MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ダイハツがコンパクトSUVを2019年中に新発売か|”DN トレック”はDNGA採用第二弾の世界戦略車

新型車解説 2019/6/12 12:18

ダイハツがコンパクトSUVを2019年中に新発売か|”DN トレック”はDNGA採用第二弾の世界戦略車

関連: ダイハツ ビーゴ , ダイハツ テリオス , ダイハツ ロッキー Text: MOTA 編集部 Photo: ダイハツ工業
ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)【東京モーターショー2017】
ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)【東京モーターショー2017】ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)【東京モーターショー2017】ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)【東京モーターショー2017】ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)画像ギャラリーはこちら

DNトレックはFFレイアウトの都会派SUV

DNGA第二弾として市販化も間近!?

ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)

東京モーターショー2017のダイハツブースに参考出品された「DNトレック」。コンセプトは"日常と趣味の両立を実現するコンパクトでスタイリッシュなSUV"だ。

このコンパクトSUVのコンセプトモデル、DNトレック(次期「テリオス」!?)がにわかに注目されている。

ダイハツは2019年6月、スーパーハイトワゴンの軽自動車の次期「タント」についての発表を行った際、新開発のアーキテクチャ技術「DNGA」(Daihatsu New Global Architecture)を、軽を起点に今後の全てのダイハツ車に採用していくと紹介。2019年中には、早くも第二弾のモデルで採用予定だと公開したのだ。その次なるモデルこそ、このDNトレックなのではと噂になっている。

>>市販化もあり! ダイハツの次期コンパクトSUVをもっと見る[フォトギャラリー]

クリーンでスタイリッシュなデザインは明日にも街へ現れそう

DNトレックは、イマドキの都会派SUVらしいクリーンでスタイリッシュなデザインで、しかも明日にでも街に現れそうな現実的な雰囲気もある。 シンプルでありながら、フェンダーやグリルなど随所にはSUVらしい筋肉質なところもあって、なかなか秀逸な外装デザインだと感じる。

インテリアについてはショーモデルらしい演出こそなされているものの、こちらも基本的なレイアウト自体は未来過ぎないイイ感じ。内装デザインもきっとこの線でそのままイケそうに見える。

1.2リッターハイブリッドと1リッターターボを搭載、ボディサイズは極めてコンパクト

ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)

縦置きエンジン+後輪駆動レイアウトがベースでバリバリの硬派だったクロカン四駆、かつてのロッキー、テリオスやビーゴとは異なり、DNトレックは近年の主流である横置きエンジン+前輪駆動(FF)のレイアウトが想定されている。

搭載されるエンジンは1.2リッターハイブリッドと1リッターターボを想定する。

なおDNトレックのボディサイズは全長×全幅×全高が3980×1695×1600mmと、かなりコンパクトにまとまっている点も妙に現実味を帯びていると感じさせる。

東京モーターショー2017の時点ではDNGAといった話題はなかったが、市販化となれば当然新プラットフォームや先進安全・運転支援技術も盛り込まれてくるだろう。

トヨタへのOEM供給でラッシュ復活もアリ!?

ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)【東京モーターショー2017】

ダイハツがトヨタと共同開発し人気を集める小型ハイトワゴンのトールが3700x1670x1735mm、コンパクトカーのブーンが3660x1665x1525mmで、これらモデルのプラットフォームと共有が可能そう(に見える)のもまた実現性を感じさせる理由の一つだ。もしそうだとすれば、両モデル同様にトヨタやスバルへのOEM供給もあるかもしれない。

となると・・・トヨタ版はラッシュの名前を復活!?

>>市販化間近!? ダイハツ DNトレックの詳細を画像でもっと見てみる!

DNトレック2019年中の市販化、可能性は90%以上!?

ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)【東京モーターショー2017】

さて、現実味の高いコンセプトカーであるダイハツ DNトレックの発売時期だが、ダイハツからの公式発表は当然ながらまだないが、2019年10月の東京モーターショー2019出展のあと、2019年12月に正式発売されると予想する。

また市販化のあかつきには、かつてダイハツ ビーゴとトヨタ ラッシュが兄弟車として発売されていたように、トヨタ(スバルも!?)へのOEM供給も十分あり得る。こちらの動きにも注目したい。

[レポート:MOTA編集部/Photo:ダイハツ工業]

ダイハツ DN TREC(ダイハツ ディーエヌ トレック/コンパクトカー/参考出品車)

ダイハツ DN TREC(ディーエヌ トレック) 主要スペック(諸元)

全長×全幅×全高:3980×1695×1600mm/乗車定員:5人/シート列数:2列/パワートレイン:1.2リッター ハイブリッド(1リッターターボも搭載可能)/駆動方式:FF/タイヤサイズ:215/55R18

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ダイハツ ビーゴ の関連編集記事

ダイハツ ビーゴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR