トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッドは、”先輩”アクアに比べどこが勝ってる!?[試乗レポート](1/4)

トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッドは、”先輩”アクアに比べどこが勝ってる!?[試乗レポート]
<トヨタ 新型 ヴィッツ HYBRID U[FF・ハイブリッド/ボディカラー:クリアブルークリスタルシャイン]>トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎 <トヨタ 新型 ヴィッツ HYBRID U ”Sportyパッケージ”[FF・ハイブリッド/ボディカラー:ブルーメタリック]>トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎 <トヨタ 新型 ヴィッツ HYBRID U[FF・ハイブリッド/ボディカラー:クリアブルークリスタルシャイン]>トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎 <トヨタ 新型 ヴィッツ U[FF・1.3リッターガソリン/ボディカラー:オレンジメタリック]>トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド[2017年1月発売] 試乗レポート/渡辺陽一郎 画像ギャラリーはこちら

デビュー7年目、ようやくハイブリッドが追加された理由とは

<トヨタ 新型 ヴィッツ HYBRID U[FF・ハイブリッド/ボディカラー:クリアブルークリスタルシャイン]>トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

トヨタのコンパクトカーを代表するモデル「ヴィッツ」が2017年1月、二度目の大きなマイナーチェンジを実施。新たにハイブリッドモデルが追加された。これまでコンパクトハッチバックのハイブリッドは「アクア」のみが独占する時代が続いていたが、デビュー7年目の今、このタイミングでようやく主力のヴィッツにも投入される理由とは。自動車評論家の渡辺陽一郎さんが速報でレポートする。

>>[大量画像121枚!]トヨタ 新型 ヴィッツ HYBRID フォトギャラリー

ハイブリッド生誕20年という節目に登場したヴィッツ ハイブリッド

<トヨタ 新型 ヴィッツ HYBRID U[FF・ハイブリッド/ボディカラー:クリアブルークリスタルシャイン]>トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎<トヨタ 新型 ヴィッツ HYBRID U[FF・ハイブリッド/ボディカラー:クリアブルークリスタルシャイン]>トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎

初代「トヨタ プリウス」が世界初の量産ハイブリッド乗用車として発売されたのが1997年。したがって2017年はプリウス、そしてハイブリッド乗用車の生誕20周年に当たる。

トヨタのハイブリッド生産台数は、1998年は1万7600台だったが、約20年後の2017年は140万600台だ。トヨタの世界販売台数の約15%を占める。日本国内ではこの比率がさらに高く、レクサスを含むトヨタ車の50%近くがハイブリッド車になった。

また国内のコンパクトカーでもハイブリッドモデルが急増している。「トヨタ アクア」、「日産 ノートe-POWER」、「ホンダ フィットハイブリッド」などの台数を合計すると、クラス全体の約39%に達する。コンパクトなハイブリッド車が国内販売を支える柱になりつつある。

この状況も視野に入れ、2017年1月12日にトヨタ ヴィッツがマイナーチェンジを受けてハイブリッドモデルを追加した。

アクア登場後5年を経てようやくヴィッツにもハイブリッド追加

<トヨタ 新型 ヴィッツ HYBRID U ”Sportyパッケージ”[FF・ハイブリッド/ボディカラー:ブルーメタリック]>トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド 試乗レポート/渡辺陽一郎トヨタ 新型 ヴィッツ ハイブリッド[2017年1月発売] 試乗レポート/渡辺陽一郎

ちなみに現行ヴィッツの発売は2010年12月だから、約6年を経過してハイブリッドを加えたことになる。欧州では現行ヴィッツのハイブリッドを2012年5月に発売したから、そこから数えても5年近くの歳月が流れた。

なぜ今さらヴィッツにハイブリッドを用意したのか。

開発者に尋ねると「まずは(2011年12月に発売された)アクアでコンパクトなハイブリッドを普及させたので、次の段階ではヴィッツにも搭載して一般化させる。法人や一般のお客様からも、ヴィッツのハイブリッドを希望する声があがっていた」と言う。

確かにヴィッツを扱うネッツトヨタ店のセールスマンから「ヴィッツのハイブリッドが欲しい」という声が聞かれたが、最も要望が強かったのはアクアの発売直後だ。「アクアは後席と荷室が狭く、プリウスではボディが大きすぎる。ヴィッツにハイブリッドがあればちょうど良いのに・・・」というニーズであった。

しかしアクアの発売から数えても5年以上を経過しており、遅きに失した印象が強い。アクアがコンパクトハイブリッドの定番になった今、ヴィッツハイブリッドの価値はどこにあるのか。

なお車両の概要は、別項の「ヴィッツハイブリッド 新型車解説」も併せてご覧いただきたい。

>>満を持して投入された新型 ヴィッツ HYBRIDを画像でもチェック[大量Photo127枚!]

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

日本カーオブザイヤー
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ヴィッツの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴィッツのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴィッツの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴィッツの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴィッツのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる