ホンダ ヴェゼル Modulo X試乗|売れっ子SUV×熟練のこだわりで、クルマ好きをうならせる1台に

  • 筆者: 伊藤 梓
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
ホンダの純正アクセサリーやコンプリートカーブランドであるModulo(モデューロ)から、新たに「ヴェゼル Modulo X」が登場した。ヴェゼルは2019年上半期のSUV新車販売台数で1位を獲得した人気モデルだが、今回は熟練のエンジニアがチューニングを施した上質な走りを自動車ライター 伊藤 梓がレポート!

>>ブラックパーツでさらにカッコよく! ヴェゼル Modulo Xの内外装を画像で見る[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 納得のいくクルマしか出さない、Modulo X
  2. 実はスポーツカー仕様でなく、日常使い
  3. デザインは、さり気ない変化で上品に
  4. ノーマルモデルを超えた走り
  5. まとめ:クルマ好きをうならせるモデル
  6. ホンダ ヴェゼル Modulo Xの主なスペックと価格(ハイブリッド/ツーリング)
  7. 最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

納得のいくクルマしか出さない、Modulo X

第8弾「ヴェゼル Modulo X」、堂々誕生

Moduloが手掛けるコンプリートカーである“Modulo X(モデューロ・エックス)”シリーズは、レーシングドライバーの土屋 圭市さんが開発のアドバイザーとして携わっており、開発者も「納得のいかない部分があるクルマは絶対に出さない」という信念を持っているこだわりのあるブランドだ。

このModulo Xのモデルは、今回のヴェゼルで第8弾となる。実はこの間にも開発を進めた車種はあったそうだが、半年間開発を進めたモデルでも、納得のいく仕上がりにならなかった際は、ばっさりとプロジェクトを中止したこともあったという。

そんな厳しい開発を乗り越えて、ヴェゼル Modulo Xは誕生している。

実はスポーツカー仕様でなく、日常使い

テストでは後席で乗り心地を確かめる

ヴェゼル Modulo Xにはノーマルモデルと同様、ガソリンターボ車とハイブリッド車(FF/4WD)が用意されるが、実はModulo Xのモデルで4WDを採用するのはこれが初めてとなる。

私にとって“Modulo”といえば、スーパーGTに出ているNSXを想像してしまうのだが、実はModulo Xのコンプリートカーは、そういったスポーツカーを目指しているわけではないという。

あくまで日常での使い勝手を考えているので、「ドリキン」(ドリフトキングの略)の愛称で有名な土屋 圭市さんでさえ、Modulo Xの開発中にテスト走行するときには、まず自分で運転せずに後席に座って乗り心地から確かめるそうだ。

デザインは、さり気ない変化で上品に

ブラックをあしらい、スポーティに

ヴェゼル Modulo Xと対面すると、デザインは思ったよりもノーマルモデルから大きく変わっていないように見えた。ブラックのパーツがフロントからリアにかけて適度にあしらわれていて、スポーティな印象がありつつ上質な雰囲気でまとめられている。

こういったコンプリートカーだといかにも「変わりました!」というデザインになりがちだが、個人的にはこのくらいのさりげない変化の方が好みだ。

ノーマルモデルを超えた走り

ガソリンターボは、キビキビした走り

ヴェゼルはノーマルモデルでも他のSUVと比較するとハンドリングがいいと思っていたのだが、Modulo Xのガソリンターボモデル(ヴェゼル ツーリング Modulo X)に試乗してみたところ、サスペンションも一新されているためか、さらにキビキビと走るようになったと感じた。

ちょっとしたカーブや交差点などもより気持ちよく走れるようになっている。その代わりノーマルモデルと比べると足が硬く、コツコツと路面の凹凸を拾う傾向にはある。

ただ高速道路でスピードを上げていくとピタッとフラットに走るし、直進性もいいので、ロングドライブはむしろ楽になったように感じる。

ハイブリッドは、穏やかなドライブフィール

ハイブリッドのModulo Xにも乗り換えてみると、大まかな印象は一緒なのだが、より滑らかにしっとりと走るモデルになっている。

ガソリンターボのツーリングのようなキビキビ感はすこし薄まっているものの、もっと穏やかなドライビングフィールで、より万人が乗りやすいモデルになっていると感じた。

また、今回のヴェゼル Modulo Xからハイブリッドの4WDモデルも登場したので、これまで寒冷地や雪国で「クルマは絶対4WDじゃないと!」というユーザーにもModuloを選ぶことができるようになったことは大きい。

まとめ:クルマ好きをうならせるモデル

もっと欲張りたくなる1台

ヴェゼル Modulo Xに乗ってみて、元々ヴェゼルは良いクルマだと思っていたが、よりその幅が広がって、クルマ好きをうならせるモデルに仕上がっていると感じた。

ただ、以前Modulo Xのステップワゴンに乗った時に、ノーマルと比較してとても乗り心地がよく、運転しやすくなっていて感動したのに対して、ヴェゼルはそこまでのジャンプアップはなかったように感じた。

開発で色々な制約やコストの制限はあると思うが、たとえばガソリンモデルは1.5ターボエンジンのパワーを向上させて余裕を持たせたり、低速域での乗り心地ももっとソフトにした方が「誰もが日常でのさまざまな走行シーンで、より快適な走りを楽しめる」というModulo Xの世界観にマッチしているのではないだろうか。

これからも、プラスαの楽しみ方を

ともあれModulo Xは、これまでのノーマルモデルをよく知っている人をもハッとさせる新しいクルマの楽しみ方を教えてくれる。

これからもそんなクルマづくりを続けてくれたら、いちファンとしても嬉しいなと思った。

[筆者:伊藤 梓/撮影:MOTA編集部]

ヴェゼル(ノーマルモデル)の走りはコチラでチェック!

ホンダ ヴェゼル Modulo Xの主なスペックと価格(ハイブリッド/ツーリング)

ホンダ ヴェゼル Modulo X 主要スペック比較表
グレード名1.5 ハイブリッド モデューロX ホンダセンシング AT1.5 ハイブリッド モデューロX ホンダセンシング 4WD AT1.5 ツーリング モデューロX ホンダセンシング CVT
価格(消費税込み)346万7200円361万7900円352万8800円
全長×全幅×全高4335mm×1790mm×1605mm4335mm×1790mm×1605mm4335mm×1790mm×1605mm
ホイールベース2610mm2610mm2610mm
駆動方式FF4WDFF
車両重量1310kg1390kg1360kg
乗車定員5名5名5名
エンジン種類直列 4気筒 DOHC直列 4気筒 DOHC直列 4気筒 DOHC
総排気量1496cc1496cc1496cc
エンジン最高出力97kW(132PS)/6600rpm97kW(132PS)/6600rpm127kW(172PS)/5500rpm
エンジン最大トルク156Nm(15.9kg・m)/4600rpm156Nm(15.9kg・m)/4600rpm220Nm(22.4kg・m)/1700rpm
トランスミッション7速オートマチック7速オートマチック無段変速オートマチック
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
タイヤサイズ225/50R18215/55R17225/50R18

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ
ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
200.1万円361.8万円
中古価格:
95万円349.2万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
伊藤 梓
筆者伊藤 梓

グラフィックデザイナー時代にミニカーの商品を担当するようになってから、どっぷりと車に魅了されるように。「こんなに人を惹きつける車というものをもっとたくさんの方に知ってほしい」と、2014年に自動車雑誌の編集者へと転身。2018年に、活動の幅を広げるために独立した。これまでの経験を活かし、自動車関係のライターのほか、イラストレーターとしても活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる