コンパクトカー最新おすすめランキングTOP10 | 人気のコンパクトカーを徹底比較【2020年最新版】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
私達の生活に身近なコンパクトカー。トヨタ・日産・ホンダといった主要メーカーのみならず、多くのメーカーがラインナップしている人気のボディタイプです。しかし、数多くのコンパクトカーの中から、自分にピッタリの車種を探すのは大変ですよね。
目次[開く][閉じる]
  1. 選ぶべき人気のコンパクトカーが分かる!
  2. コンパクトカーとは
  3. 維持費
  4. コンパクトカーのメリットとデメリット
  5. コンパクトカーをおすすめできる人(おすすめできない人)
  6. 代表車種
  7. コンパクトカー人気・おすすめランキング

選ぶべき人気のコンパクトカーが分かる!

そこで今回は2019年3月時点で新車販売されているコンパクトカーの中から人気の車種をお伝えするべく、MOTA独自の人気ランキングを作成。これさえ見れば、選ぶべきコンパクトカーが分かります!

コンパクトカーとは

コンパクトカーってどんな車? 定義はあるの?

コンパクトカーとは、軽自動車より大きい小型の自動車です。また一般的には、全長が3800mm~4200mm、全幅が1690mm~1750mmで、排気量が1リッター~1.5リッターのエンジンを搭載している車がコンパクトカーと呼ばれています。

とはいえ車両のボディサイズ、装備、価格、イメージなどでも分類が変わるので、明確は定義というのが無いのが現状です。

コンパクトカーと軽自動車の違いを比較

▲写真左:コンパクトカー スズキ クロスビー(本記事でも紹介) / 写真右:軽自動車 スズキ ハスラー

コンパクトカーと軽自動車は、似ているようで全く違う存在です。車の登録方法や税金など多くの部分で差がありますが、見た目で分かる違いとしてはエンジンの排気量と乗車定員、ボディサイズがあります。

軽自動車の場合、排気量は0.66リッター以下しか認められていません。また、乗車定員は4人までと決められています。

さらに、車体は下記の大きさに収まっている必要があります。

軽自動車のボディサイズ
全長3.4m以下
全幅1.48m以下
全高2.0m以下

一方、コンパクトカーは排気量・ボディサイズ共に規制はありません。排気量と乗車定員、全長・全幅に関しては、大抵のコンパクトカーは軽自動車より大きく作られています。

このことから、コンパクトカーは軽自動車より広く、高速道路への合流などでパワーが欲しいときもラクラク加速できる場合が多いです。もちろん、5人で移動する場合は軽自動車ではなくコンパクトカーでなければいけませんね。

それでは、ここからは2018年3月~2019年2月に集計したMOTA(モータ)の新車人気ランキングを元に、人気のコンパクトカーを見ていきましょう!

※記事中の新車・中古車価格は2019年3月13日時点のものです。中古車価格は現行型ではない価格が含まれていることがございます

維持費

自動車税

コンパクトカーの自動車税は3万4500円で、排気量が1リッター以下の場合は2万9500円です。またコンパクトカーの自動車税に対して軽自動車の自動車税は1万800円です。

重量税

コンパクトカーの重量税は1トン~1.5トン以下なら2年で2万4600円、1年で1万2300円です。またコンパクトカーの重量税に対して軽自動車の自動車税は6600円です。

コンパクトカーのメリットとデメリット

コンパクトカーのメリット

・取り回し性が良い

・重量が軽いため、燃費が良い

・軽自動車よりもパワーがあるため、軽自動車よりも運転しやすい

・軽自動車よりも剛性が良いため、軽自動車よりも衝突時の安全性が高い

・軽自動車よりも安全装備が充実している

コンパクトカーのデメリット

・体格が大きい人にとっては車内が狭い

・定員は5人だが、実際5人で乗ると窮屈になってしまう

・荷物はあまり乗らない

コンパクトカーをおすすめできる人(おすすめできない人)

おすすめできる人

コンパクトカーをおすすめできる人は、運転の経験がまだ浅いけど、移動や日常生活の買い物に限らず、少し遠くまで出かけることが多い人におすすめできます。

おすすめできない人

コンパクトカーをおすすめできない人は、5人以上での移動が多く、アウトドア用品を頻繁に積む必要がある人です。

代表車種

日本車(国産車)

・トヨタ アクア、ヴィッツ

・マツダ デミオ

・ホンダ フィット

・スズキ ソリオ

など

外車(輸入車)

・フォルクスワーゲン up!

・アウディ A1

・プジョー 208

・フィアット 500

・シトロエン C3

など

コンパクトカー人気・おすすめランキング

第1位:トヨタ アクア

トヨタ アクアとは

アクアは、トヨタ自慢のハイブリッドシステムとコンパクトなハッチバックボディを組み合わせたコンパクトカーです。リーズナブルな価格でありながらハイブリッド専用車ということで、人気モデルとなっています。空力性能の優れた流線型のボディは重心が低く、動力性能も十分です。

標準モデルに加え、SUV風ルックの「クロスオーバー」(写真右)やスポーティモデルの「GR」など、バリエーションも充実しています。

トヨタ アクアの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

トヨタ アクアの燃費

アクアの燃費はグレードにより異なります。

「L」は最も燃費が良く、JC08モードで38.0km/Lという低燃費が実現されています。「L」以外のグレードは、34.4km/Lです(共にJC08モード)。

トヨタ アクアの新車・中古車価格

アクアの新車価格は178.5万円~302.7万円となっています。

アクアの新車情報はアクア MOTA新車ページをご確認ください。

トヨタ/アクア
トヨタ アクアカタログを見る
新車価格:
181.8万円261万円
中古価格:
28.6万円320万円

第2位:マツダ デミオ

マツダ デミオとは

デミオは2014年に現行型が登場したマツダのコンパクトカーです。デザインをはじめ、装備や走りなど、すべてが1クラス上の車種に近い思想で作られていて、その高い質感は上級モデルに乗っていた人も満足させるものになっています。

メカニズム面では、ガソリンエンジンだけではなくコンパクトカーでは珍しいクリーンディーゼルエンジンの設定があることも特長です。さらに最適な視界や機器の位置関係、シート形状も人間中心で追求され、長時間の運転でも疲れにくい自然な運転姿勢が実現されています。

マツダ デミオの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

マツダ デミオの燃費

デミオにはガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルの2つがあり、それぞれ燃費が異なります。

ガソリンエンジンモデルは、17.2km/L~19.8km/Lです(WLTCモード)。一方、ディーゼルエンジンモデルは22.8km/L~30.0km/Lとなっています(JC08モード)。

マツダ デミオの新車・中古車価格

デミオの新車価格は139.3万円~227.9万円となっています。

デミオの新車情報はデミオ MOTA新車ページをご確認ください。

マツダ/デミオ
マツダ デミオカタログを見る
新車価格:
141.9万円232.1万円
中古価格:
10万円196.1万円

第3位:ホンダ フィット

ホンダ フィットとは

フィットは、2001年に登場して以来高い人気を誇る、ホンダのコンパクトカーです。現行モデルで3代目となります。燃料タンクを運転席床下に設置する「センタータンクレイアウト」の採用により、後部座席や荷室が広いのが大きな特長となっています。後部座席の座面を跳ね上げ、車体中央のスペースに荷物を積むことができる機能もユニークです。

パワートレインは、燃費性能の優れたハイブリッド仕様と、自然な走りを楽しめるガソリンエンジン仕様の2種類が用意されています。今どきのコンパクトカーらしく、衝突時の被害を軽減する運転支援支援機能「ホンダセンシング」も設定されています。

ホンダ フィットの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ホンダ フィットの燃費

フィットには3種類のパワートレインが用意されています。

1.3リッターガソリンエンジン仕様の場合、燃費は20.2~24.6km/Lです。1.5リッターガソリンエンジン仕様の場合は19.2~22.2km/Lとなっています。

最も燃費に優れたハイブリッド仕様では29.4~37.2km/Lに達します(すべてJC08モード)。

ホンダ フィットの新車・中古車価格

フィットの新車価格は142.9万円~241.9万円となっています。

フィットの新車情報はフィット MOTA新車ページをご確認ください。

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
12万円274.2万円

第4位:スズキ ソリオ

スズキ ソリオとは

ソリオは背の高さが特長の5人乗り小型ハッチバック車です。このクラスでは珍しくリアドアが両側スライド式となっているため、狭い駐車スペースでも使いやすくなっています。マイルドハイブリッド仕様・フルハイブリッド仕様・ガソリンエンジン仕様の3つが用意されているほか、スタイルも標準仕様とエアロが装着された「バンディッド」仕様の2種類があります。2つのカメラを使用した衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」の設定もあります。

スズキ ソリオの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

スズキ ソリオの燃費

ソリオの燃費はグレードによって異なります。JC08モードで22.0km/L~32.0km/Lとなっています。

スズキ ソリオの新車・中古車価格

ソリオの新車価格は145.9万円~217.9万円となっています。

ソリオの新車情報はソリオ MOTA新車ページをご確認ください。

スズキ/ソリオ
スズキ ソリオカタログを見る
新車価格:
148.6万円222万円
中古価格:
16.4万円230.8万円

第5位:トヨタ ヴィッツ

トヨタ ヴィッツとは

ヴィッツは扱いやすいボディサイズと高い実用性で人気の高いトヨタのコンパクトカーです。

軽自動車を除くトヨタ車のラインナップの中で最もコンパクトなパッソに次ぐベーシックなポジショニングとなっています。視界がよく小回りも利くため、狭い道でも運転しやすい設計です。ガソリンエンジンモデルの他に、燃費と加速性能の優れたハイブリッドモデルもラインナップされています。搭載されているハイブリッドシステムは、アクアと共通のものです。

トヨタ ヴィッツの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

トヨタ ヴィッツの燃費

ヴィッツの燃費は、ガソリンエンジンのグレードで21.6km/L~25.0km/L、ハイブリッドのグレードで34.4km/Lとなっています(共にJC08モード)。

アクアとボディ形状が異なるものの、実用燃費で差はないといって良いでしょう。

トヨタ ヴィッツの新車・中古車価格

ヴィッツの新車価格は118.2万円~231.9万円となっています。

ヴィッツの新車情報はヴィッツ MOTA新車ページをご確認ください。

トヨタ/ヴィッツ
トヨタ ヴィッツカタログを見る
新車価格:
120.3万円236.2万円
中古価格:
12.8万円455.5万円

第6位:日産 ノート

日産 ノートとは

ノートは、扱いやすいボディサイズで人気のコンパクトカーです。

高い実用性・走行性能や使い勝手の良さが特長で、幅広いユーザーから絶大な支持を集めています。

注目は、電気で走行する「e-POWER」グレード。エンジンで発電し、モーターで発電するという形式のハイブリッドモデルです。これによりパワフルな加速、走行音の低減、そして優れた燃費性能を同時に実現しました。2018年暦年(2018年1月-12月累計)の販売では13万6324台を記録し、日産車として初めて登録車年間販売ランキングの首位を獲得するなど、国産のコンパクトカーを代表するモデルとなっています。

日産 ノートe-POWERの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

日産 ノートの燃費

ノートの燃費は、e-POWER搭載グレードかそうでないかで大きく異なります。

e-POWER搭載グレードの燃費は28.8km/L~37.2km/Lと、コンパクトカーの中でもトップクラスの低燃費を誇ります。

それ以外のグレードの燃費18.2km/L~26.2km/Lです。

※全てJC08モード燃費

日産 ノートの新車・中古車価格

ノートの新車価格は142.1万円~268.8万円となっています。

ノートの新車情報はノート MOTA新車ページをご確認ください。

日産/ノート
日産 ノートカタログを見る
新車価格:
144.8万円281.3万円
中古価格:
12.9万円294.8万円

第7位:スズキ スイフト

スズキ スイフトとは

スイフトは、優れた走行性能と躍動感あるデザインで人気を博しているスズキのコンパクトカーです。効率を徹底的に高めた2種類のガソリンエンジンに加え、マイルドハイブリッド搭載グレードもラインナップされ、幅広いモデルから自分にあった仕様を選択することができます。

安全面では、単眼カメラ+レーザーレーダーを組み合わせた「デュアルセンサーブレーキサポート」が用意され、非常時の安全に役立ちます。

スズキ スイフトの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

スズキ スイフトの燃費

スイフトの燃費は20.0km/L~32.0km/Lです(JC08モード)。

スズキ スイフトの新車・中古車価格

スイフトの新車価格は134.4万円~199.3万円となっています。

スイフトの新車情報はスイフト MOTA新車ページをご確認ください。

スズキ/スイフト
スズキ スイフトカタログを見る
新車価格:
137.7万円208.9万円
中古価格:
10.6万円465.8万円

第8位:トヨタ タンク

トヨタ タンクとは

タンクは、両側スライドドアと高い天井が特長のトヨタのコンパクトカーです。兄弟車にトヨタ ルーミーがあります。トヨタグループのダイハツが製造しており、正確にはOEMモデルという扱いです。大柄な大人4名でも快適に乗車できます。

運転席の目線が高く、視界が広いので、長時間の運転でも疲れにくく、さらに小回りが利くので、狭いスペースでも駐車しやすいのが嬉しい点です。

安全面では、衝突回避支援システム「スマートアシストII」を標準装備します。エンジンには、新開発の1.0リッターターボエンジンを採用。カラフルなボディカラーが豊富に揃うのも特長です。

トヨタ タンクの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

トヨタ タンクの燃費

タンクの燃費はグレードによって異なり、21.8km/L~24.6km/Lとなっています(JC08モード)。

トヨタ タンクの新車・中古車価格

タンクの新車価格は146.3万円~239.1万円となっています。

タンクの新車情報はタンク MOTA新車ページをご確認ください。

トヨタ/タンク
トヨタ タンクカタログを見る
新車価格:
149.1万円204.6万円
中古価格:
75.7万円275.7万円

第9位:ダイハツ トール

ダイハツ トールとは

トールは、両側スライドドアと高い天井が特長となっているダイハツのコンパクトカーです。トヨタ タンク/ルーミーとスバル ジャスティはトールのOEM車という位置づけとなります。

高い天井のおかげで車内の開放感が高く、後部座席を倒せば、自転車などの大きな荷物も積むことができます。小回りが利くので、狭い道でも運転しやすいです。

ダイハツ トールの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ダイハツ トールの燃費

トールの燃費は、基本的にはタンク/ルーミーに準じたものとなっています。グレードによって異なり、21.8km/L~24.6km/Lです(JC08モード)。

ダイハツ トールの新車・中古車価格

トールの新車価格は146.3万円~205.7万円となっています。

トールの新車情報はトール MOTA新車ページをご確認ください。

ダイハツ/トール
ダイハツ トールカタログを見る
新車価格:
155.7万円209万円
中古価格:
77万円240.1万円

第10位:スズキ クロスビー

クロスビーとは

クロスビーは広い室内とSUVの力強さ、そしてポップでカッコ可愛いデザインを兼ね備えたスズキのコンパクトカーです。ボディカラーは通常色以外に、2トーンや3トーンといった珍しいカラーリングを選択することができ、ユーザーの個性を表現することができます。

ハイブリッドシステムや自動ブレーキシステムなどの先進装備が充実しており、ファーストカーとして十分に使える性能を持っています。

ダイハツ トールの走行性能や乗り心地、使い勝手を詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

スズキ クロスビーの燃費

クロスビーの燃費は2WD仕様が22.0km/Lで、4WD仕様が20.6km/Lです(共にJC08モード)。

スズキ クロスビーの新車・中古車価格

クロスビーの新車価格は176.6万円~214.6万円となっています。

クロスビーの新車情報はクロスビー MOTA新車ページをご確認ください。

スズキ/クロスビー
スズキ クロスビーカタログを見る
新車価格:
179.9万円223万円
中古価格:
122.7万円270.4万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ アクアの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ アクアのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ アクアの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ アクアの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ アクアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる