VW 新型ポロGTI試乗|実用性と速さを兼ね備えたオトナホットハッチ

  • 筆者: 塩見 智
  • カメラマン:茂呂 幸正

新型ポロGTIがジャジャ馬でもないのに楽しい理由を探る

昔の自動車雑誌には「エンジンよりもシャシーのほうが速い」といった表現が見られた。かつてのドイツ車に対してよく用いられ、エンジンが発するパワーに対して、それを受け止めるシャシー(ボディや足まわり含む車体全体)に余裕がある状態を指す。

両者のバランスが取れているのが理想だが、そのバランスがやや崩れていると(あえて崩していると)印象的なクルマになることもある。例えばパワーがシャシーを上回って、じゃじゃ馬というか御するのが難しく、刺激的なクルマを我々は「ホットハッチ」と呼んで喜ぶ。

フォルクスワーゲンの新型ポロGTIはその逆。エンジンよりもシャシーのほうが速い。ボディやサスペンションまわりの剛性が高く、少々飛ばした程度では破綻(制御が難しい状態)の兆候を見せない。ホットハッチの逆ということは、走らせて楽しくないのか……。

クルマはそう単純ではないということを今回、新型ポロGTIに教えられた。

>>ゴルフ・ポロ・up!それぞれのGTIを画像でチェック!

新世代プラットフォーム”MQB”で劇的に進化

新型ポロGTIのベースとなったノーマルのポロは、フォルクスワーゲンの新世代プラットフォームであるMQBによって開発された。トヨタのTNGA、スバルのSGP、ボルボのSPAやCMAなど、ここのところ多くの自動車メーカーがモジュール化による開発の効率化を目的に新しいプラットフォームを開発し、それらは総じて出来がよい。

過去のモデルよりも格段に高剛性となり、軽量化が進み、乗り心地が改善している。フォルクスワーゲンもMQBより前か後かでクルマが相当違う。

どこから踏んでも力強い加速

従来のポロGTIは前期型が1.4リッター直4ツインチャージャー(最高出力179ps)、後期型が1.8リッター直4ターボ(同192ps)だったが、新型ポロGTIでは2リッター直4ターボエンジンへと切り替わった。最高出力はまた上がって200psに。その発生回転数は4400-6000rpmと低く幅広い。最大トルクは320Nm。発生する回転数が1500-4350rpmと、ほぼ全域を最大トルクで走行しているようなもの。このエンジンにデュアルクラッチの6速DSG(湿式)が組み合わせられる。実際に運転すると、エンジンが常に分厚いトルクを発し続け、トランスミッションがそれを途切れなく路面に伝えるのが印象的だ。

アクセルペダルを踏めば、何回転であっても何速であってもグイッと力強くクルマが加速する。新型ポロGTIは非常に現代的なパワートレーンと言える。

高剛性ボディと専用チューニングの組み合わせ

冒頭にも述べたとおり、力強いパワートレーンを搭載してもなお、ポロGTIのシャシーには余裕が感じられた。高剛性のMQBボディに、スプリング、ダンパー、アンチロールバーに専用チューニングが施されたスポーツサスが組み合わせられる。

山道をハイペースで駆け巡っても予想外の挙動に不安になるような場面は一度もなかった。またミニサーキットでタイヤのグリップ力の限界付近をいったりきたりするような周回を繰り返しても、クルマの動きがステアリングホイールやシートを通じてドライバーに明確に伝わってくるので、不安なくスポーツドライビングを楽しむことができた。

ダンパーの減衰力、ステアリングのアシスト量、エンジンおよびトランスミッションの特性をエコ、ノーマル、スポーツ、インディビジュアルの4モードから選べるドライビングプロファイル機能が標準装備されるが、同種の機能のなかでは、変化の度合いは控えめ。購入直後はいろいろ試すものの、半年もすればエコかノーマルに入れっぱなしになるのではないだろうか。

やりすぎていないのがGTIの魅力

ポロGTIのスタイリングは、専用デザインのフロントバンパーやハニカムのフロントグリルを水平に走る赤いストライプ、ところどころブラックアウトされたリアデザインなど、ところどころノーマルのポロと差別化されているものの、これ見よがしにスポーティーモデルだということを強調してはいない。

これを物足りないととらえるか、アンダーステートメントなのがいいととらえるかは人それぞれだろうが、わかる人のみにわかる程度の違いにとどめていることが、ポロに限らずVWのGTIシリーズの魅力といえる。見た目のみならず、実用性もノーマルのポロに比べ、まったく遜色がない。

要するにパワーも見た目もやりすぎていないのがGTIシリーズ(ゴルフ・ポロそしてup!)の魅力だ。ひと言でいえば良識があるのだ。

ホットハッチは走らせて楽しい。長いカーライフのなかで実用性よりも刺激を優先させたくなる時期もあるだろう。

ただし全員とは言わないが、スポーティーなドライビングを好む人であっても、早かれ遅かれフォルクスワーゲンのGTIあたりに落ち着くことが多い。GTIがいつの時代も用意されていることがそれを物語っている。

[Text:塩見 智 Photo:茂呂 幸正]

フォルクスワーゲン ポロ GTIの主要スペック

車種名 フォルクスワーゲン ポロ GTI
全長 4,075mm
全幅(車幅) 1,750mm
全高(車高) 1,440mm
ホイールベース 2,550mm
乗車定員 5名
車両重量(車重) 1,290mm
エンジン 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)
排気量 1,984cc
エンジン最高出力 147W(200ps)/4400~6000rpm
エンジン最大トルク 320N・m(32.6kgm)/1500~4350rpm
トランスミッション 6速DSG
JC08モード燃費 16.1Km/L
タイヤサイズ 215/45 R17
価格(消費税込) 344万8000円
この記事の画像ギャラリーはこちら
塩見 智
筆者塩見 智

1972年岡山県生まれ。1995年に山陽新聞社入社後、2000年『ベストカー』編集部に入社。2004年(株)に二玄社『NAVI』編集部員となる。2009年『NAVI』編集長に就任。2011年からフリー編集者、ライターへ。主にWeb、ラジオ、雑誌等における試乗記からインタビュー、イベントの司会やトークショー等を手掛ける。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

フォルクスワーゲン ポロの最新自動車ニュース/記事

フォルクスワーゲンのカタログ情報 フォルクスワーゲン ポロのカタログ情報 フォルクスワーゲンの中古車検索 フォルクスワーゲン ポロの中古車検索 フォルクスワーゲンの記事一覧 フォルクスワーゲン ポロの記事一覧 フォルクスワーゲンのニュース一覧 フォルクスワーゲン ポロのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる