ルノー 新型トゥインゴ試乗|RRで小回りキレッキレ、子犬みたいなハッチバック

  • 筆者: 伊藤 梓
  • カメラマン:佐藤 正巳・島村 栄二
画像ギャラリーはこちら
高い小回り性能ときびきびとした走りが特長のルノー「トゥインゴ」が、2019年8月にマイナーチェンジを実施した。パリの入り組んだ路地を走るのにぴったりなRRレイアウトはそのままに、フランスらしいライフスタイルに調和する新しいデザインに生まれ変わった。

今回は、そんなトゥインゴに魅了された自動車ライター 伊藤 梓の試乗レポートをお届けする。

目次[開く][閉じる]
  1. 私を魅了する、ミニカーみたいなクルマ
  2. キリッと大人っぽく変わった新型トゥインゴ
  3. 小気味いい走りは健在!
  4. 便利で効率的、でも寂しさも感じる

>>ドット柄のサイドストライプにも注目! 新型トゥインゴの内外装を見る(画像28枚)

私を魅了する、ミニカーみたいなクルマ

小さくて、可愛くて、コロコロと元気よく走る。ルノー トゥインゴはいつも私を魅了してやまないクルマだ。手のひらに収まるくらいのミニカーをそのまま大きくしたみたいなポップな形。

「ゼンマイ式なので、おしりのネジ巻きを回してから乗ってください」と言われても不思議じゃない。そんなトゥインゴがリニューアルしたということで、改めてじっくり試乗してみることにした。

キリッと大人っぽく変わった新型トゥインゴ

”えくぼ”がなくなり、精悍な顔つきに

新しいトゥインゴと初めて顔を合わせたときの第一印象は、「あれ、ちょっと大人っぽくなった?」だった。これまでは、くりくりした目と愛嬌ある表情が特徴だったが、LEDを新たに採用したヘッドライトはキリッとしていて、グリルまわりも変わり、口元も引き締まった印象だ。

個人的にチャームポイントだと思っていたえくぼのようなデイライトがなくなったことも大きいのだろう。全体的に精悍で真面目になった印象だ。

インテリアも”最近”っぽく進化

車内に乗り込んでみると、クルマの真ん中にきちんと専用のインフォテインメントシステムが埋め込まれていて、「最近のクルマっぽくなってる!」と思った。

トゥインゴ GTが出るまでは画面もなく、スマホをナビ代わりに使うようになっていた。それはそれで割り切った良さがあって個人的には好きだったのだが、やはりこの方が万人には受け入れられるのだろうなと思う。

小気味いい走りは健在!

バビュンと飛び出し、ハンドルも鋭く切れる

パワートレインに変更はなく、搭載しているのは0.9L直3ターボエンジン(92PS/135Nm)と6段DCT。馬力だけを見ると非力に思えるかもしれないが、思いのほか低速トルクがあって車重も軽いので、あまりパワー不足は感じない。

アクセルを踏み出すと、おもちゃのパチンコみたいにバビュンと飛び出すような感覚がトゥインゴのキャラクターに合っていて、運転しているとウキウキしてくる。RR(リアエンジン/リア駆動)なので「こんなに切れていいの?」と思うほど、ハンドルが鋭く切れて小回りも効くので、ちょっとしたワインディングも楽しいし、なにより女性も安心して運転できると思う。

マイナーチェンジしても、小気味いいドライビングをするトゥインゴの良さはそのまま残っていた。

便利で効率的、でも寂しさも感じる

これ以上大人にならないでね

「でも、なんだか前よりしっかり走る気がするなぁ」

高速を平然と直進するトゥインゴを見てそう思う。ちょっと大人びた横顔を見たからなのだろうか?

最近はクルマに関するあれこれがどんどんと神経質になって、求められることが多くなって、窮屈なクルマが多くなっているように思う。もちろんそれは人間にとって便利で効率的で良いことなのかもしれないけれど……。

どこか抜けていても、その人なりの味があって、あたたかみがある。そういう人を好む私としては、ただただ完璧なクルマだけの世界になってしまうのは寂しいことだ。

人間に付き合ってちょっと真面目な顔をしている新しいトゥインゴを見て申し訳なくなりつつも、それでもまだ子犬みたいに地球の上をぽよんぽよんと駆け回るイメージを持たせてくれるトゥインゴに「これ以上大人にならなくてもいいからね」と心の中で呟いた。

[筆者:伊藤 梓/撮影:佐藤 正巳・島村 栄二]

ルノー トゥインゴ EDC 主要スペック比較表
車種名トゥインゴ
グレード名EDC AT
価格(消費税込み)199万円
全長×全幅×全高3645mm×1650mm×1545mm
ホイールベース2490mm
駆動方式RR
車両重量1020kg
乗車定員4名
エンジン種類直列 3気筒 DOHC
総排気量897cc
エンジン最高出力68kW(92PS)/5500rpm
エンジン最大トルク135Nm(13.8kg・m)/2500rpm
トランスミッション6速EDC
使用燃料ハイオク
燃料消費率(JC08モード燃費)--km/L
燃料消費率(WLTCモード燃費)16.8km/L
燃料消費率(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)12.2km/L・17.6km/L・19.5km/L
タイヤサイズ165/65R15
ルノー/トゥインゴ
ルノー トゥインゴカタログを見る
新車価格:
198.6万円214万円
中古価格:
24.9万円208.4万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
伊藤 梓
筆者伊藤 梓

グラフィックデザイナー時代にミニカーの商品を担当するようになってから、どっぷりと車に魅了されるように。「こんなに人を惹きつける車というものをもっとたくさんの方に知ってほしい」と、2014年に自動車雑誌の編集者へと転身。2018年に、活動の幅を広げるために独立した。これまでの経験を活かし、自動車関係のライターのほか、イラストレーターとしても活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

お車の買い替えをご検討中の方へ【車売却ガイド】

車の売却を考えられてる方におすすめする記事です。売却する前に是非参考にしてください!

  • 買い替えでよくある失敗にご注意!

    車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。

  • ネットで複数の買取相場をチェック!

    車に特化した買取店ならディーラーより高額査定を引き出せる場合が多いので、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのが鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込みの電話が掛かってきますのでご注意ください。

  • 営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!

    MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

お車の購入をご検討中の方へ【車購入ガイド】

車の購入を考えられてる方におすすめする記事です。購入する前に是非参考にしてください!

おすすめの関連記事

ルノー トゥインゴの最新自動車ニュース/記事

ルノーのカタログ情報 ルノー トゥインゴのカタログ情報 ルノーの中古車検索 ルノー トゥインゴの中古車検索 ルノーの記事一覧 ルノー トゥインゴの記事一覧 ルノーのニュース一覧 ルノー トゥインゴのニュース一覧

試乗レポートの最新記事

MOTA最新自動車ニュース/記事