autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート オーナー必見のスポーツドライビングトレーニングイベント「NISMOドライビングアカデミー」に突撃取材!

試乗レポート 2018/2/5 16:44

オーナー必見のスポーツドライビングトレーニングイベント「NISMOドライビングアカデミー」に突撃取材!(1/2)

NISMOドライビングアカデミー
NISMOドライビングアカデミーNISMOドライビングアカデミーNISMOドライビングアカデミーNISMOドライビングアカデミー画像ギャラリーはこちら

NISMOロードカー事業の拡大に伴い、ドライビングアカデミーを開催

NISMOドライビングアカデミー

NISMOロードカーは日産のサブブランドとして2013年より展開をスタート。「NISMOの魅力をより多くの人に」、「日産車に更にワクワクを」、「レーシングテクノロジーを量産へのフィードバック」をコンセプトに、車両全体をトータルコーディネイトしたモデルは、マーチからGT-Rまで多種多彩である。

更に2015年4月は「NISMOロードカー事業の拡大」が発表され、企画・開発・マーケティング・アフターセールスに関わる機能「NISMOロードカー事業部」をオーテック・ジャパン内に設立し、これまで以上に意思決定や開発をスピーディに行なう事を可能にした。車種バリエーションも現在の2倍以上に拡大、販売台数も1万5千台から2020年前半までに10万台近くまで引き上げる計画となっている。2017年11月に新生NISMO第一弾となるセレナNISMOが発表、販売も好調と聞く。

NISMOドライビングアカデミー

ちなみにNISMOロードカーを購入したユーザーの中に、「このクルマを買ったことでサーキット走行にチャレンジした」と言う人も多いと聞くが、ドライビングはやみくもに走れば上手くなる……と言うわけではなく、シッカリと基礎から学ぶことが大事である。そこでNISMOは2017年よりNISMOロードカーオーナーを対象にしたサーキット走行を始めたい人向けのスポーツドライビングトレーニング「NISMOドライビングアカデミー」を開催。つまり、クルマのみならず走らせる場所や走り方も提供しているのである。

2017年は日本の主要サーキットを中心に7回開催され、毎回満員御礼と言う人気である。

>>NISMOドライビングアカデミーを画像でチェック(119枚)

超豪華!NISMO契約ドライバー陣が講師に!

NISMOドライビングアカデミー
NISMOドライビングアカデミー

NISMOドライビングアカデミーの人気ぶり、その秘密はどこにあるのか?

1つ目は、ドライビングスキルに合わせて設定した3つのプログラムを順に受講することでステップアップ可能な事。2つ目は、講師がミハエル・クルム校長をはじめ、スーパーGTなどに参戦しているNISMO契約ドライバーと超豪華であること。そして3つ目は、充実した内容にも関わらず価格がリーズナブルな事である。

今回は自動車メディア向けに富士スピードウェイで最もベーシックな「ステージ1/2」+「受講前後でジムカーナトライアル」と言う特別プログラムを開催。受講者のスキルアップを数値でシッカリ証明できるのか?と言う今後に向けたテストも兼ねているようだ。ちなみに通常は参加者が所有するマイカーで受講するのだが、今回は受講者全員「ノートe-power NISMO」が用意された。

NISMOドライビングアカデミー

まず、レッスンの内容とポイントの説明などを行なう「座学」から。

ミハエル・クルム校長は「NISMOアカデミーはブレーキングやコーナリングなど、普通の道路では解らない自分のクルマの限界がどこにあるのかを感じるチャンスがあります。そしてNISMOロードカーの良さをより知ることができるはずです」と。

その後、サーキット走行はオウンリクスであることやステアリング操作やドライビングポジションのレクチャー、更に講師陣からの走行時のアドバイスが行なわれ、いよいよ実践開始である。

>>走行直後に講師から的確なアドバイスがもらえるので、成長も早い![次ページ]

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 ノート の関連記事

日産 ノートの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 ノート の関連記事をもっと見る

日産 ノート の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2018/3/26~2018/4/26