欧州のライバルを凌駕する凝ったデザインに注目! トヨタ「ヤリスクロス」徹底解説!

画像ギャラリーはこちら
トヨタから2020年秋、新型コンパクトクロスオーバーSUV「YARIS CROSS(ヤリスクロス)」が発売される。国内外の新型車を熟知するカーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏がヤリスクロスを徹底分析! 今回は、欧州のライバルを超えるデザインやボディサイズ、そして室内空間の広さについて、ベースとなったヤリスと比較しながら解説する。

>> ヤリスよりかっこいい! もっと画像で詳しくチェック!

目次[開く][閉じる]
  1. 塊感ある造形の凝ったデザインにウナる
  2. ボディサイズはヤリスに比べてかなり大きい
  3. 前後席の間隔はヤリス同等だが、室内の広さは全然違う!?

塊感ある造形の凝ったデザインにウナる

トヨタから2020年秋に発売される予定の新型ヤリスクロスの内外装デザインが早くも公開された。

外観の印象は、欧州のコンパクトSUVに近い。シトロエン一族のDSオートモビル DS3クロスバック、プジョー 2008、あるいはボルボ XC40などに通じる、塊感の強いボディ形状だ。

またフェンダー付近はレクサスUXにも似ており、今日的なSUVの形状を巧みに取り込んだ。

ボディサイズはヤリスに比べてかなり大きい

プロトタイプのボディサイズは、全長が4180mm、全幅は1765mm、全高は1560mm(アンテナを除く)。

ヤリスに比べると240mm長く、70mmワイドで、60mmほど背が高い。全幅が1700mmを超えるために3ナンバー車になる。

ヤリスクロスのホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2560mmで、ヤリスに比べて10mm長いが、ホイールベースを意図的に10mmだけ伸ばすことは考えにくい。これは日欧の計測規格の違いからくるものだろう。

ちなみに欧州で発表された際の新型ヤリス(ベース車)に関するトヨタの記述は、ホイールベースを50mm拡大するとしている。従来型のホイールベースは海外仕様で2510mmだから、50mm伸びればヤリスも2560mmという計算になる。

前後席の間隔はヤリス同等だが、室内の広さは全然違う!?

この点から考えると、前後席に座る乗員同士の間隔はヤリスと同じだろう。足元空間は依然として窮屈になりそうだが、全高は約60mm高くルーフ形状も変わるから、頭上空間は拡大する可能性がある。

また、室内高の余裕を生かして後席の着座位置まで高めると、足元空間がヤリスと同じでも、後席の腰が落ち込む着座姿勢はある程度改善される。今のヤリスは後席が窮屈だから4名乗車に不向きだが、ヤリスクロスなら対応できるかも知れない。

着座位置を上げ、背もたれの角度を少し起すだけで、後席に座った印象はヤリスに比べ随分と異なるはずだ。

後席に座る乗員の開放感もヤリスとは変わる。頭上空間の拡大に加えて、リヤサイドウィンドウの面積も広がるからだ。

ヤリスの後席左右のウィンドウは上下左右とも寸法が足りないが、ヤリスクロスは上下幅は狭いものの前後方向は十分に確保する。

荷室空間もヤリスよりずいぶんと広くなりそう

全長が240mm伸びることにも注目したい。ホイールベースは基本的に同じだから、ボディが前後に張り出したオーバーハングが拡大する。その結果、荷室の奥行寸法(長さ)も少し広がるのだ。

以上のようにヤリスクロスは、SUVらしく後席の快適性と荷室の使い勝手を向上させる。ヤリスの実用性に不満を感じたユーザーは、ヤリスクロスをチェックすると良いだろう。

次回は…メカニズム編をお届け!

次回のトヨタ「ヤリスクロス」徹底解説はメカニズム編。搭載されるエンジンや駆動方式、気になる車高の高さなどを徹底分析する。公開は5月7日の予定。お楽しみに!

[筆者:渡辺 陽一郎]

▼この記事を見た方はコチラもチェックしてみてくださいね!

トヨタ ヤリスクロス 1.5 ハイブリッド / トヨタ ヤリスクロス 1.5 主要スペック比較表
車種名ヤリスクロス(ハイブリッドモデル)ヤリスクロス(ガソリンモデル)
全長×全幅×全高4180mm×1765mm×1560mm4180mm×1765mm×1560mm
ホイールベース2560mm2560mm
駆動方式FF/E-FourFF/4WD
エンジン種類直列 3気筒 DOHC+THS-IIハイブリッド直列 3気筒 DOHCダイナミックフォースエンジン
総排気量1.5リッター1.5リッター
トランスミッション電気式CVTDirect Shift-CVT

※スペックはトヨタ社内測定値

トヨタ/ヤリス
トヨタ ヤリスカタログを見る
新車価格:
139.5万円249.3万円
中古価格:
148.6万円271.2万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

トヨタ ヤリスの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヤリスのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヤリスの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヤリスの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヤリスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる