安全・走行性能が優れているのはどっち!? 新型ヤリスvs新型フィット

画像ギャラリーはこちら
2020年4月の乗用車販売台数では、同年2月に登場した「トヨタ ヤリス」がトップとなり、同時期にフルモデルチェンジを果たした「ホンダ フィット」が2位と、ヤリスの後に続くという状況だ。そんな中、どちらを選ぶが迷っている人も多いのではないだろうか。

>>ヤリスとフィットそれぞれの「快適・安全装備」説明図をパラパラと見る!

当記事ではヤリスとフィットを「1.外装・内装デザイン編」「2.居住性・乗り心地 編」「3.走行性・安全&快適装備 編」「4.グレード構成・価格&総合評価 編」の4回に分けてお送りする。

目次[開く][閉じる]
  1. 人気コンパクトカー「ヤリス」と「フィット」を比較
  2. 動力性能&エンジンフィーリング比較
  3. 走行安定性比較
  4. 安全&快適装備

人気コンパクトカー「ヤリス」と「フィット」を比較

今回は「走行性・安全&快適装備 編」にフォーカスし、新型コンパクトカーの「ヤリス」と「フィット」の安全・快適装備の説明図を見比べながら比較していく。

コンパクトカーの購入を検討している人や、両車の安全・快適装備が知りたいは要チェックだ!

▼「外装・内装デザイン 編」/「居住性・乗り心地 編」はこちら!

動力性能&エンジンフィーリング比較

ハイブリッドモデル同士の比較では、新開発のエンジン+従来通りTHS-II(改良はなされているが)を組み合わせるヤリスに対し、フィットは従来のi-DCDではなく、2モーターの「e:HEV」(従来でいうところのi-MMD方式)を採用してきた。

WLTCモード燃費ではヤリスが36.0km/L、フィットは29.4km/Lとヤリスに軍配があがるものの、街中レベルの速度ではほぼモーター駆動となるフィットのフィーリングも捨てがたいところ。

ガソリンエンジンではヤリスは1.5リッター、フィットは1.3リッターと排気量に差があり(ヤリスには1リッターも用意されるが)、車両重量もヤリスの方が軽量となるため、単純な動力性能で言えばヤリスに軍配が上がる。

走行安定性比較

ヤリスの頂点に君臨するGRヤリスは別格としても、ヴィッツ時代から続くワンメイクレースのベース車となるヤリスだけに、シャシー性能の高さではヤリスの方が一枚上手な印象。すでに他車種でも高い評価を集めているTNGAプラットフォームの実力の高さは、事前のプロトタイプ試乗レポートでも高評価が与えられている。

もちろんフィットも先代よりも大幅に進化をしており、単体で乗る限り全く不満のない走行安定性能を持ち合わせているが、今回は相手が悪かったというところだろうか。

安全&快適装備

もはや新型車には装備されることが当たり前となった衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能などの先進安全装備はヤリス、フィットともに設定されている。

ただ、ヤリスの方は通常の衝突被害軽減ブレーキの機能のほかに、交差点で右折時の対向直進車や、右左折時に対向方面から来る横断歩行者まで検知してくれる機能が備わっている。

また、単調な高速道路での走行をアシストしてくれるレーダークルーズコントロールも、ヤリスにはレーンとレーシングアシストが低速から備わるのに対し、フィットは約65km/h以上でないとアシストされない。ただしヤリスの場合、車速約25キロ以下では前車の追従制御が解除されるが、フィットでは前車の停止まで追従制御を行う、といったいくつかの違いがある。

さらに、ヤリスにオプション設定される高度駐車支援システム「トヨタ チームメイト」を利用すれば、並列、縦列、そして区画線のない駐車もメモリ機能を使って可能としてくれるので、車庫入れや駐車が苦手なユーザーにはありがたい装備と言える。

>>ヤリスとフィットそれぞれの「快適・安全装備」説明図をパラパラと見る!

次回は「グレード構成・価格&総合評価 編」をお送りする。お楽しみに!

▼「外装・内装デザイン 編」/「居住性・乗り心地 編」はこちら!

[筆者:小鮒 康一]

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
130万円270万円
ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
9万円1,110万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる