【2024年】新型アルファードの納期や買い得グレードを解説! 価格・サイズ・使い勝手は?

画像ギャラリーはこちら

トヨタを代表する高級ミニバン、アルファードが2023年6月にフルモデルチェンジ。存在感をさらに高め、快適装備も充実しています。

当記事では、新型アルファードの購入前に知っておきたい情報をカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎さんが解説します。

新型アルファードの納期や価格、サイズ、内装、パワーユニット、燃費、乗り心地、ヴェルファイアとの違いなどを網羅。さらに、買い得グレードやおすすめオプション、試乗のチェックポイントなどをご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 新型アルファードとは? 特徴やグレード構成
  2. 新型アルファードのボディサイズ
  3. 新型アルファードの外観デザイン
  4. 新型アルファードの内装、居住性、荷室
  5. 新型アルファードのパワーユニット
  6. 新型アルファードの価格、グレード別の価格
  7. 新型アルファードの燃費性能
  8. 新型アルファードの買い得グレード
  9. 新型アルファードにおすすめのオプションパーツ
  10. 新型アルファードの運転のしやすさ、走行性能
  11. 新型アルファードの乗り心地と静粛性
  12. 新型アルファードの安全装備
  13. 新型アルファードの納期、モデルチェンジ予定
  14. 新型アルファードのライバル車
  15. 新型ヴェルファイアとの違い
  16. 新型アルファードの推奨ユーザーや試乗する際のチェックポイント

新型アルファードとは? 特徴やグレード構成

トヨタ 新型アルファードは、多人数で乗車できるミニバンの上級車種です。大柄な3ナンバーサイズのボディは天井も高く、外観も立派です。車内も広く、多人数で快適に移動できます。

なお基本部分を共通化した姉妹車の新型ヴェルファイアもラインナップされています。新型アルファードに比べると、内外装や走りが少しスポーティで、新型アルファードとは異なるユーザーをターゲットにしています。

新型アルファードのグレード構成

新型アルファードのグレードは「Z」「エグゼクティブラウンジ」の2つで構成されています。主な違いは内装です。

Zは、高品質な合成皮革シートと基本的な快適機能を持ち、シックなブラック内装を備えています。

最上級のエグゼクティブラウンジは、さらに高級感のあるプレミアムナッパ本革シートと充実した快適機能、ブラック/ニュートラルベージュから選べる内装色、そしてプレミアムなサウンドシステムが備わり、より上質な内装となっています。

特徴エグゼクティブラウンジZ
シート

エグゼクティブラウンジシート

エグゼクティブパワーシート

シート表皮

プレミアムナッパ本革

合成皮革

シート機能

快適温熱シート(オットマン&アームレストヒーター付)+ベンチレーションシート

快適温熱シート+ベンチレーションシート

内装色

ブラック/ニュートラルベージュ

ブラック

オーディオ

JBLプレミアムサウンドシステム(15スピーカー/12chオーディオアンプ)

10スピーカー

その他

後席用パワーサイドサンシェードや左右独立ムーンルーフ

左記がオプション装着可能

新型アルファードの良いところ、気になるところ

新型アルファードの良いところ

・フロントマスクの存在感が強く、遠方からでもアルファードと分かるほど個性的です。

・インパネからシートまで豪華に仕上げられ、乗り心地も快適。高級感を味わえます。

・3列目シートを格納すると大容量の荷室になり、4名で乗車した場合は多量の荷物が積めます。

× 新型アルファードの気になるところ

・視線の位置が高い大柄なボディは、左側面の死角が大きく、街中の運転に気を使います。

・乗員の見下ろし感覚を重視して床が高いため、サイドステップを使って乗り降りする必要があります。

・価格が最も安いガソリンエンジンを搭載したZでも、540万円に達します。

新型アルファードのボディサイズ

新型アルファードのボディサイズは、全長4995mm、全幅1850mm、全高1935mmです。全長4900mm以上あるLサイズミニバンに分類され、数あるミニバンの中でも、特に大柄な部類に入ります。

全長4700~4800mm程度のMサイズミニバンのトヨタ ノアとボディサイズを比べてみましょう。

車種全長全幅全高

新型アルファード

4995mm

1850mm

1935mm

ノア

4695mm

1730mm

1895~1925mm

ノアのボディサイズは全長4695mm、全幅1730mmのため、新型アルファードのほうが全長は300mm、全幅は120mmも大きいことになります。

車種ホイールベース室内長×室内幅×室内高

新型アルファード

3000mm

3005×1660×1360mm

ノア

2850mm

2805×1470×1405mm

さらに新型アルファードのほうがホイールベースも150mmも長いため、室内長がノアよりも200mm長いなど、室内空間にその分の余裕があります。

このように圧倒的に大きいボディサイズは、室内空間にも大きな恩恵をもたらします。一方で狭路や駐車時には影響が出てくるため、運転時には注意が必要です。

新型アルファードの外観デザイン

大型でインパクトのあるフロントグリルは新型アルファードの象徴であり、クロームやブラックの仕上げが施されて高級感を強調しています。上下の厚みもタップリあり、高い天井と相まって、外観の存在感が強いです。

新型アルファードにはフルLEDヘッドライトとテールライトが採用されており、夜間の視認性を向上させるとともに、デザイン的にも先進的な印象を与えます。

ダイナミックなボディラインも特徴です。空力性能を高めるとともにスタイリッシュな外観を実現しています。

新型アルファードの内装、居住性、荷室

続いて新型アルファードの内装について、「インパネ周辺の視認性と操作性」「居住性とシートの座り心地」「荷室の広さと使い勝手」の3つ観点から紹介していきます。

インパネ周辺の視認性と操作性

新型アルファードの内装は上質に造り込まれています。自発光式メーター、インパネの中央に装着された14インチのディスプレイなど視認性も優れています。

運転席側からすると、エアコン操作用の左端のスイッチは位置が少し遠いですが、それでも操作性は良好です。

居住性とシートの座り心地

新型アルファードの1列目シートは頭上に十分な空間があり、ボリューム感があって座り心地は快適です。

新型アルファードの2列目シートは特等席で、両側に固定式アームレストを備えた豪華なシートが採用されています。

Zには電動オットマンやベンチレーション機能を備えたエグゼクティブパワーシートが装着されます。

さらに最上級グレードのエグゼクティブラウンジの2列目には、文字通りの快適な機能が充実したキャプテンシートの「エグゼクティブラウンジシート」が備わります。

このシートには、マッサージ機能や回転格納式テーブル、オーディオなどを操作できるリアマルチオペレーションパネルなどが採用されています。

新型アルファードの3列目シートはコンパクトに格納できる分、1/2列目に比べて座り心地は悪いですが、頭上と足元の空間は広いです。

身長170cmの大人6名が乗車した時、2列目の膝先空間を握りコブシ3つ分に調節しても、3列目の膝先には握りコブシ3つ半の余裕ができます。

荷室の広さと使い勝手

新型アルファードは、3列目のシートを左右に跳ね上げると、大容量の荷室に変更できます。

Lサイズミニバンとあって、荷室幅がワイドで荷室高にも余裕があるため、3列目を格納すると4名で乗車した上で自転車など大きな荷物も積載も可能です。

以下の記事は、新型アルファードの内装についての紹介記事です。主な特徴や注目装備・機能、インパネ、シート、荷室、新型ヴェルファイアとの違いなどを写真を用いて詳しくご紹介しています。

新型アルファードのパワーユニット

パワーユニット最高出力(PS)最大トルク(N・m)
ハイブリッド

合計250程度
(190+モーター)

236+モーター

ガソリン

182

235

新型アルファードのパワーユニットは、直列4気筒2.5Lのガソリンエンジンと、2.5Lガソリンエンジンをベースにしたハイブリッドシステムの2種類から選択できます。どちらもレギュラーガソリン仕様です。

ガソリンエンジンの最高出力は182PS、最大トルクは235N・mです。ハイブリッドシステムはパワフルで、エンジンとモーターの相乗効果に基づくシステム最高出力が約250PSに達します。

さらにハイブリッドではモーター駆動も併用されます。フロントモーターの270N・m、リアモーター(E-Fourのみ)の121N・mのトルクも加わり、力強い加速が得られます。力強くて加速も滑らか、そしてノイズも小さくて静かなのがハイブリッドの魅力です。

新型アルファードの価格、グレード別の価格

新型アルファードの税込価格は540万円~872万円です(価格は2024年7月時点のもの)。

ここからは新型アルファードのグレード構成やグレード別の価格を紹介します。

新型アルファードのグレード構成

新型アルファードのグレードは2種類あり、「Z」と最上級の「エグゼクティブラウンジ」があります。

Zのパワーユニットは2.5Lガソリンと、2.5Lハイブリッドから選択可能。エグゼクティブラウンジは、2.5Lハイブリッドのみです。

駆動方式はガソリン仕様が2WD(FF)と4WDの2種類、ハイブリッドも2WD(FF)と4WDの2種類。ハイブリッド仕様の4WDは後輪をモーターで駆動するE-Fourです。

新型アルファードのグレード別の価格

新型アルファードのグレード別の税込価格は以下のとおりです。Zが540万円~642万円。エグゼクティブラウンジが850万円~872万円です。

グレードパワーユニット駆動価格(税込)

Z

2.5Lガソリン

2WD

540万円

4WD

559万8000円

2.5Lハイブリッド

2WD

620万円

E-Four

642万円

エグゼクティブラウンジ

2.5Lハイブリッド

2WD

850万円

E-Four

872万円

新型アルファードのリセールバリュー

新型アルファードは人気車で、需要も高く、納車まで時間がかかる車です。そして高価格のため中古車を希望するユーザーも多いです。そのために数年後には高値で売却できるでしょう。

新型アルファードの燃費性能

新型アルファードの燃費はガソリンエンジンが10.3km/L~10.6km/L、ハイブリッドが16.5km/L~17.7km/Lです。

グレードWLTCモード

Z(ガソリン・2WD)

10.6km/L

Z(ガソリン・4WD)

10.3km/L

Z(ハイブリッド・2WD)

17.7km/L

Z(ハイブリッド・E-Four)

16.7km/L

エグゼクティブラウンジ(ハイブリッド・2WD)

17.5km/L

エグゼクティブラウンジ(ハイブリッド・E-Four)

16.5km/L

Zで比較すると、ハイブリッドのWLTCモード燃費が17.7km/Lに対してガソリンエンジンは10.6km/Lですから、ハイブリッドは燃料代を40%以上節約できます。

新型アルファードの買い得グレード

新型アルファードの買い得グレードは「ハイブリッドZ」です。

買い得グレード

ハイブリッドZ(620万円)

実用的にはノーマルのガソリンエンジンでも十分ですが、新型アルファードはLサイズミニバンで重量もあります。そして高級車らしい静かさも求めたくなるでしょう。

そのため動力性能に余裕があり、エンジンノイズも小さく抑えられるハイブリッドが最適です。

価格はガソリンZに比べて80万円高いですが、ハイブリッドZは購入時に納める税額がガソリンZに比べ約19万円安く、実質価格差は約61万円に縮まります。

約61万円の差額は9.4万km走行で回収できる

車両価格差

61万円

ガソリン WLTCモード燃費

10.6km/L

ハイブリッド WLTCモード燃費

17.7km/L

ガソリン価格

170円/L

ノーマルエンジンの1万kmのガソリン消費量

943L

ハイブリッドの1万kmのガソリン消費量

564L

(943L-564L)×170円/L

6万4430円

61万円÷6万4430円/1万km

9.4万km

上記の条件とした場合は、ハイブリッドで9.4万kmを走行することで、ガソリンエンジンとの61万円の差額を回収できます。

新型アルファードにおすすめのオプションパーツ

新型アルファードにおすすめのオプションパーツを紹介します。

まず新型アルファードは床が高いので、スライドドア左右に装着して乗降性を高める「ユニバーサルステップ」のオプション装着を検討しましょう。

さらに、運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影してくれる「カラーヘッドアップディスプレイ」、高度運転支援や渋滞時にステアリングホイールから手を離しても運転支援を受けられる機能などを含んだ「トヨタ チームメイト」も買い得なオプションです。

おすすめのオプション価格(税込)

ユニバーサルステップ

6万6000円

カラーヘッドアップディスプレイ

5万5000円

トヨタ チームメイト

13万9700円/9万5700円(※)

(※)ハイブリッドZ用のリモート機能付きは13万9700円、ガソリンZ用のリモート機能なしは9万5700円

新型アルファードの運転のしやすさ、走行性能

運転のしやすさ

新型アルファードはボディが大柄で視線の位置も高いため、左側面の死角が大きいです。最小回転半径も5.9mに達して大回りとなります。そのため大きな車に慣れていない人にとって運転はしづらいでしょう。

走行性能

ハイブリッドであれば、動力性能に余裕があって加速も滑らかです。パワフルではありませんが、新型アルファードのような大柄なクルマでも、高速道路や峠道の登坂路でもパワー不足は感じません。

新型アルファードは高重心のボディなので、走行安定性はさほど高くはありませんが、高速道路で不安を感じる心配はありません。ミニバンでは安定性が優れた部類に入ります。

新型アルファードの乗り心地と静粛性

新型アルファードの乗り心地はミニバンの中でも快適です。足まわりが柔軟に動き、17/18インチタイヤも乗り心地を重視したタイプなので、快適に感じるでしょう。

新型アルファードの安全装備

新型アルファードでは多数のアクティブセーフティ(予防安全)が備わっており、安全装備も充実しています。

たとえば、衝突被害軽減ブレーキと運転支援機能に加えて、後方の並走車両を検知して知らせる「ブラインドスポットモニター」、ハイビームを作動させながら対向車の眩惑を抑える「アダプティブハイビームシステム」など、先進的な安全装備が標準装着されています。

新型アルファードの納期、モデルチェンジ予定

納期

新型アルファードの納期は、2024年7月上旬時点で、納期遅延のために受注を停止している販売会社が多いです。

定額制カーリースのKINTOでも、2024年7月上旬時点では新型アルファードを扱っていません。

モデルチェンジ予定

新型アルファードは2023年6月に発売されたばかりのため、当分の間はモデルチェンジは実施されないでしょう。

新型アルファードのライバル車

新型アルファードのライバルの立ち位置となるのは、日産 エルグランドとホンダ オデッセイです。

日産 エルグランドは発売から14年が経過しており、安全装備を含めて設計が古いです。パワーユニットにはハイブリッドが用意されていません。

ホンダ オデッセイは床と天井を低めに抑えて、新型アルファードのような見晴らしの良さが得られない代わりに、走行安定性が優れています。3列目シートの座り心地も快適で、実用性も高いです。

新型ヴェルファイアとの違い

新型ヴェルファイアはスポーツ指向が強く、直列4気筒2.4Lターボエンジンが用意されています。

ボディ剛性を高めるパフォーマンスブレースも採用され、タイヤは19インチに変更されて、新型アルファードとは足まわりの設定も異なります。そのために背の高いLサイズミニバンとしては、操舵感が機敏で、ワゴン的な運転感覚を味わえます。

このように新型ヴェルファイアは、新型アルファードに比べると走行性能を高めた代わりに、乗り心地は硬めです。

また新型ヴェルファイアZプレミアは、新型アルファードZでオプション設定されている「左右独立ムーンルーフ」、「プレミアムナッパ本革シート」などが標準装着されています。

そのために新型ヴェルファイアのハイブリッドZプレミアの価格は、新型アルファードのハイブリッドZに比べて70万円高いです。

新型アルファードの推奨ユーザーや試乗する際のチェックポイント

新型アルファードは高価格のLサイズミニバンなので、子どものいるファミリーというよりは、多人数の大人の移動やゴルフバッグなどの大きな荷物を載せるような使い方に適します。かつてのクラウンなど、高級セダン的な用途に向けたミニバンです。

新型アルファードを試乗する際には、ボディが大きく小回りの利きも良くないため、車庫入れや縦列駐車を試してください。また床が高いため、子どもや高齢者のいる世帯では、乗降性を確認しましょう。

【筆者:渡辺 陽一郎/撮影:茂呂 幸正】

トヨタ/アルファード
トヨタ アルファードカタログを見る
新車価格:
540万円872万円
中古価格:
30万円2,217.4万円

記事で紹介した商品を購入した場合、売上の一部が株式会社MOTAに還元されることがあります。

商品価格に変動がある場合、または登録ミスなどの理由により情報が異なる場合があります。最新の価格や商品詳細などについては、各ECサイトや販売店、メーカーサイトなどでご確認ください。

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は最短3時間後、最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

トヨタ アルファードの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アルファードのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アルファードの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アルファードの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アルファードのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる