トヨタ新型SUV「新型ハリアー/新型ヤリスクロス」各部の違いを画像で比較

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年6月にフルモデルチェンジ予定の都会派高級SUV「トヨタ ハリアー」と、2020年秋に登場予定の新型コンパクトクロスオーバーSUV「トヨタ ヤリスクロス」を写真で見比べながら内外装のデザインを比較し、2車種の共通点や相違点を見ていく。

新型ハリアーと新型ヤリスクロスのデザインを見比べたいという人や、どちらを買うか気になっている人は要チェックだ!

>>「新型ハリアー」と「新型ヤリスクロス」の各部を画像で比較!

エクステリア比較

都市に馴染む高級SUVとして流麗なクーペのようなシルエットの新型ハリアーに対して、新型ヤリスクロスは塊感が強く角ばったようなボディ形状だ。

フロントビュー比較

新型ハリアーのフロント周りはメッキによる装飾がされており、高級感のあるデザイン。対して新型ヤリスクロスはフロントノーズが長く見え、装飾も少ないためハリアーに比べればスポーティな印象。

ヘッドライト比較

新型ハリアーには切れ長のプロジェクター式LEDヘッドランプが備わり、クリアランスライトは下側に配置されていることで、シャープで上質な印象を与えている。対してヤリスクロスは大きめなヘッドランプ、クリアランスライトが上側にあることで、厚みのある力強いデザインになっている。

リアビュー比較

リヤゲートを寝かせた5ドアクーペ風のデザインが特徴の新型ハリアーに対して、小さいボディでありながら後席や荷室を最大限確保するよう実用性も重視したデザインの新型ヤリスクロス。

また新型ヤリスクロスにはアンダー部分が樹脂製となっており、アクティブな印象を加えている。

テールランプ比較

新型ハリアーのリヤコンビネーションランプも横長で、左右のランプを1本の光の帯が繋ぐ形状。同様に新型ヤリスクロスもセンター部分で分かれてはいるが、水平を意識したデザインだ。

サイドビュー比較

新型ハリアーの全長は4780mmで、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2690mm。

対して新型ヤリスクロスの全長は4180mm、ホイールベースはヤリスと同様の2550mmとするならば、座席スペースに余裕があるのはやはり新型ハリアー。

全長も長く低重心で厚みを感じさせない新型ハリアー。新型ヤリスクロスは全長は短いものの、アンダー部からフェンダー周りまでを樹脂パーツで取り囲み、ボディに厚みを感じさせない工夫がされていることでサイドビューは新型ハリアーのようにシャープな印象を与えている。

新型ハリアーはサイドからリアにかけて、ガラスの上下幅を狭めながら後方へと絞り込まれたエレガントなクーペフォルム。対して新型ヤリスクロスは後方でキックアップされるライン。しかし、新型ヤリスクロスのキャラクターラインはリヤドア部分で跳ね上がる形となっており、リヤドアの存在感を薄らげることでクーペ的なプロポーションになっている。

インテリア比較

インパネ比較

ハンドル周り比較

センターコンソール比較

インパネ部分はどちらも水平基調・左右対称が意識され、スイッチ類を中央に集めたスマートなデザインだ。

ただ大きな違いは質感だ。シンプルでスポーティさも感じさせる新型ヤリスクロスに対して、新型ハリアーのセンターコンソールは幅広く立体感を持たせており、上質な革で表皮を覆っている。さらにウッド調やシルバーの加飾による上質感の演出により高級感を強く持たせている。

フロント・リアシート比較

新型ハリアーはLサイズSUVらしく前席後席共にスペース的に余裕を感じさせるものになっているが新型ヤリスクロスは新型ハリアーに比べれば足元空間に窮屈さを感じさせるはずだ。

乗車人数が3名以上が基本で、より快適な移動を求める人は新型ハリアー。乗車人数も少なく都会から悪路までオールで楽しみたいアクティブなユーザーは新型ヤリスクロスがオススメではないだろうか。

中古車一括査定で「しつこい営業電話」にうんざりしたことはありませんか?

出来るだけ愛車を高く売りたいなら中古車一括査定で比較するのが一番簡単! でも、中古車一括査定を利用「すると、しつこい営業電話が掛かってきそうで気が引けますよね。

MOTA車買取では心配無用! 営業電話は一切なしで買取申込ができます。 高額な概算査定額を提示した2社とやりとりするだけ!

MOTA車買取はこちら

「出来るだけ愛車を高く売りたい」

「営業電話のストレスなく売りたい!」

「今すぐに売りたいわけではないけど、自分のクルマの価格が知りたい」

そんな人はお気軽にMOTA車買取をクリック! 最短45秒でエントリーできます!

MOTA車買取はこちら

roger

[筆者:MOTA編集部]

トヨタ/ハリアー
トヨタ ハリアーカタログを見る
新車価格:
300.4万円504.6万円
中古価格:
35万円535万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ハリアーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ハリアーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ハリアーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ハリアーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ハリアーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる