autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 雪上・氷上試乗レポート|リーフやノートe-POWERの電動化パワートレイン、氷上の実力とは!?

試乗レポート 2018/2/18 09:00

日産 雪上・氷上試乗レポート|リーフやノートe-POWERの電動化パワートレイン、氷上の実力とは!?(1/3)

自動車研究家の山本シンヤさん日産 雪上・氷上試乗レポート|日産 リーフ日産 雪上・氷上試乗レポート|日産 ノートe-POWER日産 雪上・氷上試乗レポート|日産 エクストレイル画像ギャラリーはこちら

「乗っちゃえ日産!!」を体現できる毎年恒例のお楽しみイベント

冬季になると“雪道/氷上”での取材が多い。

スタッドレスタイヤのテストや、各メーカー自慢のAWDシステムの安定性・操縦性を体感するためなのだが、毎年、長野県蓼科高原にある女神湖の氷上特設路を用いて行なう日産の目的はちょっと違う。

フルラインアップメーカーだけあり、AWDだけではなくFF/FRと様々なモデルを用意。それぞれの駆動方式のメリット/デメリットもシッカリ体感することができるのだ。まさに「乗っちゃえ日産!!」を体現しているイベントと言うわけである。

自動車研究家の山本シンヤさん

ただし、今年の試乗会のメインどころはAWDではなく、リーフやノートe-POWERと言った「電動化パワートレイン」だ。電動パワートレインは内燃機関と比べて「経済性」や「環境」について注目される事は多いが、実は「走り」にも大きく寄与している。内燃機関と比べて「応答性の良さ」、「トルクフルな特性」、「シームレスな加速」などは、たいぶ知られてきたが、実は低μ路でも威力を発揮する……と言うのはあまり知られていない。ちなみに日産の技術者曰く「AWDいらず……と言ってもいいかも!?」と自信を見せる。

>>日産 雪上・氷上試乗を画像でさらにチェック(111枚)

リーフ/ノートe-POWERがスムーズな理由は、制御の緻密さにあり

日産 雪上・氷上試乗レポート|日産 リーフ
日産 雪上・氷上試乗レポート|日産 リーフ

実際に乗り比べてみると一目瞭然だ。低μ路の発進時は「アクセルを踏む→タイヤがスリップする→VDCと作動」となるのはどちらのモデルも同じだが、内燃機関のモデルはお仕置きされたかのようにVDC作動ランプがピカピカと点灯するだけでなかなか前に進まないのに対して、リーフ/ノートe-POWERはVDC作動ランプが同様に点灯するもののスムーズに発進・加速を始める。一体この差は何なのか?それは制御の緻密さにある。

内燃機関は「吸う→燃やす→排出する」と言う行程を経て駆動力を発生させるため、アクセル操作に対する遅れは必ず発生してしまう。その遅れを無くすためにエンジニアは日々進化をさせているわけだが、モーターは流した電気の量に比例して駆動力を発生するため遅れは存在しない。その特性を活かす1/10000秒単位でのトルク制御の結果、低μ路でも威力を発揮する……と言うわけだ。

>>(次のページ)ワンペダル走法により、ドライバーはステアリング操作に集中できる

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連編集記事をもっと見る

日産 リーフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!