2019年、もっとも“売れそうなクルマ”とは!? 自動車評論家に聞いてみた

ダイハツ 新型タント

今後正式に発売される新型車の中で、売れ行きが最も伸びるのはダイハツ 新型タントだ。その理由はまず、今は軽自動車が一番の売れ筋カテゴリーで、新車として売られるクルマの40%近くを占めることだ。しかも軽乗用車の50%近くが、全高を1700mm以上に高めてスライドドアを装着した車種だから、ダイハツ タントはホンダ N-BOXやスズキ スペーシアと並んで、好調に売れる日本車の真ん中に位置する。

新型タントは人気車とあって現行型の基本路線を踏襲しており、外観の印象はあまり変わらない。それでも現行型の欠点は徹底的に見直される。後席のサポート不足が解消されて座り心地が上質になり、軽自動車ながらも大人4名が長距離ドライブを快適に楽しめる。

運転感覚も向上して、曖昧だった操舵感が正確になった。走行安定性も高まり、特に高速道路のカーブを曲がる時など、背の高い軽自動車ながらも安心できる。

そして軽自動車で初採用の駐車支援システムなども採用され、車間距離を自動制御できる全車速追従型のクルーズコントロールも備わる(ただし電動パーキングブレーキが装着されないため、日産 デイズと異なり、停止して約2秒後には再発進してしまう)。競争の激しいカテゴリーとあって、さまざまな機能を向上させている。

>>“今風”なデザインに進化した新型タントの内外装を画像で見る[23枚]

ホンダ 次期フィット

※写真は現行型のホンダ フィット

ホンダ 次期フィットは、販売店によると2019年8~9月に予約受注を開始して、東京モーターショー2019で正式公開される。コンパクトカーの主力車種だけに注目度も高い。

歴代フィットの特徴は、ボディがコンパクトなことに加え、全高も立体駐車場を使いやすい寸法に抑えながら、室内を広く確保していることだ。燃料タンクを前席の下に搭載する独自の設計により、空間効率を向上させてきた。この特徴はフィットの魅力の中核だから、次期型も踏襲する。

その上で次期フィットは、コンパクトカーのために新開発されたスポーツハイブリッドi-MMDを新たに搭載する。発電機と駆動用モーターを搭載しており、通常の走行では、エンジンの力で発電を行ってモーターがホイールを駆動する。そのために加速は滑らかだ。エンジンが発電に専念できるため、効率の良い回転域を多用できるから、実用燃費も向上させやすい。ノート e-POWERも似たシステムを採用するが、機能はi-MMDがさらに充実している。

緊急自動ブレーキを作動できるホンダセンシングは、昼間の自転車や夜間の歩行者検知も可能になる。パーキングブレーキが電動化され、車間距離を自動調節できるクルーズコントロールは全車速追従型に改善される。

外観の基本デザインは先代型を踏襲するが、キャラクターラインを抑えて、ボディパネルの面にボリュームを持たせるから見栄えが上質だ。外観から機能まで、着実に進化させる。

マツダ CX-30

マツダ CX-30は、販売台数が次期タントやフィットほど伸びないものの、クルマ好きには関心が最も高い新型車だろう。コンパクトなSUVで、全高は立体駐車場を使いやすい高さに抑える。全長は同じマツダのCX-3よりも長く、後席の足元空間に余裕が生まれ、4名で乗車しても窮屈ではない。

その一方でボディサイズはCX-5よりもコンパクトだから、運転がしやすい。しかも全高を抑えたから重心も低く、プラットフォームやサスペンションはMAZDA3と同じ新開発になるため、走行安定性を高めやすい。つまりCX-30は、CX-3とCX-5のメリットを兼ね備えたSUVになりそうだ。

エンジンはガソリンが2リッターと、圧縮着火方式を使ったスーパーチャージャーも備える2リッターのスカイアクティブXになる。これに1.8リッターのクリーンディーゼルターボも加わる。

価格と性能のバランスを考えると、ディーゼルが人気を高めそうだが、ほかの2つのパワーユニットにも魅力がある。価格設定は、2リッターのガソリンを搭載する買い得グレードが、250~260万円と予想される。上質な内装と運転感覚、充実した安全装備などを考えると、妥当な価格になるだろう。

[筆者:渡辺 陽一郎]

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ダイハツ タントの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タントのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タントの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タントの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる