広かった

画像ギャラリーはこちら
コンパクトカーもいよいよハイブリッドカーが主流の時代に突入してきた。日産が2020年12月発売の新型「ノート」をハイブリッド専用モデルに進化。この動きに対抗するかのように、トヨタも元祖コンパクト系ハイブリッド専用車「アクア」を2021年7月19日にフルモデルチェンジさせた。好敵手と言える2台のコンパクトハイブリッドカーの内装について比較してみよう。

>>内装比較! トヨタ 新型アクア vs 日産 新型ノート、最新コンパクトハイブリッドカーを写真で見比べる[画像ギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 2020年から2021年にかけて相次いで登場した新型コンパクトハイブリッドカー2台の内装を比較
  2. シンプルな中にも上質さを表現した新型アクアの内装
  3. 新型ノートの内装はプレミアムモデル譲りの先進デザインが自慢

2020年から2021年にかけて相次いで登場した新型コンパクトハイブリッドカー2台の内装を比較

コンパクトハイブリッドカーの競争が激化している。日産は2020年12月23日に主力コンパクトカー「ノート」をフルモデルチェンジした際、従来型では設定があったガソリン車を廃止し、ハイブリッド専用車とする大胆な策に出た。

そして2021年7月19日、トヨタはコンパクトハイブリッドカーのロングセラーモデル「アクア」をフルモデルチェンジ。プラットフォームからバッテリーに至るまですべてを刷新し、再び戦いに挑んだ。果たしてこの2台はどのような違いがあるのだろうか。今回は内装に焦点を絞って比較してみよう。

シンプルな中にも上質さを表現した新型アクアの内装

初代トヨタ アクアは、プリウスに次ぐハイブリッド専用車として2011年末にデビュー。登場早々に販売首位を獲得するなど、目覚ましい発展を遂げたロングセラーモデルだ。今回登場した2代目は、外観こそ初代のデザインイメージを継承するが、メカニズムなど全てを一新した。

内装も同様に、初代アクアとはイメージを変えるとともに、質感も大幅に向上させた印象だ。同じコンパクトカージャンルにベーシックなヤリスが存在し、そちらにもハイブリッドモデルがあることから、新型アクアは立ち位置を少し上級なポジションに移行させたのだ。

センターメーターだった初代とは違い、新型アクアはステアリングホイール前にシンプルな液晶メーターを備える。またシフトレバーも、プリウス譲りのインパネシフト化され、先進的なイメージを強めた。

空気抵抗を低減させる流麗な外観デザインの影響で後席の頭上空間はミニマムだ

新型アクアの全高は1485mmで、コンパクトカークラスの中では低めの部類。室内高も1190mmに留まる(トヨタ社内測定値)。さらに高速走行時の燃費性能に影響を及ぼす空気抵抗を減らすため、後ろに向かって低くなっていく外観デザインを採用した影響もあって、後席の広さは必要最低限といった印象。

ただし同じトヨタのコンパクトカー「ヤリス」や先代アクアに比べるとホイールベースは50mm長く、後席の足元空間は拡大している。

新型ノートの内装はプレミアムモデル譲りの先進デザインが自慢

対する日産の新型ノートも、特徴ある内装が大きなセールスポイントのひとつになっている。液晶メーターとセンターの大型モニター画面は、連続する大きな1枚パネルのように見せるデザイン。

シフト周辺のパネルは高めで、手前のアームレストに肘を置くとスッと届く位置関係にある。またシフトの下は大きな収納スペースになっているなど見どころは多い。

これらは新型クロスオーバーEV(電気自動車)「アリア」と共通するデザインとなっており、新型ノートのプレミアム性や先進イメージをアピールする。

ただし、同じノートシリーズには上級版「ノート オーラ」が存在することもあってか、内装の質感自体はやや物足りない点もある。

後席空間の余裕度はコンパクトカークラス随一

そしてトヨタ 新型アクアに比べると新型ノートの後席足元は広く取られている。また外観を見比べても想像出来る通り、実際に乗り比べてみても、後席の頭上空間は遥かにノートのほうが余裕がある。新型ノートの全高は1520mmでアクアより35mm高く、室内高も1240mm(日産社内測定値)と、新型アクアに比べ数値上でもかなりの差が生まれている。

後席を多用するユーザーなら、迷わず新型ノートが選択肢の最有力候補になるはずだ。新型アクアと新型ノートの購入を検討するなど、必ず実車の前後席に座ってみて、車内の質感や広さなどをしっかり比較してみて欲しい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:TOYOTA・NISSAN]

トヨタ/アクア
トヨタ アクアカタログを見る
新車価格:
198万円259.8万円
中古価格:
29.9万円305.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる