お買い得なのはどれ? 人気コンパクトカー「新型ヤリス/新型フィット」グレード別比較

画像ギャラリーはこちら
2020年4月の乗用車販売台数では、同年2月に登場した「トヨタ 新型ヤリス」がトップとなり、同時期にフルモデルチェンジを果たした「ホンダ 新型フィット」が2位と、ヤリスの後に続くという状況だ。そんな中、どちらを選ぶが迷っている人も多いのではないだろうか。

>>ヤリス「HYBRID G/ガソリンモデル Z」とフィット「バラエティー豊かな5グレード」の内外装を画像で見る!

当記事ではヤリスとフィットを「1.外装・内装デザイン編」「2.居住性・乗り心地 編」「3.走行性・安全&快適装備 編」「4.「&総合評価 編」の4回に分けて比較していく。

目次[開く][閉じる]
  1. 人気コンパクトカー「ヤリス」と「フィット」を比較
  2. グレード構成・価格を比較
  3. 総合評価

人気コンパクトカー「ヤリス」と「フィット」を比較

今回はヤリスとフィットの「グレード」にフォーカスし、新型コンパクトカーの「ヤリス」と「フィット」どのグレードがお買い得なのかチェックしていこう。

コンパクトカーの購入を検討している人や、両車を見比べたいという人は要チェックだ!

▼「外装・内装デザイン編」/「走行性・安全&快適装備 編」/「走行性・安全&快適装備 編」はこちら!

グレード構成・価格を比較

トヨタ 新型ヤリスのグレード構成

ヤリスは従来のトヨタ車と同じく、上から「Z」、「G」、「X」というグレードが用意され、それぞれにハイブリッドとガソリンが用意されるという形になる(1リッターモデルは「G」、「X」、「X “Bパッケージ”」となる)。

>>トヨタ 新型ヤリス「Z」「HYBRID G」の内外装をグレード別に画像で見る!

ホンダ 新型フィットのグレード構成

フィットはシンプルな「BASIC」、装備充実の「HOME」、上級装備の「LUXE」に加え、軽快でアクティブな印象の「NESS」、SUVテイストを加えた「CROSSTAR」の5グレードで、やはりこちらもそれぞれにハイブリッドとガソリンが用意されている。

>>ホンダ 新型フィット 5グレードの内外装をグレード別に画像で見る!

ヤリスvsフィット ハイブリッドモデル比較

ハイブリッドのベーシックなグレード同士で比較すると、ヤリス「HYBRID X」が199万8000円に対し、フィット「e:HEV BASIC」が199万7600円と若干安くなる。しかし、上級グレードとなるとヤリス「HYBRID Z」が229万5000円に対し、フィット「e:HEV LUXE」が232万7600円と逆転する。

ただしフィットe:HEV LUXEには本革シートが標準で備わるなど、装備に差異があるので一概にフィットが高いとも言えないところだ。

ヤリスvsフィット ガゾリンモデル比較

ガソリンモデルになると、ヤリスのX(1.5リッター)が159万8000円に対し、フィットBASICが155万7600円とやはりフィットの方が安い。

しかし上級グレードのヤリスGとフィットLUXEでは、ヤリスが192万6000円に対しフィットが197万7800円と逆転する。ただし、フィットは1.3リッターエンジンとなることをお忘れなく。

標準装備される内容が異なるため、判断が難しいところではあるが、ハイブリッドモデルであればフィット、ガソリンモデルであればヤリスの方が買い得感が強いのではないだろうか(安さの1リッターモデルも用意されている)。

総合評価

「外装・内装デザイン 編」/「走行性・安全&快適装備 編」/「走行性・安全&快適装備 編」そして「グレード構成・価格 編」と4つに分けてお送りしてきた両車比較。

カテゴリーは同一ながら、実はキャラクターに違いがあるということがお分かりいただけただろう。どちらもメーカーを代表するコンパクトカーとあって、力の入れ具合はヒシヒシと感じられるような仕上がりになっていた。

従来のイメージであれば、真面目さが売りのトヨタに対し、スポーティさが魅力のホンダという図式だったと思うが、ことヤリスとフィットに関してはこの図式が逆転してしまっているように思えた。

実際にWRCにチャレンジしているヤリスの血を受け継ぐGRヤリスやワンメイクレースのベースとなる6速MTを用意するヤリス。

対して、“RS”といったスポーティグレードを廃し、カジュアルなNESSやアウトドアスタイルのCROSSTARなど、幅広いラインナップを用意するフィットという形になっている。

クルマの仕上がりとしては甲乙つけがたい両車ではあるが、日常に寄り添ったベーシックなコンパクトカーという観点でみるとフィットの方が多くのユーザーに愛されるモデルになっているように感じた。

[筆者:小鮒 康一]

「外装・内装デザイン編」/「走行性・安全&快適装備 編」/「走行性・安全&快適装備 編」はこちら!

自宅に居ながら気軽に愛車の査定をしてみませんか?

クルマがいくらで売れるのか知りたくありませんか?

でもディーラーや買取店にいくのはちょっと面倒。

かといって買取店の方に自宅へ来てもらって査定してもらうのも気が引けますよね。

MOTA車買取なら、PC・スマホで愛車の情報を入力するだけ!

外出せずとも自宅に居ながら概算の見積り額を出すことが可能です!

MOTA車買取はこちら

「お店に行かずに簡単に買取申込をしたい」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーが完了します!

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
148.5万円271.2万円
ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
12.2万円1,830万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる