ホンダ 新型フィット(4代目) 徹底解説|まとめ

画像ギャラリーはこちら
2020年2月14日、いよいよ待ちに待ったホンダから新型フィットが発売された。昨年秋の東京モーターショーで先行公開された4代目モデルだ。フルモデルチェンジで何が変わったのか。カーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏が新型フィットの詳細を徹底解説する。

>>フルモデルチェンジした新型フィットを画像でチェック! [フォトギャラリー全74枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 5つのグレード(タイプ)の特徴を分析編
  2. 5つの中から最もオススメなグレード(タイプ)を紹介編
  3. デザインとパッケージング・居住性を分析編
  4. ハイブリッド(e:HEV)と1.3リッターガソリンの違いを分析編
  5. 【動画】ホンダ 新型フィットe:HEV HOME 公道試乗

5つのグレード(タイプ)の特徴を分析編

今回フルモデルチェンジで、フィットのグレード構成は大幅に変わり、BASIC(ベーシック)、HOME(ホーム)、NESS(ネス)、CROSSTAR(クロスター)、LUXE(リュクス)の5つから選べる。

最もシンプルで価格の安い仕様のベーシックや、専用の本革シートと運転席&助手席シートヒーターを装着しているリュクスなどそれぞれのグレードに特徴があり、一人ひとりのユーザーに合った一台を選ぶことができる。

>>グレード(タイプ)の特徴を分析編 続きはこちらから

5つの中から最もオススメなグレード(タイプ)を紹介編

新型フィットを購入する時には、5つのグレードを選ぶ前に、まず1.3リッターガソリンエンジン(ノーマル)か、e:HEV(イー・エッチイーブイ:ハイブリッド)かを決める必要がある。その詳しい内容はVol.4でご紹介するが、こちらではそれぞれの気になるコストの差などをしっかりとご紹介。

>>最もオススメなグレード(タイプ)を紹介編 続きはこちらから

デザインとパッケージング・居住性を分析編

続いては、新型フィットの居住性。前後席ともに快適な広い居住空間と、ボディサイズの割に容量の大きな荷室により、ファミリーカーにもおススメなこのクルマ。ヤリスやマツダ2(旧デミオ)に比べて大幅に広く、ミドルサイズセダン並みである。

>>デザインとパッケージング・居住性を分析編 続きはこちらから

ハイブリッド(e:HEV)と1.3リッターガソリンの違いを分析編

今回のフルモデルチェンジで注目したいのは、ハイブリッドをe:HEV(イー・エッチイーブイ)という名称に刷新したことだ。従来型の3代目フィットでは1.3リッターの他に1.5リッターで動力性能の高い直噴エンジンやマニュアルトランスミッション(MT)も選べたが、新型には設定がない。

安全性と快適性を高めるホンダセンシングも全グレードに標準装着し、ドライバーの疲労を抑えて安全性を向上させることができた。

>>ハイブリッド(e:HEV)と1.3リッターガソリンの違いを分析編 続きはこちらから

[筆者:渡辺 陽一郎/カメラマン:茂呂幸正]

【動画】ホンダ 新型フィットe:HEV HOME 公道試乗

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
8万円960.6万円

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 尾上温泉 旅館 紅鮎
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる