メニュー

日産 ノートの価格・カタログ情報|新車・中古車の自動車カタログ

外装・内装写真

ボディサイズ

4045×1695×1505 mm (全長×全幅×全高)

燃費

28.20~38.20km/L
  • このアイテムをシェアする

日産 ノートの新車価格・取扱店

新車価格
203万円 298.7万円 最新モデル(3代目)2020/12/01~販売中
販売店
新車・未使用車・リース取扱店を検索
リース価格
複数社比較で、最安値を検索

日産 ノートの中古車価格

中古車価格
14.8万円 329.8万円 中古車の掲載台数:7360台
1.1 万円 205 万円
(グレードによって異なります)
愛車の査定を依頼する
人気ランキング
7
(コンパクトカー)
評判・口コミ
3.7 pts
(16人)
ガイド記事数
201記事
 
ペア宿泊券プレゼント
モデル概要

2005年に初代がデビュー。2012年には2代目が登場し、2020年11月末には現行モデルとなる3代目が登場。外観は「和」を取り入れた日産の新デザインコンセプトを採用。内装は先進的で快適な室内空間を実現。また、プラットフォームを刷新し、第2世代の「e-POWER」(ハイブリッド)を初搭載。先代ノートに比べ、よりパワフルな発進加速と、中高速からの追い越しでの力強い加速感を実現。燃費も向上させている。一方、ガソリンモデルの設定はなくなった。そのほか、人気の「プロパイロット(ナビリンク機能付)」や、360°セーフティサポートを実現する先進安全技術を初搭載している。

モデル概要

2005年に初代がデビュー。2012年には2代目が登場し、2020年11月末には現行モデルとなる3代目が登場。外観は「和」を取り入れた日産の新デザインコンセプトを採用。内装は先進的で快適な室内空間を実現。また、プラットフォームを刷新し、第2世代の「e-POWER」(ハイブリッド)を初搭載。先代ノートに比べ、よりパワフルな発進加速と、中高速からの追い越しでの力強い加速感を実現。燃費も向上させている。一方、ガソリンモデルの設定はなくなった。そのほか、人気の「プロパイロット(ナビリンク機能付)」や、360°セーフティサポートを実現する先進安全技術を初搭載している。

グレード別の新車・中古車価格
1.2 F AT
2020/12/01 ~ 販売中
186.8万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.2 S AT
2020/12/01 ~ 販売中
184.5万円 ( 中古車: 155万円~240.3万円 )
1.2 X AT
2020/12/01 ~ 販売中
198.8万円 ( 中古車: 149.9万円~298万円 )
1.2 X 助手席回転シート AT
2020/12/01 ~ 販売中
207.8万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.2 AUTECH AT
2020/12/01 ~ 販売中
227.7万円 ( 中古車: 189万円~299.8万円 )
1.2 S FOUR 4WD AT
2021/03/01 ~ 販売中
208万円 ( 中古車: 209.8万円~286万円 )
1.2 X FOUR 4WD AT
2021/03/01 ~ 販売中
222.3万円 ( 中古車: 209万円~275.8万円 )
1.2 AUTECH FOUR 4WD AT
2021/03/01 ~ 販売中
251.2万円 ( 中古車: 229万円~309万円 )
1.2 X FOUR 助手席回転シート 4WD AT
2021/03/01 ~ 販売中
231.3万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.2 AUTECH クロスオーバー AT
2021/10/01 ~ 販売中
230.7万円 ( 中古車: 260万円~279.9万円 )
1.2 AUTECH クロスオーバー FOUR 4WD AT
2021/10/01 ~ 販売中
254.2万円 ( 中古車: 229万円 )
1.2 X エアリーグレー エディション AT
2021/11/01 ~ 販売中
239万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.2 X FOUR エアリーグレー エディション 4WD AT
2021/11/01 ~ 販売中
262.5万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.2 X エアリーグレー エディション 助手席回転シート AT
2021/11/01 ~ 販売中
248万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
1.2 X FOUR エアリーグレー エディション 助手席回転シート 4WD AT
2021/11/01 ~ 販売中
271.5万円 ( 中古車: 価格情報収集中 )
モデル概要

2005年に初代がデビュー。2012年には2代目が登場し、2020年11月末には現行モデルとなる3代目が登場。外観は「和」を取り入れた日産の新デザインコンセプトを採用。内装は先進的で快適な室内空間を実現。また、プラットフォームを刷新し、第2世代の「e-POWER」(ハイブリッド)を初搭載。先代ノートに比べ、よりパワフルな発進加速と、中高速からの追い越しでの力強い加速感を実現。燃費も向上させている。一方、ガソリンモデルの設定はなくなった。そのほか、人気の「プロパイロット(ナビリンク機能付)」や、360°セーフティサポートを実現する先進安全技術を初搭載している。

日産 ノート 顧客満足度調査 Powered by
2018年調査実施

×

顧客満足度調査

J.D. パワーは、1968年に米カリフォルニア州で設立された、自動車をはじめとする様々な製品・サービスの品質や顧客満足度を専門とする調査機関。毎年、世界中で数百万人にのぼる消費者の声を拾い上げ、データ化し、企業のサービス向上や製品の品質改善のために提供しています。J.D. パワー 評価は、J.D. パワーが2019年に実施した数種類の調査データを元に、クルマの品質や魅力、ディーラーサービスから、車を総合的に100点満点で評価したスコア。

総合評価

68/100
  • 高評価ポイント

    • 発進加速
    • 1回の充電で走れる距離
    • エンジン・トランスミッション
  • 低評価ポイント

    • 前席用カップホルダーの使い勝手
    • コンソールの使い勝手

総評

新開発のe-POWER 4WD(モーターアシスト方式)が加わり雪道運転が安心に。スムーズな発進加速や燃費、エンジン・トランスミッションで高評価。先進安全支援システム「ニッサンインテリジェントモビリティ」が一部グレードで標準装備。

日産 ノート 関連記事・ニュース・最新情報

最新の関連記事・ニュース

関連動画

自動車購入ガイド

日産 ノート 歴代モデル・グレード・新型情報

歴代モデル

グレード・モデル情報(ノート 2020年式モデル)




グレード 1.2 F AT 1.2 S AT 1.2 X AT 1.2 X 助手席回転シート AT 1.2 AUTECH AT 1.2 S FOUR 4WD AT 1.2 X FOUR 4WD AT 1.2 AUTECH FOUR 4WD AT 1.2 X FOUR 助手席回転シート 4WD AT 1.2 AUTECH クロスオーバー AT 1.2 AUTECH クロスオーバー FOUR 4WD AT 1.2 X エアリーグレー エディション AT 1.2 X FOUR エアリーグレー エディション 4WD AT 1.2 X エアリーグレー エディション 助手席回転シート AT 1.2 X FOUR エアリーグレー エディション 助手席回転シート 4WD AT
新車価格
205.5万円
203万円
218.7万円
228.6万円
250.5万円
228.8万円
244.5万円
276.3万円
254.4万円
253.8万円
279.6万円
262.9万円
288.8万円
272.8万円
298.7万円
中古車価格
価格情報収集中
155万円~240.3万円
149.9万円~298万円
価格情報収集中
189万円~299.8万円
209.8万円~286万円
209万円~275.8万円
229万円~309万円
価格情報収集中
260万円~279.9万円
229万円
価格情報収集中
価格情報収集中
価格情報収集中
価格情報収集中
発売日 2020年12月01日 2020年12月01日 2020年12月01日 2020年12月01日 2020年12月01日 2021年03月01日 2021年03月01日 2021年03月01日 2021年03月01日 2021年10月01日 2021年10月01日 2021年11月01日 2021年11月01日 2021年11月01日 2021年11月01日
排気量 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc 1,198 cc
エンジン区分 ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド ハイブリッド
燃費 38.20km/L 34.80km/L 34.80km/L 28.20km/L 28.20km/L 34.80km/L 28.20km/L
燃料 レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー レギュラー
駆動方式 FF FF FF FF FF 4WD 4WD 4WD 4WD FF 4WD FF 4WD FF 4WD
ミッション AT AT AT AT AT AT AT AT AT AT AT AT AT AT AT
ハンドル
定員 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名 5名
最小回転半径 4.9 m 4.9 m 4.9 m - m 4.9 m 4.9 m 4.9 m 4.9 m - m 5.2 m 5.2 m 4.9 m 4.9 m - m - m





全長 4,045 mm 4,045 mm 4,045 mm 4,045 mm 4,080 mm 4,045 mm 4,045 mm 4,080 mm 4,045 mm 4,045 mm 4,045 mm 4,045 mm 4,045 mm 4,045 mm 4,045 mm
全幅 1,695 mm 1,695 mm 1,695 mm 1,695 mm 1,695 mm 1,695 mm 1,695 mm 1,695 mm 1,695 mm 1,700 mm 1,700 mm 1,695 mm 1,695 mm 1,695 mm 1,695 mm
全高 1,505 mm 1,505 mm 1,520 mm 1,520 mm 1,520 mm 1,505 mm 1,520 mm 1,520 mm 1,520 mm 1,545 mm 1,545 mm 1,520 mm 1,520 mm 1,520 mm 1,520 mm
車両重量 1190kg 1220kg 1220kg 1240kg 1230kg 1340kg 1340kg 1350kg 1360kg 1240kg 1360kg 1220kg 1340kg 1240kg 1360kg



最高出力(kW[PS]/rpm) 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000 60[82]/6,000
最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm) 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800 103[10.50]/4,800
過給機


タイヤサイズ(前輪) 185/65R15 185/65R15 185/60R16 185/60R16 185/60R16 185/65R15 185/60R16 185/60R16 185/60R16 195/60R16 195/60R16 185/60R16 185/60R16 185/60R16 185/60R16
タイヤサイズ(後輪) 185/65R15 185/65R15 185/60R16 185/60R16 185/60R16 185/65R15 185/60R16 185/60R16 185/60R16 195/60R16 195/60R16 185/60R16 185/60R16 185/60R16 185/60R16

日産 ノート 中古車情報

相場表

在庫量に合わせて色を変えています。
全体の10% 全体の5% 全体の3% 全体の1%以上
年式 2022
(R4)
2021
(R3)
2020
(R2)
2019
(R1)
2018
(H30)
2017
(H29)
2016
(H28)
2015
(H27)
2014
(H26)
2013
(H25)
2012
(H24)
2011
(H23)
2010
(H22)
2009
(H21)
2008
以前
(H20)
価格 物件数 45 249 334 672 892 1893 600 611 429 921 301 118 98 100 94
190万円~ 463 43 221 110 58 22 9
~190万円 92 2 9 12 24 27 14 1 3
~180万円 128 8 14 31 28 40 4 2 1
~170万円 234 4 39 54 50 79 6 2
~160万円 217 5 34 47 51 70 4 4 2
~150万円 339 1 38 82 81 119 12 5 1
~140万円 484 22 99 134 197 17 13 2
~130万円 579 13 99 126 289 39 10 3
~120万円 529 9 47 112 284 59 14 4
~110万円 385 18 42 70 183 49 21 2
~100万円 438 1 21 38 69 193 66 41 8 1
~90万円 427 4 32 60 169 76 67 13 6
~80万円 423 13 40 124 96 106 26 14 3 1
~70万円 426 4 16 71 80 146 68 29 9 3
~60万円 474 2 6 41 50 116 98 128 28 2 1 1 1
~50万円 546 10 31 48 100 280 52 14 7 1 3
~40万円 557 1 10 10 72 285 99 22 18 19 21
~30万円 470 3 26 147 96 57 49 55 37
~20万円 136 3 28 13 18 22 23 29
~10万円 10 3 1 1 1 1 3

日産 ノート レビュー・口コミ評価

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

先輩ユーザーによるクルマの口コミ・レビューをご紹介。新車・中古車探しのご参考にどうぞ。

車種の口コミを投稿する
総合評価
3.7 (16)
外観
3.7
内装
3.5
走行性
3.8
運転しやすさ
3.9
乗り心地
3.3
燃費・維持費
3.9
  • ノノノート
  • まさじ
  • 投稿日 2022年5月30日
2020年式モデル  グレード:-
総合評価
3.8
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
3
燃費・維持費
4
総評

先代ノートは起死回生のe-Powerで復活しました。こんなドライブフィールの車は初めてでした。本ノートもe-Powerに全力で取り組んでいます。何せパワートレーンはe-Powerのみですから。エンジンは発電に徹して駆動力とは関わらず、1番効率の良いエンジン回転数をキープします。そこで燃費を稼ぎます。負荷のない状態でのエンジンは燃費が良いのです。市街地走行では、ゴー&ストップでエンジン回転数が上がったり、下がったりでガソリンを沢山使います。高速道路で燃費が向上するのは、一定速度をキープしたまま走るからです。要はエンジン回転数がほぼ一定で停車する事も無いので、燃費が向上します。e-Powerは最もエンジンに優しい車なのです。ドライブフィールの良さは、モーターのみで駆動力を担当しているからです。なので加速感は電気自動車そのものです。エンジンが掛かったりするか、しないかの差だけです。

良かった点

圧倒的なモーターパワーでグングン走ります。同じセグメントの車の中でも、頭一つ抜け出た動力性能です。それにプラスして、今回のノートの外観デザインがクールです。日産デザインテーマである、Vモーショングリルを発展させて、細長いヘッドライトとの組み合わせは、飽きの来ない意匠です。インパクトを求め過ぎないコントロールされたデザインだと思います。また、インテリアもクラス以上の質感です。シートマテリアルもオシャレで細部まで丁寧な縫製も見事です。メータークラスターもシンプルでゴテゴテしておらず、大きなナビ画面が印象的です。

気になった点

ノートは非常に良い車です。しかし少しエクスキューズが付きます。オプションをてんこ盛りにすればです。どうしても欲しい装備が殆どオプション扱いです。特に人気のプロパイロットは是非とも装備したいオプションです。これはノートだけでなく、新しく出て来る新車全般に言える事です。一昔前に比べて安全デバイスが増えました。自動ブレーキだけには留まらず、全周囲カメラ、全車速追従クルコン、サイドミラー搭載のアラーム、自動パーキング、アクセル踏み間違い検知など枚挙に事欠きません。そんな目移りするオプション群に、優先順位をつける方がどうかしています。予算さえあれば、とても良い車が簡単に手に入る世の中になった事に、先ずは感謝です。

2人
  • 日産にこれしか無いんだから仕方ない。
  • さろらく。
  • 投稿日 2022年5月18日
2020年式モデル  グレード:-
総合評価
3.2
外観
3
内装
3
走行性
3
運転しやすさ
4
乗り心地
2
燃費・維持費
4
総評

日産は日本市場は高い車が売れないとドンドン車種を減らしています。世界市場ではモデルチェンジを行った、マーチもジュークも日本で売るには高すぎると未導入です。3代目ノートはこの判断とは真逆に、全車eパワー搭載、ガソリン車無しの高価格コンパクトカーとして登場しました。この価格で買えない人は軽自動車か10年以上ほったらかし(本当酷いと思います。ミラージュですら2度も大掛かりなマイチェンしているのに)のタイ製マーチに乗っとけという事です。

日産のイメージ形成に重要なプロパイロットは、最上級グレードのみ、かつ40万円以上のセットオプションでしかつけられないというのも残念です。どうも日産はマツダのように、自社のイメージを高価格高品質な車を提供するメーカーに転換して客単価をあげ、台数至上主義より高利益体質に改善しようとしているようです。そのイメージ作りの為に、電気自動車(eパワーですが)を利用している点では、マツダというより目指す方向はボルボに近いかもしれません。

この高価格コンパクトカーを一言で表すと「良くできているけれどもう少し頑張って欲しい」というところでしょうか。少なくとも先代に比べれば、全く別の車種かという程キチンとした車で、価格と味に納得出来るのであれば買って後悔するということは無いでしょう。そう言う意味では初代ティーダ(ラティオ)に似た車だと思えます。

日産の愚作により消滅してしまいましたが、ティーダはそれまでのサニー&パルサーの後継車でありつつ、それ以上の日産セダンユーザーのダウンサイジング指向にも応えられる、質感の高いコンパクトカーでした。またダウンサイジングされたのには苦笑ですが、今度も最終型サニーやブルーバードシルフィ辺りから乗り換えても、十分納得出来るだけの素養を持ち合わせていると感じます。

良かった点

外観デザイン。パッと見は先代フィットを思わせますが、よくよく見るとそのエッジの切れ味はなかなかするどく、この後に出た電気自動車SUVのアリアともイメージを共有し、日産のデザインが新しい世代に入ったと感じさせます。ドア上部キャラクターラインがビシッと通った下の張りなんか非常にキレイで、隣にキックスがあると同じような顔をしていても全然別モノ、キックスのダルダルラインと比べてください(笑)。そう言う意味ではコンパクトカーとしての凝縮された良いモノ感は上手く表現されています。

気になった点

価格を考えると内装質感はちょっと厳しい感じです。いやコンパクトカーとしては頑張っているとは思います。ただ日本人はすでにデミオ=マツダ2を知っているわけです。それを考えると目立つ所にハードプラパーツ配置しちゃってるなぁとか、相変わらず黒一色内装かと、コスト優先面が目立ちます。この辺りは派生車種ノートオーラでフォローするんでしょうけど、なぜ量販車種で内装色2色ぐらいが準備出来ないのでしょう??

乗り心地も同じく頑張ってほしいです。ディーラーから一般道に出て、低速域ではなかなかしっとりとした乗り味です。おっこれはかなり期待出来るかなと思わせ、この時点ではヤリスより良い車です。ただスピードを上げて行くと次第にドタドタしはじめ、ある意味ノート伝統というか日産伝統な風合い。こうなってくると同じドタバタでも終始一貫しているヤリスの方が整合性が取れている気がします。

ひとつ疑問を呈したいのはワンペダル運転の廃止。先代ノートeパワーヒットの理由として、アクセルのみで発進から停止までコントロール出来るこのシステムに、プリウスのハイブリッド以来の、いや以上の新しい乗り物に乗ってる感を魅力とした人が多くいたはずです。

そりゃ実際に納車されてみると、他車との乗り換え時に困惑するとか、家族内でも馴染めない人がいるとか、不都合が出てきたことも確かでしょう。でもなぜ完全廃止にしてしまったのでしょう?モード選択出来るのであれば、ワンペダルモードとして残し、切り替え時にはモニターに警告表示でも出せば済む話しです。というか自動ブレーキのこのご時世、ワンペダルに慣れてるからとブレーキ踏み忘れても前車に衝突はしません(笑)。

今の日本の、なんでもバカ向け低い方にレベルを合わせる、あるいは声の大きい人の言いなりになる、悪しき時代性を感じ非常に残念に思います。

3人
  • ノートX試乗しました
  • 長原哲
  • 投稿日 2022年5月18日
2012年式モデル  グレード:-
総合評価
3.7
外観
4
内装
3
走行性
3
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

2018年式のXです。e-POWERではありません。1200ccですが、パワーがあり、街乗り、高速とも十分ですね。コンパクトですが、広くて、きびきび走り、いい感じでした。
4人乗ってもせまくなく、のりごごちも、悪くないですね。
デザインも旧車ですが、古い感じはないですし、とにかくきびきびとした走りで、細い道もすいすいです。
燃費はそれほど良くはありませんが、街乗り15であれば、合格かと思います。4年落ちでしたが、まだまだきれいです。

良かった点

ボディ剛性がいいですね、頑丈でたわむ感じがしないのがいいです。
高速22km、街中15kmと、そこそこ燃費もいいですし、車体価格が100万程度なので、お買い得と感じました。
オーディオも使いやすく、音がいいですね。ライブ感満載で、気に入っています。
シートも硬すぎず、柔らかすぎず、疲れないでいいですね。運転については、全くストレスは感じません。計器も見やすいですね。
小柄な妻153cmでも運転はしやすいとのことです。
小さいながら、すべとを盛り込んだ車ですので、せまい日本であれば、このタイプで充分ですね。

気になった点

建付けがよくないです。プラ部分のびびり音、ミラーの枝部分が、なんの原因もないのに、ぽろっと外れたのはびっくりしました。
後部座席のリクライニングがない点、家族から不評でした。
あと、エアコンがオートではありますが、弱いですね。ホンダストリームからの乗り換えでしたが、全くべつものと思うくらい、弱いエアコンでした。
後ろが冷えないですね。
ワイパーの可動域がちっちゃいですね。
ホーンの音が軽自動車ですね。これが一番がっかりポイントでした。

1人
  • 普通車なのにコンパクト
  • みるくちゃん
  • 投稿日 2022年5月12日
2012年式モデル  グレード:-
総合評価
4.0
外観
4
内装
4
走行性
4
運転しやすさ
4
乗り心地
4
燃費・維持費
4
総評

タイトル通り普通車なのにコンパクトな車なので、乗りやすく小まわりもきき、駐車もしやすいと思う。軽自動車だと小さい、普通車だと大きいと思う人にちょうど良い車だと思う。初心者や女性でも運転しやすく、乗り心地も悪くないので運転しててもそんなに疲れにくいと思う。私は日産といえばノートとすぐに思いつくほど定番な車で、周りに車種を聞かれて答えてもすぐにわかってもらえるのでノートにして良かったと思う。また乗り換えの時期になってもまたノートが良いと思う。

良かった点

今のノートの前の家の車が大きめの車だったので、運転が苦手な私は運転するのが怖く、なかなか乗ることがなかったのですが、ノートになってからは乗りやすく、駐車もしやすいため最近はよく車に乗るようになりました。老若男女問わず乗れる車だと思います。車種によってこんなにも車に乗る頻度が変わるものなんだなぁとひしひしと感じています。そんなに家族が多い人でなければノートはおすすめだと思います。友人に何が良いか聞かれたらノートを薦めます。

気になった点

普通車の中では小柄でパワーが弱いため、長距離走るのにはあまり向いてないかもしれない。結構アクセルを踏まないと速度が出ないので。トランクが狭いため、荷物が多い人や、大きいものを買ったりする時はすこし不便かもしれない。ドリンクホルダーがもう少し近くにあると良いなと思う。大したことではないが、窓の開閉で、少しずつ開けたい時に全部下がってしまったり、上がったりしてしまうのでいつもそこがイラッとしてしまう。

2人

カーソムリエによる試乗レポート・評価

  • ファーウェイさん
    4.0
    外観:
    3.8
    内装:
    4.0
    走行:
    4.0

    運転のしやすい車です

    日産のノートは運転がしやすくて見た目も適度なかわいらしさと格好良さのバランスのいい車だと思いました。技術の日産が力を入れている車のため、こんぱくとかーですが最先端の装備が備わっているところが魅力ですし、お買い得な価格と、中古車の下取り価格もかなり高めなのでモデルチェンジごとに乗り換えるのであってもお得に最新型に乗り続けられる車になっています。ノートの良さは、運転しているときの安定感も挙げられます。排気量もそこまで大きくないエンジンですが、乗ってみるとパワーも十分で乗り心地の良さも抜群です。後ろの席も広いので、チャイルドシートの装着もしやすく子育て世代の車にも、コスパの良さを含めて向いていると思....続きを読む

  • yuiko mikamiさん
    3.9
    外観:
    4.0
    内装:
    4.0
    走行:
    3.7

    楽しいワンペダルドライブ

    いわゆるシリーズハイブリッドの、ノートに試乗しました。 ノーマルモードではアクセルを離した時の減速感は普通のレベルですが、Sモード、ECOモードでは強い減速力が発生します。しばらく試していると本当にワンペダル(アクセルからブレーキペダルへ踏み替え無し)で止まる事ができました。ゴーストップの連続する市街地走行ではこれに慣れると多分もう他の車には戻れなくなるんじゃなかろうかと思わせるほど運転が楽ですね。モーターらしくグーっと力強く立ち上がるトルクのおかげでコンパクトクラスとは思えない頼もしい加速をみせます。大きなバッテリーを搭載しているのでガソリンモデルよりどっしりと重心が少し下がったような安定....続きを読む

  • さろらく。さん
    2.9
    外観:
    2.8
    内装:
    2.9
    走行:
    3.0

    eパワーをマイチェンで積んだのが大失敗。

    それは何はなくともeパワーでしょう。量産型電気自動車として三菱共々先鞭をつけた日産のリーフですが、その運転感覚は通常の自動車との違和感をなるべく感じさせないモノでした。ところが後から出たBMWの電気自動車i3は、回生制御を巧みに活かしブレーキペダルの操作不要、アクセルペダルだけで停止までコントロールするという、大変面白い仕様で世の中に出てきました。 これはなんか新しい「楽しそう!!!」 ちょっと車好きの人のなら気になる1台でしたが、そこは腐ってもBMW。車好きの庶民に届く価格ではありませんでした。そんな中登場したのがeパワー搭載のマイチェンノート。ノートは電気自動車ではなくあくまで....続きを読む

みんなの口コミ

  • セキさん(納車されたよ)
    1.5 15X
    地域: 茨城県
    投稿:2009年12月4日
    コメント

    家族四人で三浦半島まで遠出しました。往復灼400キロメートルの行程で半分は高速です。常磐道、首都高湾岸、横横から逗子、三崎をまわり概ね往路の逆コースで渋滞もなく快調などライブでした。ディーゼルからの乗り換えのためかエンジン音は静かに感じました。アクセルは控えめの自分としてはエコ運転に徹しました。満タン法で16,2キロメートル毎時のまあまあの結果でした。渋滞がなかったので18位を期待したのですが・・・・これからさらにエコ運転で記録更新したいです。

  • まるさん(納車されたよ)
    1.5 15X Fパッケージ
    地域: 栃木県
    投稿:2008年7月20日
    コメント

    燃費とエンジン性能を主に考慮して車選びを始めました。他メーカーの同じクラスの車と比較しながら選びましたが、最終的にはディーラー担当者の商談時の反応のよさが決め手となりました。どのメーカー車も一長一短というか、それぞれに特徴があり、それだけに迷うことが多かったですが、タイミング、内容(値引きや、サービスなど)ともにタイムリーであった事が、購入後の対応にも期待が持てそうに思えました。

  • シマさん(納車されたよ)
    1.5 15X
    地域: 京都府
    投稿:2008年12月1日
    コメント

    2段マルチトランクの威力は大きいです。少年サッカーの試合遠征で、さっそく力を発揮し、かさばる荷物が楽に積めました。 バーベキューコンロなどを下の段に積みっぱなしにしながら、普段の荷物がその上に積めるのでありがたいです。 外形がコンパクトな割に、中が広々した感じで、後席もくつろげます。 高速道路でも身軽にキビキビと走れて、余裕持って運転できました。

日産 ノート買取・査定

MOTAが提供する中古車買取一括査定サービス「MOTA車買取」からの情報です。

買取相場

モデル 年式 中古車価格相場 査定買取価格相場 MOTA車買取査定申込
ノート 2020年式モデル
ノート 2020年式モデル
2022年 189万円 ~ 299.8万円 131.2万円 ~ 215.8万円 MOTA車買取査定に申込む
2021年 99.9万円 ~ 309万円 125.5万円 ~ 205.9万円 MOTA車買取査定に申込む
2020年 79.9万円 ~ 259.8万円 48.4万円 ~ 166万円 MOTA車買取査定に申込む

最近のMOTA車買取の査定実績 | 日産 ノートの買取相場 更新日2022年08月19日

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

  • 日産 査定依頼日:2022年08月17日
    ノート 1.2 e-POWER NISMO
    年式:2017年 | 走行:~11万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 101 .2万円~ 112.3万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月17日
    ノート 1.2 S
    年式:2016年 | 走行:~6万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 35 .2万円~ 42.3万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月16日
    ノート 1.2 e-POWER NISMO
    年式:2017年 | 走行:~5万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 120 万円~ 145万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月15日
    ノート 1.5 15X SV
    年式:2010年 | 走行:~7万キロ | 色:桃 | 状態:
    MOTA車買取査定額 5 .5万円~ 10.5万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月15日
    ノート 1.2 e-POWER メダリスト
    年式:2017年 | 走行:~6万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 121 .5万円~ 130.8万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月15日
    ノート 1.2 e-POWER NISMO
    年式:2017年 | 走行:~2万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 168 .8万円~ 175万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月14日
    ノート 1.2 X DIG-S
    年式:2016年 | 走行:~3万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 71 .1万円~ 75万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月13日
    ノート 1.5 15E
    年式:2005年 | 走行:~4万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 5 万円~ 10万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月13日
    ノート 1.2 X
    年式:2018年 | 走行:~8万キロ | 色:緑 | 状態:
    MOTA車買取査定額 73 万円~ 85万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月12日
    ノート 1.2 S DIG-S
    年式:2014年 | 走行:~20万キロ | 色:白 | 状態:
    MOTA車買取査定額 0 .1万円~ 5万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月12日
    ノート 1.2 e-POWER X
    年式:2019年 | 走行:~2万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 125 .3万円~ 136.2万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月11日
    ノート 1.2 e-POWER X
    年式:2019年 | 走行:~3万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 126 万円~ 156万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月11日
    ノート 1.5 15S
    年式:2007年 | 走行:~4万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 1 万円~ 10万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月11日
    ノート 1.2 e-POWER メダリスト
    年式:2017年 | 走行:~2万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 131 .2万円~ 148.9万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月11日
    ノート 1.2 X DIG-S
    年式:2013年 | 走行:~5万キロ | 色:赤 | 状態:
    MOTA車買取査定額 29 .9万円~ 40万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月11日
    ノート 1.5 15S
    年式:2006年 | 走行:~5万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 8 万円~ 10万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月10日
    ノート 1.2 X DIG-S ライダー
    年式:2014年 | 走行:~5万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 45 万円~ 55万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月10日
    ノート 1.2 NISMO
    年式:2018年 | 走行:~1万キロ | 色:真珠 | 状態:
    MOTA車買取査定額 91 万円~ 101万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月10日
    ノート 1.5 15X SV
    年式:2010年 | 走行:~10万キロ | 色:銀 | 状態:
    MOTA車買取査定額 3 .1万円~ 10万円
  • 日産 査定依頼日:2022年08月09日
    ノート 1.5 15E
    年式:2006年 | 走行:~7万キロ | 色:黒 | 状態:
    MOTA車買取査定額 12 万円~ 17万円
日産 ノートのMOTA車買取の査定実績をもっと見る

MOTA車買取での実際の買取価格・売却相場です。走行距離や色、傷の状態によって異なります。

車買取業者の査定は、業者の強み車種やニーズによって金額の差が出ます。より多くの車買取業者と比較することでより、高額に買い取ってもらえる可能性が高まります。また、ディーラーの下取りで売却する場合も他の値引きとあいまいになっている可能性があります。場合によっては数万円~数十万円も差がつくことも。ぜひ、MOTA車買取で複数社の車一括買取査定をしてみませんか。

J.D. パワー評価が高いコンパクトカー

日産 ノートを見た人はこんな車も見ています