「ヤリスvsフィット」 デザインが優れているのはどっち!? 【外装・内装デザイン比較】

  • 筆者: 小鮒 康一
  • カメラマン:ヤリス 和田 清志/フィット 茂呂幸正
画像ギャラリーはこちら
世はSUVやミニバンが人気と言えど、日常のアシから企業の営業車まで、まだまだ需要の高いコンパクトカー。その中でも人気を二分するトヨタ ヤリス(旧ヴィッツ)とホンダ フィットが同時期にフルモデルチェンジを果たした。

そして、2020年4月の乗用車販売台数では、「トヨタ ヤリス」がトップとなり、「ホンダ フィット」が2位とヤリスの後に続くという状況だ。そんな中、どちらを選ぶが迷っている人も多いのではないだろうか。

>>「トヨタ ヤリス」と「ホンダ フィット」の内外装を画像で比較する

当記事ではヤリスとフィットを「1.外装・内装デザイン」「2.居住性・乗り心地編」「3.走行性・安全&快適装備編」「4.グレード構成・価格&総合評価編」の4回に分けて比較していく。

今回は「1.外装・内装デザイン」にフォーカスし、ヤリスとフィットを比較する。コンパクトカーの購入を検討している人や、両車を見比べたいという人は要チェックだ!

外装デザイン・サイズ・視界・取りまわし性比較

ボディスタイルは、WRCに参戦するラリーカーのベースともなっているヤリスがメリハリの利いたアグレッシブなボディラインとなっているのに対し、フィットはやや装飾過多の印象もあった先代に比べて非常にシンプルでプレーンなデザインとなっている。

ボディサイズはどちらも5ナンバーサイズに収めており(SUVテイストのフィット クロスターを除く)、どちらも先代モデルと大きくサイズアップはしていない。

実際の数値を記すと、ヤリスが全長3,940mm×全幅1,695mm×全高1,500mm、フィットが全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,515mmとなり、若干フィットの方が大きくなるが、ほぼ同等サイズと言っていいだろう。

視界はヤリスが従来のフロントドアの三角窓を廃したのに対し、フィットはAピラーをより前方に移動させ視界を確保するという対極の方法を取っている。なお、フィットのAピラーは非常に細いものとなっているが、ドアミラー側の2本目のAピラーで強度を出しているので安心してほしい。

最小回転半径はヤリスが4.8m~5.1m、フィットが4.9m~5.2mとほんの少しヤリスが上回るが、こちらもほぼ同等となっている。

内装のデザイン・質感・操作性・視認性比較

内装のデザインや質感は両車とも先代よりも大幅に向上しているが、どちらかというとオーソドックスなデザインを踏襲したヤリスに対し、フィットは電気自動車のホンダeにも似た水平基調の斬新なデザインを採用している。

モニター位置は視点移動を最小限にするため高い位置にしたヤリスに対し、フィットは必要以上に視界に入らないようにインパネ中央に収めており、この辺りは両社の考え方の違いが表れて面白いところだ。

純粋な前方の視認性については、確かにモニターがどうしても視界に入るヤリスよりも、フィットの方が水平基調のインパネと相まってスッキリとした印象。この辺りはモニターを見る頻度によっても評価が分かれそうだが、個人的にはフィットが好感触だった。

▼「トヨタ ヤリス」と「ホンダ フィット」の内外装を画像で見たいという人はフォトギャラリーをチェック!

>>「トヨタ ヤリス」と「ホンダ フィット」の内外装を画像で見る[フォトギャラリー]

次回は「居住性・乗り心地編」をお送りする。お楽しみに!

[筆者:小鮒 康一]

マイカー査定、まだ鬼電くらってますか?

MOTAでは車買取査定あるある「ひたすら電話鳴る」を極限まで抑え、申込み後日にはマイカーの売却価格を知れるMOTA車買取を展開しています!

連絡してくれるのは一括査定した数ある買取社のなかでももっとも高額な2社だけ。

MOTA車買取はこちら

外出自粛の今だからこそ、簡単45秒の買取エントリーでMOTA車買取でめんどくさい鬼電を避け、スマートにマイカー買取申込をしちゃいましょう!

「営業電話のストレスなく売りたい!」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒で入力が完了します!

MOTA車買取はこちら

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
148.6万円271.2万円
ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
12.2万円1,830万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
小鮒 康一
筆者小鮒 康一

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後に急転直下でフリーランスライターへ。国産旧車に造詣が深いが、実は現行車に関してもアンテナを張り続けている。また、過去に中古車販売店に勤務していた経験を活かし、中古車系の媒体でも活動中。最近では「モテない自動車マニア」の称号も獲得。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ フォンテーヌ・ブロー熱海
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる