スズキ スイフト、じゃなくて「ルノー トゥインゴ」|あえて選ぶ外車のススメ Vol.9

画像ギャラリーはこちら
あえて選ぶ外車のススメ。この企画では「国産車、じゃなくて輸入車」をテーマに、様々なカテゴリーの車種を比較検討します。第9回のテーマは素のコンパクトハッチバックをマニュアルで味わう対決。「スズキ スイフト」と、「ルノー トゥインゴ」を徹底比較してみます!

>>スズキ スイフトと、ルノー トゥインゴを徹底比較![フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. スイフト RSは欧州でも通用するしっかりとした走り
  2. パリの街中を駆け巡るルノー トゥインゴ
  3. 小さくてちょっと非力なルノー トゥインゴ
  4. 知的な遊びでルノー トゥインゴを楽しもう

スイフト RSは欧州でも通用するしっかりとした走り

その国のクルマの特徴を知るのに最も良い方法は、素の廉価なクルマと高級車を見ればよく分かるとはよく言われることです。まさにその通りで、スズキ スイフトは日本の良心が非常によく表れたクルマといえるでしょう。

スイフトは、個性的でスポーティなデザインに、しっかりしたハンドリングと高い走行性能。取り回しがしやすく、使い勝手の良さ等を特長としているンパクトカーのため、グローバルでも販売しています。

スズキ/スイフト
スズキ スイフトカタログを見る
新車価格:
137.7万円208.9万円
中古価格:
13.3万円338万円

現行のスイフトでは、軽量化と高剛性を両立させた新プラットフォーム“HEARTECT(ハーテクト)”の採用のほか、単眼カメラとレーザーレーダーによる衝突被害軽減システム、デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)を採用。周囲の状況に合わせて自動でハイビームとロービームを切り替えるハイビームアシスト機能も付加されています。

前走車との距離を一定に保つアダプティブクルーズコントロール(ACC)なども装備し、安全装備と運転をサポートする機能を充実させるなど、真面目なスズキの良心が表れているといえるでしょう。

欧州各国で走り込みや性能確認を実施し、運転する愉しさに磨きをかけた現行スイフト。

それをベースに、5速マニュアルが設定された1,2リッターのRSは、速度域の高い欧州の道路環境を想定した、フラットでしっかりとした乗り味と直進安定性を発揮しています。減衰力を硬めに設定し、上下動を抑えてボディコントロール性を向上させた、欧州チューニング ショックアブソーバーをはじめ、専用タイヤ、電動パワーステアリングも専用にチューニングされているのです。

パリの街中を駆け巡るルノー トゥインゴ

一方のトゥインゴは、ルノーとしては久々のリアエンジン・リア駆動(RR)。スマートとプラットフォームを共有し、その最大の特徴は何といっても最小回転半径でしょう。

その値は4.3mと驚くほど。例えばスズキアルトは4.6mなのでそれよりも小回りが効くということで実際に乗ってみると、思わず何度もぐるぐると回りたくなってしまうほどです。

実用面においてもトゥインゴとしては初めて5ドアを採用したことで、これまで以上に使いやすさが向上しています。

また、デザインも一目でトゥインゴと分かるようなもの。特にフロントマスクはルノーのデザインアイデンティティであるブラックグリルとそこに取り付けられたロザンジュ(ルノーの菱形のエンブレム)。折り目を思わせるプレスラインの入ったポリプロピレン製ボンネット、“目”を連想させる大きなヘッドライトで特徴づけられています。

さらに、5ドアモデルでありながら、リアドアのドアノブをサッシュに隠すことで、3ドアモデルのようなスタイリッシュな外観デザインとなりました。 偶然ながら、スイフトも同じようなリアドアのノブの処理となっている点がまた興味深いです。

そして今回取り上げるトゥインゴSは950kgという軽い車体を、5 速マニュアルトランスミッションを駆使して、活発に、思いのままに走らせドライブを楽しめる仕様ですので、まさに、パリの街中を元気いっぱい走り回っているトゥインゴそのものといってもいいでしょう。

アロイホイールではなくホイールカバーやワンタッチで倒れる助手席のリクライニングレバーなどは省かれていますが、安全運転支援システムなどはいずれのグレードとも共有していますので、その点は安心です。

ルノー/トゥインゴ
ルノー トゥインゴカタログを見る
新車価格:
189万円236万円
中古価格:
45万円297.1万円

小さくてちょっと非力なルノー トゥインゴ

ではスペックを比較してみましょう。

ルノー トゥインゴ S / スズキ スイフト 1.2 RS セーフティパッケージ装着車 主要スペック比較表
車種名トゥインゴスイフト
グレード名SRS
価格(消費税込み)179万円171万7100円
乗車人数4人5人
全長×全幅×全高3645mm×1650mm×1545mm3840mm×1695mm×1500mm
ホイールベース2490mm2450mm
最小回転半径4.3mm4.8mm
車両重量950kg870kg
総排気量997cc1242cc
エンジン種類直列 3気筒 DOHC直列 4気筒 DOHC
エンジン最高出力54kW(73PS)/6250rpm67kW(91PS)/6000rpm
エンジン最大トルク95Nm(9.7kg・m)/4000rpm18Nm(12kg・m)/4400rpm
使用燃料ハイオクレギュラー
駆動方式RRFF
トランスミッション5速MT5速MT
タイヤサイズ165/65R15185/55R16

それらを眺めていると色々なことに気づかされます。

ボディサイズは若干トゥインゴの方が小さいものの、ホイールベースは逆に長い。これはRRにしたメリットでエンジンがないフロント部分を極力切り詰め、その分、ホイールベースを伸ばし、室内を広くしようという意図が見えてきます。

従って、室内空間はトゥインゴの方が広いことになります。最小回転半径もスイフト4.8mに対してトゥインゴは4.3mです。

また、パワー、トルクともスイフトが大きいうえに車重も80kgも軽い。つまり、きびきびとパワフルに走ることが出来るのはスイフトということになります。

そしてスイフトが5人乗りなのに対してトゥインゴは4人乗りという違いも見て取れます。

知的な遊びでルノー トゥインゴを楽しもう

さて、この2台でなぜトゥインゴをお勧めするか。その理由は大きく2つあります。

まずは見た目。これは好みの問題でもありますが、様々なこだわりが見てる個性的なトゥインゴは、読者の皆さんも共感していただけると思います。対してスイフトは、ビジネスライクにも感じる、シンプルなデザイン。

そしてもうひとつは、せっかくのマニュアルですから運転する楽しさを味わいたい。手ごろなパワーの方がその楽しさを感じることが実は度々あるのです。

パワーがあればそのままアクセルを踏み込むことで、ある程度の加速が得られます。しかし、手ごろなパワーですと、きちんとシフトダウンして走らせることが必要です。

都市部で気持ちよく交通の流れをリードするには、交通状況の先読みは必須。歩行者用の信号を見たり、先行車の動きを読んだり、常に周りの状況を把握しながらの的確な運転スキルが要求されます。

この読みがぴったり当たった時の快感。知的な遊びとも言って良いでしょう。その遊びをより楽しめるのがトゥインゴで、それは手ごろなパワー以外にボディサイズや小回り性にも現れています。だからこそ、パリの街中でのトゥインゴは皆元気なのです。

もちろんトゥインゴに乗ったからといって、東京タワーはエッフェル塔には見えないでしょう。でも、ちょっとだけ、パリの雰囲気を楽しめるかもしれません。

>>毎週火曜日更新「外車のススメ」記事一覧はこちらから

[筆者:内田 俊一]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
内田 俊一
筆者内田 俊一

1966年生まれ。自動車関連のマーケティングリサーチ会社に18年間在籍し、先行開発、ユーザー調査に携わる。その後独立し、これまでの経験を生かしてデザイン、マーケティング等の視点を中心に執筆。また、クラシックカーの分野も得意としている。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ スイフトの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ スイフトのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ スイフトの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ スイフトの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ スイフトのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる