ライバルはヴェゼル! 価格はまさかの209万円から!? トヨタ「ヤリスクロス」徹底解説

画像ギャラリーはこちら
トヨタが2020年秋発売する新型コンパクトクロスオーバーSUV「YARIS CROSS(ヤリスクロス)」。まず気になるのは、新型ヤリスクロスの価格やライバルとの比較だろう。国内外の新車を熟知するカーライフ・ジャーナリスト、渡辺 陽一郎氏が冷静な目でヤリスクロスを徹底分析する!

>>日本仕様の車高は1550mmを超えるのか? 超えないのか…!? もっと詳しく画像でチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. 気になる価格は、209万6千円から!? 想定価格を徹底予想する!
  2. ライバルとなるトヨタやホンダのコンパクトSUVと徹底比較!
  3. デビュー早々に小型車販売ランキングNo.1の獲得も夢じゃない!

気になる価格は、209万6千円から!? 想定価格を徹底予想する!

ヤリスクロスの価格を予想してみよう。

ヤリスの最上級に位置するZと比較して、ヤリスクロスの価格は17万円位の上乗せだろう。つまりヤリスクロス(2WD)の価格は、1.5Lガソリンエンジンが209万6000円、1.5リッターハイブリッドは246万5000円といった設定だ。

ヤリスクロスをヤリスの派生モデルと捉えれば、ライバル車はホンダ フィット クロスターだが、前述の通りボディパネルを大幅に造り替えた。

▼もっと詳しくホンダ フィット クロスターを画像でチェック!

その意味ではヤリスクロスのライバル車は、エンジン排気量なども考えるとホンダ ヴェゼルになるだろう。

ライバルとなるトヨタやホンダのコンパクトSUVと徹底比較!

最大のライバル「ホンダ ヴェゼル」と比較

ヴェゼルの2WDの価格は、1.5Lガソリンエンジンを搭載するX ホンダセンシングが220万5093円、ハイブリッドX ホンダセンシングは258万6018円だ。

ヤリスクロスのボディはヴェゼルよりもコンパクトでシートアレンジなども単純だが、上記の予想価格なら約10万円安い。これならつり合いが取れる。

▼もっと詳しくホンダ ヴェゼルを画像でチェック!

自社内ライバル「トヨタ ライズ」と比較

同じトヨタのケースでライバルを考えてみよう。

コンパクトSUVのライズは、直列3気筒1リッターターボエンジンを搭載して、Z(2WD)が206万円だ。ヤリスクロスの想定価格よりを若干下まわり、現在の買い得感も維持できる。

トヨタの販売店は、2020年5月から全店が全車を扱う体制に移行するから、ヤリスクロスはオフロード感覚の強いライズと併せて、人気のコンパクトSUVになるだろう。

▼もっと詳しくトヨタ ライズを画像でチェック!

デビュー早々に小型車販売ランキングNo.1の獲得も夢じゃない!

ヤリスクロスはヤリスと合算扱い!?

車名がヤリスクロスだから、日本自動車販売協会連合会(自販連)が集計する登録台数は、ヤリスとして合計して算出されるはずだ。

ヤリスクロスが販売されれば、ヤリスシリーズの販売は膨大な台数になる。総合No.1を獲得し続ける軽の大人気モデル、ホンダ N-BOX販売台数を抜くのは無理だとしても、小型/普通車の販売1位にはなれるだろう。

[筆者:渡辺 陽一郎]

トヨタ ヤリスクロス 1.5 ハイブリッド / トヨタ ヤリスクロス 1.5 主要スペック比較表
車種名ヤリスクロス(ハイブリッドモデル)ヤリスクロス(ガソリンモデル)
全長×全幅×全高4180mm×1765mm×1560mm4180mm×1765mm×1560mm
ホイールベース2560mm2560mm
駆動方式FF/E-FourFF/4WD
エンジン種類直列 3気筒 DOHC+THS-IIハイブリッド直列 3気筒 DOHCダイナミックフォースエンジン
総排気量1.5リッター1.5リッター
トランスミッション電気式CVTDirect Shift-CVT

※スペックはトヨタ社内測定値

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
112.8万円279.3万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる